建安けんあん元年(196年)6月、徐州じょしゅうに侵攻した袁術えんじゅつ劉備りゅうびの戦いと呂布りょふの裏切り(張飛ちょうひ曹豹そうほういさかいによる下邳県かひけんの失陥)、呂布りょふの将・郝萌かくほうの反乱についてまとめています。

スポンサーリンク

袁術の徐州侵攻と呂布の裏切り

袁術の徐州侵攻

建安けんあん元年(196年)6月、ついに袁術えんじゅつが、以前から狙っていた徐州じょしゅうに侵攻を開始しました。

すると劉備りゅうびは、司馬しば張飛ちょうひを後に残して徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけんを守らせ、みずから兵をひきいて盱眙県くいけん淮陰県わいいんけん袁術えんじゅつの進撃をはばみます。

劉備りゅうび袁術えんじゅつ淮陰県わいいんけん石亭せきていで戦いましたが、なかなか決着がつかず、膠着こうちゃく状態に入って1ヶ月が経過しようとしていました。


袁術の徐州侵攻

袁術えんじゅつ徐州じょしゅう侵攻

豆知識

蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでん劉備りゅうびの列伝)には、


先主せんしゅ劉備りゅうび)は、盱眙くい淮陰わいいんで(袁術えんじゅつの進撃を)はばんだ。曹公そうこう曹操そうそう)は上表して先主せんしゅ劉備りゅうび)を鎮東将軍ちんとうしょうぐんとし、宜城亭侯ぎじょうていこうに封じた」


とあります。

この時曹操そうそうはまだ献帝けんていを迎えておらず、おそらく自分と同じく袁紹えんしょう派に属し、共通の敵である袁術えんじゅつと戦っている劉備りゅうびはくをつけるために上表したものと思われます。

またその後、楊奉ようほうらの上表によって曹操そうそう鎮東将軍ちんとうしょうぐんに任命されることになります。

呂布が下邳を奪う

この時袁術えんじゅつは、曹操そうそうに敗れ劉備りゅうびを頼って下邳県かひけんの西[おそらく豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい)]に駐屯していた呂布りょふに密書を送り、「呂布りょふ下邳県かひけんを攻撃するならば兵糧を援助する」ことを約束しました。

呂布りょふは大いに喜んで、軍勢をひきいて水陸両面から東方へ下り、下邳県かひけんの西・40里(17.2km)の地点に到達します。

そこへ、劉備りゅうび中郎将ちゅうろうしょう許耽きょたん夜陰やいんまぎれて司馬しば章誑しょうきょうつかわして、


張益徳ちょうえきとく張飛ちょうひ)と下邳相かひしょう*1曹豹そうほういさかいを起こして、益徳えきとく張飛ちょうひ)が曹豹そうほうを殺しました。城中は大混乱におちいり、互いに疑心暗鬼になっています。

揚州ようしゅう・)丹楊郡たんようぐんの兵・千人は西の城門・白門はくもんの内側に駐屯しておりますが、将軍しょうぐん呂布りょふ)が東方へ来られたと聞いて、こぞって小躍こおどりして喜び、生き返ったかのようでございます。

将軍しょうぐん呂布りょふ)の軍勢が城の西門に向かわれましたならば、丹楊郡たんようぐんの軍勢は即刻門を開いて将軍しょうぐん呂布りょふ)を迎え入れるでありましょう」


と言ってきました。これを聞いた呂布りょふは夜中に進軍して夜明け頃に下邳県かひけんの城下に到着。夜が明けきると丹楊郡たんようぐんの軍兵はこぞって門を開け放ち、呂布りょふの軍勢を城内に導き入れます。

呂布りょふは門の上にどっかと腰を下ろし、歩兵・騎兵は火を放って張飛ちょうひの軍勢を散々に撃ち破り、劉備りゅうびの妻子や軍需品、配下の将兵や官吏の家族などを捕虜にしました。


以上は魏書ぎしょ呂布伝りょふでんの注に引かれている英雄記えいゆうきを基にまとめていますが、

蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでん劉備りゅうびの列伝)には、

先主せんしゅ劉備りゅうび)と袁術えんじゅつにらみ合ったまま1ヶ月が経過した時、呂布りょふがその隙につけ込んで下邳かひを襲撃した。下邳かひ守将しゅしょうである曹豹そうほうは寝返って、秘かに呂布りょふを迎え入れた」

とあり、その蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでん劉備りゅうびの列伝)の注に引かれている英雄記えいゆうきでは、

陶謙とうけんの元将軍しょうぐん曹豹そうほう下邳かひにおり、張飛ちょうひは彼を殺そうとした。曹豹そうほうの軍勢は陣営を固めて守備しつつ、人をやって呂布りょふまねき寄せた。呂布りょふ下邳かひを奪取し、張飛ちょうひは敗走した」

とあり、これらによると曹豹そうほう張飛ちょうひに殺されていません。

脚注

*1 下邳国太守または下邳県県令。ここではおそらく下邳県県令だと思われます。


スポンサーリンク


呂布と劉備が再び手を握る

劉備が海西県に逃れる

徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけん呂布りょふに奪われたことを聞いた劉備りゅうびは、兵を引きげて帰途につきましたが、下邳県かひけんに到着する頃には、軍は散り散りになっていました。

劉備りゅうびは散り散りになった兵卒へいそつを集めて東に向かい、徐州じょしゅう広陵郡こうりょうぐん広陵県こうりょうけんに入って再び袁術えんじゅつと戦いをまじえましたが敗北し、海西県かいせいけんに移って駐屯します。


広陵郡(こうりょうぐん)の場所

広陵郡こうりょうぐん

広陵県と海西県

広陵県こうりょうけん海西県かいせいけん


蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでん劉備りゅうびの列伝)ではここで、

楊奉ようほう韓暹かんせん徐州じょしゅう揚州ようしゅうの辺りを荒らしたので、先主せんしゅ劉備りゅうび)は彼らを迎え撃ってことごとく斬り殺した」

とありますが、この年の7月、楊奉ようほう韓暹かんせん献帝けんていにつき従って洛陽らくよう雒陽らくよう)に入り、8月には、楊奉ようほう車騎将軍しゃきしょうぐんに、韓暹かんせん大将軍だいしょうぐん司隸校尉しれいこういに任命されていますので、蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでんの誤りだと思われます。

劉備が呂布に降る

東海郡とうかいぐんの人・麋竺びじく

海西県かいせいけんに移った劉備りゅうび軍ですが、食糧がなく、飢餓きがのため官吏や兵士たちがお互いに食い合うような有り様でした。

この時、徐州じょしゅう東海郡とうかいぐん胊県きょうけん出身の麋竺びじくは、自分の妹を劉備りゅうびの夫人として差し上げ、家財の奴僕どぼく(召使いの男)2千人と金銀貨幣を提供して軍費を助けました。

呂布りょふとの和睦わぼく

ここに至って、劉備りゅうび呂布りょふに使者を送って和睦わぼくを求めます。

すると呂布りょふの方でも「袁術えんじゅつが兵糧を送ってこないこと」に怒りを覚えていたので、力を合わせて袁術えんじゅつがを討つことを考えました。

そこで呂布りょふは、劉備りゅうびの妻子を返して豫州刺史よしゅうししに任命し、豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい)に駐屯させ、呂布りょふ自身はみずか徐州牧じょしゅうぼくを称しました。


蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでん劉備りゅうびの列伝)ではここで、

先主せんしゅ劉備りゅうび)は関羽かんうを派遣して下邳県かひけんを守備させた」

とありますが、この時点で下邳県かひけん呂布りょふが拠点としており、関羽かんう下邳県かひけんを守備するのはまだ後のことです。


スポンサーリンク


郝萌の反乱

郝萌の反乱

6月のある日の夜更けのこと、呂布りょふの大将で司隷しれい河内郡かだいぐん出身の郝萌かくほう叛旗はんきひるがえし、兵をひきいて呂布りょふの政庁である下邳県かひけんの役所に侵入して、政堂に入る小門を攻撃しました。

すると呂布りょふは、反乱者が誰かも確認しないうちに、頭巾もつけず肩もあらわな服装のまま、妻を連れてかわや(トイレ)の天井から壁をつたって脱出し、都督ととく高順こうじゅんの陣営に逃げ込みます。


すると、呂布りょふの「(敵兵の言葉に)河内郡かだいぐんなまりがあった」という証言から、反乱を起こしたのは郝萌かくほうだと見抜いた高順こうじゅんは、すぐさま軍兵を武装させて下邳県かひけんの役所に攻め入ると、一斉に弓やいしゆみを射かけて郝萌かくほうの軍勢を敗走させました。

曹性が郝萌に背く

夜が明けた頃、郝萌かくほうの将・曹性そうせい郝萌かくほうそむいて決闘し、郝萌かくほう曹性そうせいに斬りつけて傷を負わせ、曹性そうせい郝萌かくほうの片腕を切り落とします。

そこへ駆けつけた高順こうじゅん郝萌かくほうの首を切り落とし、曹性そうせいを寝台に乗せてかつがせ、呂布りょふの元に送り届けました。

反乱の首謀者

呂布りょふが問いただすと曹性そうせいは、

  • 郝萌かくほう袁術えんじゅつの意向を受けていたこと
  • 陳宮ちんきゅうが共謀者であること

を伝えます。

この時、その場にいた陳宮ちんきゅうの顔が真っ赤になっていたため、そばにいた者はみな陳宮ちんきゅうの変化に気づいていましたが、呂布りょふ陳宮ちんきゅうを不問にしました。


また曹性そうせいが、


郝萌かくほうは何度もこの計画について意見を求めてきましたが、私は『呂将軍りょしょうぐん呂布りょふ)は総大将として神のご加護がございますゆえ、攻撃することは不可能だ』と申しておりました。

郝萌かくほうがここまでおろかだとは、思いもよりませんでした」


と言うと、呂布りょふ曹性そうせいに向かって、


けい(あなた)は健児ますらお(勇気のある強い男)だ」


と言って曹性そうせいを手厚く看護するように命じ、傷が癒えると元の郝萌かくほうの軍勢を統率させました。


建安けんあん元年(196年)6月、ついに袁術えんじゅつが、以前から狙っていた徐州じょしゅうに侵攻を開始します。

これに劉備りゅうびが迎撃に出ると、袁術えんじゅつ呂布りょふに「兵糧を援助すること」を約束して、背後の下邳県かひけんへの攻撃を要請。張飛ちょうひ曹豹そうほういさかいにより、下邳県かひけんがあっけなく呂布りょふの手に落ちると、劉備りゅうび軍は総崩れとなり、敗北を重ねて広陵郡こうりょうぐん海西県かいせいけんに落ちのびました。

そして、進退が極まった劉備りゅうびえて呂布りょふに投降を申し出ると、袁術えんじゅつが「兵糧の援助」の約束を果たさないことに怒りを覚えていた呂布りょふは再び劉備りゅうびと手を結び、劉備りゅうび豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい)に駐屯させました。