徐州牧じょしゅうぼく陶謙とうけんの死と、劉備りゅうび徐州じょしゅうを統治することになるまでの経緯をまとめています。

スポンサーリンク

陶謙の死

陶謙の遺言

興平こうへい元年(194年)、再度徐州じょしゅうに侵攻した曹操そうそう軍が撤退した後のこと。徐州牧じょしゅうぼく陶謙とうけんやまいわずらいました。

陶謙とうけんはその病状が重くなると、別駕従事べつがじゅうじ麋竺びじくを呼んで、


劉備りゅうびでなければ、この州(徐州じょしゅう)を安定させることはできない」


と言いのこします。

関連記事

劉備の説得

陶謙とうけんが亡くなると、麋竺びじく陶謙とうけん遺言ゆいごん通り州民をひきいて豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい)に劉備りゅうびを迎えに行きましたが、劉備りゅうびは遠慮して引き受けませんでした。

そこで、陳登ちんとう孔融こうゆう劉備りゅうびを説得します。

陳登ちんとう

下邳国かひこく出身の陳登ちんとう劉備りゅうびに言いました。


「現在、かん王朝は次第におとろえ、天下はくつがえっており、功業を打ち立てるには今が好機です。

徐州じょしゅうは豊かな土地で百万人の人口を有します。それが使君しくん劉備りゅうび)殿に頭を下げ、州の政治をみて欲しいと願っているのです」


すると劉備りゅうびは、


袁公路えんこうろ公路こうろ袁術えんじゅつあざな)がここよりほど近い(揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん・)寿春県じゅしゅんけんにいる。

この方は4代続いて5人の三公さんこうを出した家柄で、天下の人望が集まっている。徐州じょしゅうは彼に与えるのがよろしかろう」


と言うので、陳登ちんとうは重ねて言いました。


公路こうろ袁術えんじゅつ)は驕慢きょうまんな男で、混乱を治められるような人物ではありません。

今、徐州じょしゅう使君しくん劉備りゅうび)殿のために、歩兵・騎兵10万を集めたいと望んでおります。おおやけには天子てんしをお助けし、民衆を救済して(春秋時代の)五覇ごはと同じ偉業を成し遂げることができましょうし、わたくしには領地を分与されて国境を守り、功業を竹帛ちくはくに書き残すことができるでしょう。

もし、使君しくん劉備りゅうび)殿がこの申し出をお聞き届けにならないのならば、私もまた、もはや進んで使君しくん劉備りゅうび)殿に従いはしないでしょう」

孔融こうゆう

また、北海相ほっかいしょう孔融こうゆうも言いました。


袁公路えんこうろ公路こうろ袁術えんじゅつあざな)は、はたして国をうれえて家を忘れる男でありましょうか?

彼は墓の中の骸骨同然、意にかいするほどの男ではありません。今日の事態は、民衆が有能な人物のがわに立っております。

天の与えたもう物を受け取らないと、後からやんでも追いつきませんぞ」


このように、麋竺びじく陳登ちんとう孔融こうゆうの説得を受けた劉備りゅうびは、ついに徐州じょしゅうを統治することになりました。

袁紹の承認を得る

その後、陳登ちんとうらは袁紹えんしょうに使者を送ってこう伝えました。


「天が災厄さいやくくだし、わざわいが我が州(徐州じょしゅう)にまで及び、州将しゅうしょう陶謙とうけん)は亡くなり、民衆には主人がいなくなりました。

姦雄かんゆうが突如間隙につけこみ、盟主(袁紹えんしょう)さまに寝食を忘れるほどの気苦労をおかけする結果にならないかと恐怖を覚えました。

そこで、すぐさま協力して元平原相へいげんしょう平原国へいげんこく太守たいしゅ)・劉備りゅうび殿を奉じて宗主とし、広く民衆に頼るべき方がおられることを承知させました。

現在は外からの侵略が相次ぎ、武装を解く暇もないので、つつしんで下吏かりを派遣して執事しつじ[執政者(袁紹えんしょう)]に申し上げる次第です」


これを聞いた袁紹えんしょうは、


劉玄徳りゅうげんとく玄徳げんとく劉備りゅうびあざな)は度量の広い立派な人物で信義がある。今、徐州じょしゅうが彼をいただくことを願うのは、まことに私の希望に沿ったものである」


と返答しました。


初平しょへい3年(192年)末、陶謙とうけん劉備りゅうび袁術えんじゅつくみして袁紹えんしょう曹操そうそうと戦い、また、曹操そうそうの第一次徐州じょしゅう侵攻の際には、袁紹えんしょう朱霊しゅれいを派遣して曹操そうそうを援助していました。

そのような関係の中、袁術えんじゅつ派であった徐州じょしゅう劉備りゅうび)が袁紹えんしょうを盟主とあおぎ、使者を送って来たのです。

袁紹えんしょうにとって徐州じょしゅう劉備りゅうび)を味方につけることは、袁術えんじゅつの勢力をぐだけでなく、揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん寿春県じゅしゅんけん袁術えんじゅつに対するおさえを得ることにもなります。

袁紹えんしょうに、劉備りゅうび徐州じょしゅう統治にを唱える理由はありません。

この時をもって劉備りゅうび徐州じょしゅう)は、袁術えんじゅつ公孫瓚こうそんさんから離れて、袁紹えんしょうと手を組むことになりました。

関連記事

スポンサーリンク


劉備の徐州継承について

徐州の状況

まず、この時の徐州じょしゅうの状況について確認しておきましょう。


初平しょへい4年(193年)6月、徐州じょしゅう下邳国かひこくの賊・闕宣けっせんが、曹操そうそうの父・曹嵩そうすうを殺害したことで曹操そうそううらみを買い、徐州じょしゅうは2度に渡って曹操そうそう軍の侵攻を受けています。

曹操そうそう軍は兗州えんしゅうで反乱が起こったため撤退していましたが、徐州じょしゅうの官民はみな「曹操そうそう軍はまたやって来る」と思っていました。


またこれより以前、陶謙とうけん袁術えんじゅつ公孫瓚こうそんさんと手を組んでいましたが、その後陶謙とうけんは、曹操そうそうに敗北した袁術えんじゅつ揚州ようしゅう入りをこばんだ揚州刺史ようしゅうしし陳瑀ちんうを受け入れています。

また、揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん寿春県じゅしゅんけんに入った袁術えんじゅつ徐州伯じょしゅうはくを自称しており、徐州じょしゅう曹操そうそう袁術えんじゅつの2大勢力に狙われている状況でした。

関連記事

州牧の任命について

まず、陶謙とうけんが就任していた徐州牧じょしゅうぼく、つまり州牧しゅうぼくは「親から子へ継承される世襲せしゅう」を前提とした官職ではありません。

徐州牧じょしゅうぼくであった陶謙とうけんが亡くなった場合、正規の手続きとしては、朝廷が新たな徐州牧じょしゅうぼくまたは徐州刺史じょしゅうししを任命するのを待つことになります。

豆知識

益州牧えきしゅうぼく劉焉りゅうえんが亡くなった後、朝廷は新たな益州刺史えきしゅうししとして扈瑁こぼうを派遣しましたが、益州えきしゅうでは、趙韙ちょういらの働きにより劉焉りゅうえんの子・劉璋りゅうしょうを宗主とあおぎ、その支配を固めてしまいました。

そこで仕方なく朝廷は、劉璋りゅうしょうの支配を追認するかたちで劉璋りゅうしょう益州牧えきしゅうぼくに任命したのでした。

関連記事

陶謙の思惑

陶謙とうけんやまいわずらった興平こうへい元年(194年)は、各地の群雄が朝廷の支配から独立する過渡期にありました。

陶謙とうけん自身も、徐州牧じょしゅうぼくの地位を子の陶商とうしょう陶応とうおうのどちらかに継がせることを考えたことがあったかもしれません。


ですが前述の通り、当時の徐州じょしゅう曹操そうそう袁術えんじゅつに狙われている危険な状態でした。

特に曹操そうそう徐州じょしゅう侵攻は、陶謙とうけん個人への「うらみ」が原因となっていますので、陶謙とうけんの子が跡を継いだ場合、その「うらみ」も引き継がれてしまう可能性があります。


つまり陶謙とうけんは、2人の子を曹操そうそうの標的とならないように守るため、また曹操そうそう徐州じょしゅうへの「うらみ」を自分1人の代で終わらせるため、自分の後継者には、子の陶商とうしょう陶応とうおうではなく劉備りゅうびを指名したのでした。

なぜ劉備だったのか

ではなぜ陶謙とうけんは、他の誰かではなく新参者の劉備りゅうびを後継者に指名したのでしょうか。

徐州じょしゅう統治の難しさ

もともと徐州じょしゅう曹操そうそう袁術えんじゅつといった外敵だけでなく、黄巾残党の活動が活発な上に、

  • 琅邪国ろうやこく臧霸ぞうは
  • 東海郡とうかいぐん昌豨しょうき(別名:昌狶しょうき昌務しょうぶ昌霸しょうは

などの独立勢力が混在する統治が難しい地域でした。

徐州じょしゅうの宗主となる人物には、外の曹操そうそう袁術えんじゅつ、内の黄巾残党から徐州じょしゅうを守り、臧霸ぞうは昌豨しょうきら独立勢力を心服させる能力が求められるのです。

劉備りゅうびの存在

では、徐州じょしゅうにおいて劉備りゅうびはどのように受け入れられていたのでしょうか?


初平しょへい4年(193年)、曹操そうそう徐州じょしゅうに侵攻を開始すると、劉備りゅうび陶謙とうけんの要請を受けて田楷でんかいと共に救援にけつけます。

そして曹操そうそう軍が撤退した後、田楷でんかい青州せいしゅうに帰りましたが、劉備りゅうび徐州じょしゅうとどまりました。

曹操そうそう軍に蹂躙じゅうりんされ多くの民衆を虐殺された徐州じょしゅうの官吏・民衆から、劉備りゅうびは救世主のように受け入れられていたのではないでしょうか。


陶謙とうけんの跡を継いで徐州じょしゅうを治める者には、

  • 曹操そうそう袁術えんじゅつの侵略から徐州じょしゅうを守る能力を持っていること
  • 徐州じょしゅうの官吏・民衆・独立勢力の支持を得ていること

が必要です。

そして、陶謙とうけんの目から見て、徐州じょしゅうの官吏の中でこの2つの条件を満たしていたのが劉備りゅうびだったのです。

また、このような徐州じょしゅうの長官にみずから名乗り出る者もおらず、陶謙とうけん遺言ゆいごんに異論をはさむ者はいませんでした。

豆知識

後漢ごかん末期に制定された「三互さんごの法」により、「本籍回避ほんせきかいひ(州の長官には、その州の出身者が任官することはできない)」が定められていました。

これにより麋竺びじく陳登ちんとうなど、徐州じょしゅう出身の者を立てることができなかったと考えることもできますが、そもそも朝廷の意思によらず独自に宗主を立てようとしていますので、これには当たらないと思われます。

袁術派から袁紹派への転身

劉備りゅうびにとっての徐州じょしゅう

陶謙とうけんが亡くなると、別駕従事べつがじゅうじ麋竺びじく劉備りゅうびの元をおとずれて陶謙とうけん遺言ゆいごんを伝えましたが、劉備りゅうびは遠慮して引き受けませんでした。


それはそうでしょう。もちろん「遠慮して」というのは建前で、引き継いだ途端に曹操そうそうの攻撃にさらされるであろう徐州じょしゅうを、劉備りゅうびも押しつけられたくありませんでした。

そのため劉備りゅうびは、これまで同盟関係にあった袁術えんじゅつ徐州じょしゅうを統治させるべきだと言ったのです。

ですが、すでに陶謙とうけん袁術えんじゅつの関係は破綻はたんしており、陳登ちんとう孔融こうゆうらは猛烈にこれを拒絶しました。

関連記事

【匡亭の戦い】袁術が曹操に大敗し、寿春に拠点を移す

なぜ劉備りゅうびは引き受けたのか

ではなぜ劉備りゅうびは、最終的に徐州じょしゅうを統治することを引き受けたのでしょうか。

これは推測になりますが、以前 劉備りゅうび孔融こうゆうから援軍を求められた際、


孔北海こうほっかい孔融こうゆう)ほどのお方が、天下に劉備りゅうびがいることをご存知であったとはっ!」


と感激していたことから、劉備りゅうび孔融こうゆうを大変尊敬していたことが分かります。

劉備りゅうび徐州じょしゅう統治を引き受ける決断をしたことには、その孔融こうゆうから説得を受けたことが大きかったのではないでしょうか。

関連記事

青州黄巾・管亥の反乱。劉備が太史慈に兵を貸し、孔融を助ける

徐州じょしゅう去就きょしゅう

初平しょへい2年(191年)に生じた袁紹えんしょう袁術えんじゅつの対立は、

  • 袁紹えんしょう曹操そうそう劉表りゅうひょう
  • 袁術えんじゅつ公孫瓚こうそんさん田楷でんかい劉備りゅうび

の陣営に分かれての争いとなっていました。


袁紹陣営と袁術陣営

袁紹えんしょう陣営と袁術えんじゅつ陣営
初平しょへい3年(192年)6月]


ですが、陶謙とうけんはその争いには加わらず、李傕りかく郭汜かくしらが朝廷で権力を握ると、朱儁しゅしゅん太師たいし推戴すいたいして李傕りかく郭汜かくしらに対抗する動きをしていましたが、太僕たいぼくに任命された朱儁しゅしゅんが朝廷に入ったことで、その計画は立ち消えとなってしまいました。

すると陶謙とうけんは、初平しょへい3年(192年)末、袁術えんじゅつの要請を受け、袁紹えんしょう曹操そうそうと戦火を交えます。

これは、朱儁しゅしゅんを旗頭とする一勢力の構築に失敗した今、袁紹えんしょう陣営と袁術えんじゅつ陣営の両方に接する陶謙とうけんが生き残るためには、どちらかの陣営に属する必要があると考えたからだと思われますが、もともと陶謙とうけん袁術えんじゅつと深い結びつきがあった訳ではありませんでした。


そこで陳登ちんとうは、劉備りゅうび徐州じょしゅうの宗主にあおぐと いち早く袁紹えんしょうに接近し、袁紹えんしょう陣営に鞍替くらがえしてしまいます。

これにより徐州じょしゅう劉備りゅうび)は、袁紹えんしょう陣営の曹操そうそうからの攻撃を回避し、敵を袁術えんじゅつ 1人にしぼることができました。


興平こうへい元年(194年)、徐州牧じょしゅうぼく陶謙とうけんが亡くなると、麋竺びじく陳登ちんとう孔融こうゆうらは、陶謙とうけん遺言ゆいごん通り劉備りゅうび徐州じょしゅうの宗主にえました。

また、陳登ちんとうらは同時に袁紹えんしょうに使者を送って劉備りゅうび徐州じょしゅう統治を認めさせ、袁術えんじゅつ陣営から袁紹えんしょう陣営に鞍替くらがえします。

これにより徐州じょしゅう劉備りゅうび)は、袁紹えんしょう陣営の曹操そうそうからの攻撃を回避し、敵を袁術えんじゅつ 1人にしぼることができました。