初平しょへい3年(192年)6月、長安ちょうあんを落として朝廷の実権を握った李傕りかく郭汜かくしですが、それぞれみずからの功績をほこって権力を争い、興平こうへい2年(195年)に入ると、ついに武力衝突にまで発展しました。

スポンサーリンク

李傕政権内の不和

李傕(りかく)・郭汜(かくし)

政権内部の対立

初平しょへい3年(192年)9月には、李傕りかく車騎将軍しゃきしょうぐんに任命されて将軍府を開き、興平こうへい元年(194年)5月には郭汜かくし後将軍こうしょうぐん樊稠はんちゅう右将軍ゆうしょうぐんに任命されて将軍府を開いたため、三公さんこうとあわせて6府が並存することとなり、それぞれが選挙(人材登用)に関与しました。

李傕りかく郭汜かくし樊稠はんちゅうはそれぞれみずからの功績をほこって権力を争い、何度も軍事衝突になりそうになっていましたが、その度に賈詡かくが大局を示してなだいましめたので、内心わだかまりを持っていましたが、上辺うわべだけは取りつくろっていました。

豆知識

また、興平こうへい元年(194年)7月には楊定ようてい安西将軍あんせいしょうぐんに任命され、将軍府を開いています。


董卓とうたく誅殺ちゅうさつされたばかりの頃、三輔さんぽ地方(右扶風ゆうふふう左馮翊さひょうよく京兆尹けいちょういんの3郡)には数十万戸の民がいましたが、李傕りかくらが兵を放って略奪を行った上に、蝗害こうがいと日照りによる飢饉ききんも加わって、2年の間にほとんどの民がいなくなってしまいました。

李傕が樊稠を殺害する

樊稠はんちゅう李利りりを叱責する

興平こうへい元年(194年)3月、「長平観ちょうへいかんの戦い」において、樊稠はんちゅう馬騰ばとう韓遂かんすいを撃ち破った時、共に戦っていた李傕りかくの兄の子・李利りりが手を抜いていたことから、


「人(馬騰ばとう韓遂かんすい)がなんじの父(叔父おじ李傕りかく)のこうべを落とそうと欲している時に、どうしてこのようなのだ。私がけい(あなた)を斬れないとでも思っているのかっ!」


と、樊稠はんちゅう李利りりを叱責したことがありました。

李利りりの密告

涼州りょうしゅうに敗走する馬騰ばとう韓遂かんすいを追って、樊稠はんちゅう李利りり司隷しれい右扶風ゆうふふう陳倉県ちんそうけんまで来た時のこと。

韓遂かんすい樊稠はんちゅうに言いました。


「我々が争っているのは私怨しえんではなく、王家の事が原因だ。貴殿は州里の人[同州(涼州りょうしゅう)の出身]。共にく語り合ってから別れたい」


すると樊稠はんちゅうはこの申し出にこたえ、騎兵を退しりぞけて韓遂かんすいと馬を並べ、しばらくの間親しく語り合いました。


この様子を見ていた李利りりは、長安ちょうあんに戻ると、


樊稠はんちゅう韓遂かんすいは馬を並べて談笑していました。その内容までは聞こえませんでしたが、その様子はとても親密でした」


と、李傕りかくに密告します。

これにより李傕りかくは、「樊稠はんちゅう韓遂かんすいと秘かに和議を結び、異心をいだいているのではないか」と疑うようになりました。

樊稠はんちゅうが殺害される

ある時、樊稠はんちゅうが兵をひきいて東に向かい函谷関かんこくかんを出たいと思い、李傕りかくに増兵を申し入れました。

興平こうへい2年(195年)2月、李傕りかくはこのことを理由に樊稠はんちゅうを会議にまねき、その席で樊稠はんちゅうを殺害してしまいます。

このことがあってから、諸将はますます互いに猜疑さいぎし合うようになりました。


スポンサーリンク


李傕と郭汜の争い

争いの発端

李傕りかくはしばしば酒宴をもうけて郭汜かくしまねき、時には郭汜かくしを引きめて家にまらせることもありました。

郭汜かくしの妻は、李傕りかく郭汜かくし婢妾ひしょう(召使いの女性)をあてがって、自分への愛を奪うのではないかと恐れ、2人を仲違なかたがいさせようと考えるようになります。


そんな時、ちょうど李傕りかくから贈り物が届けられたので、郭汜かくしの妻は(味噌)に毒薬を混ぜ、今まさに郭汜かくしが食べようとした時、


「外から来た食べ物には、何か仕掛けがあるかもしれません」


と言って毒薬をつまみ出してみせると、


「『一せい(1つの巣)に両雄あらず(両雄並び立たず)』と言います。私は以前から将軍あなたさまが李公りこう李傕りかく)を信頼していらっしゃることを疑問に思っておりました」


と言いました。


後日、何も知らない李傕りかくは、また郭汜かくしを酒宴にまねいて存分に酒を振る舞いますが、李傕りかくが毒を盛ったのではないかと疑っている郭汜かくしは、解毒作用があるとされる「くそしぼった汁」を飲んで見せたため、とうとう2人は不和となり、軍勢を整えて攻撃し合うようになります。


この事態に、献帝けんてい侍中じちゅう尚書しょうしょを派遣して李傕りかく郭汜かくしを和解させようとしましたが、どちらも従いませんでした。

献帝争奪戦

興平こうへい2年(195年)3月、李傕りかく郭汜かくしが争うようになると、郭汜かくし献帝けんていを自分の陣営にむかえようと計画しましたが、その夜のうちに郭汜かくしの元から逃亡して李傕りかくに密告した者がありました。

すると李傕りかくは、兄の子・李暹りせんに数千の兵をひきいて宮殿を包囲させ、3じょうの車で献帝けんていを迎え入れようとします。

この時、太尉たいい楊彪ようひょうは、


「古来、帝王が人臣の家にお住まいになった例はありません。事を起こすには天下の人心に合致しなければなりません。諸君のやり方はよろしくない」


李暹りせんに忠告しますが、


将軍しょうぐん李傕りかく)のお考えは既に決まっている」


と、李暹りせんは取り合いませんでした。


こうして献帝けんていは宮殿を出ることになり、3じょうの車にはそれぞれ、

  • 献帝けんてい
  • 貴人きじん伏氏ふくし
  • 賈詡かく左霊されい

が乗り、その他の者はみな徒歩でお供しました。


李暹りせんの兵士たちはすぐに殿中に入って宮女や御物ぎょぶつ(皇室の所有品)を奪い、李傕りかく献帝けんていおどして、献帝けんてい自身と御府ぎょふ天子てんしの府庫)の金帛きんぱく(金と絹)を自分のえい(陣屋)に移します。

その後、李傕りかくは宮殿・官府に火を放ったので、その周辺に住む民がいなくなってしまいました。

郭汜が公卿を人質に取る

献帝けんていは再び公卿こうけい三公さんこう九卿きゅうけい)を派遣して、李傕りかく郭汜かくしを和解させようとしました。

ですが郭汜かくしは、

  • 太尉たいい楊彪ようひょう
  • 司空しくう張喜ちょうき
  • 尚書しょうしょ王隆おうりゅう
  • 光禄勲こうろくくん劉淵りゅうえん
  • 衛尉えいい士孫瑞しそんずい
  • 太僕たいぼく韓融かんゆう
  • 廷尉ていい宣璠せんぱん
  • 大鴻臚だいこうろ栄郃えいこう
  • 大司農だいしのう朱儁しゅしゅん
  • 将作大匠しょうさくたいしょう梁邵りょうしょう
  • 屯騎校尉とんきこうい姜宣きょうせん

らを自分のえい(陣屋)にとどめて人質にします。

この仕打ちを受けた朱儁しゅしゅん憤懣ふんまんいきどおってもだえること)し、やまいを発して亡くなってしまいました。

献帝が皇后を立てる

4月、献帝けんてい徐州じょしゅう琅邪国ろうやこく出身の貴人きじん伏氏ふくし皇后こうごうに立て、皇后こうごう伏氏ふくし)の父で侍中じちゅう伏完ふくかん執金吾しつきんごに任命されました。

楊彪の気骨

ある時、郭汜かくし公卿こうけいたちをもてなして、李傕りかくを攻撃するつもりで意見を求めました。

すると、太尉たいい楊彪ようひょうが口を開きます。


「臣下たちが互いにたたかい合い、1人は天子てんし献帝けんてい)を脅迫し、1人は公卿こうけいを人質にする。このような事をしても良いとお思いか?」


そして、これを聞いて大いに怒った郭汜かくしみずからの剣のつかに手をかけると、楊彪ようひょうは重ねて郭汜かくし一喝いっかつします。


けい(あなた)は国家(天子てんし)すら奉じていない!どうして私が生を求めようかっ!」


ですが、今にも楊彪ようひょうを斬らんとするところへ、中郎将ちゅうろうしょう楊密ようみつをはじめ左右の多くの者が固くいさめたので、郭汜かくしは剣をおさめました。


スポンサーリンク


李傕と郭汜の戦い

郭汜が李傕を破る

李傕りかく羌族きょうぞく胡人こじん匈奴きょうど)数千人をまねいて御物ぎょぶつ(皇室の所有品)の繒綵そうさい綾絹あやぎぬ)を与え、更に宮人(宮女)や婦女を与える約束をして、郭汜かくしを攻撃させようとしました。

また一方の郭汜かくしは、秘かに李傕りかくくみしていた中郎将ちゅうろうしょう張苞ちょうほうと通じて李傕りかく攻撃をはかります。


郭汜かくしが兵をひきいて李傕りかくの営門(陣営の門)に夜襲をかけると、矢が雨のように降りそそぎ、献帝けんていが泊まっている高楼殿前の簾帷れんいすだれと引き幕]の中にまで及び、李傕りかくの左耳をつらぬきました。

一方、郭汜かくしと内通した張苞ちょうほうらが陣営内の建物を焼こうとしましたがうまく燃え上がらず、陣営の外で楊奉ようほうの抵抗を受けた郭汜かくしが兵を退いたので、張苞ちょうほうらはひきいていた兵と共に郭汜かくしに帰順します。


この日、李傕りかく献帝けんてい北塢ほくうに移しました。


北塢ほくう長安ちょうあん城内に築かれたとりでのことで、李傕りかく郭汜かくしはそれぞれ長安ちょうあん城内にとりでを築いて戦っていました。

また、魏書ぎしょ董卓伝とうたくでんが注に引く献帝起居注けんていききょちゅうでは、李傕りかくが宮殿から献帝けんていを連れ出したその日に北塢ほくうに移したとされています。

李傕の横暴

李傕りかく献帝けんてい北塢ほくうに移すと、校尉こういに命じてとりでの門を見張らせ、外部との連絡をち切りました。

献帝けんてい御付おつきの臣下たちはえに苦しみ、夏の盛りで暑い時期であったにもかかわらず、人々はみな恐怖の余り心を凍らせていました。

献帝けんていは臣下の食料として米5石と牛の骨5頭分を要求しましたが、李傕りかくは、


「朝晩食事を差し上げているのに、どうして米がいるのだ」


と言い、腐った牛の骨を与えたため、みな臭いをぐだけで食べることができませんでした。


これに立腹した献帝けんていは、李傕りかくを厳しく問いめようとしますが、侍中じちゅう楊琦ようきが密封した文書をたてまつり、


李傕りかくは田舎者で、野蛮な風俗にれた人間です。

今はまた自分の犯した非道な行為を自覚して、常に浮かぬ顔をしており、御車みくるま献帝けんてい)を黄白城こうはくじょうにお移しして鬱憤うっぷんを晴らそうと考えております。

どうか陛下には、ご忍耐なされますように。彼(李傕りかく)の罪をおおやけになさいますのはよろしくありません」


と言上したので、献帝けんていはこの意見を聞き入れました。


黄白城

黄白城こうはくじょう

趙温の手紙

はじめ李傕りかく黄白城こうはくじょうに駐屯していたため、ここに献帝けんていを移そうと計画していましたが、司徒しと趙温ちょうおんが自分に同調しなかったので、とりでの中に趙温ちょうおんを引き入れました。

趙温ちょうおんは、李傕りかく御車みくるま献帝けんてい)を移すつもりだと聞くと、李傕りかくに次のような手紙を送ります。


こう李傕りかく)は、先には董公とうこう董卓とうたく)の復讐を名目にしながら、実際は王城(長安ちょうあん)を攻め滅ぼし、大臣たちを殺戮さつりくしました。

今度はわずかなうらみから郭汜かくし仲違なかたがいをして抗争し、不倶戴天ふぐたいてん仇敵きゅうてきとなってしまい、民衆は塗炭とたんの苦しみをめ、それぞれ生きるあてもない状態ですのに、少しも改めることなく、結局動乱が引き起こされたのです。

朝廷からは、しきりに詔勅しょうちょくが下され、和解するように求められておりますが、その勅命ちょくめいは実行されず、ご恩沢おんたくは日々にそこなわれております。

それをさらに、黄白城こうはくじょう御車みくるま献帝けんてい)を移しまいらせるつもりとか。これはまことにこの老いぼれ(趙温ちょうおん)にとって理解しえないことです。

えき』においては、1度目の過失を『』とし、2度目を『しょう』とし、3度目でなお改めないのを、川を渡って頭の先まで没することと同じで『きょう』であるとします。

郭汜かくしと早く和解し、軍隊を引き連れて屯営に戻るのが一番です。上は天子てんしやすんじまいらせ、下は生民を保全することになり、極めて幸福なことではないでしょうか」


この手紙を読んだ李傕りかくは激怒して、人をって趙温ちょうおんを殺そうとしますが、元趙温ちょうおんえん(属官)であった李傕りかく従弟いとこ李応りおうが数日に渡って諫言かんげんし、やっとのことで思いとどまらせました。


趙温ちょうおん李傕りかくに手紙を送ったことを聞いた献帝けんていは、侍中じちゅう常洽じょうこうに、


李傕りかくには事の善悪を判断する力がない。趙温ちょうおんの言葉は厳し過ぎるから、心が凍りつくほど心配でならぬ」


らしましたが、常洽じょうこうの、


「すでに李応りおうなだめました」


という言葉を聞き、大変喜びました。

献帝と李傕

李傕りかくは生来、鬼神や妖術のたぐいを好み、常に道士や巫女みこが歌い、つづみを鳴らして神降かみおろしをし、六丁ろくてい(神の名前)を祭り、お札や まじない の道具で使わないものは1つとしてありませんでした。

ある時李傕りかくは、朝廷の役所の門外に董卓とうたく神坐しんざ(祭祀場)をしつらえ、たびたび牛や羊をそなえて祭り、それが終わると宮中の小門を通って献帝けんていのご機嫌きげんうかがい、拝謁はいえつを求めました。

この時李傕りかくは3振りの刀をび、手にはさらにむちと一緒に抜き身の刀を1振り持っています。

侍中じちゅう侍郎じろう李傕りかくが武器を身につけているのを見ると、みな恐れおののき、自分たちも剣をび、抜き身の刀を持って、先に入室して献帝けんていのまわりを固めました。


この時李傕りかくは、献帝けんていに対して「明陛下」と言ったり「明帝」と言ったりして、郭汜かくしの無道振りを説明してきたので、献帝けんてい李傕りかくの意に沿うように受け答えをします。

すると李傕りかくは退出した後で、


「明陛下(献帝けんてい)は本当に賢明な聖天子せいてんしである」


と言い、内心自信満々で、本当に献帝けんていの歓心を得ることができたと信じていました。

ですが、なおも側近の臣下が剣をびて献帝けんていのまわりを固めていることには不服なようで、


「みな刀を持っているとは、こいつらはわしに手を下すつもりなのか」


と人にらしますが、李傕りかくと同郷で侍中じちゅう李禎りていが、


「彼らが刀を持っているのは、軍中でそうするのが建前だからであって、これは国家の慣例です」


と言ったので、李傕りかくの気持ちはやっとほぐれました。

皇甫酈の和睦交渉

献帝けんてい皇甫酈こうほりを派遣する

うるう5月、献帝けんていは、涼州りょうしゅうの名門であり、使者としても有能な謁者僕射えっしゃぼくや皇甫酈こうほりを派遣して、李傕りかく郭汜かくしを和睦させようとします。

皇甫酈こうほりはまず郭汜かくしの元をおとずれると、郭汜かくしは勅命を受け入れました。

次に皇甫酈こうほり李傕りかくたずねますが、李傕りかくは勅命を受け入れようとせず、


わしには呂布りょふ討伐の功績があり、政治を補佐して以来4年、三輔さんぽ右扶風ゆうふふう左馮翊さひょうよく京兆尹けいちょういんの3郡)は平穏になった。これは天下に周知の事実である。

郭多かくた郭汜かくし)は馬泥棒に過ぎない。どうしてあつかましくもわしと同等になろうとするのだ。わしはあくまで奴(郭汜かくし)を殺すつもりだ。

君(皇甫酈こうほり)は涼州りょうしゅうの人間だが、わしの策略と軍勢が郭多かくた郭汜かくし)を始末できるかどうか見ていてくれ。

その上、郭多かくた郭汜かくし)は公卿こうけいを脅して人質にした。奴(郭汜かくし)のやることがこんな風なのに、仮にも君(皇甫酈こうほり)が郭多かくた郭汜かくし)に利益を与えるつもりなら、この李傕りかくにも肝っ玉があることをみずから知ることになるだろう」


と言いました。

すると皇甫酈こうほりは、


「昔、有窮ゆうきゅうの君・后羿こうげいは、弓術に優れていることを頼みにして、災難が降りかかるなど考えもせず、その挙げ句に滅亡いたしました。

最近では、董太師とうたいし董卓とうたく)の強大ぶりを、将軍しょうぐん李傕りかく)さまもその目でご覧になられたでしょう。

朝廷の内には王公おうこうたちがいて、太師たいし董卓とうたく)のために朝廷内を取り仕切り、外には董旻とうびん董承とうしょう董璜とうこうら親族がいて軍隊を統率しておりました。

ところが、呂布りょふが恩を受けながら反逆して太師たいし董卓とうたく)殺害をくわだてますと、わずかの間に首が竿さおの先につり下げられました。

このような結果になりましたのは、武勇を持ちながら智謀がなかったからです。

今、将軍しょうぐん李傕りかく)ご自身は上将じょうしょうの位にあられ、(軍権を示す)まさかりを手に(部下の裁判権を示す)せつを杖つき、ご子孫方は権力を掌握され、ご一族は天子てんしのご恩寵を受け、国家(天子てんし)の下される高い爵位をすべて占有されています。

今、郭多かくた郭汜かくし)は公卿こうけいを脅して人質にし、将軍しょうぐん李傕りかく)は至尊(献帝けんてい)を圧迫しておられる。どちらの罪が重いとお考えですか?

また、西方の実力者・張済ちょうせい郭多かくた郭汜かくし)・楊定ようていと共謀し、また高官の中にも支持者がおりますので、簡単には郭多かくた郭汜かくし)を討ち取れませんぞ。

楊奉ようほう白波賊はくはぞくの指揮官に過ぎませんが、それでも将軍しょうぐん李傕りかく)の行為が正しくないことをわきまえております。将軍しょうぐん李傕りかく)が彼(楊奉ようほう)に官位や恩寵を与えたとしましても、将軍しょうぐん李傕りかく)のために力の限り働くことは承知しないでしょう」


と答えます。

これを聞いた李傕りかく皇甫酈こうほりの意見を受け入れず、怒鳴りつけて退出させました。

皇甫酈こうほりを逃がす

皇甫酈こうほりは退出すると禁門まで参上し、李傕りかく詔勅しょうちょくに従うことを承知せず、その言葉が不敬であったむねを申し上げます。

侍中じちゅう胡邈こばく李傕りかくに目をかけられていたので、詔勅しょうちょくを取り次ぐ役人を召して、皇甫酈こうほりの言葉を粉飾ふんしょくして献帝けんていに報告させ、皇甫酈こうほりに言いました。


李将軍りしょうぐん李傕りかく)は貴殿に粗末な扱いをされていない。また皇甫公こうほこう皇甫酈こうほり伯父おじ皇甫嵩こうほすう)が太尉たいいに取り立てられたのは、李将軍りしょうぐん李傕りかく)のお陰ですぞ」


皇甫酈こうほりが、


胡敬才こけいさい敬才けいさい胡邈こばくあざな)、貴殿は国家(天子てんし)の常伯じょうはく*1であり、お側にあって補佐にあたる臣ですぞ。そのようなことを言って、一体何の役に立つのだ?」


と問うと胡邈こばくは、


「あなたが李将軍りしょうぐん李傕りかく)の気持ちを損なうと、おそらく重大な結果をまねくだろうと、気にかけてあげたのです。私はあなたのためを思えばこそ、そうしたのです。それをどういうことですか」


と答えます。

すると皇甫酈こうほりはこう言いました。


「私は代々天子てんしのご恩をこうむり、自身もまた常にお側近くお仕えしてきました。主君が恥辱を受ければ、下臣は命を投げ出すものとか。国家(天子てんし)の御為おんため李傕りかくに殺されても、天命です」


献帝けんてい皇甫酈こうほりの言葉が厳しいことから李傕りかくの耳に入ることを恐れ、ただちに皇甫酈こうほりを逃亡させるように命じました。


皇甫酈こうほりが営門を出ると、李傕りかく虎賁こほん(近衛兵)の王昌おうしょうに彼を呼びに行かせます。

王昌おうしょう皇甫酈こうほりが忠義で正しい人間なのを知っていたので、見逃して行かせた後、戻って李傕りかくに「追いかけたが追いつけなかった」と報告しました。

李傕が大司馬に任命される

献帝けんてい左中郎将さちゅうろうしょう李固りこせつ(使者のしるし)を持たせ、李傕りかく大司馬だいしばに任命し、三公さんこうの上に位させます。

李傕りかくはこれを「鬼神の助力を得た」ためだと思い込み、巫者みこたちにねんごろに褒美をやりました。

脚注

*1 しゅう時代の職名で三公(さんこう)を指したが、後に天子(てんし)の左右に仕える侍中(じちゅう)散騎常侍(さんきじょうじ)などの官職を意味するようになる。


初平しょへい3年(192年)6月、長安ちょうあんを落として朝廷の実権を握った李傕りかくら旧董卓とうたく勢力ですが、李傕りかく郭汜かくし樊稠はんちゅう楊定ようていらが相次いで将軍府を開くようになると、それぞれみずからの功績をほこって権力を争うようになりました。

そんな中、郭汜かくしの妻の嫉妬しっとにより、李傕りかく郭汜かくしが決定的に反目し、武力衝突にまで発展します。

その後、李傕りかく献帝けんていを、郭汜かくし公卿こうけいたちを人質に取り、にらみ合いが続くようになりました。