張済ちょうせいの力を借りて李傕りかく郭汜かくしを和解させた献帝けんていは、長安ちょうあんを出て洛陽らくように向かいますが…。

スポンサーリンク

献帝が華陰県に入る

献帝が華陰県に入る

画像出典:ChinaStyle.jp


マリコマリコ

前回は、献帝けんていさんが長安ちょうあんを出て洛陽らくように向かったところまででしたよね。

タカオタカオ

うん、でもやっぱり納得がいかない郭汜かくしが追って来たねっ!

王先生王先生

そうですね。今回は追って来た郭汜かくしにどう対処するのか?というところから始まります。

ご確認

この記事は三国志演義さんごくしえんぎに基づいてお話ししています。正史せいし三国志さんごくしにおける「献帝けんてい東遷とうせん」については、こちらをご覧ください。

関連記事

楊奉軍の登場


王先生王先生

では、今回のお話を始めましょう。


天子てんし献帝けんてい)の御車みくるま華陰県かいんけんに差しかかった時のこと。その背後からときの声がき起こり、「その車待てっ!」と、天子てんし献帝けんてい)の一行を呼び止めました。


献帝の東遷経路4

献帝けんていの進路


献帝けんていは涙を流しながら、


「狼の巣をやっと出たかと思えば、また虎の口じゃ、どうしたものであろう?」


と大臣たちにたずねましたが、大臣たちはみな、ただただ青くなるばかりで答える者はいませんでした。

そんな時、太鼓の音が1つ鳴り響くと、山の後ろから1人の大将が現れます。

そして、その真っ先に立てられた大きな旗には「大漢たいかん楊奉ようほう」の4文字がしるされ、千人余りの軍勢をひきいて攻め寄せて来ました。

これは李傕りかくに敗れた後、終南山しゅうなんざんふもとに陣取っていた楊奉ようほうが、献帝けんてい御車みくるまが通ると聞いて、わざわざこれを守護しに来たのです。



マリコマリコ

楊奉ようほうさんって、李傕りかくさんへの反乱に失敗した人ですねっ!

タカオタカオ

そうそう。自分たちに褒美がないからって反乱を起こした奴ねっ!

王先生王先生

確かに、タカオくんの言う通りですけどね…。

徐晃の武勇


王先生王先生

突然現れた楊奉ようほう軍は、郭汜かくしの軍と戦闘になります。


両軍がそれぞれその場に陣形を整えると、郭汜かくしの大将・崔勇さいゆうが進み出て、楊奉ようほうを「裏切り者っ!」とののしりました。

これに腹を立てた楊奉ようほうが、


公明こうめいはどこにおるっ!」


と、陣中を見回して呼ばわると、大斧を手にした1人の大将が栗毛の馬をおどらせて崔勇さいゆういどみかかり、2頭の馬がせ違うやいなや、たったの1合で崔勇さいゆうを斬って落としてしまいました。

この勢いに乗って楊奉ようほう軍がおそいかかると、郭汜かくしの軍は大敗して20里(約8.6km)あまり退却します。


「そなたはちん(私)の危ういところを助けてくれた。大きな手柄である」


郭汜かくし軍を退けた楊奉ようほう献帝けんていがこう声をかけると、楊奉ようほうは頭を地面につけてお礼を申し述べました。

そして献帝けんていがまた、


先程さきほどぞくの大将を斬り捨てたのは何者だ?」


と問われたので、


「これは河東郡かとうぐん楊県ようけんの者で、姓はじょ、名はこうあざな公明こうめいと申します」


楊奉ようほうがその大将を紹介すると、献帝けんてい徐晃じょこうの労をねぎらいました。


その後、楊奉ようほうが護衛して華陰県かいんけんに到着すると、将軍しょうぐん段煨だんわいが出迎えて衣服や食事を献上し、その夜、献帝けんてい楊奉ようほうの陣屋に泊まることになります。



タカオタカオ

おぉ〜っ、徐晃じょこうっ!こんなところに…。

マリコマリコ

また有名なの?強いもんねっ!

タカオタカオ

後に曹操そうそうに仕える名将だよっ!

マリコマリコ

そういう事は言わない方が…。でもこれで献帝けんていさんも一安心ですねっ!

王先生王先生

そうですねっ!

外戚・董承


王先生王先生

ですが次の日、また郭汜かくしが攻め寄せて来ます。

タカオタカオ

りない奴だな、こっちには徐晃じょこうがいるんだよっ!


これに真っ先に徐晃じょこうが出撃しますが、郭汜かくしの大軍は八方から陣に迫り、献帝けんてい楊奉ようほうを取り囲んでしまいます。

この思いがけない郭汜かくし軍の動きで献帝けんていの身に危機が迫った時、突然東南の方角からときの声がき起こり、1人の大将が軍をひきいて攻め寄せて来ました。

これに驚いた郭汜かくし軍は先を争って逃げ始めたので、徐晃じょこうはその勢いに乗って攻撃し、これを散々に撃ち破ります。


突然現れた大将は、外戚がいせき董承とうしょうでした。

そして、拝謁はいえつにやってきた董承とうしょうは、涙を流してこれまでの話を打ち明ける献帝けんていに、


陛下へいか、ご心配なされますな、私が楊将軍ようしょうぐん楊奉ようほう)と共に、必ず2人の逆賊ぎゃくぞく李傕りかく郭汜かくし)を打ち殺して天下を安らかにいたしましょう」


と言い、一行は夜通し先を急いで弘農郡こうのうぐんに向かいました。


司隷・弘農郡・弘農県

献帝けんていの進路



マリコマリコ

外戚がいせきって何でしたっけ?

タカオタカオ

皇后こうごう皇太后こうたいごうの親族のことだよ。

マリコマリコ

なるほど。じゃあ、亡くなった董太后とうたいごうさんの親戚ってことかな?

王先生王先生

諸説ありますが、ここではそう思っていても問題ないでしょう。

マリコマリコ

献帝けんていさんには、まだまだ味方がたくさんいるんですねっ!


スポンサーリンク


李傕・郭汜の追撃

李傕・郭汜の追撃

画像出典:ChinaStyle.jp

李傕と郭汜が再び手を組む


王先生王先生

さて、敗北した郭汜かくしはと言うと…。


郭汜かくしが敗軍をひきいて帰って来ると、そこで李傕りかくと出くわしました。

そこで郭汜かくしは、


楊奉ようほう董承とうしょう天子てんし献帝けんてい)を救い出して弘農郡こうのうぐんまで行ってしまった。

もし山東さんとう(東中国)に出て落ち着き場所ができたら、きっと諸侯どもに我々を征伐するように布告するだろう。

そうなれば、我々の一族の身もあやうくなるぞ」


と言うと李傕りかくは、


「今、張済ちょうせいの兵が長安ちょうあんを根城にしているから、あそこにはうっかり手をつけられない。

それなら、この隙に手勢を一緒に合わせて弘農郡こうのうぐんに攻め込み、かん天子てんし献帝けんてい)をぶち殺して、2人で天下を分け取るというのはどうだ?」


と言ったので、郭汜かくしは喜んで承諾し、2人は兵を合わせて略奪しながら献帝けんていを追ったので、彼らが通ったあとには何一つ残りませんでした。



タカオタカオ

李傕りかくは今まで何してたんだ?

マリコマリコ

この2人が手を組んだら、厄介やっかいだよぉ〜っ!

タカオタカオ

確かに…。

王先生王先生

そうですね。この時の李傕りかくの動きは三国志演義さんごくしえんぎでは詳しくしるされていません。

元白波賊に助けを求める


王先生王先生

さて、李傕りかく郭汜かくしが追って来たことを知った献帝けんてい側のお話です。


献帝けんていの一行が東澗とうかんに差しかかった頃、李傕りかく郭汜かくしが追って来たことを知った楊奉ようほう董承とうしょうは、兵をひきいて御車みくるまの後方に移動して敵の襲来に備えました。

一方李傕りかく郭汜かくしは「こちらは多勢、敵は小勢だ」と、李傕りかくは左、郭汜かくしは右に分かれて、山野を埋め尽くす勢いで押し寄せて来ます。

楊奉ようほう董承とうしょうは左右両側で死に物狂いで戦って、やっとの思いで天子てんし献帝けんてい)と皇后こうごう御車みくるまを救い出しましたが、百官や女官たち、皇室に伝わる由緒ゆいしょある品々やその他の調度品のたぐいもすべて投げ捨ててしまいました。


そして、郭汜かくしが兵をひきいてそのまま弘農県こうのうけんの町に乱入して略奪を始めると、楊奉ようほう董承とうしょう献帝けんていを護衛して陝北せんほくに逃げますが、李傕りかく郭汜かくしは手分けして追って来ます。

そこで楊奉ようほう董承とうしょうは、人をって李傕りかく郭汜かくし和睦わぼくはかる一方で、秘かに勅命ちょくめいを持たせて河東郡かとうぐんに使いを出して、元白波賊はくはぞくの首領・韓暹かんせん李楽りがく胡才こさいら3手の軍勢に助けを求めました。



マリコマリコ

やっぱり全然かなわないや…。

タカオタカオ

ぞくにまで助けを求めるのかよ。カオスだな(笑)

王先生王先生

白波賊はくはぞくは、黄巾こうきんの乱の時に河東郡かとうぐんを中心に暴れ回っていたぞくの集団のことです。

李傕・郭汜の追撃


王先生王先生

さて、献帝けんていの使者が元白波賊はくはぞくの首領のところに到着しました。


韓暹かんせん李楽りがく胡才こさいらは、献帝けんていがこれまでの罪をゆるし、官位までたまわると聞いて、手勢を残らず引き連れて、喜び勇んで献帝けんていの元にやって来ます。

そこで董承とうしょうが3人を呼んで話し合うと、「協力して弘農郡こうのうぐんを取り返そう」ということになりました。


この時 李傕りかく郭汜かくしは、行く先々で老人や女・子供を殺して良民たちを駆り出して強壮な者を兵に加え、彼らを「決死隊」と呼んで一番前に押し出していました。

また、郭汜かくしは部下に命じて衣服や色々な品物をてて置かせたので、李楽りがくの軍が渭陽いように到着すると、李楽りがくの兵は先を争ってそれらをひろおうとして、その隊列はめちゃくちゃになってしまいます。

そこへ李傕りかく郭汜かくしの両軍が四方から攻め立てたので李楽りがくの軍は大敗し、楊奉ようほう董承とうしょうも支えきれず、献帝けんていを守護して北に逃亡しました。


背後からぞく軍がせまる中、李楽りがく献帝けんていに言上します。


「もはや危険でございます。天子てんし献帝けんてい)様は、先に馬で落ちびなされませ」


ですが献帝けんていは、


ちん(私)は百官を見殺しにして行くわけにはゆかぬ」


と言うので、みな声を上げて泣きながら従い、胡才こさいは乱軍の中で討ち死にしてしまいました。



マリコマリコ

やっぱり元ぞくだから、目の前の宝物に目がくらんじゃうんだ…。

タカオタカオ

さすが郭汜かくしだな。ぞくの心理をよく分かってる(笑)

王先生王先生

そうですね。この敗北で、ますます状況が悪くなってしまいました。


スポンサーリンク


献帝が洛陽に向かう

献帝が洛陽に向かう

画像出典:ChinaStyle.jp

献帝が黄河を渡る


王先生王先生

さて、北に逃亡した献帝けんてい一行は、黄河こうがの岸に行き当たります。


そこで李楽りがくらが1そうの小船をみつけ、献帝けんてい皇后こうごうは厳しい寒さの中、ようやく岸辺まで下り立ちましたが、その先はがけが高く切り立っていて船に乗り移ることができません。

そうこうしている間にも、追っ手はせまって来ます。

そこで楊奉ようほうが、


「馬の手綱たづないて結び合わせ、みかど献帝けんてい)の御腰おんこしにくくりつけ、船の中まで下ろそう」


と提案すると、国舅こくきゅう伏徳ふくとくは白いきぬ十数ひきを差し出して、


わしは乱軍の中でこのきぬひろってきた。これをつないでろしましょう」


と言いました。

そこでまず、行軍校尉こうぐんこうい尚弘しょうこう献帝けんてい皇后こうごうきぬで包み、皆で協力してろしたので、ようやく船に乗ることができました。

岸辺にはまだ船に乗れない者たちがともづな(船をつなぎとめるつな)につかまって先を争っていましたが、李楽りがくは彼らを残らず川の中に斬り込み、献帝けんてい皇后こうごうを向こう岸に渡すと、また船を返して残りの人々を渡します。

ですがこの時もまた、乗れない者たちが先を争ったので、手の指を切り落とされて、泣き叫ぶ声が天をふるわせました。



タカオタカオ

さすが元ぞく!やることが残酷だなぁ。

王先生王先生

実は正史せいし三国志さんごくしでは、追いすがる人たちの指を切り落としたのは董承とうしょうなんです。

マリコマリコ

ぞくだから、残酷な役回りをさせられちゃったんですね…。

王先生王先生

ちなみに、国舅こくきゅうは「皇帝の母の家の父兄を指す言葉」ですが、伏徳ふくとく皇后こうごうの兄に当たります。

李楽と韓暹の暴走


王先生王先生

さて、向こう岸に渡りきった時点で、献帝けんていそばに残った者は十数人となっていました。


楊奉ようほうは1台の牛車を見つけ、やっとのことで司隷しれい河東郡かとうぐん大陽県たいようけんにたどり着きます。

ですが食べ物がなく、夕方になってとあるかわら屋根の下に止まった時、献帝けんてい皇后こうごうは百姓がささげた粟飯あわめしを食べましたが、とてものどを通りませんでした。


次の日献帝けんていは、

  • 李楽りがく征北将軍せいほくしょうぐん
  • 韓暹かんせん征東将軍せいとうしょうぐん

に封じるみことのりを出します。

そしてこの時、はなばなれになっていた2人の大臣が献帝けんていの元にたどり着きました。太尉たいい楊彪ようひょう太僕たいぼく韓融かんゆうです。

そこでみな声を上げて再会を喜んでいると韓融かんゆうは、


李傕りかく郭汜かくしは私を信用しておりますから、私は命をなげうって2人を説得し、いくさを止めさせましょう」


と言って、2人の元に向かいました。


一方、李楽りがく献帝けんていに「楊奉ようほうの陣屋にお入りになってしばらく休息される」ように申し上げましたが、楊彪ようひょう司隷しれい河東郡かとうぐん安邑県あんゆうけんうつってそこを都にするように勧めたので、献帝けんてい安邑県あんゆうけんうつることにします。


司隷・河東郡・安邑県

 

司隷しれい河東郡かとうぐん安邑県あんゆうけん


安邑県あんゆうけんに着いてみると、そこは大きな屋敷などないところで、献帝けんてい皇后こうごうは草木の乱れ茂った垣根のあばら屋に住み、献帝けんていは大臣たちとこのあばら屋で政治の協議をすることになりました。


ですがしばらくすると、李楽りがくらはだんだん専横を始め、百官らに少しでも気に入らないことがあると、献帝けんていの御前でも構わずなぐったりののしるようになり、わざとにごった酒や粗末な食事を出して来ましたが、献帝けんていはじっとこらえていました。


また李楽りがく韓暹かんせんは、連名で盗賊の仲間や巫女みこ奴隷どれいなど200名余りを推挙して、すべて校尉こうい御史ぎょしなどの官職につけたました。

お陰で官印をるのが間に合わなくなって、体裁ていさいも構わず、木片にきりすじをつけただけのものを与えるような有り様でした。



タカオタカオ

おいおいおいおいおいっ、これじゃあ李傕りかく郭汜かくしの時と同じだよっ!(笑)

マリコマリコ

本当、何のために逃げて来たのか分からないね…。

王先生王先生

何しろ彼らは元がぞくですからね。

献帝が洛陽に向かう


王先生王先生

さて、李傕りかく郭汜かくしの方はと言うと…、


李傕りかく郭汜かくしの元に向かった韓融かんゆうが言葉を尽くして2人を説得したので、彼らもとうとう捕らえていた百官や女官たちを釈放します。


この年はひどい不作で、百姓たちは皆、なつめを食物にし、え死にした者たちの死体がそこかしこに放置されていましたが、献帝けんてい安邑県あんゆうけんに入ったことを知った河内太守かだいたいしゅ張楊ちょうようは米や肉を、河東太守かとうたいしゅ王邑おうゆうきぬたぐいを献上してきたので、献帝けんていはそれらでえや寒さをしのぐことができました。


一方、董承とうしょう楊奉ようほうは先に洛陽らくようの宮殿を修理させておき、


洛陽らくようは元々天子てんしの都であった。安邑県あんゆうけんのような手狭てぜまなところにいつまでもお引き留めしておくことはできない。やはり洛陽らくようにおかえしするのが当然だ」


と、献帝けんてい洛陽らくようにお帰りになることを希望しますが、李楽りがくは、


「貴様らは天子てんし献帝けんてい)をお連れするが良い。俺はここにいる」


と言って、これに同意しませんでした。


そこで董承とうしょう楊奉ようほうは、天子てんし献帝けんてい)を守護して洛陽らくように向けて出発しますが、この時李楽りがくはこっそり李傕りかく郭汜かくしと手を組んで、一緒に天子てんし献帝けんてい)を手込てごめにしようと計画します。

ですが、この李楽りがくの謀略を読んでいた董承とうしょう楊奉ようほう韓暹かんせんらは、夜のうちに軍隊を整備して御車みくるまを守りつつ箕関きかんに向かいました。


これに気づいた李楽りがくは、李傕りかく郭汜かくしの軍が到着するのを待たず、みずから手勢をひきいて追撃します。

そして、箕山きざんふもとで追いついた李楽りがくは、


「止まれ止まれ、李傕りかく郭汜かくし、ここにありっ!」


と叫びました。



王先生王先生

そして、「かん天子てんし献帝けんてい)はいかにしてこの災難を逃れるのでしょうか」というところで、三国志演義さんごくしえんぎの第13回は終わりです。

タカオタカオ

お〜っ、また良いところで終わるねっ!

マリコマリコ

もう、誰が本当の味方か分からなくなってきたよ…。

王先生王先生

本当ですねっ!


張済ちょうせいの力を借りて李傕りかく郭汜かくしを和解させた献帝けんていは、長安ちょうあんを出て洛陽らくように向かいますが、献帝けんていを手元に置きたい郭汜かくしの追撃を受けてしまいます。

そして献帝けんていは、再び手を組んだ李傕りかく郭汜かくしの追撃を受けながらも、楊奉ようほう董承とうしょう韓暹かんせん李楽りがく胡才こさいらの助けを得て、なんとか司隷しれい河東郡かとうぐん安邑県あんゆうけんにたどり着きました。

ですが、董承とうしょうらの勧めで洛陽らくようを目指す献帝けんていは、今度は増長した李楽りがくの追撃を受けてしまうのでした。



王先生王先生

次回は献帝けんていの要請を受けた曹操そうそうが、ついに動きます。

三国志演義の解説を順番に読もう!

 三国志演義教室【目次】