建安けんあん3年(198年)11月、下邳県かひけんを水攻めにされた呂布りょふ曹操そうそうに降伏するまでと、呂布りょふとその配下たちの処遇についてまとめています。

スポンサーリンク

呂布が曹操に降伏する

曹操の呂布討伐戦

建安けんあん3年(198年)、呂布りょふ豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい)の劉備りゅうびを攻撃しました。

これに曹操そうそうは、夏侯惇かこうとんを派遣して劉備りゅうびを救援させますが、沛県はいけん小沛しょうはい)は陥落。

ついにみずか呂布りょふ討伐に出陣した曹操そうそうは、敗走した劉備りゅうびと合流して徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけん呂布りょふを包囲し、荀攸じゅんゆう郭嘉かくかの進言に従って沂水きすい泗水しすいの水を城内にそそぎ込みました。


呂布討伐戦関連地図

呂布りょふ討伐戦関連地図

  • 赤線淮水わいすい
  • 緑線泗水しすい
  • 紫線沂水きすい
関連記事

曹操の呂布討伐戦。曹操が呂布を攻め下邳県を水攻めにする

呂布が曹操に降伏する

以前、呂布りょふの騎将・侯成こうせいは、食客に15頭の馬を飼育させていましたが、食客はそれらの馬を駆り立てて逃走し、沛城はいじょう小沛しょうはい)の劉備りゅうびもとに身を寄せようとしました。

そこで侯成こうせいは、みずから騎兵をひきいて彼の後を追い、盗まれた馬を取り戻して来ます。


侯成こうせいが盗まれた馬を取り戻したことを知ると、諸将はみな贈り物をして侯成こうせいを祝いました。

侯成こうせいはその返礼のため、5、6石の酒を醸造じょうぞうし、狩猟をして10頭余りのいのししを捕まえると、真っ先に呂布りょふの御前にまかり出てひざまずき、いのしし半頭分と5斗の酒を差し出して言いました。


「最近、将軍しょうぐん呂布りょふ)のお陰をもちまして、失った馬を追いかけ取り戻すことができました。諸将がお祝いに来てくれましたので、自分でいささか酒を醸造じょうぞうし、狩りをしていのししを捕まえました。

まだ口には入れておりません。まずほんのお口汚しに献上させていただきます」


すると呂布りょふは、


わしが酒を禁止しているのに、お前は酒を醸造じょうぞうしただと?

諸将と共に飲み食いして兄弟のちぎりを結び、共謀してわしを殺そうというのかっ!?」


と激怒します。

侯成こうせいは恐れおののいて退出し、醸造じょうぞうした酒をて、諸将からの贈り物を返しました。


このようなことがあって諸将が呂布りょふに対して疑心暗鬼になっていたところへ、ちょうど曹操そうそう徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけんを包囲したのでした。


12月、呂布りょふ将軍しょうぐん

  • 侯成こうせい
  • 宋憲そうけん
  • 魏続ぎぞく

らは、陳宮ちんきゅう高順こうじゅんを縛り上げ、配下の兵を引き連れて曹操そうそうに降伏してしまいました。

侯成こうせいらが降ったことを知った呂布りょふが、直属の部下と共に白門楼はくもんろう*1の上に登ってみると、曹操そうそう軍の包囲は一段と厳しくなっています。

観念した呂布りょふは、左右の者に「自分の首をもって曹操そうそうに降伏せよ」と言いましたが、手を下そうとする者はおらず、結局、ろうを下りて曹操そうそうに降伏しました。

脚注

*1下邳城かひじょう下邳県かひけん)の南門のろうのこと。下邳城かひじょう下邳県かひけん)の南門を白門はくもんと呼びます。


スポンサーリンク


降伏した者たちの処遇

徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけんが陥落すると、曹操そうそうは生け捕りにされた者たち全員と顔を合わせて昔のことを語り合いました。

呂布

「これで天下はさだまりましたな…」


曹操そうそうの前に引き出された呂布りょふが声をかけると曹操そうそうは、


「それはどういう意味だ?」


と問いました。すると呂布りょふは、


明公めいこう曹操そうそう)が恐れていたのはこの呂布りょふだけ。その私が今こうして降伏したのです。

もしこの呂布りょふに騎兵をひきいさせ、明公めいこう曹操そうそう)が歩兵をひきいたならば、天下は平定されたも同然です」


と言い、今度は劉備りゅうびの方を向いて、


玄徳げんとく劉備りゅうびあざな)よ、私は捕虜となり、けい(あなた)は今上座にいる。私をしばる縄がきつ過ぎるのだ。一言、私を気にかける言葉をかけてくれても良いのではないか?」


と言います。これを聞いた曹操そうそうは笑いながら、


「虎をしばるのだから、きつくしないわけにはいかなかったのだ」


と言って呂布りょふの縄をゆるめるように命じました。すると劉備りゅうびは、


「いけません。明公めいこう曹操そうそう)は、呂布りょふ丁建陽ていけんよう丁原ていげん)と董太師とうたいし董卓とうたく)に仕えていたことをお忘れですか?」


と言ってこれを制止したので、曹操そうそううなずいて命令を取り消します。

呂布りょふ劉備りゅうびにらみつけ、


大耳児たいじじ劉備りゅうび)が最も信用できんっ!」


と言いました。

豆知識

以上は資治通鑑しじつがんを基にしていますが、呂布りょふ降伏後の曹操そうそう劉備りゅうびとのやり取りには、複数の異なる記録があります。

『魏書』武帝紀

かくして呂布りょふは生け捕りにされた。

呂布りょふが、


「縄目がきつすぎる。少しゆるめてくれ」


と言うと太祖たいそ曹操そうそう)は、


「虎をしばるのだから、きつくしないわけにいくまい」


と言った。呂布りょふが、


「殿(曹操そうそう)が気にされているのは私1人に過ぎないでしょう。今はもう降伏したのですから、天下のことは心配する必要はありますまい。殿(曹操そうそう)が歩兵をひきい、私に騎兵をひきいさせたならば、天下を平定するのはわけのないこと」


と頼み込むと、太祖たいそ曹操そうそう)はためらいの色を見せた。

劉備りゅうびが進み出て、


「殿(曹操そうそう)は呂布りょふ丁建陽ていけんよう丁原ていげん)と董太師とうたいし董卓とうたく)に仕えながら裏切った事実をお忘れか?」


と言うと、太祖たいそ曹操そうそう)はうなずいた。呂布りょふはそこで劉備りゅうびを指して、


「この男こそ一番信用できないのだぞっ!」


と言った。

『英雄記』

呂布りょふ太祖たいそ曹操そうそう)に向かって、


「私は諸将を手厚く待遇しておりましたが、諸将は危機にのぞんでみな私にそむきました」


と言うと、太祖たいそ曹操そうそう)は、


「おぬしは妻を裏切り、諸将の妻を寵愛ちょうあいした。どうして手厚いと言えるのだ」


と答えた。呂布りょふは黙ってしまった。

『献帝春秋』

呂布りょふ太祖たいそ曹操そうそう)に向かって、


「殿はどうしておせになったのか?」


たずねた。太祖たいそ曹操そうそう)が、


「君はどうしてわしを知っているのだ?」


と言うと、呂布りょふは、


「昔、洛陽らくよう雒陽らくよう)にいた頃、温氏おんしの庭園でお目にかかったことがあります」


と答えた。太祖たいそ曹操そうそう)が、


「そうだ。わしは忘れていた。せたのは、もっと早く捕まえられなかったのが残念だからだ」


と言うと、呂布りょふは、


せい桓公かんこうは、(管仲かんちゅうが)こう帯金おびがね)に矢を当てたことを不問に付し(春秋左氏伝しゅんじゅうさしでん僖公きこう二十四年にじゅうよねん)、管仲かんちゅうを大臣にしました。今、私に手足(臣下)として力を尽くさせ、殿の先駆けとされてはいかがか」


と言った。呂布りょふは縄目がきつかったので、劉備りゅうびに対し、


玄徳げんとく劉備りゅうびあざな)よ、あなたは賓客ひんかくだし、わしは捕虜だ。ちょっと一言ひとこと言ってゆるめてはもらえまいか」


と言ったところ、太祖たいそ曹操そうそう)は笑いながら、


「どうしてこちらに話しかけずに玄徳げんとく劉備りゅうびあざな)殿に訴えるのだ?」


と言い、内心呂布りょふを生かしておきたいと思い、縄目をゆるめるよう命じた。

すると主簿しゅぼ王必おうひつが走り出てきて、


呂布りょふ手強てごわい奴です。彼の軍勢がすぐ外にいるのですから、ゆるめてはなりません」


と言った。太祖たいそ曹操そうそう)は言った。


わしは本当はゆるくしてやりたいのだが、主簿しゅぼ王必おうひつ)が許さないのだ。どうしようもないな」

陳宮

曹操そうそう陳宮ちんきゅうに言いました。


公台こうだい陳宮ちんきゅうあざな)よ、君は常々あり余る知謀の持ち主と自認していたのに、今は一体どうなったのだね?」


すると陳宮ちんきゅうは、振り返って呂布りょふを指して言いました。


「この男が、わしの言うことを聞かなかったためにこんなことになったのだ。もし言うことを聞いていたなら、必ずしも生け捕りになるとは限らなかったものを」


曹操そうそうが笑いながら、


「今日の事態をどうするつもりかな?」


と言うと、陳宮ちんきゅうは、


「臣下としては不忠者であり、子供としては親不孝者だったのだから、殺されるのは自業自得だ」


と答えます。そして曹操そうそうが、


「君はそれで良いだろうが、君の年老いた母親をどうするつもりか?」


と問うと、陳宮ちんきゅうは、


「私は『孝』の倫理をもって天下を治める者は人の親を害さない、と聞いています。

老母の生命は殿(曹操そうそう)の心にかかっています」


と言いました。曹操そうそうがまた、


「君の妻子はどうするのか?」


と問うと、陳宮ちんきゅうは、


「私は『仁』による政治を天下に行う者は、人の祭祀さいしを断絶しない、と聞いております。妻子の生命は殿(曹操そうそう)の心にかかっています」


と言いました。

そして、曹操そうそうがそれ以上口を開かないうちに、陳宮ちんきゅうは、


「どうか早く表で処刑して、軍法を明らかにしていただきたい」


と言い、そのまま表へ走り出て行き、引き止めることができませんでした。曹操そうそうは涙ながらにこれを見送りましたが、陳宮ちんきゅうは振り返ろうともしませんでした。

呂布・陳宮・高順の処刑

結果、呂布りょふ陳宮ちんきゅう高順こうじゅんの3人は縊殺いさつ(首をしめて殺すこと)され、共にさらし首にされて豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけんに送られ、その後埋葬されました。

豆知識

曹操そうそう陳宮ちんきゅうの母をし寄せて死ぬまで世話をし、彼の娘をとつがせるなど、陳宮ちんきゅうの家族全員を、以前にも増して手厚く処遇しました。


スポンサーリンク


その他の者たちの処遇

陳紀・陳羣・袁渙

呂布りょふの軍中に、かつての尚書令しょうしょれい陳紀ちんきと、その子・陳羣ちんぐんがいました。曹操そうそうは2人を礼遇して配下に加えました。

この時、陳紀ちんき陳羣ちんぐん曹操そうそうに会うと平伏しましたが、袁渙えんかんだけは対等の挨拶あいさつをして「敗者の礼」を取りませんでした。

豆知識

曹操そうそうは人々にそれぞれ数代の公用車を支給し、呂布りょふの軍中にあった物資を思いのままに取らせました。この時、人々はみな車一杯に積み込みましたが、袁渙えんかんだけは書籍数百巻を取り、後は兵糧の助けとします。

このことがあってから曹操そうそうは、そんな袁渙えんかんに対してつつしみ深い態度で応対し、彼を尊重するようになりました。

張遼

処刑された高順こうじゅんと共に劉備りゅうびを攻めた張遼ちょうりょうは、配下の軍勢をひきいて曹操そうそうに投降し、中郎将ちゅうろうしょうに任命されました。

臧覇・呉敦・尹礼・孫観・孫康

呂布りょふに味方した徐州じょしゅう*2の独立勢力・臧覇ぞうはは、呂布りょふが捕らえられると、逃亡して身を隠していました。

曹操そうそうは懸賞金を出して彼を捕らえましたが、会ってみると彼をとても気に入り、臧覇ぞうはに命じて、

  • 呉敦ごとん
  • 尹礼いんれい尹禮いんれい
  • 孫観そんかん
  • 孫観そんかんの兄・孫康そんこう

らをまねかせると、彼らはみな曹操そうそうに投降しました。


また曹操そうそうは、徐州じょしゅう琅邪国ろうやこく東海郡とうかいぐんを分割して、

  • 城陽郡じょうようぐん
  • 利城郡りじょうぐん
  • 昌慮郡しょうりょぐん

の3郡を設置すると、次のようにみな守相しゅしょうに任命し、青州せいしゅうの一部と徐州じょしゅう北部を臧覇ぞうはに委任しました。

  • 琅邪相ろうやしょう臧覇ぞうは
  • 利城太守りじょうたいしゅ呉敦ごとん
  • 兗州えんしゅう東莞太守とうかんたいしゅ尹礼いんれい尹禮いんれい
  • 青州せいしゅう北海太守ほっかいたいしゅ孫観そんかん
  • 城陽太守じょうようたいしゅ孫康そんこう
  • 昌慮太守しょうりょたいしゅ:不明
脚注

*2資治通鑑しじつがんには「兗州えんしゅう泰山郡たいざんぐん屯帥とんすい臧覇ぞうは」とありますが、魏書ぎしょ臧覇伝ぞうはでんには、臧覇ぞうはは「徐州じょしゅう琅邪国ろうやこく開陽県かいようけんに駐屯した」とあります。

徐翕・毛暉

曹操そうそうは以前、徐翕じょきゅう毛暉もうき将軍しょうぐんとして任用していましたが、兗州えんしゅうが乱れた時、2人は曹操そうそうに反逆し、のち兗州えんしゅうが平定されると、亡命して臧覇ぞうはを頼っていました。


曹操そうそうはこのことを劉備りゅうびに話して、臧覇ぞうはに2人の首を送り届けるように伝えさせます。

ですが臧覇ぞうはは、劉備りゅうびに次のように言ってそれを断りました。


「私がこうして独立していられる理由は、そのような(信頼を裏切る)ことをしないからです。

私は曹公そうこう曹操そうそう)より生命保全の恩を受けておりまして、命令にそむく勇気はございません。

しかしながら、王者・覇者となられる君主には道義をべても良いとか。どうか将軍しょうぐん劉備りゅうび)には、彼らのために弁明していただくことを望みます」


劉備りゅうびがこの臧覇ぞうはの言葉を曹操そうそうに語って聞かせると、曹操そうそうはため息をついて、臧覇ぞうはに、


「これ(頼って来た者をかばうこと)は古人(いにしえの賢人)の行ったことだが、君(臧覇ぞうは)がそれを行ったことは、わしの願望でもあった」


と言い、徐翕じょきゅう毛暉もうきの両名を郡守ぐんしゅ太守たいしゅ)に任命しました。

畢諶

曹操そうそう兗州牧えんしゅうぼくになった時、兗州えんしゅう東平国とうへいこく出身の畢諶ひつしん別駕従事べつがじゅうじに任命しました。

その後、曹操そうそうの留守を狙って呂布りょふ張邈ちょうばくらが反乱を起こすと、張邈ちょうばく畢諶ひつしんの母・弟・妻子を人質に取って脅迫します。

すると曹操そうそうは、畢諶ひつしんに君臣の関係を断って家族の元に行くことを許しました。

これに畢諶ひつしんは、額突ぬかずいて「二心がないこと」を誓ったので、曹操そうそうは涙を流して彼をたたえましたが、結局畢諶ひつしんは退出した後、故郷に逃げ帰ってしまいます。


生け捕りにされた畢諶ひつしんが引き出されてくると、人々は畢諶ひつしんがどのような処分を受けるのか心配していましたが、曹操そうそうは、


「親に孝行な者に、主君に忠義でない者があろうか。わしの必要とする者じゃ」


と言って、彼を魯相ろしょう豫州よしゅう予州よしゅう)・魯国ろこく太守たいしゅ]に任命しました。

関連記事

第二次徐州侵攻と兗州の反乱。陳宮はなぜ反乱を起こしたのか

陳登・劉備

陳登ちんとう

広陵太守こうりょうたいしゅ陳登ちんとうは、曹操そうそうに内応した功績によって伏波将軍ふくはしょうぐんを加えられました。

劉備りゅうび

劉備りゅうび呂布りょふに捕らえられていた妻子を取り戻し、曹操そうそうに従って豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけんに帰還します。

また、曹操そうそうは上表して劉備りゅうび左将軍さしょうぐんに任命すると、劉備りゅうびに対する扱いをますます丁重にし、外出する時には同じ輿こしに乗り、座る時には席を同じくするようになりました。

豆知識

秦宜禄の妻

蜀書しょくしょ関羽伝かんうでんが注に引く蜀記しょくきには、次のようなエピソードが記載されています。


曹公そうこう曹操そうそう)が劉備りゅうびと共に下邳県かひけんにいる呂布りょふを包囲した時、関羽かんう曹公そうこう曹操そうそう)に言上した。


呂布りょふ秦宜禄しんぎろくを使者として援助を求めに行かせております。私は彼(秦宜禄しんぎろく)の妻をめとりたいと存じます*3


曹公そうこう曹操そうそう)はこれを許可した。

呂布りょふが敗れた際に、関羽かんうはまた何度も曹公そうこう曹操そうそう)に言上した。

曹公そうこう曹操そうそう)は秦宜禄しんぎろくの妻がきっと美人だろうと思い、先に使者を送って迎え入れ、その顔を見ると、そのまま彼女を手許てもとに置いたので、関羽かんうの心は落ち着かなかった」

脚注

*3秦宜禄しんぎろく袁術えんじゅつの所へ行き、袁術えんじゅつよりかん宗室そうしつの娘を与えられました。この時、秦宜禄しんぎろくの前妻の杜氏とし下邳県かひけんとどまっていたので、関羽かんうは彼女を求めたのだと言われています。

関連記事

曹操の呂布討伐戦。曹操が呂布を攻め下邳県を水攻めにする


建安けんあん3年(198年)11月、曹操そうそう呂布りょふが立てもる下邳県かひけんを水攻めにすると、呂布りょふ配下の侯成こうせいらが陳宮ちんきゅう高順こうじゅんを縛り上げ、配下の兵を引き連れて曹操そうそうに降伏してしまいました。

ついに観念した呂布りょふ曹操そうそうに降伏し、曹操そうそうに仕えることを申し出ますが、劉備りゅうびの反対もあって受け入れられず、処刑されてしまいました。

また一方で曹操そうそうは、張遼ちょうりょうをはじめとする呂布りょふの配下を陣営に加え、呂布りょふに味方した徐州じょしゅうの独立勢力・臧覇ぞうはらの所領を安堵あんどして徐州じょしゅう北部の統治を任せました。