後漢ごかん・三国時代の大将軍だいしょうぐんの職務と大将軍府だいしょうぐんふの属官・属吏についてまとめています。

スポンサーリンク

大将軍(だいしょうぐん)

職務

謀反むほん(反乱)を征伐することを職務とする将軍しょうぐんを統帥する最高司令官。

基本的には謀反むほんが起こった時に任命され、謀反むほんが平定されると解任される非常置の官職です。

基本情報

詳細が不明の箇所は空白にしています。

  後漢ごかん しょく
定員 1人 1人 1人 1人
秩石
品秩
上公
(万石)
一品    

大将軍の変化

上公じょうこうとなる

当初は三公さんこうに匹敵する地位とされていた大将軍だいしょうぐんですが、匈奴きょうど征伐などで功績があった外戚がいせき竇憲とうけん大将軍だいしょうぐんに任命されて以降、大将軍だいしょうぐん三公さんこうの上位に位置する上公じょうこうとなりました。

儀同三司ぎどうさんしを加えられる

西羌せいきょうの鎮圧にあたった外戚がいせき車騎将軍しゃきしょうぐん鄧騭とうしつは、開府を許され、三公さんこうと同じ格式と政策決定の場である公府こうふぎ公卿こうけいぎに参加することができる儀同三司ぎどうさんしを加えられ、帰還後に大将軍だいしょうぐんに昇進しました。

この鄧騭とうしつ以降、外戚がいせきの長が大将軍だいしょうぐんき、儀同三司ぎどうさんしを加えられて国政を取り仕切るようになります。


前述の竇憲とうけんも朝廷の実権を握りましたが、大将軍だいしょうぐん上公じょうこうとなっただけでは公府こうふぎ公卿議こうけいぎに参加することはできず、竇憲とうけんの権力は外戚がいせきという立場を利用した間接的なものでしかありませんでした。

大将軍だいしょうぐん儀同三司ぎどうさんしを加えられたことで初めて、大将軍だいしょうぐんとなった外戚がいせきが直接実権を握ることができるようになったのです。

洛陽らくように常駐する

その後大将軍だいしょうぐんとなった耿宝こうほう以降、大将軍だいしょうぐんは外に出征することはなく洛陽らくように常駐するようになり、首都を防衛し、国政を取り仕切る宰相さいしょうへと変化していきました。

他の官職についてはこちら

【後漢・三国時代の官職】目次


スポンサーリンク


大将軍府

属官の構成

以下は「ちくま学芸文庫『正史 三国志8』三国官職表」を基に作成しています。

官職名下の(定員・官秩・品秩)内の数字は定員です。

軍隊

部隊の指揮をとる。

  • 司馬しば(2名・千石・六品)
  • 営軍都督えいぐんととく(1名・-・七品)
  • 刺姦都督しかんととく(1名・-・七品)
  • 帳下都督ちょうかととく(1名・-・七品)

参謀・幕僚

参謀として作戦・用兵などの計画を立案する。

  • 軍師ぐんし(1名・-・五品)
  • 従事中郎じゅうじちゅうろう(4名・六百石・六品)
  • 参軍さんぐん(6名・-・七品)

補佐官

属吏の筆頭。大将軍だいしょうぐんの補佐をする。

  • 長史ちょうし(1名・千石・六品)

事務

文書作成などの事務をする。

  • 主簿しゅぼ(1名・-・七品)

人事

相国府しょうこくふ丞相府じょうしょうふ)の官吏登用に当たる。

  • 西曹掾せいそうえん(1名・比四百石・七品)
  • 東曹掾とうそうえん(1名・比四百石・七品)

その他の掾属えんぞく

  • 記室きしつ:上奏・報告書・記録を担当する。(不定・-・七品)
  • 戸曹掾こそうえん:戸籍、宗教行事、農業と養蚕の管理する。(1名・比三百石・七品)
  • 倉曹掾そうそうえん倉穀そうこく(穀物の貯蓄)を管理する。(2名・比三百石・七品)
  • 賊曹掾ぞくそうえん:盗賊を取り締まる。(1名・比三百石・七品)
  • 金曹掾きんそうえん:貨幣・塩鉄の管理する。(1名・比三百石・七品)
  • 兵曹掾へいそうえん:兵の管理する。(1名・比三百石・七品)
  • 騎兵掾きへいえん:軍馬と家畜の管理する。(2名・比三百石・七品)
  • 鎧曹掾がいそうえん:武器・鎧の管理する。(1名・比三百石・七品)
  • 舎人しゃじん相国府しょうこくふ丞相府じょうしょうふ)内の諸務。(19名・-・九品)

不明

  • 水曹掾すいそうえん(1名・比三百石・七品)

相国府(丞相府)との比較

相国府しょうこくふ丞相府じょうしょうふ)にあって大将軍府だいしょうぐんふにない部署。

  • 法曹掾ほうそうえん駅逓えきてい(郵便・配送)を管理する。(1名・比三百石・七品)
  • 奏曹掾そうそうえん奏議そうぎ(上奏)を管理する。(1名・比三百石・七品)
  • 散属さんぞく:雑務を担当する。(9名・二百石・七品)
  • 門下督もんかとく:巡察・治安維持。(不定・-・-)
  • 参戦さんせん
  • 車曹掾しゃそうえん(1名・比三百石・七品)
  • 集曹掾しゅうそうえん(1名・比三百石・七品)
  • 戎曹属じゅうそうぞく(1名・二百石・七品)
  • 馬曹属ばそうぞく(1名・二百石・七品)
  • 媒曹属ばいそうぞく(1名・二百石・七品)

属官一覧表

詳細が不明の箇所は空白にしていますが、他の史料で情報を見つけ次第随時追記します。

官職名 秩石 備考
品秩
軍師ぐんし
(1)
  しょく=無。
五品
長史ちょうし
(1)
千石

諸曹を取り仕切る。

しょく=不明。

六品
司馬しば
(2)
千石

兵をつかさどる。

元は1名。景元けいげん4年(263年)に増員。

しょく=同名(1)。=不明。

六品
従事中郎じゅうじちゅうろう
(4)
六百石

謀議に参与する。

元は2名。景元けいげん4年(263年)に増員。

しょく=不明。

六品
主簿しゅぼ
(1)
 

庶事を取り仕切る。

しょく=同名(1)。=無。

七品
参軍さんぐん
(6)
  しょく=同名(不明)。=不明。
七品
記室きしつ
(不明)
 

上奏・報告書・記録を担当する。

しょく=不明。

七品
西曹掾せいそうえん
(1)
比四百石

嘉平かへい4年(252年)に設置。

府吏採用をつかさどる。

しょく=不明。=同名(1)。

七品
東曹掾とうそうえん
(1)
比四百石

嘉平かへい4年(252年)に設置。

太守たいしゅ県令けんれいの任用昇進をつかさどる。

しょく=同名(1)。=不明。

七品
戸曹掾こそうえん
(1)
比三百石

嘉平かへい4年(252年)に設置。

民戸・祠祀しし・農耕と養蚕ようさんつかさどる。

しょく=不明。

七品
倉曹掾そうそうえん
(1)
比三百石

嘉平かへい4年(252年)に設置。

倉穀そうこく(穀物の貯蓄)のことをつかさどる。

しょく=不明。

七品
賊曹掾ぞくそうえん
(1)
比三百石

嘉平かへい4年(252年)に設置。

盗賊のことをつかさどる。

しょく=不明。

七品
金曹掾きんそうえん
(1)
比三百石

嘉平かへい4年(252年)に設置。

貨幣・塩鉄のことをつかさどる。

しょく=不明。

七品
水曹掾すいそうえん
(1)
比三百石

嘉平かへい4年(252年)に設置。

職務不明。

しょく=不明。

七品
兵曹掾へいそうえん
(1)
比三百石

嘉平かへい4年(252年)に設置。

武具をつかさどる。

しょく=不明。

七品
騎兵掾きへいえん
(2)
比三百石

嘉平かへい4年(252年)に設置。

馬と雑畜をつかさどる。

しょく=不明。

七品
鎧曹掾がいそうえん
(1)
比三百石

嘉平かへい4年(252年)に設置。

武器をつかさどる。

しょく=不明。

七品
営軍都督えいぐんととく
(1)
  しょく=不明。
七品
刺姦都督しかんととく
(1)
 

しょく=不明。

七品
帳下都督ちょうかととく
(1)
 

しょく=不明。

七品
舎人しゃじん
(14)
 

元は4名。景元けいげん4年(263年)に増員。

府内のことをつかさど

しょく=無。

九品
他の官職についてはこちら

【後漢・三国時代の官職】目次


スポンサーリンク


【後漢・三国】大将軍一覧表

後漢

天子 名前 在位
和帝わてい
竇憲とうけん 89年~92年
安帝あんてい 鄧騭とうしつ 108年~110年
耿宝こうほう 124年〜125年
順帝じゅんてい 梁商りょうしょう 135年〜141年
順帝じゅんてい 梁冀りょうき 141年〜159年
沖帝ちゅうてい
質帝しつてい
桓帝かんてい
霊帝れいてい 竇武とうぶ 168年
何進かしん 184年〜189年
献帝けんてい 韓暹かんせん 196年
曹操そうそう 196年〜197年
袁紹えんしょう 197年〜202年

王 / 天子 名前 在位
魏王ぎおう曹丕そうひ 夏侯惇かこうとん 220年
曹丕そうひ 曹仁そうじん 221年
曹丕そうひ 曹真そうしん 226年〜230年
曹叡そうえい
曹叡そうえい 司馬懿しばい 230年〜235年
曹宇そうう 238年
曹叡そうえい 曹爽そうそう 238年〜249年
曹芳そうほう
曹芳そうほう 司馬師しばし 252年-255年
曹髦そうぼう
曹髦そうぼう 司馬昭しばしょう 255年〜263年
曹奐そうかん

蜀漢

天子 官位 名前 在位
劉禅りゅうぜん 大将軍だいしょうぐん 蔣琬しょうえん 235年〜239年
費禕ひい 243年〜253年
姜維きょうい 256年〜264年
右大将軍ゆうだいしょうぐん 閻宇えんう 不明

上大将軍じょうだいしょうぐん

天子 名前 在位
孫権そんけん 陸遜りくそん 229年~244年
呂岱りょたい 246年~252年
孫休そんきゅう 施績しせき
朱績しゅせき
?〜264年
孫皓そんこう

大将軍だいしょうぐん

天子 名前 在位
孫権そんけん 諸葛瑾しょかつきん 229年〜241年
孫権そんけん 諸葛恪しょかつかく 246年~253年
孫亮そんりょう
孫亮そんりょう 孫峻そんしゅん 253年〜256年
孫亮そんりょう 孫綝そんちん 256年〜258年
孫休そんきゅう
孫休そんきゅう 丁奉ていほう 258年〜264年
孫皓そんこう
孫皓そんこう 孫震そんしん ?〜278年〜?
他の官職についてはこちら

【後漢・三国時代の官職】目次