206年【漢:建安けんあん11年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

206年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉協りゅうきょう献帝けんてい
皇太后
皇后 伏皇后ふくこうごう伏寿ふくじゅ

朝廷

官職 人物
大司馬だいしば
太尉たいい
司徒しと 趙温ちょうおん
司空しくう 曹操そうそう
執金吾しつきんご 伏完ふくかん
将作大匠しょうさくたいしょう 孔融こうゆう
前将軍ぜんしょうぐん 馬騰ばとう
左将軍さしょうぐん 劉備りゅうび
輔国将軍ほこくしょうぐん 伏完ふくかん
安降将軍あんこうしょうぐん 韓遂かんすい
建徳将軍けんとくしょうぐん 曹操そうそう
伏波将軍ふくはしょうぐん 陳登ちんとう

地方官

官職 人物
司隸校尉しれいこうい 鍾繇しょうよう
冀州牧きしゅうぼく 曹操そうそう
豫州牧よしゅうぼく 劉備りゅうび
兗州牧えんしゅうぼく 曹操そうそう
荊州牧けいしゅうぼく 劉表りゅうひょう
益州牧えきしゅうぼく 劉璋りゅうしょう
揚州刺史ようしゅうしし 劉馥りゅうふく
遼東太守りょうとうたいしゅ 公孫康こうそんこう
河内太守かだいたいしゅ 魏种ぎちゅう
河東太守かとうたいしゅ 杜畿とき
広陵太守こうりょうたいしゅ 陳登ちんとう
会稽太守かいけいたいしゅ 孫権そんけん

スポンサーリンク


206年の主な出来事

出来事
1月
  • 曹操そうそうみずから兵をひきいて幷州へいしゅう并州へいしゅう)でそむいた高幹こうかんを征討する。
  • 曹操そうそう壺関城こかんじょう上党郡じょうとうぐん壺関県こかんけん)を包囲する。
  • 北斗七星の辺りに箒星ほうきぼし彗星すいせい)が現れた。
3月
  • 高幹こうかん劉表りゅうひょうを頼って逃走する。
  • 高幹こうかん上洛都尉じょうらくとい王琰おうえんに捕らえられ、斬り殺される。
7月
  • 武威太守ぶいたいしゅ張猛ちょうもう雍州刺史ようしゅうしし邯鄲商かんたんしょうを殺害する。
8月
  • 曹操そうそう青州せいしゅうの海賊・管承かんしょうを征討する。
  • 徐州じょしゅう東海郡とうかいぐん昌豨しょうきがまた反逆する。
  • 昌豨しょうきが旧知の于禁うきんに降伏するが、于禁うきんは涙を流しながら昌豨しょうきを斬る。
  • 曹操そうそう徐州じょしゅう東海郡とうかいぐんから、襄賁県じょうひけん郯県たんけん戚県せきけんを分割して琅邪郡ろうやぐんに編入し、昌慮郡しょうりょぐんを廃止する。

10月
  • 曹操そうそうが布令を出す。
不明

曹操そうそう(10月以降)

  • 袁煕えんき袁尚えんしょうが逃げ込んだ烏丸うがん族を征討するため、運河を掘る。

■朝廷(曹操そうそう

  • 琅邪王ろうやおう劉容りゅうようの子・劉熙りゅうきを立てて琅邪王ろうやおうとする。
  • 斉国せいこく北海国ほっかいこく阜陵国ふりょうこく下邳国かひこく常山国じょうざんこく甘陵国かんりょうこく済北国せいほくこく平原国へいげんこくの8国を除く。

揚州ようしゅう方面

  • 孫権そんけん山越さんえつの不服住民のほうの2とん(拠点)を攻撃して平定する。

スポンサーリンク


206年の三国志群雄勢力図

1月

建安11年(205年)1月の三国志群雄勢力図

建安11年(205年)1月の凡例

建安けんあん11年(206年)1月の三国志群雄勢力図

袁煕えんき袁尚えんしょうかん塞外さいがい(国境の外)の烏丸うがん族を頼っています。

曹操そうそう幷州へいしゅう并州へいしゅう)平定

この年の春正月、曹操そうそうみずか幷州へいしゅう并州へいしゅう)に逃走した高幹こうかん征伐に出陣します。

高幹こうかんは、みずか匈奴きょうど単于ぜんう匈奴きょうどの首長)に救援を求めに行きますが、失敗。曹操そうそう壺関城こかんじょうを包囲すること3ヶ月、城は陥落し、高幹こうかん劉表りゅうひょうを頼って荊州けいしゅうに逃走しましたが、上洛都尉じょうらくとい王琰おうえんに捕らえられ、斬り殺されました。


また、曹操そうそう幷州刺史へいしゅうししの代行を命ぜられた梁習りょうしゅうは、南匈奴みなみきょうど単于ぜんうを帰順させ、州内の名士を数多く推挙したので、曹操そうそう梁習りょうしゅうの行政を称賛し、関内侯かんだいこうの爵位を与えて改めて本官に任命しました。

各地の反乱

雍州(ようしゅう)

秋7月、たまたま武威太守ぶいたいしゅ張猛ちょうもうが反逆して雍州刺史ようしゅうしし邯鄲商かんたんしょうを殺害しました。

青州(せいしゅう)

8月、曹操そうそうは東に進軍して青州せいしゅう北海国ほっかいこく淳于県じゅんうけんまで行き、楽進がくしん李典りてんを派遣して海賊の管承かんしょうを征討します。管承かんしょうは海中の島に逃げ込み、海岸地帯は平定されました。

また、徐州じょしゅう東海郡とうかいぐんでは昌豨しょうきがまたも反逆。昌豨しょうきは旧知の于禁うきんに降伏しますが、于禁うきんは「曹操そうそうの常令」を守って涙を流しながら彼を斬りました。

12月

建安11年(206年)12月の三国志群雄勢力図

206年12月の凡例

建安けんあん11年(206年)12月の三国志群雄勢力図

袁煕えんき袁尚えんしょうかん塞外さいがい(国境の外)の烏丸うがん族を頼っています。

曹操そうそうの布令

10月、曹操そうそうが「治中従事ちちゅうじゅうじ別駕従事べつがじゅうじに、毎月1日にそれぞれ政治の欠陥を進言するように命じる」布令を出しました。

州郡の再編

昌慮郡(しょうりょぐん)の廃止

この年、曹操そうそう徐州じょしゅう東海郡とうかいぐんから、

  • 襄賁県じょうひけん
  • 郯県たんけん
  • 戚県せきけん

の諸県を分割して琅邪郡ろうやぐんに編入し、昌慮郡しょうりょぐんを廃止しました。

王国・侯国の再編

この年、曹操そうそうが元琅邪王ろうやおう劉容りゅうようの子・劉熙りゅうきを立てて琅邪王ろうやおうとし、また、

  • 青州せいしゅう斉国せいこく
  • 青州せいしゅう北海国ほっかいこく
  • 揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん阜陵国ふりょうこく
  • 徐州じょしゅう下邳国かひこく
  • 冀州きしゅう常山国じょうざんこく
  • 冀州きしゅう清河国せいがこく甘陵国かんりょうこく
  • 兗州えんしゅう済北国せいほくこく
  • 青州せいしゅう平原国へいげんこく

の8国を除き、かんの宗室の力を弱めました。

関連記事

孫権そんけん山越さんえつ討伐

この年、孫権そんけん山越さんえつの不服住民のほうの2とん(拠点)を攻撃して平定しました。


この時孫権そんけんは、保屯ほうのとりでを撃ち破るとそのまま軍を返し、麻屯まのとりでの1万の敵はそのまま残されていました。

麻屯まのとりで攻撃に残された破賊都尉はぞくとい凌統りょうとうは、とく張異ちょういらと共にとりでに攻め寄せて包囲をし、日取りを決めて総攻撃をかけることにします。

その期日の来る前に、凌統りょうとうとく陳勤ちんきんと一緒に酒を飲みました。

陳勤ちんきんは、勇猛で自分の気持ちのままに振る舞う性格で、とくの役目にあるということでその酒席の主人となっていましたが、一座の者たちを馬鹿にしたような行動を取り、献杯けんぱい罰杯ばっぱいさだめを無視して、酒席は無茶苦茶な状態になってしまいます。

凌統りょうとうは、彼の人を人とも思わない振る舞いをにくんで面と向かって注意をし、彼の指示には従いませんでした。すると陳勤ちんきんは腹を立てて凌統りょうとう罵倒ばとうし、彼の父親の凌操りょうそうの悪口まで言い出します。凌統りょうとうは涙を流すばかりでそれ以上口答えをしませんでしたが、座がしらけてしまってみな退出してしまいました。

陳勤ちんきんは酒の勢いを借りて益々ますます理不尽になり、外に出た後も凌統りょうとう侮辱ぶじょくし続けたため、凌統りょうとうこらえきれず、ついにかたなを抜いて陳勤ちんきんを斬りつけ、陳勤ちんきんはその傷が原因となって数日後に死んでしまいました。


麻屯まのとりで攻撃の日が来ると、凌統りょうとうは「死んで罪をびるしかない」と言い、士卒たちを督励とくれいし、みずから敵の矢面やおもてに立ちました。彼が攻撃をかけたとりでの一面はあっという間にくずれ去り、諸将たちはその勝ちに乗じて敵を完膚かんぷなきまでに撃ち破ります。

帰還すると、凌統りょうとうみずか軍正ぐんせい軍目付ぐんめつけ)の元に出頭して縄目を受けましたが、孫権そんけんは彼の剛毅ごうきさを立派だと評価して直接罰することはせず、手柄を立ててその罪をあがなえるように取りはからいました。


曹操そうそうみずか幷州へいしゅう并州へいしゅう)に逃走した高幹こうかん征伐に出陣し、3ヶ月の包囲の末、荊州けいしゅうに逃亡しようとした高幹こうかんを捕らえて斬りました。

その後曹操そうそうは、東に進軍して青州せいしゅう北海国ほっかいこく淳于県じゅんうけんまで行くと、楽進がくしん李典りてんを派遣して海賊の管承かんしょうを征討。徐州じょしゅう東海郡とうかいぐんで反逆した昌豨しょうきには于禁うきんを派遣して、これをちました。

またこの年、曹操そうそうは元琅邪王ろうやおう劉容りゅうようの子・劉熙りゅうきを立てて琅邪王ろうやおうとし、また一方で8国の王国・侯国を除き、かんの宗室の力を弱めました。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表