建安けんあん7年(202年)9月〜翌年3月にかけて曹操そうそう袁尚えんしょう袁譚えんたんが戦った「黎陽れいようの戦い」と、同時期に鍾繇しょうよう馬超ばちょう郭援かくえん袁尚えんしょう呼廚泉こちゅうせんが戦った「河東郡かとうぐんの攻防」についてまとめています。

スポンサーリンク

袁紹の死

袁紹の死

建安けんあん7年(202年)夏5月、袁紹えんしょうは「官渡かんとの戦い」で敗れてからのちやまいを発して血をき、亡くなってしまいます。

袁紹えんしょうの死後、袁紹えんしょう陣営ではその後継者をめぐって、長男・袁譚えんたん派と3男・袁尚えんしょう派に分かれて対立するようになりました。

曹操の出陣

一方曹操そうそうは、故郷の豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく譙県しょうけんに駐留して、先人と恩人である橋玄きょうげんを祭り、その後で官渡かんとに軍を進めます。

関連記事

スポンサーリンク


黎陽の戦い

袁譚と袁尚の不和

曹操そうそうが北伐の姿勢を見せると、袁譚えんたん冀州きしゅう魏郡ぎぐん黎陽県れいようけんに陣を置きましたが、袁尚えんしょうは監視役として逢紀ほうきをつき従わせました。

また、袁尚えんしょう袁譚えんたんに少数の軍勢しか与えなかったので、袁譚えんたんは増兵を要求しますが、袁尚えんしょう審配しんぱいらと相談して応じませんでした。これに立腹した袁譚えんたんは、逢紀ほうきを殺害してしまいます。

黎陽の戦い

秋9月、曹操そうそう黄河こうがを渡って袁譚えんたんへの攻撃を開始。袁譚えんたん袁尚えんしょうに危急を告げました。

この時袁尚えんしょうは「軍勢を分けて袁譚えんたんに増兵しよう」と思いましたが、袁譚えんたんがその軍勢を奪い取ってしまうことを恐れ、審配しんぱい冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんを守らせて、みずから兵をひきいて袁譚えんたんの救援に向かいます。


黎陽の戦い

黎陽れいようの戦い


曹操そうそう軍と袁尚えんしょう袁譚えんたん軍は、黎陽県れいようけんの城下で対峙して9月から翌年3月に至るまでいくさを重ねますが、敗北した袁尚えんしょう袁譚えんたん黎陽県れいようけん籠城ろうじょうし、曹操そうそう軍に包囲される前に、夜陰にまぎれて逃亡しました。

曹操そうそうはこれを鄴県ぎょうけんまで追撃してその麦を奪取。さらに冀州きしゅう魏郡ぎぐん陰安邑いんあんゆうを陥落させると、軍を引いて豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけんに帰還しました。

李典りてん程昱ていいく

曹操そうそう黎陽県れいようけん袁尚えんしょう袁譚えんたんを攻撃した時、裨将軍ひしょうぐん李典りてんに命じて程昱ていいくらと共に船で兵糧を輸送させましたが、この時袁尚えんしょうは、魏郡太守ぎぐんたいしゅ高蕃こうばんに兵を引き連れて黄河こうがほとりに駐屯することを命じ、水路を断ち切らせます。

そこで曹操そうそう李典りてん程昱ていいくに、


「もし船が通れないのならば、船から降りて陸路を通れ」


と命じましたが、李典りてんは諸将と相談して言いました。


高蕃こうばんの軍は鎧武者よろいむしゃが少ない上に、水をたのんで気持ちがだらけている。奴らを攻撃すれば間違いなく勝つ。

軍隊は内部(朝廷)から統御されない。いやしくも国家に利益があるならば、専断することも許される。速やかに奴らを攻撃すべきだ」


程昱ていいくもこれに賛成し、かくして黄河こうがを北に渡って高蕃こうばんを攻撃。これを撃ち破ったので、水路を確保することができました。


スポンサーリンク


河東郡の攻防

郭援の河東郡攻撃

絳邑県こうゆうけんの降伏

曹操そうそう軍と袁尚えんしょう袁譚えんたん軍が対峙している頃、袁尚えんしょうが(勝手に)任命した河東太守かとうたいしゅ郭援かくえん司隷しれい河東郡かとうぐんに侵攻し、郭援かくえん軍の通り道に当たる城やまちはすべて降伏しましたが、絳邑県こうゆうけん県長けんちょう代行の賈逵かきは降伏せずに城を固守していました。


河東郡(かとうぐん)の場所

河東郡かとうぐんの場所

河東郡の関連地図

河東郡かとうぐんの関連地図

赤線汾水ふんすい


郭援かくえんはこれを陥落かんらくさせることができず、匈奴きょうど南単于みなみぜんう(部族長)・呼廚泉こちゅうせんを呼び、両軍を合わせて激しく攻撃します。

城が陥落かんらく寸前となると、絳邑県こうゆうけんの長老たちは郭援かくえんに「賈逵かきを殺害しない」という約束を取りつけて降伏。賈逵かきの名声を聞いた郭援かくえんは彼を将軍しょうぐんにしたいと思い、武器を突きつけて脅迫しますが、賈逵かきは一切動じません。

そこで郭援かくえんの側近の者が賈逵かきを引っ張って叩頭こうとうさせると、賈逵かきは、


「国家の長吏ちょうりぞく叩頭こうとうする者がどこにあるかっ!

おう府君ふくん河東太守かとうたいしゅ王邑おうゆう)が郡を治められて何年もっているのだ。お前は一体何をしようというのかっ!」


と彼らを怒鳴りつけたので、郭援かくえんは腹を立てて彼を斬ろうとしました。ですが、絳邑県こうゆうけんの官吏・住民がみな壁の上に登って、


「約束にそむいて我が賢君とのを殺すならば、いっそ一緒に死ぬだけだっ!」


と叫ぶのを見た側近の者たちが彼の助命じょめい嘆願たんがんをしたので、郭援かくえんも思いとどまりました。

豆知識

以前、賈逵かき皮氏県ひしけんを通り過ぎた時、


「領地を争う場合、先にこの地を占拠した者が勝つ」


と言いました。


絳邑県こうゆうけんの包囲が厳しくなってきた時、逃げられないとさとった賈逵かきは、人をって間道伝いに郡まで官印とひもを送らせて、


「急いで皮氏県ひしけんを占拠せよ」


と伝えさせました。


その後、絳邑県こうゆうけんを降伏させた郭援かくえんが、絳邑県こうゆうけんの軍勢を合わせてさらに兵を進めようとすると、賈逵かきは「郭援かくえん皮氏県ひしけんを占拠すること」を恐れて一計を案じ、郭援かくえん謀士ぼうし祝奥しゅくおうを迷わせて郭援かくえんの軍勢を7日間引き止めます。

その甲斐あって、郡は皮氏県ひしけんを確保することができ、敗北せずに済みました。

郭援かくえんを救った祝公道しゅくこうどう

郭援かくえん賈逵かき幷州へいしゅう并州へいしゅう)・上党郡じょうとうぐん壺関県こかんけんに護送して穴蔵あなぐらの中に閉じ込め、上に車輪をかぶせて人にじっと見張らせます。

賈逵かき穴蔵あなぐらの中から見張りの者に、


「この辺りには健児けんじ(勇気のある立派な男子)はいないのか。義士ぎし(高い節義をもった男子)をこの中で死なせてしまって良いのか?」


と言いました。

この言葉を聞いた祝公道しゅくこうどうという男は、賈逵かきが正義を守って危険にさらされていることを気の毒に思い、賈逵かきとは知り合いではありませんでしたが、夜に出掛けて穴蔵あなぐらから引き上げてやり、かせたたこわして賈逵かきを逃がしてあげましたが、自分の名前を名乗りませんでした。

豆知識

郭援かくえんが敗れた後、賈逵かきはやっと「以前、自分を救ってくれた人物が河南尹かなんいん出身の祝公道しゅくこうどうであった」ことを知りました。

後にその祝公道しゅくこうどうが、別の事件に連座して法のさばきに服さなければならなくなった時、賈逵かきは彼を救おうとしましたが、賈逵かきの力では解決できず、祝公道しゅくこうどうの死後、彼のために喪服もふくに着替えました。

呼廚泉の平陽国攻撃

馬騰ばとうへの援軍要請

その後、呼廚泉こちゅうせん司隷しれい河東郡かとうぐん平陽国へいようこくを攻撃しました。

司隷校尉しれいこういとして関中かんちゅう函谷関かんこくかんの西側の地域)の総指揮を任されていた鍾繇しょうようは、諸軍をひきいてこれを包囲しますが、まだ陥落しないうちに、郭援かくえん袁紹えんしょうおい幷州刺史へいしゅうしし高幹こうかんの軍勢が到着し、西方に使者を派遣して関中かんちゅう将軍しょうぐんたちと手を握ろうとします。

高幹こうかん郭援かくえんの軍勢の勢いが盛んであったため、関中かんちゅう将軍しょうぐんたちは評議して「包囲をいて引きげたい」と願いましたが、鍾繇しょうようは、


袁氏えんしは強力で、今また郭援かくえんが来たからには、関中かんちゅうでは彼らと秘かに通じる者が出ているかもしれない。それでもまだ全部がそむかないでいるのは、我が方の威名を恐れているからだ。

もしここで引きげて彼らに弱味を見せたならば、民衆はみな仇敵きゅうてきに一変し、国にたどり着くことはできないだろう。正に戦わずしてみずから敗れることになる。

郭援かくえんは剛情で人を打ち負かすことが好きなので、きっと我が軍を軽く見るに違いない。もし汾水ふんすいを渡ったところに陣営を築いたならば、敵が渡りきらないうちに攻撃して大勝利を得ることができるだろう」


と言い、新豊令しんぽうれい司隷しれい京兆尹けいちょういん新豊県しんほうけん県令けんれい)の張既ちょうき涼州りょうしゅう将軍しょうぐん馬騰ばとうのところに派遣して利害関係を説明させました。

傅幹ふかんの進言

この時、涼州りょうしゅう将軍しょうぐん馬騰ばとう韓遂かんすいらは秘かに郭援かくえんらと通じていましたが、配下の傅幹ふかん馬騰ばとうに利害をいて、曹操そうそう鍾繇しょうよう)に味方するように説得しました。

傅幹の進言・全文
タップ(クリック)すると開きます。

いにしえの人は『道にしたがう者はさかえ、徳に逆らう者はほろぶ』*1と言っております。

曹公そうこう曹操そうそう)は天子てんし奉戴ほうたいして暴力・無秩序をらしめ、法律は明らかで国家は治まり、上も下も命令を守り、道義があれば必ず賞を受け、道義がなければ必ず罰を受けております。これは道に従うと言って良いでしょう。

袁氏えんし天子てんしの命令にそむき、蛮族ばんぞくり立てて中華を侵害し、寛大ではあるものの嫌悪けんおの念が強く、愛情深いものの決断力がありません。また、軍隊は強力とは申しながら、実際には天下の人心を失っております。これは徳にさからうと言って良いでしょう。

今、将軍しょうぐん馬騰ばとう)は道義ある者に仕えながら、全力をげようとされず、秘かに日和見ひよりみの気持ちをいだかれ、じっとしたまま結果を観望するつもりでおられます。

私が心配いたしますのは、結果が決まった後、天子てんしのご命令をかしこみ罪をとがめるとすると、将軍しょうぐん馬騰ばとう)が真っ先に処罰の槍玉にげられることです」


馬騰ばとうが「袁氏えんしと結んでいること」に疑問を持ちだしたことを見て取った傅幹ふかんは、重ねて言いました。


「智恵者はわざわいを転じてさいわいとします。

今、曹公そうこう曹操そうそう)は袁氏えんしにらみ合って(他所よそへは手が回らないで)いるのに、袁氏えんし将軍しょうぐん高幹こうかん郭援かくえんが独自に河東郡かとうぐんを制圧しようとしています。曹公そうこう曹操そうそう)に万全の計があったとしても、河東郡かとうぐんの危機をおさめることはできません。

今、将軍しょうぐん馬騰ばとう)が兵をひきいて内(鍾繇しょうよう)と外(馬騰ばとう)から郭援かくえんを攻撃すれば、必ず撃ち破ることができます。これは将軍しょうぐん馬騰ばとう)の行動によって袁氏えんしひじを断ち切り、一地方の危急を救うことになりますので、曹公そうこう曹操そうそう)は必ず将軍しょうぐん馬騰ばとう)を重んじ、徳といたしましょう。

これによる将軍しょうぐん馬騰ばとう)の功業名声は、歴史に記録しきれないほどのものです。どうか将軍しょうぐん馬騰ばとう)には選択の対象をはっきりされんことを」

脚注

*1漢書かんじょ高祖本紀こうそほんぎにみえる、新城しんじょう三老さんろう董公とうこう高祖こうそいた言葉。


傅幹ふかんの進言を受けた馬騰ばとうは、


つつしんであなたの教えに従いましょう」


と言い、子の馬超ばちょうに1万人余りの精鋭と韓遂かんすいらの兵を指揮させて、鍾繇しょうようの元に派遣して高幹こうかん郭援かくえんの軍を迎え撃たせます。

龐悳ほうとく龐徳ほうとく)が郭援かくえんを斬る

鍾繇しょうようが陣営を築くと、案の定、郭援かくえんは多くの人が止めるのも聞かず、軽率に汾水ふんすいを渡りました。

するとこれを待っていた鍾繇しょうようは、郭援かくえんの軍が半分も渡りきらないうちに、馬超ばちょう軍と共に攻撃をしかけて大いに撃ち破り、匈奴きょうど南単于みなみぜんう(部族長)・呼廚泉こちゅうせんを降伏させます。


河東郡の関連地図

河東郡かとうぐんの関連地図

赤線汾水ふんすい



この時、馬超ばちょう軍の先鋒・龐悳ほうとく龐徳ほうとく)はみずか郭援かくえんの首を斬りましたが、それが郭援かくえんだとは知りませんでした。

その後、みなが「郭援かくえんは死んでいるはずなのに、その首が手に入らない」と騒いでいたので、龐悳ほうとく龐徳ほうとく)が遅れてこう弓袋ゆぶくろ)の中から1つの首を取り出すと、鍾繇しょうようはそれを見て声を上げて泣きました。郭援かくえん鍾繇しょうようおいだったのです。

龐悳ほうとく龐徳ほうとく)が鍾繇しょうように謝罪すると鍾繇しょうようは、


郭援かくえんわしおいではあるが、国賊こくぞくである。おんみはどうしてそれを謝るのだ」


と言いました。


建安けんあん7年(202年)夏5月に袁紹えんしょうが亡くなると、その年の秋9月、曹操そうそう黄河こうがを渡って袁紹えんしょうの長男・袁譚えんたんへの攻撃を開始。袁紹えんしょうの後を継いだ3男・袁尚えんしょうみずから兵をひきいて袁譚えんたんの救援に向かいますが、敗北して夜陰にまぎれて逃亡しました。

またちょうどこの時、袁尚えんしょうが(勝手に)任命した河東太守かとうたいしゅ郭援かくえん袁紹えんしょうおい幷州刺史へいしゅうしし高幹こうかん匈奴きょうど南単于みなみぜんう呼廚泉こちゅうせんらが司隷しれい河東郡かとうぐんの諸県に侵攻しますが、司隷校尉しれいこういとして関中かんちゅう函谷関かんこくかんの西側の地域)の総指揮を任されていた鍾繇しょうようは、涼州りょうしゅう将軍しょうぐん馬騰ばとう(が派遣した馬超ばちょう)と共にこれを撃ち破りました。