建安けんあん元年(196年)9月、献帝けんてい豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけんに迎えた曹操そうそうの、袁紹えんしょうに対する対応とその他の人事についてまとめています。

スポンサーリンク

曹操が袁紹に大将軍の位を譲る

許県に献帝を迎える

建安けんあん元年(196年)9月、曹操そうそう豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけん献帝けんていを迎え入れます。

曹操そうそう献帝けんていを迎えて許県きょけんに都を置き、司隷しれい河南尹かなんいんを手中に収めると、関中かんちゅうはみな曹操そうそうに帰服しました。

関連記事

曹操が献帝を豫州(予州)・潁川郡・許県に迎え入れる

袁紹を責める

献帝けんてい曹操そうそう)が、袁紹えんしょうに次のような詔書しょうしょを下して彼を責めました。


「(袁紹えんしょうは)領地が広く兵も多くして、みずから党を立て*1勤王きんのうの師を聞かず(朝廷の命令に従わず)、ただ欲しいままに互いに討伐を行っている*2


すると袁紹えんしょうが釈明の上書をしてきたので、朝廷は袁紹えんしょう太尉たいいに任命し、鄴侯ぎょうこうに封じました。

脚注

*1勝手に子の袁譚えんたん青州刺史せいしゅうししに、袁熙えんき幽州刺史ゆうしゅうししに、外甥がいせい(姉妹の子)の高幹こうかん幷州刺史へいしゅうししに任命したことを指します。

*2公孫瓚こうそんさんと争いを繰り返したことを指します。

大将軍の位を譲る

朝廷から正式に太尉たいいに任命された袁紹えんしょうですが、その序列が曹操そうそう大将軍だいしょうぐん)の下位にあることを恥じ、


曹操そうそうはこれまで何度も窮地きゅうちおちいったが、その度にわしは奴を救ってやった。それなのに、今になって天子てんし献帝けんてい)を差しはさみ(干渉して)、わしに命令するというのかっ!」


と言って激怒し、上表してこれを受けることを辞退してきました。


これをおそれた曹操そうそうは、朝廷に大将軍だいしょうぐんの位を袁紹えんしょうゆずることをい、改めて司空しくうに任命され、車騎将軍しゃきしょうぐんの職務を代行することになりました。

また、袁紹えんしょう大将軍だいしょうぐんの位は受けましたが、鄴侯ぎょうこうの爵位は辞退して受けませんでした。


袁紹えんしょう大将軍だいしょうぐんになった時期について、後漢書ごかんじょ献帝紀けんていぎには、「建安けんあん2年(197年)3月、袁紹えんしょうみずか大将軍だいしょうぐんとなった」とあります。

豆知識

袁紹の曹操への援助
  • 初平しょへい元年(190年)、司隷しれい河南尹かなんいん滎陽県けいようけん汴水べんすい徐栄じょえいに敗れた曹操そうそうは、揚州ようしゅうで兵を補充した後、当時司隷しれい河内郡かだいぐんに駐屯していた袁紹えんしょうを頼りました。
  • 初平しょへい3年(192年)、袁紹えんしょう兗州えんしゅう東郡とうぐんに侵攻した黒山賊こくざんぞくを撃ち破った曹操そうそうを、東郡太守とうぐんたいしゅに任命しました。
  • 初平しょへい4年(193年)、曹操そうそう徐州じょしゅう侵攻に際して、袁紹えんしょう朱霊しゅれいに3陣営の兵を指揮させて援助しました。
  • 興平こうへい元年(194年)、兗州えんしゅうで反乱を起こした呂布りょふらを相手に敗北が続いた曹操そうそうに、使者を派遣して手を結ぼうと持ちかけ、曹操そうそうの家族を冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけん袁紹えんしょうの本拠地)に住まわせるように提案しました。
関連記事

後漢書ごかんじょ献帝紀けんていぎには、

曹操そうそうみずか司空しくう行車騎将軍こうしゃきしょうぐんとなり、百官はそれぞれの職責を負いつつ曹操そうそうの指示に従った」

とあり、袁紹えんしょう大将軍だいしょうぐんの位をゆずったことで曹操そうそうは、何らかの権限を失うわけではありませんでした。

おそらくこの時点で、袁紹えんしょうの怒りを買って攻撃を受けたならば、曹操そうそうは敗北していたかもしれません。曹操そうそうは名目だけに過ぎない大将軍だいしょうぐんの位をゆずることで、袁紹えんしょうの攻撃を回避したのでした。


スポンサーリンク


曹操の人事

荀彧の推挙

曹操そうそう荀彧じゅんいくかん侍中じちゅう尚書令しょうしょれいに昇進させました。

荀彧じゅんいくは常に中枢にいながら厳正な態度を保ち、曹操そうそうは出征して都の外にいる時でも、軍事・国時に関するすべてのことを荀彧じゅんいくに相談しました。


ある時曹操そうそう荀彧じゅんいくに、


「君に代わってわしのために策謀を立てられる人物は誰だね?」


たずねました。すると荀彧じゅんいくは、

  • 従子じゅうしおい)で蜀郡太守しょくぐんたいしゅ荀攸じゅんゆう
  • 豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん出身の鍾繇しょうよう

の2人を推挙します。

またこれより先、荀彧じゅんいくは「策謀の士」として戯志才ぎしさいを推挙しましたが、戯志才ぎしさいが亡くなると今度は、

  • 豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん出身の郭嘉かくか

を推挙しました。

彼が推挙した人物はみな適任で、曹操そうそうは「荀彧じゅんいくには人を見る目がある」と考えていましたが、

  • 揚州刺史ようしゅうししに任命された厳象げんしょう
  • 涼州刺史りょうしゅうししに任命された韋康いこう

だけは後年敗死しました。

荀攸(じゅんゆう)

曹操そうそう荀攸じゅんゆうまねいて尚書しょうしょに任命しました。

また、荀攸じゅんゆうと語り合った曹操そうそうは大いに喜んで、


公達こうたつ荀攸じゅんゆうあざな)は常人ではない。彼と事をはかることができたならば、天下に何もうれうることはない」


と言って、彼を軍師ぐんしに任命しました。

豆知識

荀攸じゅんゆうは、荀彧じゅんいくと共に董卓とうたく戦禍せんかまぬかれた後、公府に招聘しょうへいされ、高第こうていげられて任城相にんじょうしょう兗州えんしゅう任城国にんじょうこく太守たいしゅ)に任命されましたが、任城国にんじょうこくには赴任せず、しょくの地が険固で民衆が富裕だったことから、蜀郡太守しょくぐんたいしゅの官職を求めました。

ですが、しょくへの道が絶たれていたために任地におもむくことができず、この時は荊州けいしゅうとどまっていました。

郭嘉(かくか)

曹操そうそう郭嘉かくかまねいて共に天下のことを論じると、


わしに大業を成さしむる者は、この人に違いない」


と言って喜び、上表して司空祭酒しくうさいしゅ*3に任命しました。

また郭嘉かくかも、


「(曹操そうそうこそ)まことが主君なり」


と言って喜びました。

豆知識

かつて郭嘉かくか袁紹えんしょうを訪ねて会見したことがあり、その時袁紹えんしょうは彼に大変な敬意を払って接しました。

ですが数十日った頃、郭嘉かくか袁紹えんしょうの謀臣・辛評しんぴょう郭図かくとに言いました。


「そもそも智恵者は主君の人物をはっきりと判断するものです。だからこそすべての行為は安全確実で功業名誉を打ち立てることができるのです。

袁公えんこう袁紹えんしょう)はいたずらに「士人にへりくだった周公しゅうこうの態度」を真似ようとされていますが、人物をもちいる機微きびについてご存知ではありません。また色々とおやりになりながら肝心な所がおろそかなことが多く、策略を好みながら決断することができません。

協力して天下の大難を救い、覇者王者の事業を成そうと思いましても難しいことです。私は改めて主君を求めます。あなた方はなぜ去らないのですか」


すると2人は、


袁氏えんし袁紹えんしょう)は天下に恩徳があり、多くの人が帰順している。しかも今、最も強いというのに、ここを去ってどこに行くというのだ」


と言ったので、あきれた郭嘉かくかはそれ以上語らずに袁紹えんしょうの元を去りました。

脚注

*3魏書ぎしょ郭嘉伝かくかでんでは司空軍祭酒しくうぐんさいしゅ軍律ぐんりつ(軍隊の風紀・規律)を取り仕切る官職。

満寵(まんちょう)

曹操そうそう兗州えんしゅう山陽郡さんようぐん出身の満寵まんちょう西曹属せいそうぞくに任命し、許令きょれい豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけん県令けんれい]としました。

豆知識

当時、曹洪そうこう曹操そうそうの一族として親愛され高い身分にあったため、彼の食客の中には許県きょけん界隈かいわいでしばしば法をおかす者がいたので、満寵まんちょうは彼らを逮捕して取り調べを行いました。

この時曹洪そうこうは、手紙を送って満寵まんちょうに内々の意向(食客たちの赦免しゃめん要求)を伝えましたが、満寵まんちょうは聞き入れようとしません。

そこで曹洪そうこう曹操そうそうにこの事を言上すると、曹操そうそう許県きょけんの担当者を召し出しました。

ですが、これを「食客たちを赦免しゃめんする」つもりだと察した満寵まんちょうは、すぐさま彼らを引き出して処刑してしまったのです。

このことを聞いた曹操そうそうは喜んで、


「事の処理はこのようにすべきだ」


と言いました。


豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけんに迎え入れられた献帝けんていは、袁紹えんしょう太尉たいいに任命し、鄴侯ぎょうこうに封じました。

ですが袁紹えんしょうは、その序列が曹操そうそう大将軍だいしょうぐん)の下位にあることを恥じて辞退してきたため、曹操そうそう大将軍だいしょうぐんの位を袁紹えんしょうゆずります。

また曹操そうそうは、新たに「策謀の士」を求めて、荀彧じゅんいくが推挙した荀攸じゅんゆう郭嘉かくからを幕下ばっかに加えました。