建安けんあん9年(204年)8月に鄴県ぎょうけんを陥落させ、冀州きしゅうの大半を平定した曹操そうそうの人事と、袁譚えんたん背反はいはん袁尚えんしょうに味方する烏丸族うがんぞくを従えた牽招けんしょうの活躍についてまとめています。

スポンサーリンク

鄴県(鄴城)の平定

鄴県(鄴城)の陥落

建安けんあん9年(204年)春2月、袁譚えんたんの降伏を受け入れた曹操そうそうは、審配しんぱいが守る冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんに攻撃を開始。鄴県ぎょうけんの周囲に塹壕ざんごうを掘って漳水しょうすいの水をそそぎ込み、鄴県ぎょうけんを孤立させました。

秋7月、鄴県ぎょうけんの救援にやって来た袁尚えんしょうが敗れて冀州きしゅう中山国ちゅうざんこくに逃走すると、翌月には審配しんぱいの兄の子・審栄しんえいが東門を開いて曹操そうそうの兵を城内に引き入れたので、ついに鄴県ぎょうけんは陥落し、審配しんぱいは処刑されました。


赤:漳水

赤:漳水しょうすい

上記勢力図について

袁譚えんたん曹操そうそうに降伏した時、袁譚えんたんの領土は青州せいしゅうのみで、袁尚えんしょう平原県へいげんけんを包囲されていました。

曹操そうそう鄴県ぎょうけんを攻撃し、袁尚えんしょうがその救援に向かうと、袁譚えんたん曹操そうそうとの約定を破って冀州きしゅうの諸郡を奪取します。その詳細についてはこの記事で後述します。

関連記事

曹操の布令

9月、曹操そうそうは、


河北かほく袁氏えんしの難により被害を受けた。今年の租税そぜいを供出しないようにさせよ」


という布告を出し、また「権勢ある者が土地や財貨を兼併けんぺい併合へいごう)することに対する法令」を厳しくしたので、人々は大喜びしました。

曹操の布令・全文
タップ(クリック)すると開きます。

「国をたもち家をたもつ者は、すくなきをうれえずにひとしからざる(不平等)をうれえ、まずしきをうれえずにやすからざる(不安定)をうれえる」(論語ろんご李氏篇りしへん)とか。


袁氏えんしの政治では、権勢ある者を思いのままに振る舞わせ、親戚に兼併けんぺい併合へいごう)を許した。

下層の民はまずしく弱いのに(権勢ある者の)肩代わりをして租税を出しており、家財を売りに出しても命令に応ずるには不十分であった。審配しんぱいは親族でありながら罪人をかくまい、亡命者の親分となるほどだったのである。

このような状況で住民を親しみなつかせ、軍事力が強大になることを希望したとしても、どうして可能であろうか。


さて、田地でんちに対する税として、1*1に対し4しょう(約0.8ℓ)を取り立て、戸税こぜいとしてきぬ2匹と綿わた2きん(440g)を差し出させるだけにして、その他 勝手に徴発することを許さぬ。

郡国の太守たいしゅしょうはしっかりと監察し、豪民ごうみん(大金持ち)に隠匿いんとくを許したり、弱き民に2重に税をかけることのないようにせよ。

脚注

*1土地の面積の単位。6尺四方(約1.92㎡)を1とし、しん以後は240[460.8㎡]を1とした。

曹操が冀州牧となる

天子てんし献帝けんてい)は曹操そうそう冀州牧きしゅうぼくを担当させ、曹操そうそう兗州牧えんしゅうぼくを辞退して返上しました。


資治通鑑しじつがん胡三省こさんせい注に、

「当時、政令は曹操そうそうみずから出していた。任命を受けた場合は本当に受けたことになるが、辞退した場合は本当の辞退ではない(當時政自操出,領則眞領,而讓非眞讓也)」

とあります。


スポンサーリンク


曹操の人事

高幹と牽招の帰順

曹操そうそう冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんを包囲していた時、袁尚えんしょう牽招けんしょう幷州へいしゅう并州へいしゅう)・上党郡じょうとうぐんに派遣して軍糧を監督させ、届けさせていましたが、牽招けんしょうがまだ帰り着かないうちに、袁尚えんしょうは敗れて冀州きしゅう中山郡ちゅうざんぐんに逃走してしまいました。


当時、袁尚えんしょう外兄いとこ高幹こうかん幷州刺史へいしゅうししをつとめていました。

幷州へいしゅう并州へいしゅう)には東に恒山こうざんの要害があり、西には大河の固めを持ち、5万の鎧武者を有して、北方は強力な蛮族ばんぞくはばんでいるのを見た牽招けんしょうは、


袁尚えんしょう幷州へいしゅう并州へいしゅう)にむかえ、力を合わせて変化を見よ」


高幹こうかんに勧めますが、高幹こうかんはこれを受け入れないばかりか、秘かに牽招けんしょうを殺害しようとしました。曹操そうそう鄴県ぎょうけんを陥落させると、高幹こうかん曹操そうそうに降伏してそのまま幷州刺史へいしゅうししに任命されていたのです。


牽招けんしょうは間道伝いに袁尚えんしょうもとに逃げようとしましたが、道がさえぎられていたために袁尚えんしょうを追うことができなかったので、そのまま東に向かって曹操そうそうの元に行きました。

冀州刺史きしゅうしし*2を兼任することになった曹操そうそうは、牽招けんしょうして冀州きしゅう従事じゅうじに任命しました。

脚注

*2魏書ぎしょ牽招伝けんしょうでんによる。魏書ぎしょ武帝紀ぶていぎ後漢書ごかんじょ献帝紀けんていぎでは冀州牧きしゅうぼく

崔琰を召し出す

冀州牧きしゅうぼくとなった曹操そうそうは、袁紹えんしょうもと騎都尉きといをつとめていた崔琰さいえんし寄せて別駕従事べつがじゅうじとし、崔琰さいえんに向かって、


「昨日、戸籍を調べてみたところ、30万の軍勢を手に入れることができる。したがって、この冀州きしゅうは大州ということになる」


と言ったところ、崔琰さいえんはそれに答えて、


「現在、天下は粉々こなごなに崩壊し、九州は散り散りに分裂しております。また、袁氏えんしの兄弟がみずから武器をもちいたので、冀州きしゅうの民衆は白骨を原野にさらしています。

ところが、進軍にさきんじて天子てんしの軍隊の仁愛のお声がかかり、民の風俗をおたずねになり、彼らの塗炭とたんの苦しみを救われたというような話をまだ聞きませぬうちに、武装兵の数を調べられ、ひたすらそのことを優先されるとは。

これが、鄙州ひしゅう*3の士民女子が明公との曹操そうそう)に期待していたことでございましょうか」


と言いました。

この時、その場にいた賓客ひんかくたちは恐怖のあまりみなうつむき、顔面蒼白となっていましたが、曹操そうそうは態度を改めて崔琰さいえんに陳謝しました。


袁紹えんしょうが亡くなると、2人の子・袁譚えんたん袁尚えんしょうは互いにいがみ合い、あらそって崔琰さいえんを味方に引き入れようとしました。

崔琰さいえんが病気と称して固辞こじしたため、牢獄に閉じ込められていましたが、陰夔いんき陳琳ちんりんの救助運動によりまぬかれることができていました。

脚注

*3都から遠く離れて文化の至らない州。田舎いなか。自分の州をへりくだっていう言葉。

許攸の死

官渡かんとの戦い」で高い功績をげた許攸きょゆうは、自分の勲功くんこうたのんで、時に曹操そうそうたわむれあうことがあり、同席していてもいつもり目を正そうとせず、曹操そうそうの幼時のあざなを呼んで、


阿瞞あまん*4、あなたは私を手に入れなければ、冀州きしゅうを得られなかったのですぞ」


と言うほどでした。曹操そうそうは笑って、


「お前の言う通りだ」


と言っていましたが、心の中ではそんな許攸きょゆう嫌悪けんおしていました。


その後、許攸きょゆう曹操そうそう随行ずいこうして鄴県ぎょうけんの東門を通った時、振り返ってそばにいる者に向かってまた、


「この男(曹操そうそう)はわしを手に入れなかったら、この門を出入りできなかっただろう」


と言いました。

このことを言上する者がおり、許攸きょゆうはついに逮捕され、処刑されました。

脚注

*4曹操そうそうの幼時のあざなは「阿瞞あまん」という。原文では遠慮して記載せず「某甲なにがし」としるしている。

公孫度の死

以前、曹操そうそうが上表して公孫度こうそんたく武威将軍ぶいしょうぐんとし、永寧郷侯えいねいきょうこうに取り立てたところ、公孫度こうそんたくは、


わし遼東りょうとうおうだ。何が永寧郷侯えいねいきょうこうだ」


と言って、印綬いんじゅを武器庫にしまい込んでしまいました。


この年[建安けんあん9年(204年)]、公孫度こうそんたくが死ぬと、子の公孫康こうそんこうくらいを相続し、弟の公孫恭こうそんきょう永寧郷侯えいねいきょうこうに封じました。


スポンサーリンク


袁譚の裏切り

袁譚の裏切り

曹操そうそう冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんを包囲していた時、曹操そうそうに降伏した青州せいしゅう平原国へいげんこく平原県へいげんけん袁譚えんたんは、

  • 甘陵国かんりょうこく清河国せいがこく
  • 安平国あんぺいこく
  • 勃海郡ぼっかいぐん
  • 河間国かかんこく

を奪取し、さらに中山国ちゅうざんこくに逃亡した袁尚えんしょうを攻撃します。

敗れた袁尚えんしょうは、袁煕えんきを頼って幽州ゆうしゅう涿郡たくぐん故安県こあんけんに逃走し、袁譚えんたん袁尚えんしょうの軍勢をすべて手中におさめました。


袁譚の冀州侵攻

袁譚えんたん冀州きしゅう侵攻


鄴県ぎょうけんを平定した曹操そうそうは、袁譚えんたんに書簡を送って「約束にそむいたこと」を責め、彼との縁戚関係を絶ち、袁譚えんたんの娘が帰途についたのを見届けてから軍を進めます。

12月、袁譚えんたん龍湊りゅうそうに駐屯していましたが、夜のうちに冀州きしゅう勃海郡ぼっかいぐん南皮県なんぴけんに逃走し、清河せいがを前にして駐屯し、その後曹操そうそうは、青州せいしゅう平原国へいげんこく平原県へいげんけんに入城し、諸県を攻略して平定しました。


曹操の反撃

曹操そうそうの反撃

烏丸族を従える

曹操そうそう袁譚えんたんを討伐するつもりでしたが、柳城りゅうじょう幽州ゆうしゅう遼西郡りょうせいぐん)の烏丸族うがんぞくが騎兵を繰り出して袁譚えんたんを援助していました。

そこで曹操そうそうは、かつて袁紹えんしょう冀州牧きしゅうぼくであった時、督軍従事とくぐんじゅうじとして烏丸突騎うがんとっきを兼任していた牽招けんしょう柳城りゅうじょうに派遣します。


牽招けんしょうが到着した時、峭王しょうおう烏丸族うがんぞくの有力者・蘇僕そぼく)は、ちょうど警戒態勢をいて5千騎を袁譚えんたんの元に派遣しようとしているところでした。

また、遼東太守りょうとうたいしゅ公孫康こうそんこう平州牧へいしゅうぼくを自称し、使者の韓忠かんちゅうを派遣して峭王しょうおう単于ぜんう印綬いんじゅを与えようとしており、牽招けんしょうの来訪を受けて集めたられた多数の部族長の中に、韓忠かんちゅうの姿もありました。


柳城(りゅうじょう)

柳城りゅうじょう


そこで峭王しょうおう牽招けんしょうに質問します。


「昔、袁公えんこう袁紹えんしょう)は天子てんしの命令を受けたと申して、わし単于ぜんうに取り立ててくれた。今、曹公そうこう曹操そうそう)がまたも改めて天子てんしに言上し、わしを真の単于ぜんうに取り立てるつもりだと言っている。また遼東りょうとうからも印綬いんじゅを持ってきている。一体、誰を正当としたら良いのだ?」


牽招けんしょうは答えて言いました。


「昔、袁公えんこう袁紹えんしょう)は、詔勅しょうちょくをお受けして任命する権限を持っておりましたが、その後天子てんしの命令に違反し、曹公そうこう曹操そうそう)がそれに代わりました。

曹公そうこう曹操そうそう)が天子てんしに言上し、改めて真の単于ぜんうに取り立てると申しているのが正当です。遼東りょうとう天子てんし管轄下かんかつかの郡でありますから、どうして勝手に任命することなどできましょうか」


これに遼東りょうとうの使者・韓忠かんちゅうが、


「我が遼東りょうとう滄海そうかいの東に位置し、百万の兵をようしており、その上また、扶余ふよ濊貊わいはく(東北の民族)の働きがあります。

現在の情勢から申して最右翼の強者です。どうして曹操そうそうだけが正当だと言えるのでしょうか」


と反論します。

すると、牽招けんしょう韓忠かんちゅうを怒鳴りつけ、


曹公そうこう曹操そうそう)はつつしみ深く道理に明るく、天子てんしを補佐・推戴すいたいされ、反逆者を討ち、服従者をなつけ、四海を静めておられる。

お前たち君臣は頑迷がんめいで、今も堅固さと遠隔の地であることをたのんで王命に違反し、勝手に任命しようとしている。神器をないがしろにしてもてあそぶのは、まさしく殺戮さつりくに値する。

なぜえて大人たいじん曹操そうそう)を軽んじ悪口を言うのだっ!」


と言い、韓忠かんちゅうの頭を引っつかんで地面に打ちつけると、かたなを抜いて彼を斬ろうとしました。

これを見た左右の者は顔色を失い、峭王しょうおうは驚きおそれ、裸足で飛び出して牽招けんしょうきすくめて韓忠かんちゅう命乞いのちごいをします。


牽招けんしょうはやっとのことで席に戻り、峭王しょうおうらに成敗の結果や禍福かふくわざわいしあわせ)の行き着くところを説明して聞かせると、みな席を下りて拝伏し、つつしんで命令教示を受け、すぐさま遼東りょうとうからの使者(韓忠かんちゅう)にいとまを告げ、警戒態勢をとっていた騎兵を解除しました。


建安けんあん9年(204年)春2月、曹操そうそうは布令を出して冀州きしゅうの住民を慰撫いぶ袁尚えんしょう外兄いとこ幷州刺史へいしゅうしし高幹こうかんの降伏を受け入れ、元袁紹えんしょう配下の中から優秀な人材を取り立てます。

また曹操そうそうは、約束にそむいて冀州きしゅうの諸郡を奪取した袁譚えんたんとの縁戚関係を絶ち、攻撃して冀州きしゅう勃海郡ぼっかいぐん南皮県なんぴけんに逃走させると、幽州ゆうしゅうに逃亡した袁尚えんしょうを援助しようとしていた峭王しょうおう烏丸族うがんぞくの有力者・蘇僕そぼく)に使者を送って、これを従えました。