177年【漢:熹平きへい6年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

177年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉宏りゅうこう霊帝れいてい
皇太后 董太后とうたいごう孝仁董皇后こうじんとうこうごう
皇后 宋皇后そうこうごう

朝廷

官職 人物
司徒しと 楊賜ようし
司空しくう 陳球ちんきゅう陳耽ちんたん
太尉たいい 劉寬りゅうかんもういく
太常たいじょう もういく陳耽ちんたん(〜12月)
執金吾しつきんご 宋酆そうほう
諫議大夫かんぎたいふ 劉猛りゅうもう
五官中郎将ごかんちゅうろうしょう 董重とうちょう
使匈奴中郎将しきょうどちゅうろうしょう 張奐ちょうかん
破羌将軍はきょうしょうぐん 段熲だんけい
護烏桓校尉ごうがんこうい 夏育かいく
破鮮卑中郎将はせんぴちゅうろうしょう 田晏でんあん
匈奴中郎将きょうどちゅうろうしょう 臧旻ぞうびん

地方官

官職 人物
楊州刺史ようしゅうしし 臧旻ぞうびん
玄菟太守げんとたいしゅ 公孫琙こうそんよく
丹陽太守たんようたいしゅ 陳夤ちんいん
益州太守えきしゅうたいしゅ 李顒りぎょう
鬱林太守うつりんたいしゅ 谷永こくえい

スポンサーリンク


177年の主な出来事

出来事
1月

・天下に大赦たいしゃする。

2月

・南宮の平城門へいじょうもんと武庫の東にある垣根が自壊する。

4月

大旱魃だいかんばつが起こり、7つの州でいなごが発生する。

霊帝れいてい三公さんこうに命じて、問題のある地方官を検挙させて罷免ひめんする。

鮮卑せんぴが東・西・北の3方面から侵攻し、敗北する。

・数十人の民が宣陵せんりょう桓帝かんてい陵)に集まって「宣陵孝子せんりょうこうし」と称したため、霊帝れいていは彼らを太子舍人たいししゃじん(皇太子の属官)に任命する。

7月

司空しくう劉逸りゅういつ罷免ひめんされ、衛尉えいい陳球ちんきゅう司空しくうに任命される。

霊帝れいていみずか皇羲篇こうぎへん50章を編纂へんさんする。

・諸生の中から文章やに明るい者を鴻都門こうともん下に集め、数十人が集まる。

8月

鮮卑せんぴの討伐を行うが敗北する。

10月

・日食があった。

太尉たいい劉寛りゅうかん罷免ひめんされる。

洛陽らくようで地震が起こる。

11月

司空しくう陳球ちんきゅう罷免ひめんされる。

12月

太常たいじょうもういく太尉たいいに任命される。

司徒しと楊賜ようし罷免ひめんされる。

太常たいじょう陳耽ちんたん司空しくうに任命される。

遼西りょうせいに侵攻した鮮卑せんぴに、遼西太守りょうせいたいしゅ趙苞ちょうほうが大勝する。

永安宮えいあんきゅう太僕たいぼく王旻おうびんが獄中で死亡する。


スポンサーリンク


177年の群雄勢力図

177年の群雄勢力図

凡例

177年の群雄勢力図

177年の情勢

177年の時点では、漢の領内にまだ独立勢力はありません。

特記事項

霊帝れいてい施政しせい

城門が壊れる

2月、南宮の平城門へいじょうもんと武庫の東にある垣根が自壊しました。

後漢書ごかんじょ孝霊帝紀こうれいていぎの注には、易伝えきでん易経えききょうの注釈)を引いて「小人が在位すると城門が自壊する」と書かれています。

陽球(ようきゅう)を許す

4月、霊帝れいてい三公さんこうに命じ、地方官の中で政治が苛烈で欲深い者を検挙させて罷免ひめんします。

この時、平原国へいげんこくしょう陽球ようきゅうが「政治が厳しすぎる」と糾弾きゅうだんされましたが、かつて九江太守きゅうこうたいしゅを勤めていた頃、民衆の反乱を鎮圧した功績があったことから、霊帝れいてい陽球ようきゅうを許して議郎ぎろうに取り立てました。

宣陵孝子(せんりょうこうし)

4月、数十人の民が宣陵せんりょう桓帝かんてい陵)に集まって「宣陵孝子せんりょうこうし」と称したため、霊帝れいていは彼らを太子舍人たいししゃじん(皇太子の属官)に任命しました。

鴻都門下に諸生を集める

7月、諸生の中から文章やに明るい者を鴻都門こうともん下に集めると、その人数は数十人になりました。

また、侍中祭酒じちゅうさいしゅ楽松がくしょう賈護かごらが推薦した人物は、些細ささいなことばかりを話して霊帝れいていの歓心を買い、昇進していきました。

また、この頃から霊帝れいていは国家の祭祀さいし(儀式)をなまけるようになります。

蔡邕さいよう諫言かんげん

ある時、霊帝れいていが群臣たちに施政しせいについて意見を求めると、蔡邕さいようは次のように上書しました。


季節の節目には巡礼を行うべきであり、皇廟こうびょう祭祀さいし辟雍へきようで行う儀式は、天子の大切な仕事です。祖先をうやまわず、些細ささいな理由で国家の祭祀さいしを取りやめたりするから、天災や奇怪なできごとが起こるのです。


また、古来から推挙される資格があるのは孝廉こうれん・賢良・文学に優れた人物のみです。書画やに優れているからと言って、国政に関与させてはいけません。


先日、宣陵孝子せんりょうこうしと名乗るやから太子舍人たいししゃじんにななりましたが、先帝の親族でもない者に陵墓を守らせるから盗掘が起こるのです。そのような者たちを太子舍人たいししゃじんにしてはいけません。



霊帝れいてい蔡邕さいようの意見を聞き入れ、祭祀さいしを再開し、宣陵孝子せんりょうこうしたちを太子舍人たいししゃじんから外して県丞けんじょう県尉けんいに任命しましたが、鴻都門こうともん下に集めた人材は任用し続けました。

これには霊帝れいていの特別な思惑があるように思えます。

関連記事

霊帝は本当に無能だったのか?売官と西園八校尉の真意とは

夏育かいく田晏でんあん臧旻ぞうびん鮮卑せんぴに大敗する

4月、鮮卑せんぴが東・西・北の3方面から漢の領内に侵攻しました。これを受け、護烏桓校尉ごうがんこうい夏育かいく鮮卑せんぴの討伐を上奏しました。

そして、蔡邕さいようをはじめ多くの大臣が反対する中、霊帝れいていはついに鮮卑せんぴ討伐を決意します。


8月、護烏桓校尉ごうがんこうい夏育かいく高柳こうりゅうから、破鮮卑中郎将はせんぴちゅうろうしょう田晏でんあん雲中うんちゅうから、匈奴中郎将きょうどちゅうろうしょう臧旻ぞうびん鴈門がんもんから、それぞれ1万騎をひきいて二千余里に渡る遠征を開始しました。


夏育、田晏、臧旻の進軍経路

夏育かいく田晏でんあん臧旻ぞうびんの進軍経路


これを受け、鮮卑族せんぴぞく大人たいじん檀石槐だんじゃくえは三部族の大人たいじんに主力を率いて迎撃させると、夏育かいく田晏でんあん臧旻ぞうびんの3将は大敗し、陣に辿たどり着いた時には数十騎となっていました。

3人の将軍は敗戦の罪により捕らえられ、金銭を払って庶民に落とされてしまいました。

遼西太守りょうせいたいしゅ趙苞ちょうほうの忠義

遼西太守りょうせいたいしゅに任命された趙苞ちょうほうは、着任すると母と妻子を任地の遼西郡りょうせいぐんに呼び寄せました。ですが、一行が郡境まで来たその時、遼西郡りょうせいぐんに侵攻してきた1万余りの鮮卑せんぴが襲いかかり、趙苞ちょうほうの母と妻子が捕らえられてしまいます。

趙苞ちょうほうが2万の兵を率いて対峙たいじすると、鮮卑せんぴ趙苞ちょうほうの母を前面に出して趙苞ちょうほうに見せつけました。

趙苞ちょうほうは感情を押し殺して母に言います。

「これからやっと孝行を尽くそうと思っていたところ、母上をわざわいに巻き込んでしまいました。ですが、臣下として母のために主君への忠義を捨てることはできません。」

これに母は毅然きぜんとして答えます。

「これも運命です。私情にらわれず忠義を尽くしなさい!」

趙苞ちょうほうは母の言葉を聞くと即座に号令をかけ、鮮卑せんぴの兵をことごとく打ち破りましたが、趙苞ちょうほうの母も妻子も殺されてしまいました。

霊帝れいていはこの功績に鄃侯ゆこうに封じて報いましたが、趙苞ちょうほうは母の葬儀を終えると、

「俸禄を受ける身で鮮卑せんぴを討たなければ忠義にあらず、母上を殺して忠義をまっとうすれば孝行にあらず。これでは天下に面目が立たぬっ!」

と言って血をいて亡くなりました。


この年は、霊帝れいていが積極的に施策を打ち出しています。蔡邕さいよう諫言かんげんによってその多くは改めることになりましたが、鴻都門こうともん下に集めた人材だけは任用し続けました。

また、鮮卑せんぴを打ち破った趙苞ちょうほうの従弟には中常侍ちゅうじょうじ趙忠ちょうちゅうがおり、趙苞ちょうほうは一族から悪名高い宦官を輩出したことを深く恥じ、趙忠ちょうちゅうと付き合おうとしませんでした。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表