建安けんあん元年(196年)8月、揚州ようしゅう呉郡ごぐんを平定して諸県を安定させた孫策そんさくは、次の目標を揚州ようしゅう会稽郡かいけいぐんに定めました。この「孫策そんさく会稽郡かいけいぐん侵攻」についてまとめています。

スポンサーリンク

孫策の江東進出

袁術と劉繇の争い

興平こうへい元年(194年)、揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん寿春県じゅしゅんけんを本拠地とする袁術えんじゅつ孫策そんさくに命じて廬江太守ろこうたいしゅ陸康りくこうを攻撃させました。

すると朝廷に任命された揚州刺史ようしゅうしし劉繇りゅうようは、これを「かん王朝に対して反逆の意思がある」とみて、袁術えんじゅつによって任命された呉景ごけい孫賁そんふん揚州ようしゅう丹楊郡たんようぐん丹陽郡たんようぐん)から強制的に追い出します。

関連記事

袁術の誤算。孫策に命じた陸康攻撃と揚州刺史・劉繇との衝突

孫策の江東進出

興平こうへい2年(195年)、朱治しゅちの献策により「江東こうとうを平定して地盤を得る」ことを決意した孫策そんさくは、「おじ呉景ごけいに加勢する」という名目で、袁術えんじゅつに「江東こうとうを平定する」許可を得ました。

そして、横江津おうこうしん当利口とうりこう劉繇りゅうよう軍を撃ち破った孫策そんさくは、揚州ようしゅう呉郡ごぐん曲阿県きょくあけんに駐屯する劉繇りゅうようを敗走させ、呉郡太守ごぐんたいしゅ許貢きょこうを徹底的に撃ち破ります。

朱治しゅちに敗れた許貢きょこうは、南に逃げて山越さんえつ揚州ようしゅうの山岳地帯に住む異民族)の不服従民・厳白虎げんはくこ厳虎げんこ)の元に身を寄せました。

関連記事

孫策の江東進出。袁術の下を離れた孫策が劉繇を破って呉郡に入る


スポンサーリンク


孫策の会稽郡侵攻

会稽郡侵攻

建安けんあん元年(196年)8月、諸県を安定させた孫策そんさくは、次の目標を揚州ようしゅう会稽郡かいけいぐんに定めます。

ですが当時まだ呉郡ごぐんには、山越さんえつの不服従民・厳白虎げんはくこ厳虎げんこ)らが、それぞれ1万余人の規模で各地に たむろ していたので、呉景ごけいらは「先に厳白虎げんはくこ厳虎げんこ)らをってから会稽郡かいけいぐんに軍を進めるべき」だと考えていました。


揚州の勢力図

揚州ようしゅうの勢力図

※ 緑色の枠は厳白虎げんはくこ厳虎げんこ)の活動範囲


ですが孫策そんさくは、


厳白虎げんはくこ厳虎げんこ)らは群盗に過ぎず、大きな野望があるわけではありません。奴らなど、いつでもとりこにすることができるのです」


と言い、会稽郡かいけいぐんに軍を進めました。


またこの時孫策そんさくは、叔父おじ孫静そんせいに使者を送って呼び寄せ、孫静そんせいは一家・眷属けんぞく(一族・郎党・従者)を引き連れて、孫策そんさく呉郡ごぐん銭唐県せんとうけんで合流しました。

固陵の戦い

王朗おうろうの抵抗

孫策そんさく軍が会稽郡かいけいぐんに進軍していることが伝わると、会稽郡かいけいぐん功曹こうそう虞翻ぐほんは、


孫策そんさくいくさけているので、戦いをけた方が良いでしょう」


会稽太守かいけいたいしゅ王朗おうろうに進言しましたが、王朗おうろうはこれに従わず、固陵こりょう(渡し場の名前)に兵を出して孫策そんさく軍を防がせました。

孫静そんせいの献策

孫策そんさくは何度も浙江せっこうを渡って戦いをしかけましたが、王朗おうろう軍に勝つことができずにいました。

そこで、孫静そんせい孫策そんさくに言いました。


王朗おうろうは要害を背にして城に立てもっているのだから、すぐにこれを陥落させることは困難だ。

査瀆さとくはここから南に数十里のところにある道の要衝ようしょう(重要な地点)。そこから敵の内部に足場を築いていくのが良い。これぞ『その備えなきを攻め、その不意をつく』というものだ。私がみずから軍勢をひきいて先鋒となり、必ずや撃ち破ってみせよう」


孫策そんさくは「それは名案です」と言って、この意見に従いました。

豆知識

固陵について

固陵こりょう春秋しゅんじゅう時代、越王えつおうに仕えた范蠡はんれいが築いて「固守できる」と言ったことから固陵こりょうと呼ばれるようになりました。

査瀆について

査瀆さとくは現在の浙江省せっこうしょう杭州市こうしゅうし蕭山区しょうざんくさかいにあります。

王朗が孫策に投降する

「ここ数日の雨で水がにごり、兵にはそれを飲んで腹痛を起こす者が多い。急ぎ数百個のかめを用意して、水をませるように指示せよ」


孫策そんさくはまずこのようなにせの命令を出しました。

そして日が暮れた頃、かめに火をいて陣に兵がいるように見せかけると、軍を分けて査瀆さとくへの道を進んで、高遷屯こうせんとんにある王朗おうろうの軍営を襲撃します。

王朗おうろうは大いに驚いて、元丹楊太守たんようたいしゅ周昕しゅうきんらに迎撃させましたが、孫策そんさく周昕しゅうきんってその首を斬りました。


王朗おうろうが敗れると、虞翻ぐほん王朗おうろうを護衛し、海に出て東冶国とうちこく東部侯国とうぶこうこく)に入ります。

ですが、孫策そんさくはこれを追撃して大いに撃ち破り、ついに王朗おうろう孫策そんさくの元をおとずれて投降しました。


孫策の会稽郡侵攻関連地図

孫策そんさく会稽郡かいけいぐん侵攻関連地図

豆知識

呉景の周昕討伐

袁術えんじゅつ淮南わいなんに本拠地を移すと、丹楊太守たんようたいしゅ周昕しゅうきん袁術えんじゅつが残虐を欲しいままにすることを嫌って彼とのまじわりを絶ちました。

すると袁術えんじゅつは、呉景ごけいを差し向けて周昕しゅうきんを攻撃させましたが、なかなか落とすことができません。

そこで呉景ごけいは民衆たちに、


周昕しゅうきんの命令に従う者はすべて死刑にする」


という「おれ」を出したので、周昕しゅうきんは、


「私は不徳であるにしても、民衆たちに何の罪があるのか」


と言ってそのまま兵士たちを解散させると、故郷(揚州ようしゅう会稽郡かいけいぐん)に帰ってしまいました。


スポンサーリンク


孫策が会稽太守となる

孫策の人事

王朗おうろうを降伏させ、会稽郡かいけいぐんを平定した孫策そんさくみずか会稽太守かいけいたいしゅとなり、虞翻ぐほん功曹こうそうに任命して「交友の礼」をもって接しました。

また、上表して孫静そんせい奮武校尉ふんぶこういに任命して重要な任務を任せようとしましたが、孫静そんせいは故郷やそこにいる一族の者をなつかしがって官職に就くことは願わず、「故郷にとどまってその守りに当たりたい」と願い出たので、孫策そんさくはそれを許しました。

虞翻の忠告

孫策そんさくは狩猟が好きだったため、虞翻ぐほんいさめて言いました。


明府めいふ孫策そんさく)は軽々しく外出することを好まれますので、従官は警護に追われ、吏卒りそつたちは困り果てております。

人の上に立つ者は、どっしりと構えていなければ威厳が失われます。

白龍はくりゅうが魚の姿になれば、豫且よしょ宋国そうこくの漁師)に苦しめられ*1白蛇しろへびは自分の思いのままに振る舞ったために、劉季りゅうき前漢ぜんかん高祖こうそ劉邦りゅうほう)]に害されました*2

少しご自重ください」


これに孫策そんさくは、「君の言う通りだ」と答えましたが、その行動を改めることはありませんでした。

豆知識

*1 白龍魚服困於豫且

霊力を持つ白龍はくりゅうが「ただの魚」の姿に変化へんげしていた時に、豫且よしょという漁師にられてしまったという伝説。白龍はくりゅう天帝てんていに訴えましたが、天帝てんていは「魚は人からられるものだ。豫且よしょに罪はない」と答えました。

高貴な人が微行びこうひそかに出歩くこと)して災難にあうことの例え。

説苑せつえん正諫せいかんにある故事で、戦国せんごく時代、呉王ごおうが民と共に酒を飲もうとした時、伍子胥ごししょはこの故事を例にげて呉王ごおういさめました。

*2 白蛇自放劉季害之

劉季りゅうき前漢ぜんかん高祖こうそ劉邦りゅうほう)]が仲間と共に沢の小道を進んでいた時のこと。

先行していた者が引き返して来て、


「前方に大蛇が横たわっております。引き返しましょう」


と言いました。

ですが、酔っていた劉季りゅうきは、


「壮士が行くのに、何をおそれることがあるか」


と言ってそのまま進み、剣を抜いてその蛇を斬ってしまいました。

後から来た者たちが蛇のいたところに着いてみると、そこには夜だというのに泣いている老婆がいます。

老婆は、


「我が子は白帝はくていの子です。蛇に化けて道に横たわっていたのですが、赤帝せきていの子に斬られてしまったのです」


と言い、人々はさらに問いめようとしましたが、老婆はたちまち消え去ってしまいました。


建安けんあん元年(196年)8月、呉郡ごぐんを平定した孫策そんさくは、会稽郡かいけいぐんに侵攻を開始します。

そして、固陵こりょう会稽太守かいけいたいしゅ王朗おうろうの抵抗を受けた孫策そんさくですが、孫静そんせいの献策により高遷屯こうせんとん王朗おうろうを撃ち破り、逃亡した王朗おうろうを追撃してついに降伏させました。

会稽郡かいけいぐんを平定した孫策そんさくは、みずか会稽太守かいけいたいしゅとなります。