朝廷で権力を握った董卓とうたくは、天子の廃立に始まり数々の略奪・暴行を働いたために、袁紹えんしょうを盟主とする反董卓とうたく連合が結成されました。では、なぜ董卓とうたくは諸侯の反感を買うようなことをしたのでしょうか?

ではまず、朝廷で権力を握った董卓とうたくの思惑を理解するために、洛陽らくように入った董卓とうたくが行ったことを確認してみましょう。

スポンサーリンク

入洛後の董卓の動き

冕冠(べんかん)

軍権の掌握

少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうを保護して洛陽らくように入った董卓とうたくは、まず所属不明となっていた何進かしん何苗かびょうの兵を自軍に取り込み、猛将・呂布りょふを調略して強力なライバルとなり得る丁原ていげんを殺害させました。

これによって、洛陽らくようには董卓とうたくに対抗することができる軍事力を持つ者はいなくなりました。

関連記事

諸豪族の入洛。董卓はどのようにして権力を手中に収めたのか

少帝を廃位して献帝を即位させる

袁紹えんしょうに天子の廃立を相談する

董卓とうたく袁紹えんしょうを呼び寄せ、少帝しょうていを廃位して献帝けんていを天子に即位させたいと思っていることを打ち明けます。これを聞いた袁紹えんしょうは、「事は重大なことなので、叔父おじ太傅たいふ袁隗えんかいに相談します」と言ってその場を退出すると、そのまま冀州きしゅうに逃亡してしまいました。

この時董卓とうたくは、名門の家柄である袁紹えんしょうもとに反対勢力が結集することを恐れ、袁紹えんしょうに追っ手を差し向けるのではなく、逆に勃海太守ぼっかいたいしゅに任命して懐柔かいじゅうする方針をとりました。

少帝しょうていを廃位して献帝けんていを即位させる

董卓とうたくは百官を集め、いにしえ伊尹いいん霍光かくこうならって暗愚あんぐ少帝しょうていを廃し、陳留王ちんりゅうおうを即位させることを提案しました。

すると、公卿こうけい以下みな恐れて口をつぐむ中、尚書しょうしょ盧植ろしょくが口を開きます。

伊尹いいんに廃されたしょう太甲たいこうも、霍光かくこうに廃された前漢ぜんかん昌邑王しょうゆうおうも悪行を重ねたために廃されました。ですが少帝しょうていには何の失態もありません。伊尹いいん霍光かくこうの時とは状況が違います!」

これを聞いた董卓とうたくは怒って盧植ろしょくを殺そうとしますが、蔡邕さいよう議郎ぎろう彭伯ほうはくが止めに入ったため、その場は思いとどまって盧植ろしょく罷免ひめんするだけにとどめました。

ですが、盧植ろしょくやまいを理由に洛陽らくようを去ると董卓とうたく盧植ろしょくに追っ手を差し向け、追っ手を逃れた盧植ろしょく幽州ゆうしゅう上谷郡じょうこくぐんで潜伏生活を送ることになりました。


その後、太傅たいふ袁隗えんかい董卓とうたくの天子廃立に同意したため、ついに少帝しょうていは廃位されて弘農王こうのうおうとされ、陳留王ちんりゅうおう献帝けんていとして即位します。

さらに董卓とうたくは、董太后とうたいごう霊帝れいていの母)を死に追いやった何太后かたいごうの行いは「婦姑ふこの礼(よめしゅうとの礼)」に反するとして永安宮えいあんきゅうに幽閉し、間もなく酖毒ちんどくを勧めて無理矢理自害させてしまいました。

関連記事

なぜ何進は董卓を洛陽に呼び寄せたのか?霊帝の崩御と朝廷の混乱

位人臣を極める

董卓とうたくは、189年8月にみずか司空しくうに就任。同年9月には太尉たいいに就任すると、兵権の証しである鈇鉞ふえつ斧鉞ふえつ)と虎賁兵こほんへいを与えられました。これにより、董卓とうたくは名実ともに軍権を掌握したことになります。

同年11月、董卓とうたくはさらに相国しょうこくに就任すると、剣履上殿けんりじょうでん入朝不趨にゅうちょうふすう謁讚不名えっさんふめいの特権を許され、母を池陽君ちようくんに取り立てました。

相国しょうこくとは、前漢建国の功臣・䔥何しょうか曹参そうしん以来任命されたことのない永久欠番のような官職でしたが、ついに董卓とうたくがその位にいたのです。

関連記事

剣履上殿けんりじょうでん入朝不趨にゅうちょうふすう謁讚不名えっさんふめいの特権の詳細についてはこちら

外戚・梁冀による朝廷の私物化

名士を採用する

蔡邕さいようを信任する

議郎ぎろう蔡邕さいようの名声を聞きつけた董卓とうたくは彼を幕下ばっかに招き、3日のうちに侍御史じぎょし治書御史ちしょぎょし治書侍御史ちしょじぎょし)、尚書しょうしょへと昇進させ、巴郡太守はぐんたいしゅに任命した上で侍中じちゅうとして洛陽らくようとどめ、多大な信頼を寄せます。

蔡邕さいようは、178年に朝廷の政争にやぶれて朔方郡さくほうぐんに流刑された後、すぐに大赦たいしゃで許されますが、讒言ざんげんを恐れて呉郡ごぐん隠棲いんせいしていました。董卓とうたく招聘しょうへいを受けた蔡邕さいようやまいを理由にこれを断りましたが、董卓とうたくの「従わぬなら一族皆殺しにするぞっ!」というおどしにくっして仕えることになったのです。

関連記事

【三国志年表詳細】178年の主な出来事と群雄勢力図

人事の刷新

董卓とうたくは、司徒しと黄琬こうえん太尉たいいに、司空しくう楊彪ようひょう司徒しとに、光禄勳こうろくくん荀爽じゅんそう司空しくうに任じるなど、朝廷の人事を刷新します。

董卓とうたくはまた、名士として名高い侍中じちゅう周毖しゅうひ城門校尉じょうもんこうい伍瓊ごけい議郎ぎろう何顒かぎょう尚書しょうしょ鄭泰ていたいらを身近において信任し、能力がなかったり不正を働いている人物を糾弾きゅうだんさせて、彼らの推薦する人物を地方官に任命しました。

董卓が任命した地方官
  • 韓馥かんふく冀州牧きしゅうぼく
  • 劉岱りゅうたい兗州刺史えんしゅうしし
  • 孔伷こうちゅう豫州刺史よしゅうしし
  • 張邈ちょうばく陳留太守ちんりゅうたいしゅ
  • 張咨ちょうし南陽太守なんようたいしゅ

また董卓とうたくは、元太傅たいふ陳蕃ちんはん、元大将軍だいしょうぐん竇武とうぶらをまつり、党錮とうこの禁を受けた党人とうじんの爵位を回復し、処刑された者の墓に弔問の使者を送ってその子孫に官職を与えるなど、宦官たちによってしいたげられた清流派の人材の復権を積極的に行いました。

関連記事

【三国志年表詳細】168年の主な出来事と群雄勢力図

董卓の残忍な行い

擾龍宗かりゅうそうを撲殺

侍御史じぎょし擾龍宗かりゅうそう董卓とうたくに業務上の報告をした際、剣を外していなかったことをとがめて殴り殺しました。

何苗かびょうの墓を暴く

董卓とうたく何太后かたいごうの母・舞陽君ぶようくんを殺害し、袁紹えんしょうによる宦官誅殺かんがんちゅうさつの際に殺された何苗かびょうの墓をあばいて遺体にはずかしめを与えました。

貴族の財産を没収する

董卓とうたく洛陽らくようの貴族や皇族から財産を没収し、兵士に婦女を略奪することを許しました。

村祭りの住民を虐殺する

董卓とうたくは2月の春祭りに参加している住民を襲って、男性は皆殺しにし、女性は兵士に与えて、賊を討ったと宣伝しました。

元号を「中平」に戻す

董卓とうたくは、この1年間のうちに改元された光熹こうき昭寧しょうねい永漢えいかんの元号を排し、中平ちゅうへい6年に戻すみことのりを発しました。


当時の元号は、良いことが起こった時や悪いことが起こった時、そして皇帝が代替わりした時に改元が行われ、皇帝が代替わりした時に行われる改元は「称元しょうげん」と言って、特別な意味がありました。

光熹こうき」と「永漢えいかん」は、少帝しょうていの即位と献帝けんていの即位にともなって行われた称元しょうげんであり、「光熹こうき」と「永漢えいかん」の元号を排することは、少帝しょうてい献帝けんていの即位を認めないととらえることもできます。


スポンサーリンク


朝廷で権力を握った董卓の思惑

宦官や特権階級への憎悪

董卓とうたくは若い頃からきょう族と親交を結び、貧しい農耕生活を送っていたため、異民族や民衆がどれだけしいたげられてきたかを身を持って知っていました。

また、後漢書ごかんじょ董卓伝とうたくでんには、董卓とうたくは「天下が乱れているのは、宦官たちが忠義心のある善良な官僚を誅殺ちゅうさつしたためであると思っていた」とあることから、何進かしん招聘しょうへいを受けた董卓とうたくには、本心から宦官の誅殺ちゅうさつに協力する意志があったように思えます。

そして、洛陽らくようで異変が起こったことを知った時、董卓とうたくみずからの手で朝廷を支配し、腐敗ふはいした政治を正そうと決意したのではないでしょうか。

何太后の殺害

洛陽らくようで軍権を掌握した董卓とうたくがまず始めに行ったのは、天子の廃立でした。

このような董卓とうたくの行いに対して、当時最高権力者であった何太后かたいごうは何の対抗措置も講じていません。これは、目の前で宦官たちが殺され、自身も身の危険にさらされた何太后かたいごうは、当時茫然自失ぼうぜんじしつの状態で正常な判断ができなかったからだと思われます。

董卓とうたく少帝しょうてい廃位の理由を「少帝しょうていは素行が悪く暗愚あんぐであり、天子の重責を果たすことができない。聡明な陳留王ちんりゅうおうこそ天子に相応ふさわしい」としましたが、天子廃立の真意は、朝廷腐敗ふはいの元凶である宦官を重用した最高権力者・何太后かたいごうを失脚させることにあったのです。


董卓とうたくにとって、何太后かたいごうは宦官たちを擁護ようごして彼らの専横を許した張本人であり、何太后かたいごう皇太后こうたいごうとして最高権力者の座にいる限り、朝廷の腐敗ふはいを正すことはできません。

そのため、何太后かたいごうが正気を取り戻す前に、何よりも早く少帝しょうていを廃位して失脚させる必要があったのです。その証拠に、何太后かたいごうはすぐに殺害しましたが、弘農王こうのうおう少帝しょうてい)には手を下していません。

名士の採用

董卓とうたく蔡邕さいようをはじめとする名士を採用し、弾圧を受けていた清流派の復権を行いました。

もし、董卓とうたくが権力を握ることだけを狙っているのであれば、自分の近親者を高い官位にけるはずですが、董卓とうたくはそれをしていません。

董卓は暴君だったのか?

暗殺を恐れた董卓とうたく

家柄も低く上官に対して不敬な態度を取ってきた董卓とうたくの朝廷での評判はすこぶる悪く、朝廷には董卓とうたくのことを心から支持していた者はほとんどいませんでした。

そのため、董卓とうたくは常に反乱や暗殺の危険を抱えており、厳しい刑罰で反乱分子を押さえつける必要があったのです。剣を外していなかった侍御史じぎょし擾龍宗かりゅうそうに過敏に反応したのはそのためです。

貴族や皇族からの略奪

いざ洛陽らくようで権力を握ってみると、後漢の国庫には董卓とうたくの権力基盤である軍兵を養うだけの蓄えがありませんでした。

霊帝れいてい時代には、賄賂(=民衆への増税)で国庫の充実が行われてきましたが、董卓とうたくは宦官誅殺、賄賂・不正の撲滅を掲げていますので、間接的に民衆の負担となる賄賂によって財政再建を行うことは本意ではありません。


董卓とうたくにとって民衆から搾取さくしゅして財産を貯め込んだ貴族や皇族は腐敗ふはいの象徴であり、彼らが不正に蓄財していた財産を没収して、枯渇こかつしていた国庫の充実にてていたのではないでしょうか。

また、董卓とうたくが兵士に婦女を陵辱りょうじょくすることを許したのは、董卓とうたくの唯一の権力基盤である軍兵の不満を解消させる意図があったのだと思われます。これは褒められたことではありませんが、なにも董卓とうたくだけが行った特別な残虐行為というわけではありません。

村祭りの住民を虐殺する

魏書ぎしょ董卓伝とうたくでんには、董卓とうたくは2月の春祭りに参加している住民を襲って、男性は皆殺しにし、女性は兵士に与えて、賊を討ったと宣伝したと記されています。

董卓とうたく洛陽らくように入ったのは189年の8月。そしてその翌年の1月には、各地で「反董卓とうたく連合」が決起します。つまり、董卓とうたくが春祭りを襲わせたのは「反董卓とうたく連合」が決起した後と言うことになりますが、魏書ぎしょ董卓伝とうたくでんはこのことを「反董卓とうたく連合」の前に記述しています。

また当時の後漢では、3人以上集まって群飲することや、許可なく祭祀さいしを行うことを禁じていますので、各地で「反董卓とうたく連合」が決起している非常時に祭りを開いていた住人を、董卓とうたくが賊とみなしたとしても不思議ではありません。

相国しょうこくの位に

董卓とうたくみずから永久欠番となっていた相国しょうこくの位にきました。これはいかにも董卓とうたくの権力欲の強さを表しているように見えます。


少帝しょうていが即位したときに幼い天子の代わりに政権をにな録尚書事ろくしょうしょじに任命されたのは、大将軍だいしょうぐん何進かしん太傅たいふ袁隗えんかいで、何進かしんはすでに亡くなっていました。

太傅たいふ袁隗えんかいは若き日の董卓とうたく司徒しとの属官に取り立てた人物で、董卓とうたくが他の名士を従わせることができたのも、彼が董卓とうたくの天子廃立に賛成したことが大きいと言えます。

そのため、董卓とうたく太傅たいふである袁隗えんかいの上位に立つためには、どうしても相国しょうこくの位にく必要があったのではないでしょうか。


後漢書ごかんじょ董卓伝とうたくでん魏書ぎしょ董卓伝とうたくでん資治通鑑しじつがんなどを読み比べてみると、董卓とうたくが行った残虐行為について時系列があやふやになっています。

董卓とうたくについて記されている歴史書は、最終的に董卓とうたくと敵対した勢力によって編纂へんさんされているため、ことさらに董卓とうたくの残虐性を強調し、反董卓とうたく連合は残忍な董卓とうたくを討つための義挙であるという印象操作がなされているのです。

ですが、こうして改めて洛陽らくようでの董卓とうたくの行いを確認してみると、董卓とうたくがやろうとしていた事は、不正をなくし、特権階級を解体して困窮する民衆を救うことだったのではないかと言えるかもしれません。

関連記事

どれが真実!?実は3通りあった曹操の「呂伯奢一家惨殺事件」



スポンサーリンク


暴君となった董卓

董卓の誤算

後漢13代皇帝・少帝しょうていは、霊帝れいていの死後に起こった何太后かたいごう何進かしん派と董太后とうたいごう董重とうちょう派の争いの結果即位した天子です。そのため董卓とうたくは「自分は陳留王ちんりゅうおうを養育していた董太后とうたいごうと同族である」と主張して、自分が献帝けんていの正統な保護者であることを強調しました。

つまり献帝けんていの即位は、1度は敗北した董太后とうたいごう董重とうちょう派が逆転し、何太后かたいごう何進かしん派が敗北したことを意味します。董太后とうたいごうを死に追いやった何太后かたいごうとその母・舞陽君ぶようくんを殺害し、何苗かびょうの墓をあばいて遺体をはずかしめたのはこのためです。


霊帝周辺の人間関係

霊帝れいてい周辺の人間関係


董卓とうたくは、董太后とうたいごうの後継者として献帝けんていを補佐する立場をとりました。このことは、少帝しょうてい擁立ようりつした何太后かたいごう何進かしん派の反発を招くことは想像にかたくありません。

このような場合、危険分子である何太后かたいごう何進かしん派の人材を排除するのが常道ですが、董卓とうたくは彼らに要職を与えました。

その結果、董卓とうたくの天子廃立に反対する袁紹えんしょう盧植ろしょく董卓とうたく驍騎校尉ぎょうきこういに任命した曹操そうそう後将軍こうしょうぐんに任命した袁術えんじゅつ洛陽らくようから逃亡し、董卓とうたくが信任した周毖しゅうひ伍瓊ごけい何顒かぎょうらが推薦した地方官の多くは董卓とうたくに反旗をひるがえしました。


つまり反董卓とうたく連合とは、董卓とうたくの残忍な行いに対する反発ではなく、献帝けんてい擁立ようりつした董卓とうたくに対する少帝しょうてい派(何太后かたいごう何進かしん派)の反発であると言うことができます。

関連記事

なぜ何進は董卓を洛陽に呼び寄せたのか?霊帝の崩御と朝廷の混乱


董卓とうたくは長年、朝廷の外で武官として異民族の討伐に従事してきました。

そのため朝廷内での派閥闘争にうとく、たとえ何太后かたいごう何進かしん派の人材であっても、しかるべき官職を与えれば、簡単に自分に従うと思っていたのかもしれません。

董卓とうたくにとって、袁紹えんしょうを筆頭とする旧何太后かたいごう何進かしん派の人材を粛清しなかったことが、最大の失敗であったと言えます。

残忍化した董卓

各地で反董卓とうたく連合が決起すると、董卓とうたくは彼らの旗頭となるのを恐れて弘農王こうのうおう少帝しょうてい)を殺害。反乱を起こした地方官たちを推挙した周毖しゅうひ伍瓊ごけいらも殺害し、長安ちょうあんへの遷都せんとを強行しました。

董卓とうたくにしてみれば、せっかく目をかけて取り立ててやった諸侯に反乱を起こされた訳で、極度の人間不信におちいっていたものと思われます。


長安ちょうあん遷都せんとした後の董卓とうたくは、郿県びけんの城壁を高くし、砦を築いて30年分の穀物を蓄えると、宴席で北地郡ほくちぐんからの降伏者数百人の手足を切り落とし、舌を切り目をくり抜いて大鍋で煮殺すなどの残虐行為をするようになります。

また、派閥に関わらず優秀な人材を登用してきた董卓とうたくは方針を一転させ、りの合わない張温ちょうおんに罪を着せむちで打ち殺すなど、危険分子を排除するようになりました。

董卓とうたく連合の決起によって人間不信におちいった董卓とうたくには、もはや恐怖政治によって人を従えるしか方法は残されていなかったのです。


支配地域も縮小し、反董卓とうたく連合の決起によって地方からの収入もなくなった董卓とうたくは、その財源として五銖銭ごしゅせん改鋳かいちゅうし「董卓五銖とうたくごしゅ」と呼ばれる粗悪な貨幣を流通させたため、貨幣経済が成り立たなくなるほど貨幣価値が下落しました。

この五銖銭ごしゅせん改鋳かいちゅう董卓とうたくの悪行として挙げられますが、裏を返せばこの危機的状況に際しても、董卓とうたくは民衆からの搾取さくしゅをしなかったと言うことができます。

董卓による支配が続いていたら…

董卓とうたく連合の決起によって、董卓とうたくの改革は人事の刷新にとどまってしまったため、董卓とうたくの真意を知ることはできません。

ですがもし反董卓とうたく連合が決起せず、袁紹えんしょうをはじめとする諸侯が董卓とうたくに協力していたら…

董卓とうたくならば親しいきょう族と結んで西域の支配を確立し、すたれていたシルクロードによる交易を復活させることができたかもしれません。

そして、シルクロードによる交易で得た利益を財源として、貴族や皇族の特権を縮小し、不正のない民衆が豊かになる政策を実現することができたのではないでしょうか。


ですが、目的達成のために躊躇ちゅうちょすることなく天子の廃立を行い、改元を行った董卓とうたくには、天子に対する畏敬いけいの念はありません。

董卓とうたくの支配が続いていても、反董卓とうたく連合が決起して群雄割拠の時代になったとしても、どちらにせよ献帝けんていは後漢最後の天子となっていたことは間違いないでしょう。