冀州きしゅう勃海郡ぼっかいぐん南皮県なんぴけんに追いめられた袁譚えんたんの滅亡と、その後曹操そうそうに帰順した袁譚えんたんの配下についてまとめています。

スポンサーリンク

袁譚の滅亡

袁譚の裏切り

袁紹えんしょうの死後、袁尚えんしょうとの争いに敗れて青州せいしゅう平原国へいげんこく平原県へいげんけんに逃亡した袁譚えんたんは、建安けんあん8年(203年)8月、曹操そうそうに降伏を申し入れて救援を求めました。

ですが翌年5月、曹操そうそう袁尚えんしょう配下の審配しんぱいが守る冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんを包囲すると、袁譚えんたん曹操そうそうとの約束を破って、冀州きしゅうの、

  • 甘陵国かんりょうこく清河国せいがこく
  • 安平国あんぺいこく
  • 勃海郡ぼっかいぐん
  • 河間国かかんこく

を奪取。さらに曹操そうそうに敗れて中山国ちゅうざんこくに逃亡した袁尚えんしょうを攻撃し、幽州ゆうしゅう涿郡たくぐん故安県こあんけんに逃走させました。


袁譚の冀州侵攻

袁譚えんたん冀州きしゅう侵攻


これを受け、鄴県ぎょうけんを陥落させた曹操そうそうは、龍湊りゅうそうに駐屯する袁譚えんたん冀州きしゅう勃海郡ぼっかいぐん南皮県なんぴけんに逃走させ、青州せいしゅうの諸県を攻略して平定します。

関連記事

袁譚の死

建安けんあん10年(205年)春正月、曹操そうそう冀州きしゅう勃海郡ぼっかいぐん南皮県なんぴけん袁譚えんたんに攻撃を開始しますが、袁譚えんたんが出撃してきたために、曹操そうそうの兵卒に多数の死者を出てしまいました。


曹操の反撃

曹操そうそうの反撃


仕方なく曹操そうそうは攻撃の手をゆるめようとしますが、この時、最初議郎ぎろうとして司空軍事しくうぐんじあずかかり、虎豹騎こひょうきひきいて戦いに参加していた曹仁そうじんの弟・曹純そうじゅんは、


「今、我が軍は千里の彼方かなたから敵地にみ込んで来ているのです。進撃して勝つことができずに引き退くとあらば、必ず威光を失うことになりましょう。

おまけに敵地深く進入した遠征軍は、長期にわたって対峙しにくいものです。敵は勝利を得てつけ上がっており、我が方は敗北をきっして慎重になっております。

慎重さをもってつけ上がっている者を相手にするのですから、必ず勝つことができます」


と進言します。

曹操そうそうはこの意見を「もっともだ」と考え、そこでみずからバチと太鼓を手にとって打ち鳴らしたので、士卒たちはみなふるい立ち、たちまちの内に敵を撃ち破って南皮県なんぴけんを陥落させました。

曹純そうじゅんは直属の騎兵をひきいて袁譚えんたんの首を斬り、曹操そうそう袁譚えんたんの妻子や郭図かくとらを処刑。これにより冀州きしゅうは完全に平定されました。

豆知識

袁譚えんたんが敗れると、張遼ちょうりょうが別軍の将として青州せいしゅうの海岸地帯を攻略し、幽州ゆうしゅう遼東郡りょうとうぐんぞく柳毅りゅうきらを撃ち破りました。


スポンサーリンク


袁譚配下の帰順

李孚の帰順

袁尚えんしょう幽州ゆうしゅう涿郡たくぐん故安県こあんけんに逃走した時、李孚りふ袁尚えんしょうはなばなれになり、結局袁譚えんたんもとに出頭して今度は袁譚えんたん主簿しゅぼとなり、東に向かって青州せいしゅう平原国へいげんこく平原県へいげんけんに帰りました。

その後、曹操そうそうの攻撃を受けて袁譚えんたんが戦死すると、李孚りふ平原県へいげんけんの城に戻りましたが、城中の議論では「曹操そうそうに降伏する」ことに決定していましたが、いまだに混乱して落ち着かない状況でした。

そこで李孚りふは「とりあえず曹操そうそうに会いたい」と思い、馬に乗って総指揮官の軍門まで行くと、


冀州きしゅう主簿しゅぼ李孚りふが内密の事を(直接曹操そうそうに)口頭で申し上げたい」


と言いました。

曹操そうそうが彼に会った李孚りふ叩頭こうとうして挨拶あいさつし、曹操そうそうがその内容をたずねると、李孚りふは次のように言いました。


「今、城中では強者と弱者がしのぎ合い、みな落ち着きません。考えますに、新たに降伏した者で城内の人が見知り、信用している者にお命じになり、明白なご命令を宣布してくださるべきかと存じます」


すると曹操そうそうは、「おんみ(あなた)はすぐに帰ってこのことを宣布せよ」と言い、李孚りふひざまずいて命令を求めると、曹操そうそうはまた、「まあ、おんみ(あなた)の考えによって宣布せよ」とぞんざいに言いました。

そこで李孚りふは帰って城に入り、


「各人、元の仕事に落ち着け。互いに侵害し合うでないぞ」


との命令を宣布すると、混乱して落ち着かなかった城中はすっかり安定します。

これ以降曹操そうそうは、李孚りふのことを「実際、役に立つ奴だ」と考えるようになりました。


以上は魏書ぎしょ賈逵伝かきでんが注に引く魏略ぎりゃく李孚伝りふでんもとにしています。

魏略ぎりゃく李孚伝りふでんでは、袁譚えんたんの死後に平原県へいげんけんが混乱していますが、魏書ぎしょ武帝紀ぶていぎでは、前年の建安けんあん9年(204年)12月に曹操そうそう平原県へいげんけんに入城して平定しており、当サイトの他の記事では魏書ぎしょ武帝紀ぶていぎに従っています。

関連記事

王脩(王修)の帰順

袁譚えんたんの遺体を引き取る

曹操そうそう冀州きしゅう勃海郡ぼっかいぐん南皮県なんぴけん袁譚えんたんを攻撃した時、王脩おうしゅう王修おうしゅう)は兵糧を輸送して青州せいしゅう楽安国らくあんこく楽安県らくあんけんにいましたが、袁譚えんたんの危急を聞くと、配下の兵と従事じゅうじたち数十人を引き連れて袁譚えんたんもとに向かいました。

ですが、青州せいしゅう北海国ほっかいこく高密国こうみつこくまで来たところで袁譚えんたんの死を聞くと、王脩おうしゅう王修おうしゅう)は馬を下り号泣して、


「主君(袁譚えんたん)がおられなくなった…。どこを頼って行けば良いのか…」


と言い、曹操そうそうの元に行って「袁譚えんたんの遺体を引き取って埋葬まいそうしたい」と願い出ます。

ですがこの時、曹操そうそう王脩おうしゅう王修おうしゅう)の気持ちを観察しようと、押し黙ったまま返答しませんでした。

すると王脩おうしゅう王修おうしゅう)は、


袁氏えんしあつきご恩を受けております。もしたん袁譚えんたん)の遺体を収容できましたならば、その後に死刑に処されましても悔恨することはございません」


と言うので、曹操そうそうは彼の義の心をよみしてこれを聞き届け、王脩おうしゅう王修おうしゅう)を兵糧ひょうろう監督かんとくに任命し、楽安県らくあんけんかえらせました。

忠臣・管統かんとうを帰順させる

袁譚えんたんが敗れると、袁譚えんたんの支配下にあった諸城はすべて降伏しましたが、ただ管統かんとうだけは青州せいしゅう楽安国らくあんこく楽安県らくあんけんに立てもって命令に服従しませんでした。

そこで曹操そうそうは、王脩おうしゅう王修おうしゅう)に「管統かんとうの首を取ってこい」と命令します。

ですが王脩おうしゅう王修おうしゅう)は、管統かんとうが亡国の忠臣であることから彼のいましめをき*1曹操そうそうの元に出頭させたので、曹操そうそうは上機嫌で管統かんとう赦免しゃめんしました。

脚注

*1王脩おうしゅう王修おうしゅう)が捕らえたことが省略されているのか、すでに捕らえられていたのかは分かりません。

司空しくうえんに任命される

袁氏えんしの政治は大雑把おおざっぱだったので、権勢のある官職にいていた者は多くの蓄財をしていました。

冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんを陥落させた時、曹操そうそう審配しんぱいらの財産を記録して没収し、それは5けたの数にのぼりました。

曹操そうそう冀州きしゅう勃海郡ぼっかいぐん南皮県なんぴけんを陥落させた後、王脩おうしゅう王修おうしゅう)の家を調べてみたところ、穀物こくもつは10石に満たず、書物が数百巻あるだけでした。

そのことを知った曹操そうそう嘆息たんそくして、


「名声があるおとこには理由があるものだ」


と言い、礼を持って王脩おうしゅう王修おうしゅう)を召請しょうせいすると、司空しくうえん(属官)とし、司金中郎将しきんちゅうろうしょうを代行させました。

陳琳の帰順

袁氏えんしが敗れると、陳琳ちんりん曹操そうそうに帰伏しました。

この時曹操そうそうは、


おんみ(あなた)は昔、本初ほんしょ袁紹えんしょうあざな)の為にげきぶんを書いたが、ただわしの罪状だけをあげつらっておけば良かったものを、どうしてそれをさかのぼって父や祖父まで引き合いに出したのだ。悪を憎んでもその人の身だけにとどめるべきだ」


と言ってみせましたが、陳琳ちんりんの謝罪を受けた曹操そうそうはその才能を愛して彼をとがめず、阮瑀げんうと共に司空しくう軍謀ぐんぼう祭酒さいしゅに任命し、記室きしつを担当させました。

関連記事

魏書ぎしょ郭嘉伝かくかでんが注に引く傅子ふしに、

河北かほくが平定された後、太祖たいそ曹操そうそう)は青州せいしゅう冀州きしゅう幽州ゆうしゅう幷州へいしゅう并州へいしゅう)の各州で名を知られた人物を多数招聘しょうへいし、次第に彼らを臣下として使用し、省事しょうじ*2掾属えんぞくにしてしまった。それはすべて郭嘉かくかの策略である」

とあります。

脚注

*2ちくま学芸がくげい文庫ぶんこ正史せいし三国志さんごくしの注では「未詳」とし、集解しっかいに「従事じゅうじ徴事ちょうじあやまりか」とあるのをせている。

曹操の布告

冀州きしゅうを平定した曹操そうそうは、


「さあ、袁氏えんしの悪事に荷担かたんした者も、一緒に新時代へ出発しよう」


と布告し、個人的な復讐を許さず、贅沢ぜいたくな葬儀を禁止するなど、すべて法律によって統一しました。


建安けんあん8年(203年)8月に曹操そうそうに降伏した袁譚えんたんは、曹操そうそう冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんを包囲すると、曹操そうそうとの約束を破って冀州きしゅうの諸郡を奪取し、さらに中山国ちゅうざんこくに逃亡した袁尚えんしょうを攻撃して幽州ゆうしゅう涿郡たくぐん故安県こあんけんに逃走させてしまいます。

その後、鄴県ぎょうけんを陥落させた曹操そうそうは、背反した袁譚えんたんに攻撃を開始。建安けんあん10年(205年)春正月、袁譚えんたんが逃げ込んだ冀州きしゅう勃海郡ぼっかいぐん南皮県なんぴけんを陥落させ、袁譚えんたんを斬りました。

また、郭嘉かくかの進言を受けた曹操そうそうは、青州せいしゅう冀州きしゅう幽州ゆうしゅう幷州へいしゅう并州へいしゅう)の各州で名を知られた人物を多数招聘しょうへいし、配下に加えました。