建安けんあん10年(205年)に起こった高幹こうかんの反乱と、河東郡かとうぐんの反乱を鎮圧にみちびいた河東太守かとうたいしゅ杜畿ときの活躍、その後の杜畿とき河東郡かとうぐん統治についてまとめています。

スポンサーリンク

高幹の背反

幽州の騒乱

建安けんあん10年(205年)春正月、袁煕えんき将軍しょうぐん焦触しょうしょく張南ちょうなんらがそむいて袁煕えんき袁尚えんしょうを攻撃し、曹操そうそうに帰順。敗れた袁煕えんき袁尚えんしょうは3郡の烏丸うがん族(蹋頓とうとつ蘇僕延そぼくえん烏延うえん)の元に逃走しました。

その後、幽州ゆうしゅうでは趙犢ちょうとく霍奴かくどらが反乱を起こし、蹋頓とうとつ蘇僕延そぼくえん烏延うえんら3郡の烏丸うがん族が鮮于輔せんうほを攻撃します。曹操そうそうはこれを征討すると、冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんかえりました。

関連記事

高幹の背反

かつて袁紹えんしょうは、おい高幹こうかん幷州牧へいしゅうぼくを受け持たせていましたが、曹操そうそう冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんを陥落させると曹操そうそうに降伏し、そのまま幷州刺史へいしゅうししに任命されていました。


曹操そうそう烏丸うがん族を征討したことを聞いた高幹こうかんは、荊州けいしゅう劉表りゅうひょうと結んで幷州へいしゅう并州へいしゅう)をあげて反乱を起こします。

高幹こうかんは、こっそりと軍兵を派遣して鄴県ぎょうけんを襲撃しようとしますが、鄴県ぎょうけんを守備していた荀彧じゅんいくの兄・監軍校尉かんぐんこうい荀衍じゅんえんは、それを先に察知してことごとく誅殺ちゅうさつし、その功績によって列侯れっこうに封ぜられました。

その後高幹こうかんは、上党太守じょうとうたいしゅを捕らえて壺関こかんの入り口を守ります。


スポンサーリンク


河東郡の反乱と河東太守の交代

河東郡の反乱

高幹こうかんが反乱を起こすと、司隷しれい河内郡かだいぐん出身の張晟ちょうせいの軍勢1万余人は誰にも従属することなく、司隷しれい弘農郡こうのうぐん二崤山にこうざん*1澠池県べんちけん黽池県べんちけん)の辺りの地域を荒らし回り、また、司隷しれい河東郡かとうぐん出身の張琰ちょうえん旗揚はたあげして張晟ちょうせいに呼応します。


河東郡の反乱

河東郡かとうぐんの反乱


朝廷(曹操そうそう)は、河東太守かとうたいしゅ王邑おうゆう詔勅しょうちょくをもってし寄せましたが、天下がまだ安定していないことから、王邑おうゆうはおしに応じることを願っておらず、また、司隷しれい河東郡かとうぐんの官吏や住民たちも王邑おうゆうしたっていました。

この時、裏で高幹こうかんつながっている郡のえん(属官)・衛固えいこ中郎将ちゅうろうしょう范先はんせんらは、司隷校尉しれいこうい鍾繇しょうようの元におもむいて王邑おうゆうの留任を要請します。

脚注

*1二崤山にこうざん澠池県べんちけん黽池県べんちけん)の南に位置する。

荀彧の推薦

張晟ちょうせいらの反乱を受け、河東太守かとうたいしゅの人事について曹操そうそう荀彧じゅんいくに問うと、荀彧じゅんいく雍州ようしゅう西平太守せいへいたいしゅ京兆尹けいちょういん出身の杜畿ときを推薦します。

曹操と荀彧の会話・全文
タップ(クリック)すると開きます。

曹操そうそう荀彧じゅんいくに言いました。

関西かんせい函谷関かんこくかんより西の地域)の将軍しょうぐんたちは、要害と馬を楽しみとしており、征伐すれば反乱を起こすに違いない。張晟ちょうせい二崤山にこうざん澠池県べんちけん黽池県べんちけん)の一帯を荒し、南方の劉表りゅうひょうと連絡しており、衛固えいこらは奴(張晟ちょうせい)を頼りにしている。

わしには奴らがひどわざわいを引き起こすのではないかと心配だ。河東郡かとうぐんは山にかこまれ河をめぐらし、周りの地域には変乱が多く、現在、天下のかなめの地である。

君はわしのために蕭何しょうか寇恂こうじゅん前漢ぜんかん後漢ごかんの建国の功臣)のごとき人物を推挙してくれ。それによって彼の地(河東郡かとうぐん)を鎮圧しよう」


すると荀彧じゅんいくは、


杜畿ときこそその人物です。彼は大きな困難にぶつかれるだけの武勇を持ち、変化に対応できる英知を持っているので、試しに使ってみるのがよろしいでしょう」


と、西平太守せいへいたいしゅ京兆尹けいちょういん出身の杜畿ときを推薦しました。

河東太守の交代

郡のえん(属官)・衛固えいこ中郎将ちゅうろうしょう范先はんせんらが王邑おうゆうの留任を要請した時、すでに詔勅しょうちょくによって河東太守かとうたいしゅに任命された杜畿ときが郡境に入っていたので、司隷校尉しれいこうい鍾繇しょうよう范先はんせんらの希望を聞き入れず、王邑おうゆうに「太守たいしゅの割符を渡せ」と催促しました。

すると王邑おうゆうは、太守たいしゅ印綬いんじゅびたまま真っ直ぐ司隷しれい河東郡かとうぐん河北県かほくけんを通って許都きょと許県きょけん)に行き、自分で直接印綬いんじゅを返還します。


洛陽らくようにあって司隷しれいの統治に当たっていた鍾繇しょうようは、命令が守られない以上「自分は統治者としての資格を失っている」と判断し、みずからを弾劾だんがいする上奏をして辞職を願い出ましたが、認められませんでした。


スポンサーリンク


衛固・范先らの反乱

杜畿の河東郡入り

こうして河東太守かとうたいしゅに任命された杜畿ときですが、衛固えいこらが数千人の兵に陝津せんしんの渡しを絶ち切らせたため、到着しても黄河こうがを渡ることができませんでした。

そこで曹操そうそうはその討伐に夏侯惇かこうとんを派遣しますが、杜畿ときはその到着を待たずに黄河こうがを渡ろうとします。

ある人が杜畿ときに向かって、


「大軍(夏侯惇かこうとん)の到着を待つべきです」


と進言すると、杜畿ときは、


「大軍をもって衛固えいこらを討伐することは、1郡の住民を破壊させることになる。わしは1台の車ですぐに出掛けて、奴らの不意を突こう」


と言って、援軍を待たずに単身で抜け道を通り、郖津とうしんから黄河こうがを渡って河東郡かとうぐんに入りました。


陝津と郖津

陝津せんしん郖津とうしん

杜畿の言葉・全文
タップ(クリック)すると開きます。

河東郡かとうぐんには3万戸あるが、全部が全部、反乱を起こしたいと思っている訳ではない。今、兵をもって厳しくせまったなら、善をなしたいと思っても中心になる人物がおらず、づいて衛固えいこの言う通りになるに違いない。

衛固えいこらは勢力が1つにまとまれば、必ずや必死になって戦うだろう。

大軍をもって奴らを討伐して勝てなければ、周りの地域は奴らに呼応し、天下の動乱は依然としておさまらないことになる。奴らを討伐して勝てば、徹底的破壊のためそれこそ1郡の住民を破壊させることになる。

それに衛固えいこらはまだ天子てんしの命令をはっきりとこばんだ訳ではなく、表向きは元の主君(王邑おうゆう)の留任請願を名目としているから、新しい主君を殺害しないに違いない。

わしは1台の車ですぐに出掛けて、奴らの不意を突く。衛固えいこは色々計略は立てるが決断力はないから、わしを受けれた振りをするに違いない。わしが郡に一月ひとつきいられれば、計略によって奴らをつなぎ止めるのに充分だ。

反乱の平定

杜畿ときの着任

杜畿ときが到着すると、范先はんせんは彼を殺して人々を威嚇いかくしようと思いましたが、しばらく杜畿ときの態度を観察することにしました。

そこで范先はんせんは、主簿しゅぼ以下の役人30余人を斬り殺してみますが、杜畿ときは平然としています。

その様子を見た衛固えいこは、


「彼を殺しても損害を与えることにならず、いたずらに悪い評判を立てられるだけだ。それに彼は我々の手中にある」


と言い、杜畿とき河東太守かとうたいしゅと認めて仕えることにしました。

杜畿ときの智略

河東太守かとうたいしゅとして受けれられた杜畿ときは、衛固えいこ范先はんせんに向かって言いました。


衛君えいくん衛固えいこ)と范君はんくん范先はんせん)は河東郡かとうぐんの人々の期待のまとだ。わしされたことをあおぎ見ているだけのこと。

しかしながら、君臣の間にはさだまった道があり、成功も失敗も共にするのが建前だから、当然重大な事は一緒に公正に議論しよう」


そう言うと杜畿ときは、衛固えいこ都督ととくに取り立てて、じょう河東太守かとうたいしゅの次官)の事務を兼務させ、功曹こうそうの役を受け持たせ、范先はんせんには将校しょうこう軍吏ぐんり・兵士3千余人の指揮をさせます。

衛固えいこらは喜び、上辺うわべ杜畿ときに仕えていましたが、実際には気にもめていませんでした。


衛固えいこが兵士を大動員しようとした時、これを心配に思った杜畿ときは、


「そもそも人並み外れた事を行おうと思えば、民衆の心を動揺させてはいけない。今、兵士を大動員すれば、民衆はさわぐに違いない。ゆっくりと資金を使って兵を募集する方が良いぞ」


と説得し、衛固えいこは納得してこれに従います。

こうして資金をかけ、数十日をかけて兵を募集しましたが、将校しょうこうたちは貪欲どんよくで、多数の応募者を申告して金を取っておきながら、兵は少ししか出しませんでした。


また、杜畿とき衛固えいこらを説得して言いました。


「人情から言って、家のことが気に掛かるものだ。何度かに分けて将校しょうこうや属官たちに休暇を与え、家に帰らせるが良い。状況に応じて彼らをし寄せることは難しくはない」


すると、衛固えいこらは人々の心に逆らうことを嫌い、またこれに従ったので、善人は外にあって秘かに杜畿ときの味方をし、悪人は分散してそれぞれの家に帰り、次第に人々はまとまりを失っていきました。

豆知識

魏書ぎしょ杜畿伝ときでんが注に引く魏略ぎりゃくに、

「その昔の若い頃、杜畿とき衛固えいこは互いにれ合い馬鹿にし合っており、衛固えいこはいつも杜畿とき軽蔑けいべつしていた。杜畿ときはかつて衛固えいこ博奕ばくちをして争い合ったが、杜畿とき衛固えいこに向かってこう言ったことがあった。


仲堅ちゅうけん衛固えいこあざな)、わしは今に河東郡かとうぐん太守たいしゅになるぞ』


衛固えいこころもすそをからげて彼を馬鹿呼ばわりした。杜畿ときが着任すると、衛固えいこは郡の功曹こうそうになった」

とあります。

衛固えいこらの蜂起

この頃、たまたま張白騎ちょうはくき張晟ちょうせい)が河東郡かとうぐん東垣とうえん垣県えんけん)に、高幹こうかんが同じく河東郡かとうぐん濩沢国わくたくこくに侵攻し、高幹こうかんが支配する幷州へいしゅう并州へいしゅう)・上党郡じょうとうぐんの諸県では高官たちが殺害され、弘農郡こうのうぐんでは太守たいしゅが捕らえられてしまいました。これに対し、衛固えいこらは秘かに兵を動員しますが、なかなか集まりません。


衛固らの蜂起

衛固えいこらの蜂起


この時、諸県が自分に味方していることを知っていた杜畿ときは、ただ数十騎を引き連れただけで出陣し、張辟ちょうへき*2おもむいて防ぎました。官吏や住民には城をあげて杜畿ときを助ける者が多く、数十日った頃には4千余人の兵を得ることができました。


衛固えいこらは高幹こうかん張晟ちょうせいと共に杜畿ときを攻撃しましたが陥落させることはできず、諸県を荒しましたが、得る物はありませんでした。

脚注

*2資治通鑑しじつがんでは「堅壁けんぺき(堅固な壁塁へきるい)」。ちなみに「張辟ちょうへき」の意味を調べてみると、「鳥や動物を捕まえるための道具」とある。

反乱の平定

この時曹操そうそうは、張既ちょうき議郎ぎろうに任命して鍾繇しょうようの軍事行動に参画させ、西方に行って馬騰ばとうらの将軍しょうぐんたちを呼び寄せさせました。彼らはみな兵を引き連れて集まって張晟ちょうせいらを攻撃し、これを撃ち破ります。

その結果、張琰ちょうえん衛固えいこは首を斬られ、彼らの残党はみな赦免しゃめんされ、平時の仕事に戻りました。

一方、高幹こうかん幷州へいしゅう并州へいしゅう)*3に逃走し、その後、曹操そうそう楽進がくしん李典りてんに彼を攻撃させると、高幹こうかんは引き返して壺関城こかんじょう幷州へいしゅう并州へいしゅう)・上党郡じょうとうぐん壺関県こかんけん]を守ります。


幷州(并州)・上党郡・壺関県

幷州へいしゅう并州へいしゅう)・上党郡じょうとうぐん壺関県こかんけん

脚注

*3魏書ぎしょ張既伝ちょうきでんでは、ここで荊州けいしゅうに逃走したことになっているが、魏書ぎしょ武帝紀ぶていぎでは翌年正月に曹操そうそうの征伐を受け、敗北して荊州けいしゅうに逃走したとある。当サイトでは魏書ぎしょ武帝紀ぶていぎの記述を採用する。

杜畿の河東郡統治

この当時、天下の郡県は全部破壊されましたが、司隷しれい河東郡かとうぐんが一番先に安定し、損傷も少なく済んでいました。

河東郡かとうぐんの住民の中に訴訟を起こして告発し合う者があると、杜畿ときは直接会って根本的な道理を説明してやり、帰してそのことを反省させ、もし充分納得できない点があれば改めて役所に出て来いと言いました。

このように、杜畿とき寛大かんだいと恩恵をとうとんで住民に対して干渉しなかったので、村里の長老たちは、


「こういう殿様もおられるのだ。どうしてその教えに従わないのだっ!」


と、問題を起こす者たちをとがめて怒鳴りつけたので、訴訟を起こす者は少なくなりました。


また、杜畿ときは管轄の県に布告して、孝子こうし貞節ていせつな婦人、よく祖父母に仕える孫を推挙させ、彼らの労役を免除し、時節ごとに彼らをいたわり激励します。

さらに、牝牛めうし牝馬ひんばを住民に割り当てて飼育させましたが、小はにわとり・豚・犬に及ぶまで、すべてに規則が存在していたので、住民はよく農業にはげみ、家々は豊になり充実していきました。

そこに至って杜畿ときは、


「住民はんだ。次は教育をしなければならぬ」


と言い、冬の時期には軍事訓練をし、また学校を開いて自分で経典を手に教えたので、これにより郡中は教化されました。

豆知識

魏書ぎしょ杜畿伝ときでんが注に引く魏略ぎりゃくに、

博士はかせ楽詳がくしょう杜畿ときのお陰で取り立てられた。現在、河東郡かとうぐんに特別儒者じゅしゃが多いのは、杜畿ときのお陰である」

とあります。


建安けんあん10年(205年)、幷州刺史へいしゅうしし高幹こうかん曹操そうそうそむいて反乱を起こすと、張晟ちょうせい張琰ちょうえんらが司隷しれい河東郡かとうぐんの周辺を荒らし回り、曹操そうそう王邑おうゆうに代えて杜畿とき河東太守かとうたいしゅに任命しました。

単身河東郡かとうぐんに入った杜畿ときは、裏で高幹こうかんつながっている衛固えいこ范先はんせんを手玉にとってその軍勢を分散させ、秘かに河東郡かとうぐんの住人を味方につけます。

その後、張晟ちょうせい高幹こうかんらが河東郡かとうぐんに侵攻すると、杜畿とき堅壁けんぺき(堅固な壁塁へきるい)に頼って大軍の到着までこれを防いだので、張琰ちょうえん衛固えいこは首を斬られ、高幹こうかん幷州へいしゅう并州へいしゅう)に逃走しました。