国の危機に心を痛める王允おういんの姿に同情する歌い貂蝉ちょうせん。絶世の美女である貂蝉ちょうせんを使って董卓とうたくを殺害する王允おういんの「連環れんかんはかりごと」が、ついに実行に移されます。

スポンサーリンク

呂布に貂蝉の輿入れを約束する

呂布に貂蝉の輿入れを約束する

画像出典元:珍蔵懐旧版四大名著連環画「三国演義」


タカオタカオ

前回は、貂蝉ちょうせん王允おういんの計略に協力することを承知したところまででしたよね。

マリコマリコ

うまく行くかなぁ?失敗したら殺されちゃうよね…。

王先生王先生

そうですね。
今回は、ついに王允おういんの「連環れんかんはかりごと」が実行に移されます。

ご確認

この記事は三国志演義さんごくしえんぎに基づいてお話ししています。この、王允おういん貂蝉ちょうせんの「連環れんかんはかりごと」については、三国志演義さんごくしえんぎの創作になります。

関連記事

貂蝉のモデルは董卓の侍女だった!?正史『三国志』での董卓の最期

連環の計とは


マリコマリコ

ちょっと良いですか?
王允おういんさんの計略って、なんで「連環れんかんはかりごと」って言うんですか? 連環れんかん…って?

タカオタカオ

確かに。これって「美人びじんけい」だよね。なんで「連環れんかん」って言うんだろう?

王先生王先生

良い質問ですね。


連環れんかん」とは、「つらねること。くさり」を意味します。

連環れんかんけい」には、

  • 物事を結びつける計略
  • 連続して複数の計略をもちいることで目的を達成しようとする計略

の2つの解釈がありますが、今回の場合は、

  • 女性をもちいて目的を達成する「美人びじんけい
  • 敵同士を仲違なかたがいさせる「離間りかんけい

の2つの計略を連続してもちいることで目的を達成しようとする、後者の例になります。



マリコマリコ

なるほどっ!

タカオタカオ

前から気になってたけど、分からないままだったんだよね。

王先生王先生

確かにややこしいですよね。

呂布を誘い出す


王先生王先生

では、今回のお話を始めましょう。


王允おういんはまず、たくさんの真珠をはめ込んだ黄金のかんむりをつくらせ、こっそりと呂布りょふに贈ります。すると呂布りょふは、大喜びでお礼を言いに王允おういんの屋敷をたずねました。

呂布りょふが来ると、王允おういんは門まで出迎えて奥座敷に迎え入れ、上座に座らせます。

そして「なぜ自分のような者に、朝廷の大臣である王允おういんどのが贈り物をくだされたのか」とたずねる呂布りょふに、王允おういんは言いました。


「今、天下に英雄と呼べるお人は、将軍しょうぐん呂布りょふ)だけでありましょう。私は将軍しょうぐん呂布りょふ)の大才に敬意を払ったのです」


呂布りょふがまんざらでもない表情をしているのを見た王允おういんは、さらに董卓とうたく呂布りょふたたえ、呂布りょふに酒を勧めます。

そして十分に酔いが回った頃、王允おういんは酒宴の席に貂蝉ちょうせんを呼びました。



マリコマリコ

なんだか私まで緊張してきた…。

タカオタカオ

王允おういんも心臓バクバクだろうな。

王先生王先生

国の存亡がかかっていますからねっ!

呂布との約束


王先生王先生

しばらくすると2人の腰元に付き添われ、美しく着飾った貂蝉ちょうせんが姿を現します。


「娘の貂蝉ちょうせんです。将軍しょうぐん呂布りょふ)のことは、もう他人とは思えませんのでお目通りさせました」


呂布りょふに紹介すると、王允おういん貂蝉ちょうせんにおしゃくをするように命じます。


そして、貂蝉ちょうせんのおしゃくを受けた呂布りょふが座につくように勧めると、貂蝉ちょうせんは目にびをたたえたまま、困ったように王允おういんの方を振り返りました。


将軍しょうぐん呂布りょふ)は親友だ。恥ずかしがることはない。そこに座りなさい」


王允おういんの許しを得た貂蝉ちょうせんは、ゆっくりと王允おういんわきに腰をおろします。

この時呂布りょふは、貂蝉ちょうせんのあまりの あでやかさ にうっとりと見とれていました。


そしてさらに酒がすすむと、ついに王允おういんは核心を切り出します。


「実はこの娘を将軍しょうぐん呂布りょふ)のお側に差し上げたいと思っているのですが、お受けいだだけますかな?」


すると呂布りょふは、その場にすっくと立ち上がり、


「もしそれがかなうのならば、私は王允おういんどのに犬馬のごとくご恩をお返ししますっ!」


と、王允おういんの申し出を快諾かいだくしました。



タカオタカオ

イチコロだねっ!(笑)

王先生王先生

その後王允おういんは、吉日きちじつを選んで貂蝉ちょうせん輿入こしいれさせる約束をして、呂布りょふを帰しました。

マリコマリコ

でもまだ成功させるためには、やらなくてはいけないことがたくさんありますよね…。

王先生王先生

そうですね。まだ1歩前進しただけにすぎません。


スポンサーリンク


董卓に貂蝉を献上する

董卓に貂蝉を献上する

画像出典元:珍蔵懐旧版四大名著連環画「三国演義」

董卓を屋敷に招く


王先生王先生

さて、次に王允おういんは、董卓とうたくにアプローチします。


呂布りょふ貂蝉ちょうせん輿入こしいれの約束をした数日後、そば呂布りょふがいないことを確認した王允おういんは、董卓とうたくを屋敷にまねきます。

すると董卓とうたくは「司徒しとどののご招待とあれば、即刻参るとしよう」と、上機嫌で承知しました。


次の日のうまの刻(11時〜13時)、董卓とうたくほこを持った鎧武者100人を引き連れてやってきます。

王允おういんは山海の珍味で董卓とうたくをもてなすと、


大師たいし董卓とうたく)どのの徳はいにしえ伊尹いいん周公しゅうこうといえども及びません」


と、ひたすら董卓とうたくを持ち上げました。


伊尹いいんいん王朝の始祖・湯王とうおう宰相さいしょうで、湯王とうおうたすけて桀王けつおうを滅ぼした人物。

周公しゅうこうしゅう武王ぶおうの弟で、武王ぶおうの死後、宰相さいしょうとして武王ぶおうの子・成王せいおうたすけて反乱を平定した人物です。




タカオタカオ

呂布りょふって董卓とうたくの護衛じゃなかったっけ?この時は来なかったの?

王先生王先生

来なかったみたいですね。

タカオタカオ

なんか都合の良い話だなぁ(笑)

王先生王先生

確かに…。王允おういん董卓とうたくに、呂布りょふを連れて来ないように言うのも不自然ですしね(笑)

貂蝉を献上する


王先生王先生

さて、日も暮れてえんも たけなわ となった頃、王允おういん董卓とうたくを奥座敷にまねきました。


奥座敷に入った董卓とうたくは、すっかり気を許して鎧武者を下がらせます。

すると王允おういんは、「宮中の楽人たちがお供しておりませんので、恐れながら我が家に仕える歌いをお目にかけましょう」と言って貂蝉ちょうせんを呼びました。


貂蝉ちょうせんまいに見とれていた董卓とうたくは、まいが終わるやいな貂蝉ちょうせんそば近くに呼んで名をたずね、今度は歌を所望します。

しばらくして、董卓とうたく貂蝉ちょうせんの歌とまいに夢中になっているのを見た王允おういんは、


「恐れながらこの女子おなご太師たいし董卓とうたく)さまに献上いたしたく存じますが、お受けいただけますでしょうか?」


と切り出します。

すると董卓とうたくは、「おこころざしかたじけないが、どんなお返しをしたら良いやら…」と、大いに喜んで何度も礼を言いました。

王允おういんは、「この女子おなごにとっては、太師たいし董卓とうたく)さまのおそばにお仕え出来るだけで、思いもよらぬ幸福にございます」と言い、すぐに馬車の支度をさせて、一足先に貂蝉ちょうせん丞相府じょうしょうふに送り届けました。



マリコマリコ

でもこれって、呂布りょふさんは王允おういんさんに怒りませんか?

タカオタカオ

もちろんそこはうまくやるでしょ(笑)

王先生王先生

そうですね。
その後董卓とうたくは怪しむことなく席を立ち、王允おういん董卓とうたく丞相府じょうしょうふまで見送りました。

呂布が王允を問い詰める


王先生王先生

さて、実はマリコさんが心配していた通りになるんです。


董卓とうたく丞相府じょうしょうふまで見送った王允おういん帰路きろにつくと、赤兎馬せきとばにまたがり方天画戟ほうてんがげきを手にした呂布りょふが、ものすごい勢いで王允おういんを追ってきます。

王允おういんに追いついた呂布りょふは、馬を降りるなり王允おういん襟首えりくびをつかんで声を荒げて言いました。


司徒しとどのっ!俺に貂蝉ちょうせんをくれる約束をしておきながら、今日になって太師たいし董卓とうたく)に贈るとは、人を馬鹿にするにも程があるっ!」


すると王允おういんは、「まずは落ち着いてくだされ。ここではお話もできませぬゆえ、拙宅せったくにお越し下さい」と言って呂布りょふを屋敷にまねきました。

そして、屋敷について挨拶を済ませた王允おういんは、「将軍しょうぐん呂布りょふ)はなぜこの年寄りをおとがめなさる?」と呂布りょふたずねます。

すると呂布りょふいかりをあらわにして、


「貴様が貂蝉ちょうせんを馬車に乗せて、丞相府じょうしょうふに送らせたことを知らせてくれた者がいるのだ!これは一体どういうことだっ!?」


王允おういんめ寄りました。



タカオタカオ

王允おういんのすっとぼけ具合が笑えるな(笑)

マリコマリコ

呂布りょふさんが怒るのも当然だよっ!どう言い訳するの?王允おういんさん。

王先生王先生

ここが正念場ですからね。
王允おういんあわてるそぶりもなく、次のように話して聞かせました。


「さては将軍しょうぐん呂布りょふ)、ご存知ないようですな。

昨日、太師たいし董卓とうたく)が殿中でんちゅう御殿ごてんの中)で、『私の家をたずねたい』とおっしゃったので、用意を整えてお待ちしていたところ、

司徒しとどのには貂蝉ちょうせんという娘があって、(義理の)息子の奉先ほうせん呂布りょふあざな)にくれる約束と聞いたが、口約束だけでは実に心許こころもとない。そこでわしがわざわざ頼みに来たのだが、ついでに一目ひとめ見せてもらいたい』

おおせられ、私も太師たいし董卓とうたく)どののお言葉を断ることもできず、貂蝉ちょうせんを目通りさせたのです。

すると太師たいし董卓とうたく)は、

『今日はちょうど吉日。わしが娘を連れて帰って、奉先ほうせん呂布りょふあざな)にやることにしよう』

とおっしゃり、貂蝉ちょうせんをお連れになったのです。

太師たいし董卓とうたく直々じきじきのお出ましに、この年寄りがお断りすることなどできないことは、ご理解いただけましょう」



マリコマリコ

これだと董卓とうたくさんが、後で呂布りょふさんに貂蝉ちょうせんさんを引き合わせることになりますね。

タカオタカオ

そうさ。でも本当は自分に貰ったのだから、董卓とうたく呂布りょふに渡すわけがない。そうなると呂布りょふは…。

マリコマリコ

董卓とうたくさんが横取りしたと思うのねっ!王允おういんさん天才っ!

タカオタカオ

いかにも董卓とうたくがやりそうなことだしね(笑)

王先生王先生

そうですね。
その後呂布りょふは、王允おういんに丁重に謝罪をして帰りました。


長安ちょうあん遷都せんとして残虐性を増していく董卓とうたくを見かねた王允おういんは、歌い貂蝉ちょうせんを使って董卓とうたくを殺害する連環れんかんはかりごとを思いつきました。

そしてまず王允おういんは、呂布りょふ貂蝉ちょうせんめあわせる約束をした上で、董卓とうたく貂蝉ちょうせんを献上します。

これにより、董卓とうたく呂布りょふ仲違なかたがいさせる下準備が整いました。



王先生王先生

次回は董卓とうたくの元に送り込まれた貂蝉ちょうせんが、董卓とうたく呂布りょふの間で2人を反目させるために立ち回ります。

三国志演義の解説を順番に読もう!

 三国志演義教室【目次】