興平こうへい元年(194年)に起こった曹操そうそうの第二次徐州じょしゅう侵攻と、張邈ちょうばくらが起こした兗州えんしゅうの反乱に対する荀彧じゅんいくらの対応についてまとめ、陳宮ちんきゅうがなぜ張邈ちょうばくに反乱を勧めたのかについて考察しています。

スポンサーリンク

第二次徐州侵攻

2度目の徐州侵攻

興平こうへい元年(194年)、兗州牧えんしゅうぼく曹操そうそうが、荀彧じゅんいく程昱ていいくに本拠地の兗州えんしゅう済陰郡せいいんぐん鄄城県けんじょうけんを守らせて、再び陶謙とうけん征討の軍を起こします。

曹操そうそう軍は琅邪国ろうやこくから徐州じょしゅうに入り、そのまま諸県を攻略して東海郡とうかいぐんに入りました。


徐州(じょしゅう)の領郡

徐州じょしゅうの領郡

劉備りゅうび曹豹そうほうを破る

曹操そうそう軍が東海郡とうかいぐんの諸県を攻略しながら軍を進めていくと、郯県たんけんの東に駐屯していた陶謙とうけんの将・曹豹そうほう劉備りゅうびの軍に遭遇します。

曹豹そうほう劉備りゅうびの軍はこれを迎え撃ちますが、曹操そうそう軍は彼らを撃ち破り、さらに軍を進めて襄賁県じょうひけんを攻略しました。


曹操軍の侵攻経路

曹操そうそう軍の侵攻経路

豆知識

曹操そうそうの第一次徐州じょしゅう侵攻の際、青州刺史せいしゅうしし田楷でんかい平原相へいげんしょう劉備りゅうびは、陶謙とうけんの援軍に駆けつけました。

曹操そうそうが撤退すると、田楷でんかい青州せいしゅうに帰還しましたが、劉備りゅうび田楷でんかい公孫瓚こうそんさん)のもとを離れて陶謙とうけんに身を寄せていました。

曹操そうそう軍の撤退

この第二次徐州じょしゅう侵攻の際も、曹操そうそう軍が通過した地域では多数の民衆が虐殺されました。

これに恐怖した陶謙とうけんは、揚州ようしゅう丹楊郡たんようぐん陶謙とうけんの郷里)に逃亡することを考えましたが、ちょうどその時、陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばく陳宮ちんきゅうが、兗州えんしゅう呂布りょふを迎え入れて叛旗はんきひるがえしたたため、曹操そうそうは兵をまとめて兗州えんしゅうに撤退します。


曹操そうそうが1度ならず2度までも、徐州じょしゅうの民衆を虐殺したのはなぜでしょうか?

おそらく曹操そうそう軍の来襲を受けた徐州じょしゅうの民衆は、前回の下邳国かひこくのように自分たちも虐殺の対象になるのではないかと恐れ、兵と一緒になって徹底交戦をしたのではないでしょうか。

そのため曹操そうそうは、非戦闘員である民衆からも攻撃を受けることになったため、しかたなく虐殺するに至ったのだと思われます。

関連記事

第一次徐州侵攻は賭けだった!?曹嵩殺害と曹操の大量虐殺について

劉備が小沛に駐屯する

曹操そうそう軍が去ると、陶謙とうけん劉備りゅうび豫州刺史よしゅうししに任命して、豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい)に駐屯させました。


豫州・沛国・沛県(小沛)

豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい

豆知識

この時、豫州よしゅうの州治所である沛国はいこく譙県しょうけんには、朝廷が任命した豫州刺史よしゅうしし郭貢かくこうがいましたので、この時の劉備りゅうびは、あくまでも陶謙とうけんが私的に任命した豫州刺史よしゅうししということになります。


スポンサーリンク


兗州の反乱

反乱計画

曹操そうそうは、陶謙とうけん征伐にあたって陳宮ちんきゅうに兵を与えて東郡とうぐんに駐屯させていました。


兗州・東郡

兗州えんしゅう東郡とうぐん


曹操そうそう陶謙とうけん征伐に出陣すると、兗州えんしゅうでは陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばくの弟・張超ちょうちょうが、

  • 曹操そうそう将軍しょうぐん陳宮ちんきゅう
  • 従事中郎じゅうじちゅうろう許汜きょし
  • 従事中郎じゅうじちゅうろう王楷おうかい

らと曹操そうそうへの謀反を計画します。

4人の間で話がまとまると、陳宮ちんきゅう張邈ちょうばくに次のように進言しました。


「今、英雄・豪傑がむらがり起こり、天下は分裂崩壊しております。

あなたは千里の彼方から軍勢をひきい、四方どこからでも攻め込まれる平坦な土地を領土とされておりますが、剣に手をかけ、あたりを見渡すだけでも十分英雄として通用しますのに、逆に他人に制圧されておいでです。なんと見下げたことではありませんか。

ただ今、州(兗州えんしゅう)の軍勢は東方征伐に出掛けており、その本拠はがら空きになっております。

呂布りょふは勇敢な武将であり、よく戦い抜いて彼の進むところ敵なしです。もし彼を迎え入れ、一緒に兗州えんしゅうを治め、天下の形勢を観望しつつ、状況が有利に展開するのをお待ちになれば、これもまた英雄たちの間に立って策を巡らす1つの機会だと言えましょう」


すると張邈ちょうばくは、陳宮ちんきゅうの意見に従って呂布りょふ兗州えんしゅうに迎え入れ、兗州牧えんしゅうぼくに祭り上げて、兗州えんしゅう東郡とうぐん濮陽県ぼくようけんに立てもりました。

張邈と曹操

張邈ちょうばくは元々、袁紹えんしょうとは「奔走ほんそうの友」の1人に数えられる仲であり、曹操そうそうとは、第一次徐州じょしゅう侵攻の際には曹操そうそうの家族をたくされ、無事の帰還を涙を流して喜びあった間柄でした。

関連記事

曹操そうそうへの不安

董卓とうたく連合が決起した時、張邈ちょうばくが盟主となった袁紹えんしょうおごり高ぶった態度をいさめると、袁紹えんしょう曹操そうそう張邈ちょうばくを殺すように命じました。

ですがこの時、曹操そうそう張邈ちょうばくかばって袁紹えんしょうをたしなめたので、張邈ちょうばく曹操そうそうに恩義を感じていましたが、また一方で、曹操そうそう袁紹えんしょうとの関係を優先して「いつか自分を攻撃するのではないか」と常に不安に思っていました。

豆知識

ある時、陳留郡ちんりゅうぐんの人・高柔こうじゅうが村人に言いました。

「昨今、英雄が次々と起ち上がったが、陳留ちんりゅうは四方からの攻撃にさらされる危険な土地です。

曹将軍そうしょうぐん兗州えんしゅうを本拠とされていますが、もともと四方を平らげる意図をお持ちで、ただその領地を守っているだけではおられないでしょう。

そのような状況で、張府君ちょうふくん張邈ちょうばく)は陳留ちんりゅうの資本に頼っておられるから、私は将来、隙に乗じて変事が起こるのではないかと心配しています。あなた方と一緒に避難したいと思いますが、どう思われますでしょうか?」

ですが、張邈ちょうばく曹操そうそうと親しく、高柔こうじゅうもまだ年少だったため、誰も彼の言葉に同意しませんでした。

ちょうどこの時、袁紹えんしょうおい高柔こうじゅうの従兄である高幹こうかんが、高柔こうじゅう河北かほくに呼び寄せたため、高柔こうじゅうは一族をげて彼を頼りました。

張邈と呂布

長安ちょうあんを脱出した呂布りょふは、はじめ袁術えんじゅつを頼り、後に袁紹えんしょうの元に身を寄せて黒山賊こくざんぞくとの戦いで活躍しましたが、袁紹えんしょう配下の諸将を見くびって尊大な態度を取っていたため、袁紹えんしょううとましく思っていました。

そこで袁紹えんしょうは、呂布りょふ洛陽らくよう雒陽らくよう)に帰りたいと望んでいることから、表向きは「司隷校尉しれいこういに任命して送り出す」と言いながら、刺客を放って呂布りょふを闇討ちしようとします。

ですがそのことに気づいた呂布りょふは いち早く袁紹えんしょうの元を脱出し、河内太守かだいたいしゅ張楊ちょうようを頼りました。

そして呂布りょふは、張楊ちょうようの元に向かう途上、張邈ちょうばくの元をおとずれ、別れ際には手を取り合って誓いを交わしています。

関連記事

【匡亭の戦い】袁術が曹操に大敗し、寿春に拠点を移す



スポンサーリンク


荀彧と程昱が3城を保つ

荀彧の機転

張邈ちょうばくの反乱を見抜く

呂布りょふ兗州えんしゅうに入ると、兗州えんしゅうの郡県の多くは張邈ちょうばくらに呼応してしまいました。

すると張邈ちょうばくは、配下の劉翊りゅうよく兗州えんしゅう済陰郡せいいんぐん鄄城県けんじょうけんを守る荀彧じゅんいくの元に派遣して、


呂将軍りょしょうぐん呂布りょふ)が曹使君そうしくん曹操そうそう)の陶謙とうけん征伐の加勢に来られました。すみやかに兵糧を供出してください」


と告げます。

ですが荀彧じゅんいくは、すぐに「張邈ちょうばく謀反むほんした」のだとさとり、即刻兵を整えてそなえを固め、早馬を走らせて東郡太守とうぐんたいしゅ夏侯惇かこうとんを召し寄せました。


この時、曹操そうそうの留守に残された兵力は少なく、隊長や上級官吏の多くが張邈ちょうばく陳宮ちんきゅうに加担していましたが、夏侯惇かこうとんが到着すると、その夜のうちに反乱を計画した者・数十人を処刑したので、人々はようやく落ち着きました。

豫州刺史よしゅうしし郭貢かくこうとの会見

ちょうどその頃、豫州刺史よしゅうしし郭貢かくこうが数万の兵をひきいて城下にやって来て、荀彧じゅんいくに会見を申し込んで来ました。


兗州と豫州(予州)

兗州えんしゅう豫州よしゅう予州よしゅう


郭貢かくこう呂布りょふと共謀している」と、人々はみな恐れおののきましたが、荀彧じゅんいくはこれに応じようとします。

夏侯惇かこうとんらは、


「君は州を任された重鎮です。行けば必ず危険な目にあうでしょう。行ってはなりません」


と彼を止めましたが、荀彧じゅんいくは次のように言いました。


郭貢かくこう張邈ちょうばくらは立場上、平素から結託していたはずはない。

今、いち早く郭貢かくこうがここにやって来たのは、まだどちらにつくか決まっていないからに違いない。

今のうちに説得すれば、たとえ味方にならなくても、中立の立場を取らせることはできる。

もし我らが初めから疑ってかかったなら、彼は腹を立てて張邈ちょうばくらについてしまうだろう」


荀彧じゅんいくと会見した郭貢かくこうは、彼に恐れた様子がないのを見て、「鄄城県けんじょうけんはまだ容易には攻めきれない」と判断し、軍を引き上げて立ち去りました。


その後荀彧じゅんいくは、程昱ていいくと共に東郡とうぐん范県はんけん東阿県とうあけんを説き伏せ、

  • 済陰郡せいいんぐん鄄城県けんじょうけん
  • 東郡とうぐん范県はんけん
  • 東郡とうぐん東阿県とうあけん

の3県を確保して、曹操そうそうの帰還を待つことになりました。


鄄城県・范県・東阿県

鄄城県けんじょうけん范県はんけん東阿県とうあけん

程昱の働き

ある時、呂布りょふ軍から降伏してきた者が言いました。


陳宮ちんきゅうみずから兵をひきいて東阿県とうあけんを取り、氾嶷はんぎょく范県はんけんを取らせるつもりです」


これを聞いた官吏も民衆も、みな不安に駆られます。

すると荀彧じゅんいくは、程昱ていいくに向かって言いました。


「今、兗州えんしゅうは反旗をひるがえし、ただこの3城が存在するだけだ。

陳宮ちんきゅうらが強力な軍隊で向かってきた時、我々に深い心の結びつきがない限り、3城は必ず動揺する。

君は民の人望がある。帰って彼らを落ちつかせてやってくれ」


そこで程昱ていいくは、まず范県はんけんに行き県令けんれい靳允きんいんの説得に当たります。


「聞くところによると呂布りょふは、君の母・弟・妻・子を捕らえているとのこと。孝子として実際気が気ではないでしょう。

今、天下は大変な乱れようで、英雄が次々と起ち上がっております。必ずや一世に秀でた人物でよく天下の動乱を静める者がおりましょう。これは智恵者なら十分に見分けられることです。

主君を正しく選んだものは栄え、選び損なったものは滅びます。

陳宮ちんきゅうは反旗をひるがえして呂布りょふを迎え入れ、百城みな呼応しました。よく大事を成すように見えますが、しかし君から見て、呂布りょふはどういう男でしょうか。

そもそも呂布りょふは、粗雑な神経で親しむ者は少なく、強情で無礼、匹夫の武勇に過ぎません。

陳宮ちんきゅうらは成り行きから仮に一緒になっているだけですので、主君を助けることができません。兵力が多いとは言え、結局成功しないに決まっています。

曹使君そうしくん曹操そうそう)は不世出の知略を持ち、おそらくは天の下されたお方です。君があくまで范県はんけんを固守され、私が東阿県とうあけんを守り抜けば、田単でんたん*1の功績を立てられましょう。

忠節に外れて悪事に荷担し、母子共に滅亡するのとどちらがよろしいでしょうか。どうか、君にはとくとそのことを考慮されたい」


すると靳允きんいんは涙を流して、「あえて二心をいだくことはいたしませんっ!」と誓うと、范県はんけんに侵攻して来た氾嶷はんぎょくに会いに行き、伏兵をもって彼を刺し殺して、范県はんけんの守りを固めました。


また、程昱ていいくが故郷の東阿県とうあけんに到着してみると、県令けんれい棗祗そうしはすでに官吏と民衆を統率して、城の守りを固めていました。

脚注

*1 戦国時代、燕(えん)の将軍楽毅がくき)の攻撃を受け、70余城が陥落しながらも、即墨そくぼく)の城を守りきった斉(せい)の将軍

3城を保って曹操を待つ

その後程昱ていいくは、別隊の騎兵をやって倉亭津そうていしんの渡しを断ち切らせたので、陳宮ちんきゅう黄河こうがを渡ることができませんでした。


また、兗州えんしゅう従事じゅうじ薛悌せつてい程昱ていいくと相談し、最後まで3城を守り抜いて曹操そうそうの帰還を待ちました。

曹操そうそうは帰還すると程昱ていいくの手を取って、


「君の力がなければわしは帰る場所がなくなってしまうところだった」


と言い、上申して程昱ていいく東平相とうへいしょう兗州えんしゅう東平国とうへいこく太守たいしゅ)に任命して、范県はんけんに駐屯させました。


兗州の反乱関連地図

兗州えんしゅうの反乱関連地図

陳宮はなぜ反乱を勧めたのか

興平こうへい元年(194年)、兗州牧えんしゅうぼく曹操そうそうが再び陶謙とうけん征討の軍を起こすと、陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばくは、河内太守かだいたいしゅ張楊ちょうようを頼っていた呂布りょふ兗州えんしゅうまねき入れ、曹操そうそう反旗はんきひるがえして兗州えんしゅうの郡県のほとんどを手中に収めました。

その裏で、張邈ちょうばくにこの反乱を決意させたのは陳宮ちんきゅうです。そして、そもそも曹操そうそう兗州牧えんしゅうぼくけたのも陳宮ちんきゅうでした。

ではなぜ陳宮ちんきゅうは、張邈ちょうばく曹操そうそうへの謀反むほんを勧めたのでしょうか。

曹操そうそうへの不満と虐殺

初平しょへい元年(190年)、董卓とうたくが支配する洛陽らくよう雒陽らくよう)を脱出した曹操そうそうは、兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐん己吾県きごけんで、張邈ちょうばく配下の衛茲えいじの援助を受けて挙兵しました。

そして、その後 黒山賊こくざんぞくった曹操そうそう東郡太守とうぐんたいしゅとなり、次いで兗州牧えんしゅうぼくとなります。


張超ちょうちょう許汜きょし王楷おうかいらが、時流に乗っていつの間にか自分たちの風上に立っている曹操そうそうのことを、内心うとましく思っていてもおかしくありません。

かつて高柔こうじゅうが予言したように、張邈ちょうばくをはじめとする兗州えんしゅうの官吏と兗州牧えんしゅうぼく曹操そうそうの関係は、表面的には良好に見えても、非常に危ういものだったのです。

そのような中で、曹操そうそうが1度ならず2度までも虐殺を行ったことで、張超ちょうちょうらは「このまま曹操そうそう兗州えんしゅうを任せておくわけにはいかない」という考えに至ったのだと思われます。

策士・陳宮ちんきゅう

兗州刺史えんしゅうしし劉岱りゅうたい青州せいしゅう黄巾にたれると、陳宮ちんきゅうは当時東郡太守とうぐんたいしゅであった曹操そうそうのために奔走ほんそうして、曹操そうそう兗州牧えんしゅうぼくに迎えました。


「今、兗州えんしゅうにはあるじがおらず、天子てんしの命令も届きません。私が州郡を説得してみせますので、この兗州えんしゅうを地盤として戦乱を収拾なされませ。これこそ覇王はおうわざにございます」


これはその時、陳宮ちんきゅう曹操そうそうに言った言葉です。

そして陳宮ちんきゅうは、これとほぼ同じことを言って、張邈ちょうばくに反乱を決意させました。

これらのことから陳宮ちんきゅうは、「自分が見出みいだした英雄を補佐し、自分の知略をもってその英雄を覇王はおうに押し上げたい」という強い野心を持った人物であることが分かります。


ですが、最初に英雄と見込んだ曹操そうそうには、すでに彼自身に「我が子房しぼうなり」と言わしめた荀彧じゅんいくがおり、曹操そうそうが自分の留守中に兗州えんしゅうを任せたのも荀彧じゅんいくでした。

後に陳宮ちんきゅうが処刑される際に涙を流して見送ったように、曹操そうそうにとって陳宮ちんきゅうは特別な配下の1人であったはずですが、陳宮ちんきゅうにとっては自分が1番でなければ気が済まなかったのでしょう。


董卓とうたく誅殺ちゅうさつした名声を持ち、武力一辺倒で有力な参謀さんぼうがいない呂布りょふは、そんな陳宮ちんきゅうにとって、自分の才能を十二分に発揮できる最高の対象だったのです。

つまり陳宮ちんきゅうは、

  • 兗州えんしゅうの守りが手薄になっていること
  • 曹操そうそうの2度に渡る虐殺によって張超ちょうちょうらが動揺していること

を利用して、曹操そうそうよりもぎょしやすい呂布りょふを迎え入れ、新たな英雄の下で自分の野心を達成するために反乱を起こしたのです。


興平こうへい元年(194年)、兗州牧えんしゅうぼく曹操そうそうが再び陶謙とうけん征討の軍を起こすと、陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばくは、河内太守かだいたいしゅ張楊ちょうようを頼っていた呂布りょふ兗州えんしゅうまねき入れ、曹操そうそう反旗はんきひるがえして兗州えんしゅうの郡県のほとんどを手中に収めます。

曹操そうそう兗州えんしゅうに残した荀彧じゅんいく程昱ていいく夏侯惇かこうとんらは かろうじて3城を死守し、曹操そうそうの帰還を待つことになりました。