朝廷の実権を握った李傕りかく郭汜かくし馬騰ばとう韓遂かんすいの反乱を退けましたが、今度は青州せいしゅうの黄巾賊の残党が兗州えんしゅうに侵攻を開始します。

スポンサーリンク

青州黄巾の兗州侵攻

青州黄巾の兗州侵攻

画像出典:ChinaStyle.jp


マリコマリコ

前回は、馬騰ばとうさんと韓遂かんすいさんが李傕りかくさんたちに敗れて撤退したところまででしたよね。

タカオタカオ

うん、馬超ばちょうが強かったねっ!内応が成功してればなぁ…。

マリコマリコ

参謀さんぼう賈詡かくさんの作戦勝ちでしたね。

王先生王先生

そうですね。今回は舞台が変わって曹操そうそうのお話となります。

ご確認

この記事は三国志演義さんごくしえんぎに基づいてお話ししています。正史せいし三国志さんごくしにおける青州せいしゅう黄巾の兗州えんしゅう侵攻については、こちらをご覧ください。

関連記事

青州黄巾の兗州侵攻


王先生王先生

では、馬騰ばとう韓遂かんすいが撤退した後の長安ちょうあんのお話から始めます。


馬騰ばとう韓遂かんすいが敗北してからというもの、李傕りかく郭汜かくしに戦いをいどむ者はいませんでした。

その後、李傕りかく郭汜かくし参謀さんぼう賈詡かくが善政を行うように勧めたため、朝廷も活気を取り戻していきます。

そんな時、青州せいしゅうの黄巾賊の残党・数十万が兗州えんしゅうに侵攻し、兗州牧えんしゅうぼく劉岱りゅうたいを攻め殺してしまいました。


青州(せいしゅう)と兗州(えんしゅう)

青州せいしゅう兗州えんしゅう


すると太僕たいぼく朱儁しゅしゅんは、この黄巾賊討伐の任務に、曹孟徳そうもうとく曹操そうそう)を推挙します。



タカオタカオ

あれ?曹操そうそうって今どこで何してたんだっけ?

マリコマリコ

えっと…、確か十八路諸侯じゅうはちろしょこうが解散した後、揚州ようしゅうに向かったはずよ。

王先生王先生

マリコさん、よく覚えていましたね。


曹操そうそう十八路諸侯じゅうはちろしょこうが解散した後、揚州ようしゅうで兵をつのり、濮陽ぼくようで賊を破り、武陽ぶよう東武陽とうぶよう)で于毒うどくを攻め、匈奴きょうど内黄ないこうに撃破して、この時は東郡太守とうぐんたいしゅに任命されていました。


曹操関連地図

曹操そうそう関連地図



タカオタカオ

なるほど。ちょうど兗州えんしゅうにいたんだね。

マリコマリコ

知らない間にたくさん戦ってたんですね。

王先生王先生

袁紹えんしょう公孫瓚こうそんさん董卓とうたく呂布りょふなんかがクローズアップされていましたからね。

曹操が青州兵を得る


王先生王先生

李傕りかくはすぐに曹操そうそう済北相せいほくしょう鮑信ほうしんに討伐を命じました。


みことのりを受けた曹操そうそうは、鮑信ほうしんまねいて兵を合わせ、寿陽じゅよう寿張じゅちょう)にもる黄巾賊に攻撃を開始します。


寿陽(寿張)

寿陽じゅよう寿張じゅちょう


この時鮑信ほうしんは、勢いに乗って敵を深追いし、戦死してしまいましたが、曹操そうそうは賊軍を済北せいほくまで追いつめました。

また曹操そうそうは、降伏してきた者を許して自軍に加えたので、敵兵は次々に降伏し、100日余りで帰順した兵・30万人、男女合わせて100万人が曹操そうそうに降伏します。


曹操そうそうはその中から精鋭を選んで「青州兵せいしゅうへい」と名付け、その他の者を帰農させて、農業に従事させました。


また曹操そうそうは、この功績により鎮東将軍ちんとうしょうぐんに任命されました。初平しょへい3年(192年)冬、12月のことです。



マリコマリコ

鮑信ほうしんさんって、十八路諸侯じゅうはちろしょこうの1人でしたよね。

タカオタカオ

確か汜水関しすいかんで抜け駆けしてたな。今回も功をあせったか?(笑)

王先生王先生

正史せいしでは名将なんですけどね(笑)三国志演義さんごくしえんぎでは損な役回りになっています。

マリコマリコ

そうなんだ。

関連記事

【019】華雄 vs 孫堅:汜水関の戦い。十八路諸侯の不和と孫堅の敗北


スポンサーリンク


曹操の下に人材が集まる

曹操の下に人材が集まる

画像出典:ChinaStyle.jp

曹操の人材登用


王先生王先生

青州兵せいしゅうへいを得た曹操そうそうは、次ぎに賢士の登用を始めます。

タカオタカオ

いくら兵力が多くても、良い人材がいなければ意味ないからねっ!

王先生王先生

そうですね。それでは順番に紹介していきます。


曹操そうそうが人材の登用を始めると、まず2人の者が身を寄せてきました。

荀彧じゅんいくあざな文若ぶんじゃく

潁州えいしゅう潁陰えいいん豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん潁陰県えいいんけん]の人で、済南相せいなんしょう青州せいしゅう済南国せいなんこく太守たいしゅ)・荀昆じゅんこん荀緄じゅんこん)の子。この時29歳。

はじめ袁紹えんしょうに仕えていましたが、袁紹えんしょうを見限って曹操そうそうの下にやってきました。

曹操そうそう荀彧じゅんいくと面会すると、共に兵法を談じてその才能を見抜き、


「これこそ我が張子房ちょうしぼう張良ちょうりょう)だっ!」


と言って、彼を行軍司馬こうぐんしばに任命しました。



王先生王先生

張良ちょうりょうは、前漢ぜんかんおこした劉邦りゅうほうの覇業達成に大きく貢献した軍師ぐんしです。

荀攸じゅんゆうあざな公達こうたつ

当時の名士で、何進かしん大将軍だいしょうぐんの時黄門侍郎こうもんじろうに任命されましたが、官職をてて郷里に帰っていました。

曹操そうそう荀彧じゅんいくと共にやってきた荀攸じゅんゆう行軍教授こうぐんきょうじゅに任命します。

荀彧じゅんいく荀攸じゅんゆうを配下に加えてから、曹操そうそうは朝から晩まで2人と語り合いました。

そこで荀彧じゅんいくは、「自分の十倍の才を持っている人物」と評して、曹操そうそう程昱ていいくを推挙します。

程昱ていいくあざな仲徳ちゅうとく

兗州えんしゅう東郡とうぐん東阿県とうあけんの人。

兗州牧えんしゅうぼく劉岱りゅうたいの死後行方不明となっていましたが、曹操そうそうが探させると、田舎の山中で学問を続けているのが分かりました。

曹操そうそうが礼を尽くして程昱ていいくを迎えると、程昱ていいく荀彧じゅんいくに向かって、


「私などは見聞けんぶんせまきふつつか者。貴殿の郷里に大賢人がおられるではないか」


と言い、郭嘉かくかの名前を挙げました。

郭嘉かくかあざな奉孝ほうこう

豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん陽翟県ようたくけんの人。


程昱ていいくから名前を聞いた荀彧じゅんいくは、「まことに忘れておりましたっ!」と曹操そうそうに告げると、曹操そうそうは贈り物を持たせて郭嘉かくか兗州えんしゅうまねき寄せました。

郭嘉かくかと天下の形勢を論じ合った曹操そうそうは、


「自分を助けて大事を成さしめる者は、きっとこの人であろう」


と言い、郭嘉かくかも、


「これこそまことに主君と頼むべき人だ」


と言って、さらに劉曄りゅうようを推挙しました。

劉曄りゅうようあざな子揚しよう

淮南わいなん成徳せいとく揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん成徳県せいとくけん)の人。

光武皇帝こうぶこうてい嫡流ちゃくりゅうに当たります。


曹操そうそうがすぐに劉曄りゅうようまねき寄せると、劉曄りゅうようはまた2人の者を推挙しました。

満寵まんちょうあざな伯寧はくねい

兗州えんしゅう山陽郡さんようぐん昌邑県しょうゆうけんの人。

呂虔りょけんあざな子恪しかく

武城ぶじょう(正史では兗州えんしゅう任城国にんじょうこく任城県にんじょうけん)の人。

曹操そうそうが2人をまねいて軍中の従事じゅうじに任命すると、満寵まんちょう呂虔りょけんは、毛玠もうかいを推挙します。

毛玠もうかいあざな孝先こうせん

兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐん平丘県へいきゅうけんの人。

曹操そうそう毛玠もうかい従事じゅうじに任命しました。



王先生王先生

そこへ、また1人の大将が数百人の兵をひきいてやってきます。

于禁うきんあざな文則ぶんそく

兗州えんしゅう泰山郡たいざんぐん鉅平国きょへいこくの人。

曹操そうそう于禁うきんが武芸にひいで、弓馬の術にけているのを見て、点軍司馬てんぐんしば典軍司馬てんぐんしば?)に任命しました。



タカオタカオ

こんなそうそうたる顔ぶれがいもづる式に配下になったのか(笑)

マリコマリコ

そんなに凄い人たちなんだ。覚えるのが大変…。

王先生王先生

これからよく出てきますので、自然と覚えられますよ。

悪来・典韋


王先生王先生

そして最後に、夏侯惇かこうとんが1人の男を連れてきました。

典韋てんいあざな:不詳)

兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐんの人。人並み優れた力の持ち主。

元は張邈ちょうばくに従っていましたが、張邈ちょうばくの下人といさかいを起こし、十数人を切り殺して山の中に隠れていました。

りょうに出た時、典韋てんいが虎を追いかけて谷を越えるのを見た夏侯惇かこうとんは、彼を軍中にとどめて曹操そうそうに推挙したのです。

夏侯惇かこうとんが言うには、

  • 典韋てんいが友人のために仇討ちをした時、その首を手に下げたまま市場の人ゴミの中を通り抜けていても、数百の群衆の中に彼に近寄ろうとする者はいなかった。
  • 重さ80斤の2本の鉄矛を両手に馬に乗れば、無人の野を行くがごとくに暴れ回る。

とのこと。

試しに打ち物(武器)を持たせて扱わせてみたところ、曹操そうそうは驚いて、


「いかにも人間とは見えぬ。まことの天神であろう」


と言いました。


ちょうどその時、本陣わきの大旗が突然の大風を受けて倒れそうになります。

兵たちが倒れないように苦戦していると、典韋てんいは馬を降りて兵を払いのけ、片手で旗竿はたざおを握りしめ、強風の中1人で大旗を支えてみせました。

これを見た曹操そうそうは、


「これこそいにしえ悪来あくらいだっ!」


と感嘆して彼を本陣づきの都尉といに任命し、駿馬と見事なくらに加えて、着ていたにしき戦袍ひたたれを脱ぎ与えました。



王先生王先生

曹操そうそうが例えた悪来あくらいは、いん)殷殷紂王ちゅうおうに仕えた伝説的な豪傑です。

タカオタカオ

曹操そうそうは兵力だけじゃなく、知力派・武力派両方の配下を増やしたわけか。

マリコマリコ

そりゃ強くなるはずですねっ!

タカオタカオ

もちろん、彼らを使いこなす曹操そうそうの才覚あってのことだけどねっ!

王先生王先生

そうですねっ!有能な人物の能力を余すことなく発揮させるのも、簡単なことではないですからね。


朱儁しゅしゅんの勧めで兗州えんしゅうに侵攻した青州せいしゅう黄巾賊の討伐を命じられた曹操そうそうは、100万人の民を降伏させ、30万の降伏兵からりすぐった「青州兵せいしゅうへい」を手に入れます。

この功績により、曹操そうそうの下には優秀な人材が集まって、曹操そうそうの陣営はより一層強化されました。



王先生王先生

次回は、そんな曹操そうそうに災難が降りかかります。

三国志演義の解説を順番に読もう!

 三国志演義教室【目次】