180年【漢:光和こうわ3年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

180年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉宏りゅうこう霊帝れいてい
皇太后 董太后とうたいごう孝仁董皇后こうじんとうこうごう
皇后 何皇后かこうごう霊思何皇后れいしかこうごう

朝廷

官職 人物
司徒しと 楊賜ようし
司空しくう 張済ちょうせい
太尉たいい 劉寬りゅうかん
諫議大夫かんぎたいふ 劉猛りゅうもう
五官中郎将ごかんちゅうろうしょう 董重とうちょう
議郎ぎろう 曹操そうそう

地方官

官職 人物
玄菟太守げんとたいしゅ 公孫域こうそんいき
丹陽太守たんようたいしゅ 陳夤ちんいん
益州太守えきしゅうたいしゅ 李顒りぎょう
鬱林太守うつりんたいしゅ 谷永こくえい

スポンサーリンク


180年の主な出来事

出来事
1月

・天下に大赦たいしゃする。

2月

・三公府の駐駕ちゅうが(駐車場)の廊下が自壊した。

3月

梁王りょうおう劉元りゅうげんが亡くなる。

4月

江夏蛮こうかばんが反乱を起こす。

6月

公卿こうけいに命じて古学に精通している者を推挙させる。

酒泉郡しゅせんぐんで地震があった。

8月

・天下に令を下し、罪が確定していない囚人に絹を納めることであがなわせる。

冬閏月

・狼星と弧星の方角に流星が流れた。

鮮卑せんぴ幽州ゆうしゅう幷州へいしゅうに侵攻する。

12月

何貴人かきじん何氏かし)が皇后こうごうに立てられる。

蒼梧郡そうごぐん桂陽郡けいようぐんで反乱が起こる。

不明

罼圭苑ひつけいえん霊昆苑れいこんえんを建設する。


スポンサーリンク


180年の群雄勢力図

180年の群雄勢力図

凡例

180年の群雄勢力図

180年の情勢

180年の時点では、漢の領内にまだ独立勢力はありません。

特記事項

江夏蛮こうかばんの反乱

4月、江夏蛮こうかばん廬江郡ろこうぐんの賊・黄穣こうじょうと共に反乱を起こします。

その人数は10万人を超え、4つの県を占領しました。この反乱の平定には、陸康りくこう廬江太守ろこうたいしゅに着任するまであと数年を要します。

古学に明るい者を推挙させる

6月、霊帝れいてい公卿こうけいに命じて古学に精通している者を推挙させました。この時、宋皇后そうこうごうの廃位に連座して職を解かれていた曹操そうそうも、議郎ぎろうに任命されました。

関連記事

【三国志年表詳細】178年の主な出来事と群雄勢力図

何貴人かきじん皇后こうごうに立てられる

12月、皇子・劉辯りゅうべんを生んでいた何貴人かきじん皇后こうごうに立てられました。

何貴人かきじん皇后こうごうに立てられたことによって、潁川太守えいせんたいしゅを務めていた何貴人かきじんの兄・何進かしんは、洛陽らくように戻されて侍中じちゅうに任命されました。

関連記事

何氏(霊思何皇后)。卑賤の身から皇太后にまで昇りつめた霊帝の皇后

蒼梧郡そうごぐん桂陽郡けいようぐんの反乱

12月、交阯刺史部こうしししぶ蒼梧郡そうごぐん荊州けいしゅう桂陽郡けいようぐんで反乱が起こります。

討伐に当たった零陵太守れいりょうたいしゅ楊琁ようせんは、馬車数十じょう石灰せっかいを入れた袋を積み、袋の口を馬の尻尾に結んで突入させました。馬車が敵陣に到達すると、馬の動きによって袋の口が開いて石灰せっかいがまき散らされるという作戦です。

これによって賊兵は目が開けられなくなり、それに続く火攻めと弓弩による攻撃で、賊軍は壊滅状態となって敗走し、蒼梧郡そうごぐん桂陽郡けいようぐんの反乱は鎮圧されました。

楊琁ようせんが告発される

この反乱討伐の様子が詳しく残されていることには理由があります。

荊州刺史けいしゅうしし趙凱ちょうがいが「楊琁ようせんは他人の戦功を自分の者にしている」と告発したのです。これにより、楊琁ようせん洛陽らくように送られ、獄につながれてしまいました。

釈明の機会を得られない楊琁ようせんは、なんとか冤罪えんざいを晴らそうと、獄中で衣服にみずからの血で戦いの詳細を書きしるし、面会に来た親族に託します。

そして、楊琁ようせんの親族の訴えを受けた霊帝れいていは無実を認め、楊琁ようせんを釈放して改めて議郎ぎろうに任命し、逆に趙凱ちょうがいを罪に問いました。


趙凱ちょうがい楊琁ようせんの間に一体何があったのでしょうか?

蒼梧郡そうごぐん桂陽郡けいようぐんの反乱の討伐に零陵太守れいりょうたいしゅ楊琁ようせんが当たっていることに、何か関係がありそうな気がします。


昨年に起こった板楯蛮ばんじゅんばんの反乱は、依然として続いています。

毎年恒例のような鮮卑せんぴの侵入に加えて、巴郡はぐん廬江郡ろこうぐん桂陽郡けいようぐん蒼梧郡そうごぐんと、地方での反乱が目立ち、反乱が長引くようになってきました。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表