諸豪族を洛陽らくように召集して宦官たちを追いつめた何進かしんですが、逆に宦官たちに暗殺されてしまいました。
その後、宦官一掃に成功した袁紹えんしょうですが、袁紹えんしょうがこれまで誰も成し得なかった宦官一掃に成功した理由について考えてみます。

スポンサーリンク

諸豪族を洛陽に召集

宦官一掃計画と何太后の反対

霊帝れいていの崩御後、何太后かたいごうが生んだ少帝しょうてい劉辯りゅうべん)が14歳で即位したことで、何太后かたいごうを頂点とする外戚が政治の実権を握ることに成功しました。

ですが、中常侍ちゅうじょうじをはじめとする宦官たちが存在する限り、汚職は続き、彼らに政治の実権を奪われる危険が常につきまといます。

そこで、大将軍だいしょうぐん何進かしん袁紹えんしょうの提案を受け入れ、何太后かたいごうに宦官を一掃する許可を求めました。


宦官を排除する計画は以前にもありましたが、これまで天子や皇太后こうたいごうがこれを許可した例はありませんでした。天子や皇后こうごう皇太后こうたいごうにとって宦官とは、自分たちの身の回りの世話をする大切な存在だったからです。

さらに、宦官の後押しによって皇后こうごうになることができた何太后かたいごうは、宦官に対して深い恩義を感じていた上、何太后かたいごうの母である舞陽君ぶようくんと一族である何苗かびょうも反対に回ったため、許可を得ることは非常に難しい状況でした。


そこで、何進かしんは諸豪族を洛陽らくように召集し、彼らにも「宦官の誅殺」を求めさせることで、反対する何太后かたいごうを屈服させようとしました。

関連記事

後漢の宦官がなぜ権力を得ることができたのか。宦官の正体とは

なぜ何進は董卓を洛陽に呼び寄せたのか?霊帝の崩御と朝廷の混乱

何太后への脅し

何進かしんは各地の豪族に、次のように命令を発しました。


  • 前将軍ぜんしょうぐん董卓とうたくは軍勢を率いて関中かんちゅう上林苑じょうりんえん)に駐屯せよ。
  • 大将軍府のえん(属官)である王匡おうきょう鮑信ほうしんは、泰山郡たいざんぐんで兵を集めよ。
  • 東郡太守とうぐんたいしゅ橋瑁きょうぼうは軍勢を率いて成皋せいこうに駐屯せよ。
  • 武猛都尉ぶもうとい丁原ていげんは、軍勢を率いて孟津もうしんを焼き払え。

そして、それぞれの軍勢に「宦官を誅殺すべし!」と叫ばせたのです。


群雄の配置

何進かしんによる群雄の配置


丁原ていげん洛陽らくようの北東すぐ近くにある孟津もうしんを焼き討ちすると、その炎は洛陽らくようの城中を照らすほどでしたが、何太后かたいごうはそれでも首を縦に振りません。

さらに何苗かびょう何進かしんに言います。

南陽なんようで暮らしていた頃は貧しかったのに、宦官のお陰で今の地位にまで昇ることができたのです。この恩を忘れず、宦官と和解してください」

すると、ここに来て何進かしんはまた迷い出しました。

一方で袁紹えんしょうは、何進かしんが心変わりをすることを恐れてさらに進言します。

「すでに我々の計画は宦官の知るところとなりました。今中止したところで宦官たちの恨みは消えません。ご決断をっ!」

これに対し何進かしんは、袁紹えんしょう司隸校尉しれいこういとして軍権を与え、従事中郎じゅうじちゅうろう王允おういん河南尹かなんいんに任命しました。このことは、袁紹えんしょうたちに軍を動かす権限を与えたということです。

袁紹えんしょうは、宦官に対する監視を強め、董卓とうたくら諸豪族に洛陽らくように入るように使いを送りました。


事ここに至ると何太后かたいごうも不安をつのらせ、中常侍ちゅうじょうじ小黄門しょうこうもんら官職に就く宦官をすべて罷免ひめんし、郷里に帰るように命じました。

中常侍ちゅうじょうじたちは揃って何進かしんを訪問し、謝罪して許しを請います。

これに対し何進かしんは、

「お前たちを殺そうと董卓とうたくらがすぐそこまで迫っているのに、何で早く郷里に帰らないのか」

と答えました。

袁紹えんしょうは、中常侍ちゅうじょうじ小黄門しょうこうもんらが集まっているまたとない好機に、彼らを殺すように進言しますが、何進かしんはそれを許しませんでした。


何進かしんは妹の何氏かし皇后こうごうになって以来、宦官と共存関係を維持して来たため、宦官をそれほど危険視していませんでした。

袁紹えんしょうの進言を入れて「宦官の一掃」を掲げてみたものの、本心では自分に害をなそうとした中常侍ちゅうじょうじ蹇碩けんせきを殺した時点で十分だと考えていたのかもしれません。



スポンサーリンク


何進の暗殺と宦官の一掃

張讓(ちょうじょう)の陰謀

何進かしん袁紹えんしょうによる「宦官一掃計画」から逃れるために、宦官たちは官職を解かれ、郷里に帰ることを余儀なくされたのですが、彼らも黙って引き下がれません。

中常侍ちゅうじょうじ張讓ちょうじょうの子(養子)の妻は、何太后かたいごうの妹でした。

張讓ちょうじょうは彼女に「郷里に帰る前にもう一度宮中に上がり、皇太后こうたいごうと天子のご尊顔を拝したい」と懇願すると、舞陽君ぶようくんを通して何太后かたいごうに伝わり、宦官たちは再び宮中に参内することを許されました。

何進の暗殺

そして、189年の8月、何進かしんは宮中に参内します。

これを見た宦官たちは、

何進かしんは病気を理由に霊帝れいていの葬儀にも参列しなかったのに、今頃何のために参内したのだろうか」

いぶかしがりました。

張讓ちょうじょうたちが人を使って宮中の様子を盗み聞くと、何進かしんはまたもや「宦官一掃の許可を求めた」とのことです。

これを聞いた張讓ちょうじょうは、中常侍ちゅうじょうじ段珪だんけい畢嵐ひつらんに数十名の兵を率いさせて宮中に伏せると、偽のみことのりで再度何進かしんを呼び出しました。

参内した何進かしん張讓ちょうじょうらは言い放ちます。


「天下が乱れたのは   私たちの罪だけではない。

また、先帝(霊帝れいてい)が何太后かたいごうを廃位されようとした際、私たちが涙を流してお救いしたのは、あなたの一族を頼みと思えばこそである。

それなのに私たちを滅ぼそうとするとは。

朝廷が腐敗しているというが、あなたの言う忠清な者の中に、あの時あなた方を救おうとした者がいるのか!」


言い終わると、尚方監しょうほうかん渠穆きょぼくは剣を抜いて嘉徳殿かとくでんの前で何進かしんを斬りました。


そして、張讓ちょうじょう段珪だんけいは元太尉たいい樊陵はんりょう司隸校尉しれいこういに、少府しょうふ許相きょしょう河南尹かなんいんとするみことのり尚書しょうしょに渡します。

司隸校尉しれいこうい河南尹かなんいんを新たに任命することには、何進かしん派の袁紹えんしょう王允おういんの軍権を剥奪する意図がありました。

尚書しょうしょが「大将軍だいしょうぐんと協議すべきです」というと、尚書しょうしょの前に何進かしんの首を投げ出してこう言い放ちます。

何進かしんは謀反し、すでに罪に服した!」


宦官たちが謝罪に来た時に殺すことをためらったのは、名声が傷つくことを恐れたのか、何太后かたいごうによって逆臣にされることを恐れたのか、何進かしんはあくまでも宦官一掃の許可を求めていました。

あるいは失脚した宦官に利用価値はなく、殺しておいた方が良いと考え直したのかもしれません。

また、霊帝れいていの葬儀にも参加しなかったほど慎重だった何進かしんが、偽のみことのりでノコノコ参内してしまったのは、宦官たちはすべて郷里に帰ったものと安心していたものと思われます。

張讓ちょうじょうたちが現れたときの何進かしんの様子は記されていませんが、さぞかし驚いたはずです。

宦官の一掃

門の外で待機していた呉匡ごきょう張璋ちょうしょうは、何進かしんが殺害されたことに気づくと、袁術えんじゅつと合流して攻撃をしかけましたが、なかなか打ち破ることができません。袁術えんじゅつ張讓ちょうじょうたちをいぶり出そうと嘉徳殿かとくでん青瑣門せいさもんに火をかけます。

張讓ちょうじょう段珪だんけいは「何進かしんが謀反した」と言い、何太后かたいごう少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうを連れて北宮に逃れようとしますが、尚書しょうしょ盧植ろしょくが立ちはだかったために何太后かたいごうとはぐれてしまいました。

また、呉匡ごきょうは日頃から何進かしんと対立していた何苗かびょうに疑いを抱いていたため、董卓とうたくの弟の奉車都尉ほうしゃとい董旻とうびんと共に兵を率いて何苗かびょうを攻めて首を斬りました。


一方袁紹えんしょうは、張讓ちょうじょうらが任命した司隸校尉しれいこうい樊陵はんりょう河南尹かなんいん許相きょしょうを斬ると、兵を率いて宦官たちを捕らえ、年齢を問わず皆殺しにかかります。

この時袁紹えんしょうによって殺された宦官の人数は、2,000人に及んだと言われています。

中にはヒゲを生やしていなかったために宦官と間違われて殺された例もあり、服を脱いで去勢されていないことを証明する者もいました。

なぜ袁紹の宦官一掃は成功したのか

宦官の一掃を計画した何進かしん袁紹えんしょうは、何太后かたいごうの許可が得られないため、苦心の末に諸豪族を洛陽らくように呼び寄せ、何太后かたいごうに圧力をかける作戦をとりました。

これは、何太后かたいごうの許可を得ずに宦官の一掃を強行した場合、過去の例からも失敗する確率が高かったからです。

関連記事

霊帝の即位と第二次党錮の禁


ではなぜ、袁紹えんしょうはこうも簡単に宦官の一掃に成功することができたのでしょうか。

何進かしんの人望

呉匡ごきょう何苗かびょうを討った時のエピソードです。


呉匡ごきょうが元何進かしんの兵に向かって、

大将軍だいしょうぐん何進かしん)を殺したのは車騎将軍しゃきしょうぐん何苗かびょう)である。私と共に仇討ちをする者はいるかっ!」

と号令をかけると、兵たちは「大将軍だいしょうぐんのために死なせて下さい!」と、涙を流して呉匡ごきょうに従いました。



たとえ大将軍だいしょうぐんの率いる兵であっても、それは天子から預けられた兵であり、天子に仕える兵です。これまでも、宦官たちが偽のみことのりを示して「賊を討て!」と命じれば、兵たちはみことのりに従ってしまうため、宦官を討つことに失敗してきました。


つまり、何進かしんには人望があり、平素から兵に慕われていたため、兵たちはみな、「みことのりそむいて殺されようとも何進かしんの仇討ちをするんだ!」と立ち上がったのだと言えるでしょう。

諸豪族の圧力

その昔宦官に敗北した竇武とうぶ陳蕃ちんはんも、清廉潔白な人物として知られ、何進かしんに劣らない人望があった人たちです。

では、この兵たちの反応の違いはどこにあるのでしょうか。

それは、口々に「宦官誅殺」を叫んで洛陽らくように集結しつつある諸豪族の存在です。

彼らの存在に何太后かたいごうも不安に駆られ、中常侍ちゅうじょうじたちの任を解き郷里に帰るように命じました。ですが、誰より不安になったのは洛陽らくように住む住民や兵士だったのではないでしょうか。

洛陽らくようの城中を照らす炎は、彼らに宦官の天下の終わりを予感させ、優勢である袁紹えんしょうたちによる宦官一掃に従ったと考えることもできます。


また、何進かしんが殺害されていたことも重要です。兵たちは何進かしんの「仇討ち」という特別な感情に突き動かされたのであって、もし何進かしんが生きていたら、いくら人望があったからと言っても、同じように結束できたかどうかは分かりません。


宦官の一掃は、一見いとも簡単にやってのけられたように見えますが、「諸豪族の圧力」や、「何進かしんの死」のような突発的な要素も加わって、初めて成し遂げられた快挙であると言えます。

また、宦官一掃に成功した袁紹えんしょうたちですが、少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうは、張讓ちょうじょうたちに連れられて洛陽らくようを脱出してしまいました。

少帝しょうていを保護できなかったことは、袁紹えんしょうたちにとって大きな誤算となります。