201年【漢:建安けんあん6年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

201年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉協りゅうきょう献帝けんてい
皇太后
皇后 伏皇后ふくこうごう伏寿ふくじゅ

朝廷

官職 人物
大司馬だいしば
太尉たいい
司徒しと 趙温ちょうおん
司空しくう 曹操そうそう
執金吾しつきんご 伏完ふくかん
将作大匠しょうさくたいしょう 孔融こうゆう
大将軍だいしょうぐん 袁紹えんしょう
前将軍ぜんしょうぐん 趙謙ちょうけん
左将軍さしょうぐん 劉備りゅうび
輔国将軍ほこくしょうぐん 伏完ふくかん
安狄将軍あんてきしょうぐん 馬騰ばとう
安降将軍あんこうしょうぐん 韓遂かんすい
建徳将軍けんとくしょうぐん 曹操そうそう
伏波将軍ふくはしょうぐん 陳登ちんとう

地方官

官職 人物
司隸校尉しれいこうい 鍾繇しょうよう
冀州牧きしゅうぼく 袁紹えんしょう
豫州牧よしゅうぼく 劉備りゅうび
兗州牧えんしゅうぼく 曹操そうそう
荊州牧けいしゅうぼく 劉表りゅうひょう
益州牧えきしゅうぼく 劉璋りゅうしょう
青州刺史せいしゅうしし 袁譚えんたん
揚州刺史ようしゅうしし 劉馥りゅうふく
遼東太守りょうとうたいしゅ 公孫度こうそんど
河内太守かだいたいしゅ 魏种ぎちゅう
河東太守かとうたいしゅ 王邑おうゆう
広陵太守こうりょうたいしゅ 陳登ちんとう
丹楊太守たんようたいしゅ 呉景ごけい
会稽太守かいけいたいしゅ 孫権そんけん

スポンサーリンク


201年の主な出来事

出来事
2月
  • 日食があった。
4月
  • 曹操そうそう倉亭津そうていしん袁紹えんしょうの駐屯軍を撃ち破る。
  • 袁紹えんしょうが「官渡かんとの戦い」後にそむいた諸郡県を平定する。
  • 荀彧じゅんいくの進言により曹操そうそう劉表りゅうひょう討伐を断念する。
  • 曹操そうそうが再び黄河こうがほとりに陣を取る。
9月
  • 曹操そうそう許都きょと豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけん]に帰還する。
  • 曹操そうそう汝南郡じょなんぐん劉備りゅうび征討に出陣する。
  • 劉備りゅうび荊州けいしゅう劉表りゅうひょうを頼る。
  • 劉表りゅうひょう劉備りゅうび荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん新野県しんやけんに駐屯させる。
不明

中央

  • 曹操そうそう張遼ちょうりょう豫州よしゅう予州よしゅう)・魯国ろこくの諸県を平定させる。
  • 曹操そうそう夏侯淵かこうえん張遼ちょうりょう徐州じょしゅう東海郡とうかいぐんの独立勢力・昌豨しょうきを攻撃させる。
  • 張遼ちょうりょう昌豨しょうきを帰順させる。
  • 昌豨しょうき曹操そうそうの元に出頭する。

益州えきしゅう方面

  • 益州えきしゅう大官たいかん趙韙ちょうい成都せいとを包囲する。
  • 劉璋りゅうしょうが反逆者を撃破し、逆に江州こうしゅうにいる趙韙ちょういを攻撃する。
  • 趙韙ちょうい配下の龐楽ほうがく李異りいらが趙韙ちょういを斬殺する。
  • 巴西太守はせいたいしゅ龐羲ほうぎ讒言ざんげんを受け、劉璋りゅうしょう龐羲ほうぎを疑う。
  • 龐羲ほうぎが反逆をくわだてるが、程畿ていきの取り込みに失敗する。
  • 龐羲ほうぎ劉璋りゅうしょう陳謝ちんしゃし許される。

スポンサーリンク


201年の群雄勢力図

1月

200年12月の群雄勢力図

200年12月の凡例

201年1月の群雄勢力図

袁紹えんしょう冀州きしゅうを回復する

4月、曹操そうそう黄河こうがほとりに兵を上陸させ、倉亭津そうていしんにおいて袁紹えんしょうの駐屯軍を攻撃して撃ち破りましたが、袁紹えんしょうの方でも官渡かんとの敗戦後にそむいた冀州きしゅうの諸郡県を攻撃して平定しました。

劉備りゅうび荊州けいしゅう劉表りゅうひょうを頼る

9月、許都きょと豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけん]に帰還した曹操そうそうは、劉備りゅうびの征討に南方(汝南郡じょなんぐん)に向かいます。


豫州(予州)・汝南郡

豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん


曹操そうそうみずからやって来る」と聞いた劉備りゅうび荊州けいしゅう劉表りゅうひょうもとに逃走し、龔都きょうと共都きょうと)らは散り散りに離散してしまいました。

すると劉表りゅうひょうは、みずから郊外まで劉備りゅうびを出迎えると、上客に対する礼をもって待遇し、その軍兵を増やして荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん新野県しんやけんに駐屯させます。

東海郡とうかいぐんの独立勢力・昌豨しょうきの帰順

袁紹えんしょうが敗れると、曹操そうそうは別軍として張遼ちょうりょう豫州よしゅう予州よしゅう)・魯国ろこくに派遣して諸県を平定させました。

また曹操そうそう張遼ちょうりょうに、夏侯淵かこうえんと共に徐州じょしゅう東海郡とうかいぐんの独立勢力・昌豨しょうき(別名:昌狶しょうき昌務しょうぶ昌覇しょうは)を包囲させましたが、数ヶ月って兵糧が尽きたため、軍を引きげて帰還することを論議します。

この時、昌豨しょうきに迷いがあることを見抜いた張遼ちょうりょうは、昌豨しょうきを説得して降伏を認めさせました。

関連記事

12月

201年12月の群雄勢力図

201年12月の凡例

201年12月の群雄勢力図

趙韙ちょういの反乱の終息

前年の建安けんあん5年(200年)、益州えきしゅう大官たいかん趙韙ちょういが反乱を起こし、蜀郡しょくぐん広漢郡こうかんぐん犍為郡けんいぐんがこれに呼応してました。

建安けんあん6年(201年)に入り、趙韙ちょうい成都せいとを包囲していましたが、趙韙ちょういを恐れた東州人とうしゅうじんはみな心を1つに力を合わせて劉璋りゅうしょうを助け、誰も彼もが必死になって戦った結果、反逆者を撃破して進軍し、逆に江州こうしゅうにいる趙韙ちょういを攻撃します。

ことここにいたると、趙韙ちょうい配下の龐楽ほうがく李異りいらは劉璋りゅうしょうに寝返って趙韙ちょういの兵を殺害し、趙韙ちょういを斬殺してしまいました。

劉璋りゅうしょう龐羲ほうぎの確執

劉璋りゅうしょう巴西太守はせいたいしゅに任命された龐羲ほうぎは「郡にも守備兵が必要だ」と考え、盛んに私兵をまねき集めていました。ですが、これを劉璋りゅうしょう讒訴ざんそ(他人を陥れるために、目上の人や主人にありもしない事を告げること)する者がいて「龐羲ほうぎには反逆の陰謀がある」といたため、劉璋りゅうしょうは内心、龐羲ほうぎを疑うようになります。

身の危険を感じた龐羲ほうぎは反乱をくわだてますが、味方に引き入れようとした程畿ていきの反対にあい断念。劉璋りゅうしょうに深く陳謝ちんしゃして、事なきを得ました。

関連記事

この年、袁紹えんしょうは「官渡かんとの戦い」の敗戦後にそむいた諸郡県を平定し、曹操そうそう徐州じょしゅう東海郡とうかいぐんの独立勢力・昌豨しょうき(別名:昌狶しょうき昌務しょうぶ昌覇しょうは)を帰順させました。

一方、益州えきしゅうでは前年から続いていた趙韙ちょういの反乱が終息し、益州えきしゅう巴西郡はせいぐん漢昌県かんしょうけん県長けんちょう程畿ていきの働きにより、龐羲ほうぎの反乱は未然に防がれました。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表