168年【漢:建寧けんねい元年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

168年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉宏りゅうこう霊帝れいてい
皇太后 竇太后とうたいごう桓思竇皇后かんしとうこうごう
皇后

朝廷

官職 人物
太傅たいふ 陳蕃ちんはん胡広ここう
司徒しと 胡広ここう劉寵りゅうちょう
司空しくう 宣鄷せんほう王暢おうちょう → 劉寵りゅうちょう → 許栩きょく
太尉たいい 周景しゅうけい → 劉矩りゅうく聞人襲ぶんじんしゅう
太僕たいぼく 聞人襲ぶんじんしゅう(〜11月)
大鴻臚だいこうろ 許栩きょく(〜9月)
大将軍だいしょうぐん 竇武とうぶ(〜9月)
使匈奴中郎将しきょうどちゅうろうしょう 張奐ちょうかん
度遼将軍どりょうしょうぐん 皇甫規こうほき
護羌校尉ごきょうこうい 段熲だんけい(〜2月)
破羌将軍はきょうしょうぐん 段熲だんけい(2月〜)

地方官

官職 人物
玄菟太守げんとたいしゅ 公孫域こうそんいき


スポンサーリンク


168年の主な出来事

出来事
1月

城門校尉じょうもんこうい竇武とうぶ大将軍だいしょうぐんに任命される。

河間国かかんこくから解瀆亭侯かいとくていこう劉宏りゅうこうが迎えられ、12歳で天子に即位する。

・「建寧けんねい」と改元する。

陳蕃ちんはん太傅たいふに任命される。

竇武とうぶ胡広ここう参録尚書事さんろくしょうしょじを兼任する。

護羌校尉ごきょうこうい段熲だんけい先零羌せんれいきょうを討伐させる。

2月

洛陽らくようの東南30里にある宣陵せんりょう桓帝かんていほうむる。

霊帝れいてい高廟こうびょう世祖廟せいそびょうに参詣する。

・天下に大赦たいしゃし、民爵みんしゃくはく(絹)を下賜する。

護羌校尉ごきょうこうい段熲だんけい逢義山ほうぎさん先零羌せんれいきょうに大勝し、破羌将軍はきょうしょうぐんに任命される。

閏月

霊帝れいていが祖父・劉淑りゅうしゅくを「孝元皇こうげんこう」に、祖母・夏氏かしを「孝元皇后こうげんこうごう」に、父・劉萇りゅうちょうを「孝仁皇こうじんこう」に、母・董氏とうしを「慎園貴人しんえんきじん」に追封する。

4月

太尉たいい周景しゅうけいが亡くなる。

司空しくう宣鄷せんほう罷免ひめんされ、長楽衛尉ちょうらくえいい王暢おうちょう司空しくうに任命される。

5月

・日食が起こる。

公卿こうけい以下に意見を募り、郡国の太守たいしゅしょうに優秀な人物を推挙させる。

・二千石の秩禄ちつろくを得る者の中から、清廉な者を召し寄せる。

太中大夫たいちゅうたいふ劉矩りゅうく太尉たいいに任命される。

竇武とうぶ中常侍ちゅうじょうじ管霸かんは蘇康そこうを処刑する。

6月

洛陽らくように大雨が降り、長雨となる。

7月

破羌将軍はきょうしょうぐん段熲だんけい涇陽県けいようけんで再び先零羌せんれいきょうを破る。

8月

司空しくう王暢おうちょう罷免ひめんし、宗正そうせい劉寵りゅうちょう司空しくうに任命する。

9月

中常侍ちゅうじょうじ曹節そうせつみことのりを偽って、太傅たいふ陳蕃ちんはん大将軍だいしょうぐん竇武とうぶ尚書令しょうしょれい尹勳いんくん侍中じちゅう劉瑜りゅうゆ屯騎校尉とんきこうい馮述ふうじゅつらを殺害、一族みな殺しにする。

竇太后とうこうごうは南宮の雲臺うんだいに幽閉される。

司徒しと胡広ここう太傅たいふに任命され、参録尚書事さんろくしょうしょじを兼任する。

司空しくう劉寵りゅうちょう司徒しとに任命される。

大鴻臚だいこうろ許栩きょく司空しくうに任命される。

10月

・日食が起こる。

11月

太尉たいい劉矩りゅうく罷免ひめんされ、太僕たいぼく聞人襲ぶんじんしゅう太尉たいいに任命される。

12月

鮮卑せんぴ濊貊わいはく幽州ゆうしゅう幷州へいしゅうに侵攻する。



スポンサーリンク


168年の群雄勢力図

168年の群雄勢力図

凡例

168年の群雄勢力図

168年の情勢

168年の時点では、漢の領内にまだ独立勢力はありません。

特記事項

陳蕃ちんはん竇武とうぶら殺害の経緯

陳蕃の宦官誅殺計画

竇太后とうたいごうが信任した陳蕃ちんはんは、李膺りよう杜密とみつ尹勳いんくん劉瑜りゅうゆらの名士を登用して腐敗した政治を正そうとしました。

ですが、霊帝れいてい乳母うば趙嬈ちょうじょう中常侍ちゅうじょうじ曹節そうせつ王甫おうほらは竇太后とうたいごうに甘言を吹き込んで爵位や官職を得るようになります。

これをうれいた陳蕃ちんはんは、竇武とうぶに「宦官誅殺」を持ちかけ、尹勳いんくんらと共に計画を練り始めました。

管霸・蘇康の誅殺

陳蕃ちんはんは日食を理由に「宦官誅殺」を実行に移すことを提案し、竇武とうぶ竇太后とうたいごうに「宦官誅殺」の許可を求めます。

ですが竇太后とうたいごうは、

「宦官は昔から絶えず存在してきたもの。罪ある者だけを罰すれば良いではないか」

と、宦官をすべて誅殺する必要はないとの意志を示しました。

これを受け、竇武とうぶは朝廷で専横が目立つ中常侍ちゅうじょうじ管霸かんは蘇康そこうを捕らえて処刑します。

その後も竇武とうぶは何度も曹節そうせつ王甫おうほらの誅殺を上奏しますが、竇太后とうたいごうはこれを許しませんでした。

宦官誅殺を本格化

天文官の報告を受け、侍中じちゅう劉瑜りゅうゆ竇太后とうたいごうに上奏します。

「星の動きを見るに、よこしまな者が天子に近づく兆しがあります。警戒して下さい」

竇武とうぶ陳蕃ちんはんもこれを聞き、朱寓しゅぐう司隸校尉しれいこういに、劉祐りゅうゆう河南尹かなんいんに任命し、黄門令こうもんれい魏彪ぎひょう罷免ひめんして、親しい小黄門しょうこうもん山冰さんひょうを新たに任命し、凶事に備えました。

また、竇武とうぶ山冰さんひょうに命じて、長楽尚書ちょうらくしょうしょ鄭颯ていりつを捕らえて獄につなぐと、山冰さんひょう尚書令しょうしょれい尹勳いんくん侍御史じぎょし祝瑨しゅくしんらに尋問させ、鄭颯ていりつから曹節そうせつ王甫おうほの罪の証言を得ます。

尹勳いんくん山冰さんひょうはこれを証拠として、曹節そうせつ王甫おうほを捕らえるための上奏文を提出しました。

計画の漏洩(ろうえい)

上奏文は必ず宦官の手を通して竇太后とうたいごうに渡ります。

宦官で長楽五官史ちょうらくごかんし朱瑀しゅうは、尹勳いんくんらの上奏文をこっそり盗み見ました。すると、曹節そうせつ王甫おうほだけでなく、自分の名前まで書いてあるではありませんか。

「罪を犯した者は誅殺に値する。だが、我々のように罪のない者まで同罪とは何事かっ!」

怒った朱瑀しゅうは、

陳蕃ちんはん竇武とうぶ竇太后とうたいごうに廃帝の上奏をしている。これは大逆の罪である!」

と叫ぶと、その夜すぐに長楽従官史ちょうらくじゅうかんし共普きょうふ張亮ちょうりょうをはじめ、壮健な宦官17人を集め、血盟して竇武とうぶの誅殺を誓い合いました。

竇武と陳蕃の死

一方曹節そうせつは「危険が迫っている」として霊帝れいてい徳陽前殿とくようぜんでんに移すと、みことのりを偽造して王甫おうほ黄門令こうもんれいに任命し、山冰さんひょう尹勳いんくんを殺して鄭颯ていりつを救い出します。

王甫おうほは兵を率いて宮中に戻ると、竇太后とうたいごうから璽綬じじゅを奪って南宮の門を閉ざして硬く守りました。


さらに曹節そうせつは、鄭颯ていりつ竇武とうぶを捕らえるように命じますが、竇武とうぶ鄭颯ていりつの使者を殺すと数千の兵を率いて都亭に駐屯します。

異変に気づいた陳蕃ちんはんも、部下や学生・門弟ら80人余りを率いて尚書門しょうしょもんに駆けつけますが、王甫おうほの軍と遭遇して敗北。捕らえられて即日殺されてしまいました。


ちょうどその頃、朝廷に呼び戻されていた張奐ちょうかん洛陽らくように到着します。曹節そうせつは、戻ったばかりで事情が分からない張奐ちょうかんに命じて、周靖しゅうせい王甫おうほと共に竇武とうぶと対峙させます。

そして、王甫おうほが、

竇武とうぶは謀反した!謀反人にくみせず降伏するならば、罪を許し恩賞を与えよう」

と言うと、次から次へとほぼすべての兵が降伏したため、観念した竇武とうぶは自害して果てます。そして、竇武とうぶ陳蕃ちんはんの計画に荷担した尹勳いんくん劉瑜りゅうゆ馮述ふうじゅつらの一族はことごとく滅ぼされました。


この功によって、張奐ちょうかん大司農だいしのうに任命され、こうほうぜられることになりました。

ですが、知らなかったとは言え、宦官の手先となって忠貞ちゅうていの士を死に追いやってしまったことをやみ、張奐ちょうかんは印綬を返還して辞退しました。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表