188年【漢:中平ちゅうへい5年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

188年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉宏りゅうこう霊帝れいてい
皇太后 董太后とうたいごう孝仁董皇后こうじんとうこうごう
皇后 何皇后かこうごう霊思何皇后れいしかこうごう

朝廷

官職 人物
司徒しと 許相きょしょう丁宮ていきゅう
司空しくう 丁宮ていきゅう劉弘りゅうこう
太尉たいい 曹嵩そうすう樊陵はんりょう馬日磾ばびつてい
太常たいじょう 劉焉りゅうえん(〜3月)
太僕たいぼく 黄琬こうえん(〜5月)
永楽少府えいらくしょうふ 樊陵はんりょう(〜5月)
光禄勲こうろくくん 劉弘りゅうこう(〜8月)
侍御史じぎょし 桓典かんてん
尚書しょうしょ 盧植ろしょく
大将軍だいしょうぐん 何進かしん
驃騎将軍ひょうきしょうぐん 董重とうちょう
車騎将軍しゃきしょうぐん 何苗かびょう
右車騎将軍ゆうしゃきしょうぐん 朱儁しゅしゅん
左将軍さしょうぐん 皇甫嵩こうほすう
前将軍ぜんしょうぐん 董卓とうたく
東中郎将とうちゅうろうしょう 董卓とうたく(〜11月)
中郎将ちゅうろうしょう 孟益もうえき
衛尉えいい 董重とうちょう(〜8月)
射声校尉せきせいこうい 馬日磾ばびつてい(〜7月)
中軍校尉ちゅうぐんこうい 袁紹えんしょう
典軍校尉てんぐんこうい 曹操そうそう
騎都尉きとい 公孫瓚こうそんさん

地方官

官職 人物
河南尹かなんいん 何苗かびょう
幽州牧ゆうしゅうぼく 劉虞りゅうぐ
豫州牧よしゅうぼく 黄琬こうえん
益州牧えきしゅうぼく 劉焉りゅうえん
幷州刺史へいしゅうしし 張懿ちょうい
荊州刺史けいしゅうしし 王敏おうびん
益州刺史えきしゅうしし 郤倹げきけん(〜6月)
交阯刺史こうししし 賈琮かそう
西河太守せいがたいしゅ 邢紀けいき(〜1月)
玄菟太守げんとたいしゅ 公孫琙こうそんよく
汝南太守じょなんたいしゅ 趙謙ちょうけん
長沙太守ちょうさたいしゅ 孫堅そんけん
丹陽太守たんようたいしゅ 陳夤ちんいん
廬江太守ろこうたいしゅ 陸康りくこう
巴郡太守えきしゅうたいしゅ 曹謙そうけん
益州太守えきしゅうたいしゅ 李顒りぎょう
鬱林太守うつりんたいしゅ 谷永こくえい

スポンサーリンク


188年の主な出来事

出来事
1月

南匈奴みなみきょうど休屠各胡きゅうとかくこ西河郡せいがぐんに侵攻し、西河太守せいがたいしゅ邢紀けいきを殺害する。

・天下に大赦たいしゃする。

2月

紫微垣しびえん紫宮しきゅう)に流星が流れる。

西河郡せいがぐんの黄巾残党・郭太かくたいらが太原郡たいげんぐん河東郡かとうぐんに侵攻する。

3月

休屠各胡きゅうとかくこ幷州刺史へいしゅうしし張懿ちょういを殺害する。

太常たいじょう劉焉りゅうえん州牧しゅうぼくの設置を提案する。

劉焉りゅうえん益州牧えきしゅうぼくに任命される。

太僕たいぼく黄琬こうえん豫州牧よしゅうぼくに任命される。

劉虞りゅうぐ幽州牧ゆうしゅうぼくに任命される。

4月

汝南郡じょなんぐん葛陂郷かっぴごうの黄巾残党が郡県を攻撃する。

太尉たいい曹嵩そうすう罷免ひめんされる。

5月

永楽少府えいらくしょうふ樊陵はんりょう太尉たいいに任命される。

6月

・大風が吹いた。

太尉たいい樊陵はんりょう罷免ひめんされる。

・黄巾・馬相ばしょう益州刺史えきしゅうしし郤倹げきけんを殺害し、天子を自称する。

益州従事えきしゅうじゅうじ賈龍かりょう馬相ばしょうを討つ。

・7つの郡国に大水があった。

7月

射声校尉せきせいこうい馬日磾ばびつてい太尉たいいに任命される。

8月

霊帝れいてい西園八校尉さいえんはつこういを設置する。

司徒しと許相きょしょう罷免ひめんされ、司空しくう丁宮ていきゅう司徒しとに任命される。

光禄勲こうろくくん劉弘りゅうこう司空しくうに任命される。

衛尉えいい董重とうちょう驃騎将軍ひょうきしょうぐんに任命される。

9月

南匈奴みなみきょうど単于ぜんう白波賊はくはぞくと共に河東郡かとうぐんに侵攻する。

中郎将ちゅうろうしょう孟益もうえき張純ちょうじゅん討伐の命が下り、麾下きか騎都尉きとい公孫瓚こうそんさんが派遣される。

10月

・御殿に植えられた槐樹かいじゅが、ひとりでに抜けて逆さまに生える。

青州せいしゅう徐州じょしゅうで黄巾残党が蜂起する。

霊帝れいてい平楽観へいらくかんにおいて閲兵式えっぺいしきを行い「無上将軍むじょうしょうぐん」をしょうする。

11月

王国おうこく陳倉県ちんそうけんを包囲する。

下軍校尉かぐんこうい鮑鴻ほうこう葛陂郷かっぴごうの黄巾を討つ。

板楯蛮ばんじゅんばんが反乱を起こし、上軍別部司馬じょうぐんべつぶしば趙瑾ちょうきんがこれを討伐する。

公孫瓚こうそんさん石門山せきもんさんで大勝し、張純ちょうじゅん烏丸族うがんぞくを頼って長城の外に逃亡する。


スポンサーリンク


188年の群雄勢力図

188年の群雄勢力図

凡例

188年の群雄勢力図

188年の情勢

益州えきしゅう

益州牧えきしゅうぼくに任命された劉焉りゅうえんは、表向きは朝廷に従いながら、裏では朝廷の支配から離れて同時の勢力圏を形成していきました。当サイトでは、この年より劉焉りゅうえんを群雄として扱います。

特記事項

州牧しゅうぼくの設置

3月、太常たいじょう劉焉りゅうえんは、

「各地で反乱が頻発している原因には、州刺史しゅうししの権威が軽いことと、人選に問題があることが挙げられます。刺史ししを改めて州牧しゅうぼくを置き、清廉せいれんな重臣を任命するべきです」

と、各地で頻発する反乱の対処法として、州牧しゅうぼくの設置を提案します。

これにより、劉焉りゅうえん益州牧えきしゅうぼく黄琬こうえん豫州牧よしゅうぼく劉虞りゅうぐ幽州牧ゆうしゅうぼくに任命されました。

馬相ばしょうの乱の鎮圧

6月、184年に蜂起して広漢郡こうかんぐんを支配していた黄巾・馬相ばしょうは、益州刺史えきしゅうしし郤倹げきけんを殺害すると、天子を自称して広漢郡こうかんぐん蜀郡しょくぐん犍為郡けんいぐんの3郡に勢力を広げます。

益州従事えきしゅうじゅうじ賈龍かりょう犍為郡けんいぐんの東境で募兵を行うと、馬相ばしょうに戦いを挑んで数日で敗走させました。


益州牧えきしゅうぼくに任命された劉焉りゅうえんは任地の益州えきしゅうに向かっていましたが、道路が通じていなかったため、荊州けいしゅうの東境にとどまっていました。

賈龍かりょうは使者を派遣して劉焉りゅうえんを迎えると、劉焉りゅうえん緜竹県めんちくけんに役所を移して益州えきしゅうの統治に取りかかります。

関連記事

益州の反乱「馬相の乱」、入蜀した劉焉の野望と五斗米道

南匈奴みなみきょうどの反乱

南匈奴みなみきょうどは、匈奴きょうどから分裂して漢に服属することを選んだ部族です。

3月、朝廷は劉虞りゅうぐ南匈奴みなみきょうどの兵を与え、昨年6月に蜂起した「張純ちょうじゅんの乱」の討伐を命じました。

そして、南匈奴みなみきょうど単于ぜんう(王)・羌渠きょうきょは、これに従って左賢王さけんおう(皇太子)に騎兵を与えて幽州ゆうしゅうに向かわせます。


ですが、度重なる徴兵に耐えかねた右部醢落ゆうぶかいらくは、休屠各胡きゅうとかくこ白馬銅はくばどうと結んで反乱を起こし、幷州刺史へいしゅうしし張懿ちょうい羌渠きょうきょを殺害してしまいました。

南匈奴みなみきょうど単于ぜんうの地位は、羌渠きょうきょの子の右賢王ゆうけんおう於夫羅おふらが継ぎましたが、反乱を起こした右部醢落ゆうぶかいらくが遠戚の須卜骨都侯しゅうほくこつとこう単于ぜんうに立てたため、本国に帰れなくなってしまいました。

霊帝れいてい廃位の陰謀

廃帝計画

方士ほうし襄楷じょうかいは、元太傅たいふ陳蕃ちんはんの子・陳逸ちんいつ冀州刺史きしゅうしし王芬おうふんに告げました。

「天文を見るに、黄門こうもん常侍じょうじが族滅するきざしがあります」

黄門こうもん常侍じょうじとは朝廷に跋扈ばっこする宦官たちのことで、陳逸ちんいつの父・陳蕃ちんはんは、168年に大将軍だいしょうぐん竇武とうぶと共に宦官たちに誅殺ちゅうさつされた人物です。

陳逸ちんいつは大変喜び、王芬おうふんも「そのようなきざしがあるのならば、この私が誅殺ちゅうさつしてくれよう!」と、南陽郡なんようぐん許攸きょゆう沛国はいこく周旌しゅうせいらを仲間に引き入れます。


この頃、霊帝れいていには故郷・河間国かかんこくの旧宅をめぐる予定がありました。

王芬おうふんは「郡県を荒らす黒山賊こくざんぞくを討つ」という名目で兵を集めると、洛陽らくようを離れた霊帝れいていを捕えて宦官を誅殺ちゅうさつし、合肥侯がっぴこういみな不明)を天子に擁立ようりつする計画を立てます。

関連記事

【三国志年表詳細】168年の主な出来事と群雄勢力図

巡察の中止

霊帝れいていの出発を前に、北方の夜空にあやしげな赤い気が現れ、これを「北方に陰謀がある」と判断した朝廷は、霊帝れいてい河間国かかんこくへの巡察を中止します。

その後、霊帝れいてい王芬おうふんに兵を解散して洛陽らくように来るように命じました。

王芬おうふんは陰謀が発覚したと思い、逃亡して平原国へいげんこくいたると、そこで自害しました。


王芬おうふんは当時議郎ぎろうであった曹操そうそう平原国へいげんこく華歆かきん陶丘洪とうきゅうこうにも、霊帝れいてい廃位計画を持ちかけていましたが、協力を断られています。

西園八校尉さいえんはつこういの設置

8月、霊帝れいていは皇帝直属の常備軍である西園八校尉さいえんはつこういを設置しました。

小黄門しょうこうもん蹇碩けんせきが最高位の上軍校尉じょうぐんこういに任命され、これにより、大将軍だいしょうぐん何進かしんですら蹇碩けんせきに領属することになります。

この時任命された8人の校尉こういの中には、のちに群雄の1人となる袁紹えんしょう曹操そうそうがいました。


10月、霊帝れいていは全国から兵を徴収し、平楽観へいらくかんで大規模な閲兵式えっぺいしきを開くと、霊帝れいていみずか甲冑かっちゅうを着用して騎乗して「無上将軍むじょうしょうぐん」をしょうしました。

豆知識

ちんはかつて平楽観へいらくかんで盛大な閲兵式えっぺいしきを行って、蔵を開いて兵に財宝を分け与えたことがあるが、あなたはこれをどう思われるかな?」

ある時、霊帝れいてい討虜校尉とうりょこうい蓋勲こうくんたずねると、蓋勲こうくんは次のように答えました。

「名君は軍兵ではなく恩徳をもって国を治めると言います。また、賊は遠く辺境にいるというのに、ここ洛陽らくように軍兵を揃えても、陛下のご威光を示すことにはなりません」

これを聞いた霊帝れいていは、「あなたに会うのが遅すぎたようだ。今まで誰もそのような進言をした者はいなかった!」と、蓋勲こうくん称賛しょうさんしました。


蓋勲こうくんはまた、劉虞りゅうぐ袁紹えんしょうに対してこう言っています。

「陛下は元来聡明そうめいであられるのに、周囲にいる者が良くないのです。もし奸臣ねいしんどもを誅殺ちゅうさつし、優れた人物を要職にけることができたなら、必ずや漢室を復興できるでしょう」

霊帝れいてい蓋勲こうくんそばに置いておきたいと思っていましたが、彼を警戒した蹇碩けんせきの働きかけによって、京兆尹けいちょういんに任命され、洛陽らくようを離れることになりました。

関連記事

霊帝は本当に無能だったのか?売官と西園八校尉の真意とは

王国おうこく陳倉県ちんそうけんを包囲する

昨年4月、涼州りょうしゅうの賊・王国おうこく韓遂かんすい)と王国おうこくがと王国おうこく馬騰ばとう三輔さんぽ地方に侵攻を開始しました。そして11月、王国おうこく司隷しれい右扶風ゆうふふう陳倉県ちんそうけんを包囲します。

これに朝廷は皇甫嵩こうほすう左将軍さしょうぐん董卓とうたく前将軍ぜんしょうぐんに任命して討伐に向かわせました。


ここで、すぐに陳倉県ちんそうけんを救援するべきだと主張する董卓とうたくと、陳倉県ちんそうけんの守りが堅いことを挙げ、敵が疲弊ひへいするのを待って救援に向かうとする皇甫嵩こうほすうの間で意見が対立し、皇甫嵩こうほすう董卓とうたくの意見を退しりぞけます。

関連記事

黄巾の乱の影に隠れて目立たない涼州の反乱「辺章・韓遂の乱」とは

公孫瓚こうそんさん張純ちょうじゅんに大勝する

張純ちょうじゅんの討伐に向かった公孫瓚こうそんさんは、幽州ゆうしゅう広陽郡こうようぐん薊県けいけん張純ちょうじゅんらを撃破。さらに追撃して遼東属国りょうとうぞっこく石門山せきもんざんで大勝し、反乱軍に連れ去られていた官民を取り返すことに成功しました。


ですが、深追いし過ぎた公孫瓚こうそんさんは、遼西郡りょうせいぐん管子城かんしじょうで逆に丘力居きゅうりききょらに包囲され、200日に及ぶ籠城ろうじょうの末、兵の半数以上を失って撤退しました。

関連記事

幽州の反乱「張純の乱」とは。公孫瓚の台頭と劉虞との確執

黄巾残党の蜂起

この年、2月には幷州へいしゅう西河郡せいがぐんで蜂起した黄巾残党・郭太かくたいらが太原郡たいげんぐん河東郡かとうぐんに侵攻し、4月には汝南郡じょなんぐん葛陂郷かっぴごうで、10月には青州せいしゅう徐州じょしゅうで黄巾残党が蜂起しました。


この年、幽州ゆうしゅうで蜂起した「張純ちょうじゅんの乱」の影響で起こった南匈奴みなみきょうどの内紛による混乱は、幷州へいしゅう全域に拡大し、各地で黄巾残党が蜂起しました。

また、歴史の表舞台には登場していませんが、蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでんには劉備りゅうび張純ちょうじゅんの反乱軍や徐州じょしゅうの黄巾残党と戦ったことが記されています。

関連記事

督郵をムチ打ったのは劉備だった!?謎だらけの劉備の青年期

他の年を見る場合はこちら

三国志年表