191年2月、ついに孫堅そんけん洛陽らくように向けて進軍を開始しました。反董卓とうたく連合の初勝利となった「陽人ようじんの戦い」から、孫堅そんけん洛陽らくように入るまでをまとめています。

スポンサーリンク

陽人の戦い

孫堅、徐栄に包囲される

191年2月、孫堅そんけん司隷しれい河南尹かなんいんに進軍して梁県りょうけんの東部に軍営を築いたところ、迎撃に出た董卓とうたく配下の徐栄じょえいの大軍に包囲されてしまいます。


数十騎の兵とともに包囲を突破した孫堅そんけんですが、徐栄じょえいの大軍に追いつかれるのも時間の問題でした。

そこで孫堅そんけんは、自分がいつもかぶっている赤いさく(頭巾)を側近の祖茂そもかぶらせて別行動を取らせます。

すると、赤いさく孫堅そんけんの目印にしていた敵兵は祖茂そもを追って行き、孫堅そんけんは無事逃げびることができました。


一方、徐栄じょえい軍の追っ手を振り切ることができないとさとった祖茂そもは、馬を降りてそばにあった焼けた柱に孫堅そんけんの赤いさくをかけ、自分は草むらに身をひそめて様子をうかがいます。

追いついてきた徐栄じょえいの兵は、ただの柱に赤いさくがかけられていることに気づくと、そのまま引き返していきました。

豆知識

潁川太守えいせんたいしゅ李旻りびんは新たに豫州刺史よしゅうししとなった孫堅そんけんに従軍していましたが、この時徐栄じょえい軍に捕らえられ、同じく捕らえられた張安ちょうあんと共に董卓とうたくのいる畢圭苑ひつけいえんに送られました。

そして、見せしめのために殺されることになった2人は、

「生まれた日は違えども、同じ日にられることになるとはな…」

と語り合い、生きたままえたぎるかなえの中に放り込まれました。

陽人の戦い

徐栄じょえい軍の追撃を逃れた孫堅そんけんは本拠地にしていた魯陽県ろようけんには戻らずに、梁県りょうけん陽人聚ようじんじゅに移って再び兵を集め、迎撃に来た董卓とうたく軍を破って都尉とい華雄かゆうを討ち取りました。(呉書ごしょ孫堅伝そんけんでん


陽人の戦い

陽人ようじんの戦い

呂布りょふの裏切り

董卓とうたく陳郡太守ちんぐんたいしゅ胡軫こしん大督護だいとくごに、呂布りょふ騎督きとくに任命し、5,000の兵を与えて孫堅そんけんを迎え撃たせます。

胡軫こしん軍が陽人聚ようじんじゅの南・数十里の位置にある広成聚こうせいじゅまで来ると、胡軫こしん董卓とうたくの命令通り広成聚こうせいじゅで宿営して疲れた兵と軍馬を休ませ、夜陰やいんに乗じて軍を進めて、よく早朝に攻撃を仕掛けるように作戦を伝えました。

すると、ここで呂布りょふが進言します。

陽人聚ようじんじゅの敵兵が逃走しました。すぐに追わねば取り逃がしてしまいますぞっ!」

胡軫こしん呂布りょふの進言に従ってすぐさま進軍を開始。強行軍で陽人聚ようじんじゅに到着しますが、敵兵は逃亡どころかその守りはかたく、容易には攻め落とせそうにありません。


胡軫こしんはせっかちで敵を軽く見るクセがあり、配下の部将たちの多くは彼に反感を持っていました。呂布りょふたちは胡軫こしんに手柄を立てさせまいと嘘の情報を進言したのです。


強行軍に疲労困憊ひろうこんぱいした兵たちが甲冑かっちゅうを脱ぎ捨てて休憩していると、また呂布りょふが言います。

「敵が打って出たぞっ!」

これを聞いた兵たちは大混乱におちいって、武器や防具もそのままに算を乱して逃げ出しました。

その後、敵兵がいないことに気づいた兵たちは元の場所に戻りましたが、陽人聚ようじんじゅの守りはかたく、胡軫こしん軍は有効な攻撃をかけられないまま撤退しました。


以上は呉書ごしょ孫堅伝そんけんでんが注に引く英雄記えいゆうきしるされている「陽人ようじんの戦い」の様子です。

ここには華雄かゆうが討ち取られる場面はしるされていませんが、おそらく胡軫こしん軍が撤退する際に孫堅そんけん軍が打って出て大打撃を与え、華雄かゆうを討ち取ったものと思われます。



スポンサーリンク


袁術が兵糧の供給を止める

袁術への讒言

ある人が袁術えんじゅつに言いました。

「もし孫堅そんけんがこのまま攻め進んで洛陽らくようを落としたら、孫堅そんけんはもはやあなたの命令を聞かなくなるでしょう。そうなれば、『狼を除いて虎を迎え入れる』ようなものです。

これを聞いた袁術えんじゅつは、警戒して孫堅そんけんへの兵糧の供給を中止しました。


袁術えんじゅつからの補給がなくなると、孫堅そんけんは戦いを続けることができません。

孫堅そんけんみずから馬を飛ばして魯陽県ろようけんまでの100里余りの距離を駆け抜けると、袁術えんじゅつ謁見えっけんして言いました。

「私が董卓とうたくと戦っているのは、上は国家のため、下はあなたの一族のかたきを討つためです。

それなのにあなたは、根も葉もない陰口を信じて私を疑うと言うのですかっ!」

孫堅そんけんの剣幕に驚いた袁術えんじゅつは返す言葉もなく、すぐに兵糧を手配させました。

董卓、孫堅に使者を送る

董卓とうたくは以前孫堅そんけんと共に戦ったことがあり、かねてから孫堅そんけんの武勇を認めていました。

胡軫こしんが敗れたことを知った董卓とうたくは、将軍しょうぐん李傕りかくを派遣して「孫堅そんけんの子弟を刺史しし太守たいしゅに任命すること」を条件に和睦わぼくを申し入れます。

これに孫堅そんけんは、

董卓とうたくは天にそむいて無道をした。あやつの三族を皆殺しにして天下に示さなければ、死んでも死に切れん。董卓とうたくとよしみを結ぶことなどできるかっ!」

と一喝して李傕りかくを追い返しました。


スポンサーリンク


孫堅、洛陽に入る

洛陽

画像引用元:『三国志 Three Kingdoms』第6話

大谷関の戦い

陽人聚ようじんじゅ胡軫こしん軍を破った孫堅そんけんは、さらに大谷関たいこくかんに軍を進めます。

そこで、董卓とうたくみずから軍をひきいて迎え撃ちますが、敗北した董卓とうたく澠池県べんちけんまで退却し、兵を補充して陝県せんけんに移りました。


董卓とうたくは、長史ちょうし劉艾りゅうがいに以前見た孫堅そんけんの武勇(辺章へんしょう韓遂かんすいの乱)を語り、反董卓とうたく連合の中で孫堅そんけんだけが気がかりであることをらします。

孫堅そんけんは今、これといった理由もなく袁術えんじゅつに従っています。無理に戦わずとも、そのうち自滅するでしょう」

この劉艾りゅうがいの言葉を聞いた董卓とうたくは、

東中郎将とうちゅうろうしょう董越とうえつ澠池県べんちけんに、中郎将ちゅうろうしょう段煨だんわい華陰県かいんけんに、中郎将ちゅうろうしょう牛輔ぎゅうほ安邑県あんゆうけんに配置して反董卓とうたく連合からの攻撃に備えると、自身は長安ちょうあんに入りました。191年4月のことです。


大谷関たいこくかんの戦いに勝利した孫堅そんけんはそれ以上董卓とうたくを追わず、呂布りょふが守る洛陽らくように向かいました。


董卓と孫堅の行軍経路

董卓とうたく孫堅そんけんの行軍経路

関連記事

黄巾の乱の影に隠れて目立たない涼州の反乱「辺章・韓遂の乱」とは

孫堅、伝国璽を手に入れる

大谷関たいこくかんから洛陽らくように向かった孫堅そんけん呂布りょふを敗走させ、ついに董卓とうたくの手から洛陽らくようを奪還します。


洛陽らくように入った孫堅そんけんは、董卓とうたくによって破壊された皇室の宗廟そうびょうを掃除し、太牢たいろう生贄いけにえ)をささげて祭祀さいしを行いました。

また、この時孫堅そんけんは軍隊を洛陽城らくようじょうの南にとどめていたのですが、そのそばにあった甄官けんかんの井戸から5色の気が立ち昇っているのが見えました。

そして、兵から報告を受けた孫堅そんけんが井戸をさぐらせたところ、かん伝国璽でんこくじが見つかります。これは、中常侍ちゅうじょうじ張譲ちょうじょうたちが少帝しょうていを連れて洛陽らくようから脱出した際に、ゆくえ知れずとなっていたものでした。


その後、孫堅そんけんは歴代皇帝の陵墓りょうぼを修築すると、新安県しんあんけん澠池県べんちけん方面を警戒する兵を残して魯陽県ろようけんに戻りました。

関連記事

諸豪族の入洛。董卓はどのようにして権力を手中に収めたのか

伝国璽(伝国の玉璽)の役割と伝国璽のゆくえ


洛陽らくようへの進撃を開始した孫堅そんけん梁県りょうけん徐栄じょえいに敗れたものの、その後は勝利を重ね、ついに董卓とうたくの手から洛陽らくようを奪還しました。

ですが、董卓とうたくによって破壊・略奪された洛陽らくようは、もはや拠点としての機能を果たすことはできず、孫堅そんけんは歴代皇帝の陵墓りょうぼを修築すると、拠点としていた魯陽県ろようけんに戻ります。

また、この時孫堅そんけん甄官けんかんの井戸から伝国璽でんこくじを手に入れました。