後漢・三国時代の官職についての記事をまとめた目次です。後漢・三国時代の官職について知りたい場合は、こちらからお探しいただくと探しやすいです。

スポンサーリンク

後漢の官職

かん前漢ぜんかん)が成立した当初、「陳勝ちんしょう呉広ごこうの乱」より続く内乱はまだ終息していなかったため、法制度はほぼしんの制度をそのまま受けついでいました。

その後、第6代皇帝・景帝けいていの時に諸侯王しょこうおうの権限を縮小する政策がられ、第7代皇帝・武帝ぶていの時には官僚組織が肥大化して、経費がかさむようになります。

そこで、かん中興ちゅうこうした(後漢ごかんおこした)光武帝こうぶていは、官庁を統廃合して莫大な経費を削減しました。


【後漢・三国時代の官職】のカテゴリーでは、後漢書ごかんじょ百官志ひゃっかんしもと後漢ごかんの官職をまとめ、確認できる範囲でしょくの三国の官職を補足しています。


スポンサーリンク


【後漢・三国時代の官職】目次

相国・丞相

三公さんこうの上位に位置し、天子てんしを助けて万機ばんき(政治上の多くの重要な事柄)を治める官職。


相国しょうこく丞相じょうしょうは、後漢ごかんでは廃止された官職で後漢書ごかんじょ百官志ひゃっかんしにも記載はありませんが、董卓とうたく曹操そうそう蜀漢しょくかん諸葛亮しょかつりょうなど三国志さんごくしには相国しょうこく丞相じょうしょういた人物が登場するため、特別に項目をもうけています。


【後漢・三国時代の官職01】相国・丞相

太師・太傅・太保・少師・少傅・少保

天子てんしまたは太子たいし皇太子こうたいし)の教育係のような官職。

後漢ごかんにおいてはその多くが廃止されてしまった官職ですが、代わりに置かれた太傅たいふ太子太傅たいしたいふ太子少傅たいししょうふの仕事を理解しやすくするために、番外編として項目をもうけています。


【後漢・三国時代の官職番外編】太師・太傅・太保・少師・少傅・少保