初平しょへい2年(191年)、青州せいしゅう黄巾こうきん冀州きしゅう勃海郡ぼっかいぐんに侵攻して公孫瓚こうそんさんに撃ち破られましたが、捕虜となった一部の兵を除いて公孫瓚こうそんさんに降伏することはなく、青州せいしゅうに撤退して勢力を保ちました。

ではなぜ青州せいしゅう黄巾こうきんは、百余万人の民とともに曹操そうそうに降伏したのでしょうか?

スポンサーリンク

『蒼天航路』における曹操と青州兵

曹操と青州黄巾との契約

画像出典:原作・原案 李學仁イハギン、作画 王欣太KING☆GONTA蒼天航路そうてんこうろ』第7巻 / 講談社


講談社の週刊漫画雑誌『モーニング』で連載されていた漫画蒼天航路そうてんこうろでは、青州せいしゅう黄巾こうきんの降伏のことが非常に印象的に描かれています。


中黄太乙ちゅうこうたいいつ!かつて張角ちょうかくが唱えたのは、目の前の食を奪い続けてただ生き延びるための道ではなく、あの大地を埋めつくす黄色い民が太平の世を求めることにあったッ!

そしてその中黄太乙ちゅうこうたいいつの道は、天に照らす曹操孟徳そうそうもうとくの道とあいせっしている。黄巾の長老たちよ、青州せいしゅう黄巾党こうきんとうのすべてを、この曹操孟徳そうそうもうとくの民とするぞ!!」


攻め寄せる青州せいしゅう黄巾党こうきんとうにこう宣言した曹操そうそうは、城門を開き、単騎で進み出て言いました。


「130余万もの民の心は教義によって安定していても、るべき領土がなければ身が休まることはあるまい。民はただ飢えた重荷の民となり、素晴らしい兵士たちも略奪のみに生きるようになっていこう。黄巾の長老たちよ!おまえたちの同胞の行く末は、民を守るまつりごとなくしてその存続はありえない!」


すると、青州せいしゅう黄巾党こうきんとうの長老たちは曹操そうそうに問います。


「いかなることがあろうとも、わが同胞が切り裂かれたり教義を奪われることはないか!?」


「契約する!」


「教義と殺戮さつりく以外何も知らぬわが兵士!その扱いを誤れば、貴公といえども命取りになるのは承知か!?」


「承認する!!」


この曹操そうそうの言葉を聞いた10人の黄巾の長老たちはみずから命を絶ち、青州せいしゅう黄巾党こうきんとうの兵士30万と、男女百余万の民は曹操そうそうに降伏します。


そして曹操そうそうの死後、城を去って行く青州せいしゅう黄巾党こうきんとうに対して、


「これは殿との契約だそうだ」


という台詞がえられていました。



このように蒼天航路そうてんこうろでは、青州せいしゅう黄巾党こうきんとうとの間に次のような契約がわされていることになっています。

  • 民が安心して暮らせる太平の世を実現する
  • 青州兵せいしゅうへい」を再編・解体しない
  • 青州せいしゅう黄巾党こうきんとうの教義を奪わない
  • 曹操そうそうの死によって主従関係を解消する

では、正史せいし三国志さんごくしをはじめとする歴史書には、曹操そうそう青州兵せいしゅうへいの関係はどのようにしるされているのでしょうか?


スポンサーリンク


正史『三国志』における曹操と青州兵

実は、正史せいし三国志さんごくしなどの歴史書の青州兵せいしゅうへいに関する記述はあまり多くありません。

関連記事

『魏書』武帝紀

興平こうへい元年(194年)、張邈ちょうばく陳宮ちんきゅう呂布りょふを迎え入れて兗州えんしゅうで反逆した時のこと。

徐州じょしゅう陶謙とうけんを攻めていた曹操そうそうはすぐさま取って返し、兗州えんしゅう東郡とうぐん濮陽県ぼくようけんに駐屯した呂布りょふに攻撃を仕掛けました。


呂布りょふは兵をくり出して戦い、まず騎兵によって青州兵せいしゅうへいに攻め込んだ。青州兵せいしゅうへいはくずれ、太祖たいそ曹操そうそう)の陣は混乱した。

『魏書』于禁伝

建安けんあん2年(197年)、降伏した張繍ちょうしゅうが反乱を起こし、敗北した曹操そうそう南陽郡なんようぐん舞陰邑ぶいんゆうに撤退した時のこと。


太祖たいそ曹操そうそう)のいる所に行き着かぬうちに、道中で傷を受け裸で逃げる十余人の兵士に出会った。于禁うきんがその理由をたずねると「青州兵せいしゅうへいに略奪を受けました」と言った。

それより以前、黄巾賊が降伏し青州兵せいしゅうへいと呼ばれた。太祖たいそ曹操そうそう)は彼らを寛大に扱ったため、それにつけこんで平気で略奪を行ったのである。

于禁うきんは腹を立て、部下たちに命令した。


青州兵せいしゅうへいは同じ曹公そうこうの部下でありながらまた悪事を働くのかっ!」


そこで彼らを討伐し、彼らの罪を責めたてた。青州兵せいしゅうへいあわてふためいて太祖たいそ曹操そうそう)のもとに逃げてうったえ出た。



この時于禁うきんは、青州兵せいしゅうへいが自分をうったえているにもかかわらず守りを固めて敵の追撃に備え、陣営を敷き終わってから曹操そうそうに謁見して詳しく実情を説明しました。

曹操そうそうは大いに喜んで、于禁うきんの前後にわたる戦功を取り上げて益寿亭侯えきじゅていこうに封じましたが、同時に青州兵せいしゅうへいを罰したという記録もありません。

『魏書』賈逵伝の注『魏略』

建安けんあん25年(220年)、曹操そうそう洛陽らくようで崩御した時のこと。


当時、太子たいし曹丕そうひ)は冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんにおり、鄢陵侯えんりょうこう曹彰そうしょう)はまだ到着していなかった。

また、兵士や人民は労役にたいそう苦しんだ上に疫病が流行はやったため、軍中は騒然となったので、官僚たちは天下に変事が起こることを心配してを発表しないように願った。

曹操そうそうの葬儀を取り仕切っていた)賈逵かきは、建言して秘密にすべきでないと主張し、そこで死去のむねを発表して内外の人々にみな参内して告別させ、告別が済むと各人平静にして動き回ってはならぬと命じた。

ところが青州兵せいしゅうへいは勝手に太鼓を鳴らして引きげて行った。人々はそれを禁止し、従わなければ彼らを討伐すべきだと考えた。

賈逵かきは、


「現在、魏王ぎおうの遺体はひつぎにあり、後継のおうはまだ立てられていない。この機会に彼らをいたわるのがよろしい」


と主張した。そこで長文の布令文を作って、通り道のどこでも官米を支給するようにと布告した。



また、資治通鑑しじつがん魏書ぎしょ臧覇伝ぞうはでんの注に引かれている魏略ぎりゃくにも、これと同様の記述があります。


これらをまとめると次のようになります。

  • 初期の頃、青州兵せいしゅうへい曹操そうそう軍の主力をつとめていた
  • 曹操そうそう青州兵せいしゅうへいを寛大に扱った
  • 曹操そうそうが崩御するまで青州兵せいしゅうへいは再編成されず、1つの部隊として存在していた
  • 曹操そうそうが崩御すると青州兵せいしゅうへいは去って行った

以上のことから、曹操そうそう青州兵せいしゅうへいの間にどのような契約がなされていたのかを考えてみます。


スポンサーリンク


曹操と青州兵の関係

青州せいしゅう黄巾こうきんを降伏させた時の曹操そうそうには、彼らを無条件降伏させるような圧倒的な軍事力はありませんでした。曹操そうそう軍に敗北した黄巾賊こうきんぞく青州せいしゅうに撤退せず、百余万人の民とともに降伏した背景には、曹操そうそうとの間に何らかの契約があったことは間違いないでしょう。

ですが、魏書ぎしょ武帝紀ぶていぎには「意表を突く伏兵をもうけて敵を捕らえると、そのたびに降伏のみちを示した」とあるだけで、どのような契約が交わされていたのかはしるされていません。

では、なぜ青州せいしゅう黄巾こうきん曹操そうそうに降伏したのでしょうか?

生活の保障

青州せいしゅう黄巾こうきん兗州えんしゅうに侵攻した初平しょへい3年(192年)4月は、すでに朝廷に力なく、袁紹えんしょう袁術えんじゅつ公孫瓚こうそんさんらが独自の勢力を築き、領土の拡大を狙う群雄割拠の時代が始まっていました。

この時やっと兗州牧えんしゅうぼくとなった曹操そうそうはこの群雄割拠のレースに出遅れた存在であり、また、戦乱の中間地点にある兗州えんしゅうは、戦乱を避けるため多くの民が離散していたことは想像に難くありません。

そのため青州せいしゅう黄巾こうきんが送ってきた文書から、彼らが自分に共感していることに気づいた曹操そうそうは、侵攻して来た青州せいしゅう黄巾こうきんを追い払うのではなく、自分の統治下に置くことを考えました。

つまり、青州せいしゅう黄巾こうきんを統治下に置くことで、自分が統治する兗州えんしゅうの民と軍の補強をしようと考えたのです。


一方、青州せいしゅう黄巾こうきん・百万の民は、生活に困窮した飢民がり所としたものであり、彼らの言う中黄太乙ちゅうこうたいいつの教えなどは単なる口実に過ぎず、たがやす土地が与えられ生活が保障されるのであれば、青州せいしゅう黄巾こうきん曹操そうそうへの降伏を断る理由はないでしょう。


このことから、曹操そうそうが困窮していた青州せいしゅう黄巾こうきんたがやす土地を与え、生活の保障をしたであろうことは間違いありません。

青州兵の待遇

青州兵を寛大に扱った理由

これまで少数の私兵しか持てなかった曹操そうそうは、青州兵せいしゅうへいという戦闘経験豊富な多数の兵を手に入れました。

ですがこれは逆に、主力とする青州兵せいしゅうへいが反乱を起こした場合、途端に窮地におちいってしまうということでもあります。


曹操そうそう青州兵せいしゅうへいを寛大に扱ったのは、青州兵せいしゅうへいに頼らざるを得ない曹操そうそうが彼らの反乱を未然に防ぐための不本意な対応であり、このような特別待遇を降伏の条件にしていたのではないと思われます。

青州兵を再編成しなかった理由

まず、青州兵せいしゅうへいを再編成して各部隊に分散させるより、常に1つの部隊として扱った方が、これまで青州せいしゅう黄巾こうきんとして戦って来た結束を活かすことができ、大きな戦果を期待することができます。

また、元は青州せいしゅう黄巾賊こうきんぞくとして略奪を繰り返してきた青州兵せいしゅうへいは、前述の魏書ぎしょ于禁伝うきんでんに見られるように、旗色が悪くなれば略奪を働く危険な存在でもありました。


曹操そうそう青州兵せいしゅうへいを再編成しなかったのは、そんな危険分子を分散して他の部隊に加えるより、1つの部隊にまとめておいた方が扱いやすいと考えた結果だと思われます。

青州兵が仕えるのは一代限り?

曹操そうそうが亡くなると、青州兵せいしゅうへいは城を去って行きました。ではこれも「仕えるのは曹操そうそう一代限り」という曹操そうそうとの契約なのでしょうか?


人々が「従わなければ彼らを討伐すべきだ」と言ったことや、「現在、魏王ぎおうの遺体はひつぎにあり、後継のおうはまだ立てられていない。この機会に彼らをいたわるのがよろしい」という賈逵かきの言葉から、青州兵せいしゅうへいが去ったことは不測の事態だったことがうかがえます。


もしこの時、青州兵せいしゅうへいに討伐軍を派遣したならば、静かに去ろうとしていた青州兵せいしゅうへいの動きは、反乱という形で世に顕在化けんざいかされてしまいます。

曹操そうそうが亡くなり、後継者も立てられていないこの状況で反乱が起きたことが知れ渡れば、各地の反乱分子が一斉に反乱を起こし、曹操そうそうが築いた魏王国ぎおうこくの瓦解につながりかねません。

つまり、青州兵せいしゅうへいが去ったことは隠したい事実であり、賈逵かきはその後青州兵せいしゅうへいが行く先々で略奪を働いて事を荒立てぬよう、青州兵せいしゅうへいの通り道で官米を支給するようにと布告したのです。


つまりこれも、「仕えるのは曹操そうそう一代限り」という曹操そうそうとの契約ではなく、魏王国ぎおうこくを円滑に継承させるためのやむを得ない選択であったと言えるでしょう。

その証拠に、青州兵せいしゅうへいと同時期に去った臧覇ぞうはの配下もとがめられることはありませんでしたが、のち曹丕そうひはそのことを理由に臧覇ぞうはから兵を取り上げています。


漫画蒼天航路そうてんこうろでは、曹操そうそう青州せいしゅう黄巾党こうきんとうとの間に、

  • 民が安心して暮らせる太平の世を実現する
  • 青州兵せいしゅうへい」を再編・解体しない
  • 青州せいしゅう黄巾党こうきんとうの教義を奪わない
  • 曹操そうそうの死によって主従関係を解消する

という4つの契約がわされていたことになっていますが、正史せいし三国志さんごくしその他の歴史書を確認してみると、実際に結ばれた契約は「青州せいしゅう黄巾こうきんの生活の保障」ただ1つだったように思えます。

ですが、漫画蒼天航路そうてんこうろ黄巾党こうきんとうを非常に丁寧に描いており、曹操そうそう青州せいしゅう黄巾党こうきんとうの間にこれら4つの契約がなされていたとするのは、黄巾党こうきんとうの存在感と曹操そうそうの偉大さを印象づける非常に効果的な演出であると思います。