184年【漢:光和こうわ7年・中平ちゅうへい元年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

184年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉宏りゅうこう霊帝れいてい
皇太后 董太后とうたいごう孝仁董皇后こうじんとうこうごう
皇后 何皇后かこうごう霊思何皇后れいしかこうごう

朝廷

官職 人物
司徒しと 袁隗えんかい
司空しくう 張済ちょうせい張温ちょうおん
太尉たいい 楊賜ようし鄧盛とうせい
大司農だいしのう 張温ちょうおん(〜4月)
太僕たいぼく 鄧盛とうせい(〜4月)
諫議大夫かんぎたいふ 劉猛りゅうもう
侍御史じぎょし 桓典かんてん
侍中じちゅう 向栩しょうく張鈞ちょうきん(〜4月)
議郎ぎろう 曹操そうそう
大将軍だいしょうぐん 何進かしん
左車騎将軍さしゃきしょうぐん 皇甫嵩こうほすう(10月〜)
北中郎将ほくちゅうろうしょう 盧植ろしょく
左中郎将さちゅうろうしょう 皇甫嵩こうほすう(〜10月)
右中郎将ゆうちゅうろうしょう 朱儁しゅしゅん
東中郎将とうちゅうろうしょう 董卓とうたく
五官中郎将ごかんちゅうろうしょう 董重とうちょう

地方官

官職 人物
河南尹かなんいん 徐灌じょかん(〜7月)
幽州刺史ゆうしゅうしし 郭勳かくくん(〜4月)
交阯刺史こうししし 賈琮かそう
広陽太守こうようたいしゅ 劉衛りゅうえい(〜4月)
玄菟太守げんとたいしゅ 公孫域こうそんいき
南陽太守なんようたいしゅ 褚貢ちょこう秦頡しんけつ
汝南太守じょなんたいしゅ 趙謙ちょうけん
丹陽太守たんようたいしゅ 陳夤ちんいん
巴郡太守えきしゅうたいしゅ 曹謙そうけん
益州太守えきしゅうたいしゅ 李顒りぎょう
鬱林太守うつりんたいしゅ 谷永こくえい
合浦太守がっぽたいしゅ 来達らいたつ(〜6月)

スポンサーリンク


184年の主な出来事

出来事

太平道たいへいどうの教祖・張角ちょうかくの弟子・唐周とうしゅうが朝廷に反乱計画を密告する。

洛陽らくように潜伏していた馬元義ばげんぎが捕らえられ、処刑される。

2月

張角ちょうかくが各地で一斉に反乱を起こす。(黄巾の乱

3月

何進かしん大将軍だいしょうぐんに任命され、洛陽らくよう周辺の守備に当たる。

・天下に大赦たいしゃする。

党錮とうこの禁を解く。

盧植ろしょく皇甫嵩こうほすう朱儁しゅしゅんに黄巾賊の討伐を命じる。

南陽郡なんようぐんで蜂起した張曼成ちょうまんせいが、太守たいしゅ褚貢ちょこうを斬る。

4月

太尉たいい楊賜ようし罷免ひめんされ、太僕たいぼく鄧盛とうせい太尉たいいに任命される。

司空しくう張済ちょうせい罷免ひめんされ、大司農だいしのう張温ちょうおん司空しくうに任命される。

朱儁しゅしゅんが黄巾賊の波才はさいに敗れる。

侍中じちゅう向栩しょうく郎中ろうちゅう張鈞ちょうきんが宦官を批判し、獄に下されて処刑される。

汝南郡じょなんぐんの黄巾賊が邵陵県しょうりょうけん太守たいしゅ趙謙ちょうけんに敗れる。

広陽郡こうようぐんの黄巾賊が幽州刺史ゆうしゅうしし郭勳かくくん広陽太守こうようたいしゅ劉衛りゅうえいを殺害する。

5月

皇甫嵩こうほすう朱儁しゅしゅん長社県ちょうしゃけん波才はさいを破る。

6月

南陽太守なんようたいしゅ秦頡しんけつ張曼成ちょうまんせいを斬る。

合浦郡がっぽぐんで反乱が起こり、刺史しし太守たいしゅ来達らいたつを捕らえ、柱天将軍ちゅうてんしょうぐんを自称する。

賈琮かそう交阯刺史こうしししに任命され、反乱を平定する。

皇甫嵩こうほすう朱儁しゅしゅん汝南郡じょなんぐんの黄巾賊を破る。

盧植ろしょく広宗県こうそうけん張角ちょうかくを包囲する。

盧植ろしょくが罪に問われ、董卓とうたくが後任となる。

洛陽らくようの女性が両頭四臂りょうとうしひの子を生む。

7月

益州えきしゅう巴郡はぐん五斗米道ごとべいどう張脩ちょうしゅうが反乱を起こす。

河南尹かなんいん徐灌じょかんが獄に下されて処刑される。

8月

皇甫嵩こうほすう蒼亭そうていで黄巾賊の卜己ぼくきを捕らえる。

皇甫嵩こうほすう張角ちょうかく討伐に向かわせる。

9月

安平王あんぺいおう劉続りゅうぞくが罪あって処刑され、国が廃される。

10月

皇甫嵩こうほすう広宗県こうそうけん張角ちょうかくの弟・張梁ちょうりょうを斬る。

張角ちょうかくが死んでいたため、墓をあばいて洛陽らくように首を送る。

皇甫嵩こうほすう左車騎将軍さしゃきしょうぐんに任命される。

11月

皇甫嵩こうほすう下曲陽県かきょくようけん張角ちょうかくの弟・張宝ちょうほうを斬る。

湟中義従胡こうちゅうぎじゅうこ北宮伯玉ほっきゅうはくぎょく先零羌せんれいきょうと共に反乱を起こす。

朱儁しゅしゅん宛城えんじょうを攻略し、黄巾賊の孫夏そんかを斬る。(黄巾の乱の鎮圧

12月

・天下に大赦たいしゃする。

・「中平ちゅうへい」と改元する。

下邳王かひおう劉意りゅういが亡くなり、国が廃される。

・郡国に龍蛇鳥獣の形をした異草が生えた。

不明

綿竹県めんちくけんで黄巾を称する馬相ばしょう趙祗ちょうしらが反乱を起こす。

豫州刺史よしゅうしし王允おういんが獄に下される。


スポンサーリンク


184年の群雄勢力図

184年の群雄勢力図

凡例

184年の群雄勢力図

184年の情勢

184年の時点では、漢の領内にまだ独立勢力はありません。

特記事項

黄巾の乱の蜂起

建寧けんねい年間(168~171年)に冀州きしゅう鉅鹿郡きょろくぐん張角ちょうかくによって組織された太平道たいへいどうは着々とその信者を増やしていました。

そして、張角ちょうかくひそかに中常侍ちゅうじょうじ封諝ほうしょ徐奉じょほうらの内応を取り付け、3月5日を決起の日と定めて、漢への反乱の計画を進めていました。


春、弟子の唐周とうしゅうの密告によって反乱計画が露見すると、朝廷は洛陽らくように潜伏していた馬元義ばげんぎと、張角ちょうかくを信奉する官吏・民衆合わせて1,000人余りを探し出して処刑します。

2月、張角ちょうかく洛陽らくようの内外から蜂起する計画をあきらめ、みずからは天公将軍てんこうしょうぐん、弟の張宝ちょうほう張梁ちょうりょうはそれぞれ地公将軍ちこうしょうぐん人公将軍じんこうしょうぐんを称して、各地で信徒を蜂起させました。

信徒たちはみな、黄色い頭巾を身につけていたことから、この反乱を黄巾の乱と言います。


黄巾賊に攻撃を受けた郡県の太守たいしゅ県令けんれいの中には、戦わずに逃げる者や賊に応じる者も出て、安平王あんぺいおう劉続りゅうぞく甘陵王かんりょうおう劉忠りゅうちゅうなどは、黄巾賊に呼応した者たちに捕縛されてしまうような有り様でした。


この記事では、この年に起こった朝廷の出来事を中心にお話しします。黄巾の乱討伐の経緯についてはこちらをご覧ください。

正史における黄巾の乱を時系列で確認。劉備はどこで何してた?

党錮とうこの禁の解除

黄巾賊の蜂起を受けて霊帝れいていが意見を求めると、北地太守ほくちたいしゅ皇甫嵩こうほすう中常侍ちゅうじょうじ呂強りょきょうがこれに答えました。

皇甫嵩

党人とうじん禁錮きんこき、霊帝れいていが貯め込んでいる私銭と西園の良馬を軍に供出するべきです。

呂強

党錮とうこの禁によって禁錮きんこに服しているものは、みな朝廷を恨んでいます。もし今党人とうじんを許さなければ、彼らは張角ちょうかくと共謀し、反乱の鎮圧は難しくなるでしょう。その時に後悔しても取り返しがつきません。

まず、各地の貪官汚吏たんかんおりを粛清し、党人とうじんゆるし、能力に応じて刺史しし二千石にせんせき太守たいしゅ)に任命すれば、必ずや賊を平定することができるでしょう」


3月、霊帝れいていは天下に大赦たいしゃして党錮とうこの禁を解き、皇甫嵩こうほすうの進言に従って私銭と西園の良馬を軍に供出しました。

討伐軍の編成

黄巾賊の蜂起を受け、朝廷は討伐軍を編成します。

  • 大将軍だいしょうぐん何進かしん洛陽らくよう周辺の守備
  • 北中郎将ほくちゅうろうしょう盧植ろしょく河北かほく方面
  • 左中郎将さちゅうろうしょう皇甫嵩こうほすう潁川えいせん方面
  • 右中郎将ゆうちゅうろうしょう朱儁しゅしゅん潁川えいせん方面

宦官たちの危機

当時、中常侍ちゅうじょうじ趙忠ちょうちゅう張讓ちょうじょう夏惲かうん郭勝かくしょう段珪だんけい宋典そうてんらはみな封侯され、霊帝れいていの寵愛を受けており、特に張讓ちょうじょう趙忠ちょうちゅうに対しては、張讓ちょうじょうを父、趙忠ちょうちゅうを母と言うほど絶大な信頼を寄せていました。

当然、黄巾の乱という大規模な反乱の責任を問われる立場にいることになります。この危機に際し、彼らはどのように対処したのでしょうか?

贅沢を隠す

ある時、霊帝れいてい永安宮えいあんきゅう候台こうだい物見櫓ものみやぐら)に登りたいと言い出します。

中常侍ちゅうじょうじたちは霊帝れいていの寵愛を良いことに、天子の宮殿に匹敵するような豪邸を建てていました。もし霊帝れいてい候台こうだいに登れば、彼らの贅沢な生活に気づかれてしまいます。

中大人ちゅうたいじん尚但しょうたんあわてて言いました。

「天子は高い所に登ってはいけません。民が離散すると言います」

霊帝れいていはこの言葉に従って候台こうだいに登らなかったので、中常侍ちゅうじょうじたちの豪邸に気づくことはありませんでした。


尚但しょうたん春秋潛潭巴しゅんじゅうせんたんはの「天子が高い建物を建てると(民衆の負担が増えて)離反する」という言葉を曲解して、霊帝れいてい候台こうだいに登るのを阻止したのです。

縁者を解任する

中常侍ちゅうじょうじ封諝ほうしょ徐奉じょほうらが張角ちょうかくに内通していたことが明らかになると、霊帝れいてい中常侍ちゅうじょうじたちを問い詰めます。

「お前たちはこれまで党人とうじん弾劾だんがいし、禁錮きんこや処刑を勧めてきた。今、その党人とうじんたちは国のために尽力しているのに、まさかお前たちが張角ちょうかくと通じていたとはっ!誅殺されるべきは、お前たちの方ではないのか!?」

霊帝れいていの問いに、宦官たちは頭を地面に打ち付けて謝罪します。

「それらはすべて王甫おうほ侯覧こうらんがしたことですっ!」

これ以降、中常侍ちゅうじょうじたちは各地で官職に就いている親族や子弟たちを解任して、越権行為を控えるようになりました。

反対派の粛清

中常侍・呂強の誅殺

中常侍ちゅうじょうじ趙忠ちょうちゅう夏惲かうんらは「呂強りょきょう兄弟は貪欲どんよくで、党人とうじんくみして政治を批判し、皇帝の廃立を考えています」と、同じ中常侍ちゅうじょうじ呂強りょきょう讒言ざんげんします。

これを聞いた、霊帝れいてい中黄門ちゅうこうもんに兵を与えて呂強りょきょうを呼びつけました。

呂強りょきょうはこれを知ると、「大丈夫が国に忠誠を尽くしているのに、獄吏ごくりを差し向けるのか!」と憤慨ふんがいし、みずから命を絶ってしまいました。

趙忠ちょうちゅう夏惲かうんは、「呂強りょきょうはまだ何も問われていないのに自害しました。たくらみがあったことの証拠です」と言い、呂強りょきょうの親族は逮捕され、財産は没収されました。

侍中・向栩の誅殺

宦官たちを厳しく非難した侍中じちゅう向栩しょうくは、中常侍ちゅうじょうじ張讓ちょうじょう讒言ざんげんされ、「向栩しょうく張角ちょうかくに内応している」として、黄門北寺獄に送られ処刑されました。

郎中・張鈞の誅殺

郎中ろうちゅう張鈞ちょうきんは上奏します。

張角ちょうかくの反乱を民衆が支持しているのは、州郡に派遣された十常侍じゅうじょうじの父兄や子弟、縁者たちが暴利をむさぼって民衆を苦しめていたからです。十常侍じゅうじょうじの首をさらし、天下に謝罪すれば、おのずと反乱は治まるでしょう」


霊帝れいてい中常侍ちゅうじょうじたちに張鈞ちょうきんの上奏文を見せると、十常侍じゅうじょうじたちはかんむりを脱いで裸足はだしになり、ひたいを地面に打ちつけながら「私たちを洛陽らくようの監獄に入れてください。また、私たちの財産は軍費に充ててください」と懇願こんがんします。

これを見た霊帝れいていはみごとにだまされ、「狂っているのは張鈞ちょうきんだっ!十常侍じゅうじょうじたちはみな善人ではないかっ!」と怒りをあらわにし、「張鈞ちょうきんは太平道を学んでいた」として、獄に下して処刑してしまいました。

太尉・楊賜の罷免

霊帝れいてい太尉たいい楊賜ようしに黄巾の乱についてたずねると、楊賜ようしびることなく率直に答えました。これに腹を立てた霊帝れいていは、黄巾の乱勃発の責任を問うて楊賜ようし罷免ひめんしてしまいます。

ですが、霊帝れいていが過去の上奏文を見返してみると、楊賜ようし劉陶りゅうとうは、以前から張角ちょうかくに警戒するように警告しているではありませんか。

霊帝れいてい楊賜ようし臨晋侯りんしんこうに、劉陶りゅうとう中陵郷侯ちゅうりょうごうこうに封じて、彼らの功績に報いました。

傅燮の上奏

朱儁しゅしゅんは黄巾賊相手に勝利を重ね、朱儁しゅしゅんもと護軍司馬ごぐんしばを務めている傅燮ふしょうが上奏します。

「官軍は潁川えいせんから連勝を重ねており、もはや賊の心配をする必要はありません。ですが、わざわいは外ではなく内にあります。二度とこのような反乱が起こらないように宦官どもを誅殺し、善人を登用しなければいけません」


のち傅燮ふしょうは黄巾の乱討伐の功績により、こうに封じられることになりますが、この時先の上奏を知っていた中常侍ちゅうじょうじ趙忠ちょうちゅうは、傅燮ふしょう讒言ざんげんして罪におとしいれようとします。

霊帝れいてい趙忠ちょうちゅう讒言ざんげん退しりぞけ、傅燮ふしょうを罪に問うことはしませんでしたが、同時に、こうに封じることも取りやめました。

合浦郡がっぽぐんの反乱

交阯刺史部こうしししぶめずらしい財宝を産出するため、歴代の刺史ししたちは不正を行って私腹を肥やしていました。

6月、地元交阯刺史部こうしししぶの官吏・民衆は朝廷から派遣された刺史しし太守たいしゅに対して反乱を起こし、交趾刺史こうししし合浦太守がっぽたいしゅ来達らいたつを捕え、指導者はみずか柱天将軍ちゅうてんしょうぐんを名乗ります。


そして、新たに交趾刺史こうしししに任命された賈琮かそうは、まず反乱の原因を調査し、反乱の原因が重税による民衆の困窮にあることをつきとめます。

賈琮かそうは清廉な人物を選んで太守たいしゅ県令けんれいに任命し、反乱の指導者を処刑することを条件に逃亡した民衆を呼び戻し、賦役ふえきを免除することを約束したため、ほどなくして反乱は終息しました。

益州えきしゅうで賊が蜂起

巴郡で五斗米道・張脩が反乱

7月、漢中かんちゅうを拠点とする五斗米道ごとべいどう張脩ちょうしゅう巴郡はぐんで反乱を起こし、郡県を攻め落とします。

綿竹県で黄巾・馬相が蜂起

綿竹県めんちくけんで黄巾を称する馬相ばしょう趙祗ちょうしらが蜂起します。

関連記事

益州の反乱「馬相の乱」、入蜀した劉焉の野望と五斗米道

安平王あんぺいおう劉続りゅうぞくの処刑

冀州きしゅう安平国あんぺいこくでは、安平王あんぺいおう劉続りゅうぞくが黄巾賊に呼応した者たちに捕らえられ、多額の身代金を払って釈放されていました。

そして、劉続りゅうぞく安平王あんぺいおうに復されようとした時、議郎ぎろう李燮りしょうが上奏します。

劉続りゅうぞくは国を守れず、朝廷を辱めました。国を廃するべきです」

ですが、朝廷は李燮りしょうの助言を聞かず、逆に皇族を誹謗中傷したとして、李燮りしょう罷免ひめんして左校さこうに送ってしまいました。


9月、劉続りゅうぞくが大逆不動の罪によって処刑されると、李燮りしょう議郎ぎろうに復帰しました。


左校さこうとは、宗廟そうびょう正殿せいでん陵園りょうえんなどの土木工事をつかさど将作大匠しょうさくたいしょうの下に置かれた、強制労働をさせる機関のことです。

北地郡ほくちぐん先零羌せんれいきょうが反乱

11月、涼州りょうしゅう北地郡ほくちぐん先零羌せんれいきょう羌族きょうぞくの1部族)と湟中義従胡こうちゅうぎじゅうこ*1北宮伯玉ほっきゅうはくぎょく李文侯りぶんこうが、枹罕県ふかんけん河関県かかんけんの盗賊・宋建そうけん王国おうこくと共に反乱を起こし、護羌校尉ごきょうこうい伶徴れいちょうを殺してしまいした。

関連記事

黄巾の乱の影に隠れて目立たない涼州の反乱「辺章・韓遂の乱」とは

豫州刺史よしゅうしし王允おういんが投獄される

黄巾賊を打ち破った豫州刺史よしゅうしし王允おういんは、黄巾賊から押収した物資の中に中常侍ちゅうじょうじ張讓ちょうじょう賓客ひんきゃくが黄巾賊に送った密書を発見しました。

王允おういんはこれを証拠に、「張讓ちょうじょうが黄巾賊に内通している」と朝廷に上奏します。

王允おういんの上奏文を見た霊帝れいてい張讓ちょうじょうを問いつめますが、張讓ちょうじょうひたいを地面に打ちつけて陳謝したため、霊帝れいていはそれ以上追求しませんでした。


これを恨みに思った張讓ちょうじょうは、王允おういんの罪を探して獄に下します。そして、一度は大赦たいしゃによって豫州刺史よしゅうししに復帰した王允おういんですが、またすぐに罪を着せられて捕らえられてしまいました。

これに楊賜ようしは、王允おういんほどの人物が2度も囚人の辱めを受けるのが忍びなく思い、人を送ってこう伝えました。

「あなたは張讓ちょうじょうの企みによって、一月ひとつきに2度も囚人の辱めを受けました。この上は、身のしょし方をよくお考えください」

つまりこれは、「張讓ちょうじょうによって処刑される不名誉をこうむるより、自害して名誉を保ってください」ということです。

王允おういんの部下たちもまた、涙を流して毒の入ったさかずきを指し出します。

王允おういんは、「臣下として主君から罪を得たならば、処刑されて天下に謝罪するべきである。決して自害などするべきではない!」と言ってさかずきを投げ捨て、みずから檻車に乗り込みました。

その後、何進かしん楊賜ようし袁隗えんかいと共に助命を訴えたので、王允おういんは死罪をまぬかれることができました。


この年、ついに中国大陸をるがす大規模な農民反乱である「黄巾の乱」が勃発します。

つい黄巾賊の討伐にばかり目を奪われてしまいがちですが、朝廷では、宦官たちと清流派官僚たちの戦いが繰り広げられていました。

皇甫嵩こうほすう朱儁しゅしゅんらの活躍により反乱は約10ヶ月で鎮圧されましたが、漢王朝の支配力の低下が露見することとなり、以降反乱が続発するようになります。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表