袁術えんじゅつ天子てんし皇帝こうてい僭称せんしょうと、陳珪ちんけい陳登ちんとう父子の暗躍により始まった袁術えんじゅつ呂布りょふの戦いについてまとめています。

スポンサーリンク

袁術の皇帝僭称

袁術の即位

建安けんあん2年(197年)春、「天の意志を示す瑞兆ずいちょう(吉兆)が下った」という司隷しれい河内郡かだいぐん出身の張烱ちょうけいの説を採用して、ついに袁術えんじゅつ寿春じゅしゅん天子てんし皇帝こうてい)を僭称せんしょうします。

袁術えんじゅつは国号を「ちゅう」とし、九江太守きゅうこうたいしゅ淮南尹わいなんいんと改め、公卿こうけい以下百官を置き、南郊なんこう北郊ほっこう祭祀さいしを行いました。

建安けんあん2年(197年)春の群雄勢力図

197年春の群雄勢力図

197年春の凡例

関連記事

袁術えんじゅつ天子てんし皇帝こうてい)を僭称せんしょうするに至った詳しい経緯はこちら

袁術が天子(皇帝)の位を望み、孫策が袁術との関係を絶つ

袁術の招聘(失敗)

沛相はいしょう陳珪ちんけい

徐州じょしゅう下邳国かひこく出身の沛相はいしょう豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく太守たいしゅ]・陳珪ちんけいは、元太尉たいい陳球ちんきゅうの弟の子でした。

陳珪ちんけい袁術えんじゅつは、同じく三公さんこうを輩出した氏族の子弟として若い頃から互いにき来していたので、袁術えんじゅつ陳珪ちんけいまねく手紙を送りました。

袁術の手紙全文
タップ(クリック)すると開きます。

昔、しんあやまった政治を行い、天下の群雄は競って政権を奪い合いまして、智恵と勇気を兼ね備えた者が最後にその果実を手に入れました。

現在、世の中は乱れに乱れ、再びかわらくだけ散る状況となりました。まことに英傑が行動を起こすべき時です。

足下そっか(あなた:陳珪ちんけい)とは昔なじみですので、きっと私への援助を承知してくださるでしょう。もし大仕事を成しげる時には、きっとあなたは私の腹心となってくれることと思っております。


また陳珪ちんけいの2番目の子の陳応ちんおうは、当時下邳国かひこくにいましたが、袁術えんじゅつは同時に陳応ちんおうおどして人質に取り、どうあっても陳珪ちんけいを呼び寄せようとはかりました。


そこで陳珪ちんけいは、返書を送って次のように言いました。


曹将軍そうしょうぐん曹操そうそう)は神のごとき武勇をもって時代の要請にこたえ、過去の規範を復興されて凶悪なやからを平定・統治し、四海の内を清め安定させようとされております。

足下そっか(あなた:袁術えんじゅつ)は曹将軍そうしょうぐん曹操そうそう)と力を合わせ、心を1つにしてかんの王室を補佐したてまつるに違いないと思っておりましたのに、秘かに道ならぬたくらみをいだいて我が身をわざわいさらすとは、なんと痛ましいことではありませんか。

私利に目がくらんで迎合することを私にお望みになっても、たとえ死んでもさようなことはいたしかねます」

陳珪の手紙全文
タップ(クリック)すると開きます。

昔、しんの末期は欲望に任せて暴力を欲しいままにし、残虐は天下をおおい、害毒は民衆に降りかかりました。下民はその命令に耐えきれず、その結果、ついに雪崩なだれを打ってしんは崩壊したのでございます。

今は衰世すいせいおとろえた世の中)とは申しながら、まだ滅亡したしんのような苛酷かこく暴虐ぼうぎゃくによる無秩序は存在しておりません。

曹将軍そうしょうぐん曹操そうそう)は神のごとき武勇をもって時代の要請にこたえ、過去の規範を復興されて凶悪なやからを平定・統治し、四海の内を清め安定させようとされております。

足下そっか(あなた:袁術えんじゅつ)は曹将軍そうしょうぐん曹操そうそう)と力を合わせ、心を1つにしてかんの王室を補佐したてまつるに違いないと思っておりましたのに、秘かに道ならぬたくらみをいだいて我が身をわざわいさらすとは、なんと痛ましいことではありませんか。

もし判断力を失っても理性に立ち戻ることをわきまえておられるならば、今からでも災難から逃れることができましょう。

私は昔なじみを忘れぬゆえ、心情を包み隠さず打ち明けました。たとえ耳が痛いことでも肉親の情愛であります。私利に目がくらんで迎合することを私にお望みになっても、たとえ死んでもさようなことはいたしかねます。

東海相とうかいしょう徐璆じょきゅう

豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけん遷都せんとした時、献帝けんてい徐璆じょきゅう廷尉ていい徴召ちょうしょうしましたが、徐璆じょきゅう京師けいし許県きょけん)に向かう途中、袁術えんじゅつによって身柄を拘束されてしまいました。


天子てんし皇帝こうてい)に即位した袁術えんじゅつは、徐璆じょきゅう上公じょうこうの位をさずけようとしましたが、徐璆じょきゅうは、


龔勝きょうしょう鮑宣ほうせんだけが人というわけではありません。私は死んでも後漢ごかんへの節義を守り通します」


と言って受けなかったので、袁術えんじゅつも無理いはしませんでした。


龔勝きょうしょう鮑宣ほうせんは共に、王莽おうもうによる任官を断って前漢ぜんかんじゅんじた人物です。

兗州刺史えんしゅうしし金尚きんしょう

袁術えんじゅつは、元兗州刺史えんしゅうしし金尚きんしょう太尉たいいに任命しようとしました。

ですが、金尚きんしょうはこれを拒否して逃亡したので、袁術えんじゅつ金尚きんしょうを殺害してしまいました。

関連記事

青州黄巾の兗州侵攻。兗州牧となった曹操と青州兵


陳珪ちんけい招聘しょうへいについては魏書ぎしょ袁術伝えんじゅつでんの「興平こうへい2年(195年)冬」の直前に記述があります。

ですが、その頃まだ曹操そうそう兗州えんしゅう呂布りょふと戦っている最中で、陳珪ちんけいの言うような影響力を持っていたとは思えませんので、資治通鑑しじつがんに従って袁術えんじゅつ天子てんし皇帝こうてい僭称せんしょう後のこととして扱っています。


スポンサーリンク


陳珪・陳登父子の暗躍

袁術と呂布の縁談

建安けんあん2年(197年)5月、袁術えんじゅつ呂布りょふと手を結びたいと思い「呂布りょふの娘を自分の息子の嫁に欲しい」と申し込みました。

そして呂布りょふの同意を得た袁術えんじゅつは、韓胤かんいんを使者に立てて「自分が天子てんし(皇帝)に即位したこと」を伝え、嫁(呂布りょふの娘)を迎えに行かせます。


これに沛相はいしょう豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく太守たいしゅ]の陳珪ちんけいは、


袁術えんじゅつ呂布りょふが姻戚となれば、徐州じょしゅう楊州ようしゅうが南北に連合することになって、国家のわずらいになるだろう」


と心配し、これを阻止しようと呂布りょふの元におもむいて言いました。


曹公そうこう曹操そうそう)は天子てんし献帝けんてい)をむかえたてまつり、国政を補佐され、その輝かしい威光は当代を風靡ふうびし、四海の内を征伐されようとしておられます。

将軍しょうぐん呂布りょふ)には曹公そうこう曹操そうそう)と計画を共にされ、泰山たいざんのようにどっしりとした安定を得るようお考えになるべきです。

今、袁術えんじゅつと婚姻を結ばれたならば、天下から不義の汚名を着せられ、積み重ねた卵のような危険な事態をまねくに違いありません」


すると呂布りょふは、以前袁術えんじゅつが自分を受け入れてくれなかったことを思い出し、すでに出発していた娘を追いかけて連れ戻すと、婚約を破棄して、袁術えんじゅつの使者・韓胤かんいんかせをつけて護送し、豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけんの市場でさらし首にしました。

陳珪・陳登父子の暗躍

この時、陳珪ちんけいは息子の陳登ちんとうを使者として曹操そうそうの元に派遣しようとしましたが、呂布りょふは承知しませんでした。

ですが、ちょうど曹操そうそうの使者が到着して呂布りょふ左将軍さしょうぐんに任命したので、呂布りょふは大いに喜んで、すぐに陳登ちんとうの出発を許し、同時に表文を持たせて感謝の意を表明させました。


ですが陳登ちんとう曹操そうそうに面会した際、


呂布りょふは武勇はあるが無計画で、軽々しく人についたり離れたりする者であるゆえ、早く滅ぼす手立てを考えるべきです」


と申し述べました。

すると曹操そうそうは、


呂布りょふは野蛮な心を持った狼の子だ。実際、いつまでも養っておくわけにはいくまい。君以外には、その事実を詳しく知らせてくれるものはいない」


と言って、すぐさま陳登ちんとう扶持ふち(給料)を中二千石*1に引き上げて広陵太守こうりょうたいしゅに任命し、別れるにあたっては、彼の手を取って、


「東方(徐州じょしゅう)のことは任せたぞ」


と言い、内密に兵を取りまとめて内通するように命じました。

脚注

*1 通常、太守たいしゅ官秩かんちつは二千石。中二千石は九卿きゅうけい河南尹かなんいんと同等の官秩かんちつとなります。

関連記事

秩石(官秩)一覧

陳登の詭弁(きべん)

呂布りょふ陳登ちんとうを仲介として徐州牧じょしゅうぼくの地位を要求しましたが、任命されませんでした。

陳登ちんとうが戻って来ると、呂布りょふは大いに怒ってげきを抜き、机を叩き斬って言いました。


「お前の親父はわしに、曹公そうこう曹操そうそう)に協力し、袁公路えんこうろ袁術えんじゅつ)との結婚を破棄するように勧めておきながら、今、わしが要求したことは1つも手に入らない。

ところがお前たち親子はそろって高い地位にのぼりおった。わしはお前たちに売られたのだな。お前はわしのためにどう言ってきたのかっ!?」


すると陳登ちんとうは、顔色一つ変えず、ゆっくりとさとすように言いました。


「私めは曹公そうこう曹操そうそう)にお目にかかってこう申し上げました。

将軍しょうぐん呂布りょふ)を扱うのは、ちょうど虎を飼うのと同じで、たらふく肉をあてがっておかねばなりません。もし腹を空かしていたら人間を食らうでしょう。(ですから徐州じょしゅうをお与えください)』と。

すると曹公そうこう曹操そうそう)は、『いや、お前は間違っている。ちょうどたかを飼うのと同じで、腹が空けば役に立つが、満腹になれば飛んでいってしまうのだ』とおっしゃいました。

私の申したことは、ざっとこんな内容です」


この話を聞いて、呂布りょふの気持ちはやっとほぐれました。


スポンサーリンク


袁術と呂布の戦い

袁術軍(張勲・橋蕤)の大敗北

呂布りょふが婚約を破棄し、韓胤かんいんが処刑されたことを知った袁術えんじゅつは激怒します。

袁術えんじゅつ大将たいしょう張勲ちょうくん橋蕤きょうずいらを派遣し、韓暹かんせん楊奉ようほうらと連合して、歩騎数万を徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけんに向かわせて、7つの道から呂布りょふを攻めました。

この時、呂布りょふの兵は3千、馬は4百頭しかいなかったため、かなわないのではないかと恐れ、陳珪ちんけいに向かって、


「今、袁術えんじゅつ軍の攻撃をまねいたのはお前のせいだ。どうしたら良いのだっ!?」


と問います。すると陳珪ちんけいは、


韓暹かんせん楊奉ようほう袁術えんじゅつの軍は、即席の連合軍にすぎません。かねてから定めた計画があったわけではありませんし、協力関係を維持していくことは不可能です。

息子の陳登ちんとうが下した判断では、彼らは群れをなした鶏のようなもので、勢いから言って1つのとまり木に一緒に宿ることはありえず、きっと分裂させることができるということです」


と答えました。

そこで呂布りょふ陳珪ちんけいの計略を採用し、韓暹かんせん楊奉ようほうの元に使者を派遣して、自分と協力して袁術えんじゅつ軍を攻撃するように説得させ、ありったけの軍需品を提供するむねを申し入れます。

呂布の手紙全文
タップ(クリック)すると開きます。

2将軍しょうぐん韓暹かんせん楊奉ようほう)には天子てんし献帝けんてい)の御車みくるまを脱出させて東へ移しまいらせ、国家に対して大いなる功績を立てておられます。その勲功は万世ののちまで消滅せぬよう、記録にとどめてしかるべきものです。

ただ今、袁術えんじゅつが反逆に踏み切りましたからには、当然力を合わせて打倒すべきでありますのに、どうして逆賊と結託して反対に私を討とうとなさるのですか。

私には董卓とうたく誅殺ちゅうさつした手柄があり、2将軍しょうぐん韓暹かんせん楊奉ようほう)と同じく国家に対して功績を立てた臣下であります。

今この時こそ力を合わせて袁術えんじゅつを撃破し、天下に功業を樹立すべきです。この機をのがしてはなりません。


韓暹かんせん楊奉ようほうは手紙を受け取ると、ただちに計画を変更して呂布りょふに味方しました。


呂布りょふが軍隊を前進させて、張勲ちょうくんの陣営から百歩のところに至った時、韓暹かんせん楊奉ようほうの軍勢は時を合わせて一斉に行動を起こし、10人の将の首を斬り、殺害された者、負傷した者、川に落ちて溺死できしした者の数は数えきれませんでした。

呂布の手紙

その後呂布りょふは、韓暹かんせん楊奉ようほうの2軍と共に、袁術えんじゅつの本拠地である揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん寿春県じゅしゅんけんに向かって水陸両面から進軍を開始し、通過した地域で略奪を働きつつ鍾離国しょうりこくまで進むと、大量の戦利品を得て帰途につきます。


寿春県と鍾離国

寿春県じゅしゅんけん鍾離国しょうりこく

赤線淮水わいすい


呂布りょふ淮水わいすいの北に渡ってしまってから、袁術えんじゅつに手紙を残してこうべました。


足下そっか(あなた:袁術えんじゅつ)は軍隊の強大さを誇って、『勇猛な武将、勇敢な兵士が、敵を完全に破滅させようとするのを、常に抑制しているのだぞ』といつも言っておられた。

私は武勇なき者だが、淮南わいなんの地を虎のごとく歩きまわると、わずかの間にもかかわらず、足下そっか寿春県じゅしゅんけんにネズミのようにコソコソと逃げ込み、頭を出す者さえいないありさま。足下そっかの勇猛な武将、勇敢な兵士は一体みんなどこに行ってしまったのか。

足下そっかは大言壮語して天下の人をたぶらかすのがお好きなようだが、天下の人を、どうしてことごとくたぶらかすことができようぞ。

昔は交戦状態にあっても、双方の間に使者がき来したという。この文書を書いたのは私の発案ではないが、互いの距離はそうへだたってはいないのだから、また手紙を差し上げましょう」


袁術えんじゅつみずから歩兵・騎兵をひきいて淮水わいすいのほとりで気勢をあげましたが、呂布りょふの騎兵はすべて淮水わいすいの北におり、大いに嘲笑ちょうしょうを浴びせかけながら帰途につきました。

琅邪相・蕭建

この時、徐州じょしゅう東海郡とうかいぐん出身の琅邪相ろうやしょう徐州じょしゅう琅邪国ろうやこく太守たいしゅ)・蕭建しょうけん莒県きょけんを治めていましたが、城の守備を固め、呂布りょふよしみを通じようとしませんでした。


琅邪国(ろうやこく)の場所

徐州じょしゅう琅邪国ろうやこく


徐州・琅邪国・莒県

徐州じょしゅう琅邪国ろうやこく莒県きょけん


そこで呂布りょふ蕭建しょうけんに手紙を送り、よしみを通じるように説得します。

呂布の手紙全文
タップ(クリック)すると開きます。

天下の人が兵をげたのは、もともと董卓とうたく打倒が目的だったからだ。私は董卓とうたくを殺害して関東かんとう(広く函谷関かんこくかんより東の地域のこと)に至り、軍勢をつのって西方から天子てんし献帝けんてい)の御車みくるまをお迎えして、洛陽らくよう雒陽らくよう)を復興させたいと念じていたが、関東かんとう将軍しょうぐんたちは逆に互いに攻撃しあって、国家に思いをいたそうとする者はいなかった。

私は[幷州へいしゅう并州へいしゅう)・]五原郡ごげんぐんの人間だ。五原郡ごげんぐん徐州じょしゅうから5千里(約2,150km)以上離れた、天の西北のすみにあるのだから、何も今わざわざやって来て、天の東南にある土地を争い合おうとは思っていない。

莒県きょけん下邳県かひけんからほど遠くない地点にあるゆえ、当然よしみを通じてしかるべきであろう。

君がもし自分の意志をつらぬくならば、郡はおのおの帝国、県はおのおの王国だと考えておられることになる。

昔、楽毅がくきせいを攻撃した時、あっという間にせいの70余城を攻め落としたが、ただ莒県きょけんと(青州せいしゅう北海国ほっかいこく・)即墨国そくぼくこくの2つの城だけは落ちなかった。その理由は、城中に田単でんたんがいたからである。

私は楽毅がくきではないが、君(蕭建しょうけん)もまた田単でんたんではない(守り抜くことはできないだろう)。

この手紙を受け取ったなら、智恵者と共に十分に相談するがよろしかろう。


蕭建しょうけんは手紙を受け取ると、即刻呂布りょふ主簿しゅぼつかわして返書をとどけ、へりくだった態度をとって良馬5頭を献上しました。


ちなみに、徐州じょしゅう琅邪国ろうやこくの郡治所は、莒県きょけんではなく開陽県かいようけんです。この時開陽県かいようけんには、後述する臧覇ぞうはが駐屯していました。

臧覇が莒県を奪う

蕭建しょうけんはその後、泰山賊たいざんぞくすい臧覇ぞうはに襲撃されて撃ち破られ、臧覇ぞうは蕭建しょうけんたくわえていた物資を手に入れました。

呂布りょふはこのことを知ると、みずから歩兵・騎兵をひきいて莒県きょけんに向かおうとします。

この時高順こうじゅんは、


将軍しょうぐん呂布りょふ)はご自身で董卓とうたくを殺害され、その威光はえびす(西方異民族)どもにまで鳴り響いておられるのです。じっと座って辺りを見回しておられるだけで、遠くの者も近くの者も自然に恐れて服従いたします。

軽々しく自分から出兵されてはなりません。もし勝利を得られなかった場合には、少なからず名声をそこなうことになります」


いさめましたが、呂布りょふは聞き入れませんでした。

案のじょう臧覇ぞうは呂布りょふの乱暴略奪を恐れて城を固く守ったので、呂布りょふは攻め落とすことができず、何も得る物なく下邳県かひけんに引きげました。

のち臧覇ぞうはは、再び呂布りょふ和睦わぼくします。


資治通鑑しじつがんでは、呂布りょふ臧覇ぞうはを攻めた理由として、

臧覇ぞうはは奪った物資を呂布りょふおくることを約束していたが、臧覇ぞうはおくって来なかったので、呂布りょふみずから要求しに行った」

とされています。

これによると、呂布りょふ蕭建しょうけんよしみを通じておきながら臧覇ぞうはの襲撃を黙認していたことになり、呂布りょふの出陣は「蕭建しょうけんの救援」ではなく、約束を守らない臧覇ぞうはへの恫喝どうかつということになります。


また資治通鑑しじつがんには「泰山賊たいざんぞくすい臧覇ぞうは」とありますが、魏書ぎしょ臧覇伝ぞうはでんには、臧覇ぞうはは「徐州じょしゅう琅邪国ろうやこく開陽県かいようけんに駐屯した」とあります。

豆知識

呂布と高順

高順こうじゅんは清廉潔白な人柄で威厳があり、酒を飲まず、贈り物を受け取りませんでした。

統率していた兵士は7百人余りでしたが、千人と公称し、よろいかぶと・武器はすべてよく鍛えられ、手入れが行き届いており、攻撃した相手を必ず撃ち破ったため「陥陣営かんじんえい」とあだ名されていました。


高順こうじゅんはいつも呂布りょふいさめて、


「大体、家を破滅させ国を滅亡させる場合、忠義な臣下やすぐれた知恵者がいないわけではありません。ただそれらの者を起用しないことが問題なのです。

将軍しょうぐん呂布りょふ)は行動なさる場合に熟慮なさらず、すぐに喜んで間違ったことを口に出されます。その誤りは数えきれないほどであります」


と言っていました。

呂布りょふは彼の忠義を認めてはいましたが、その意見を採用することはできませんでした。


呂布りょふは、郝萌かくほうが謀叛を起こしてから一層高順こうじゅんうとんじるようになり、魏続ぎぞくとは姻戚関係であったために、高順こうじゅんが指揮していた軍兵をことごとく奪い取って魏続ぎぞくに与え、戦争になると、わざと高順こうじゅん魏続ぎぞくの配下の軍隊を指揮させましたが、高順こうじゅんの方では最後までうらみがましい気持ちをいだきませんでした。

関連記事

袁術の徐州侵攻と呂布の裏切り。劉備が徐州を失い呂布に投降する


建安けんあん2年(197年)春、ついに袁術えんじゅつ寿春じゅしゅん天子てんし皇帝こうてい)を僭称せんしょうしました。

また袁術えんじゅつ呂布りょふと手を結びたいと思い、「自分の息子と呂布りょふの娘の婚姻」を進めますが、袁術えんじゅつ呂布りょふが手を結ぶことを危惧きぐした陳珪ちんけい陳登ちんとうの働きかけによって、呂布りょふはこの婚約を破棄してしまいます。

これに激怒した袁術えんじゅつは、献帝けんていの元を追われた韓暹かんせん楊奉ようほうらと連合して呂布りょふを攻めますが、陳珪ちんけいの離間の計により、大敗北をきっしてしまいました。