後漢ごかん・三国時代の太僕たいぼくの職務と太僕府たいぼくふの属官・属吏についてまとめています。

スポンサーリンク

太僕(たいぼく)

職務

太僕たいぼく九卿きゅうけいの1つに数えられる官職で、天子てんしの車と馬に関することを取り仕切ります。

天子てんし出御しゅつぎょ(外出)するたびに、使用する車駕しゃが(馬車)の種類と鹵簿ろぼ(行列)の次第を奏上し、大駕たいが出御しゅつぎょ(外出)する際には車をぎょしました。


太僕たいぼく廷尉ていい大鴻臚だいこうろの3つのけいは、司徒しとの管轄になります。


大駕たいが三駕さんが大駕たいが法駕ほうが小駕しょうが)の1つで、主に大喪たいそうの時に使用される鹵簿ろぼ(行列)です。

公卿こうけい天子てんし車駕しゃがを先導して大将軍だいしょうぐん車駕しゃがに同乗し、太僕たいぼくがその御者ぎょしゃを務めます。随行する属車は81乗で、千乗万騎が行列に加わりました。

基本情報

詳細が不明の箇所は空白にしています。

  後漢ごかん しょく
定員 1人 1人 1人 1人
秩石
品秩
中二千石 三品    
印綬 銀印青綬      

太僕たいぼく王莽おうもう期に一時、太御たいぎょと呼称されました。

他の官職についてはこちら

【後漢・三国時代の官職】目次


スポンサーリンク


太僕府

以下は「ちくま学芸文庫『正史 三国志8』三国官職表」と後漢書ごかんじょ百官志ひゃっかんしを基に作成しています。【】内は【定員・官秩・品秩】です。

三国官職表さんごくかんしょくひょう後漢書ごかんじょ百官志ひゃっかんしで情報が違う場合は、()内に後漢書ごかんじょ百官志ひゃっかんしの情報を記載します。

太僕の属吏

太僕丞たいぼくじょう

【1名・比千石・七品】

後漢ごかん=○・=○・しょく=○・=○]


太僕たいぼくの次官。


その他

漢官かんかんには、太僕たいぼくに所属する員吏いんりは70名とあり、その内訳は以下のようになっています。

  • 四科しか:7名
  • 二百石文学にひゃくせきぶんがく:1名
  • 百石ひゃくせき:8名
  • 斗食としょく:6名
  • :7名
  • 騎吏きり:6名
  • 假佐かさ:3名
  • 学事がくじ:31名
  • 官醫かんい官医かんい):1名

太僕の属官

考工令こうこうれい

【1名・六百石・七品】

後漢ごかん=○・=○・しょく=?・=?]


武具(弓・・刀・鎧)やじゅの作製、その他様々な工業を取り仕切ります。また、完成した武具は執金吾しつきんごに送られて武庫に保管されます。

漢官かんかんには、考工令こうこうれいに属する員吏いんりは109名とあります。

属官
  • 左丞さじょう【1名・-・九品】
  • 右丞ゆうじょう【1名・-・九品】

車府令しゃふれい

【1名・六百石・七品】

後漢ごかん=○・=○・しょく=?・=?]


乗輿じょうよ天子てんしの乗り物)その他、様々な車に関することを取り仕切ります。

漢官かんかんには、車府令しゃふれいに属する員吏いんりは24名とあります。

属官
  • 車府丞しゃふじょう【1名・-・九品】

未央廐令びおうきゅうれい

【1名・六百石・七品?】

後漢ごかん=○・=×・しょく=×・=×]


乗輿じょうよ天子てんしの乗り物)とうまやで飼育している馬の管理を取り仕切ります。

漢官かんかんには、未央廐令びおうきゅうれいに属する員吏いんりは70名、卒騶そつすう(飼育員)は20名とあります。

属官
  • 長楽廐丞ちょうらくきゅうじょう【1名・-・-】

漢官かんかんには、長楽廐丞ちょうらくきゅうじょうに属する員吏いんりは15名、卒騶そつすう(飼育員)は20名とあります。


属官一覧表

詳細が不明の箇所は空白にしていますが、他の史料で情報を見つけ次第随時追記します。

官職名下の数字は定員です。

官職名 秩石 備考
品秩
太僕丞たいぼくじょう
(1)
比千石
  • 太僕丞たいぼくじょうの次官。
  • しょく=同名。
七品
典虞都尉てんぐとい
(1)
  • 狩猟を取り仕切る。
  • 後漢ごかんしょく=無。
六品
属官 司馬しば
1
  • 兵をつかさどる。
  • 後漢ごかんしょく=無。
八品
左右中牧官都尉さゆうちゅうぼくかんとい
(1)
  • 辺郡の御苑ぎょえんの馬をつかさどる。
  • 後漢ごかんしょく=無。
六品
属官 司馬しば
1
  • 兵をつかさどる。
  • 後漢ごかんしょく=無。
八品
考工令こうこうれい
(1)
六百石
  • 武器製作及び宮中の諸品製作をつかさどる。
  • しょく=不明。
七品
属官 左右丞さゆうじょう
1
  • 考工令こうこうれいの次官。
  • しょく=不明。
九品
車府令しゃふれい
(1)
六百石
  • 天子の諸種の車をつかさどる。
  • しょく=不明。
七品
属官 車府丞しゃふじょう
1
  • 車府令しゃふれいの次官。
  • しょく=不明。
九品
未央廐令びおうきゅうれい
(1)
六百石
  • 天子の車と馬の飼育をつかさどる。
  • 後漢ごかんのみ。
七品?
属官 長楽廐丞ちょうらくきゅうじょう
1
  • 未央廐令びおうきゅうれいの次官。
  • 後漢ごかんのみ。
九品
典牧令てんぼくれい
(1)
六百石
  • 牧場をつかさどる。
  • 後漢ごかん=無。
  • しょく=不明。
七品
属官 典牧丞てんぼくじょう
1
  • 典牧令てんぼくれいの次官。
  • 後漢ごかん=無。
  • しょく=不明。
九品
重黄廐令じゅうこうきゅうれい
(各1)
六百石
  • 天子てんしの車及び廐中きゅうちゅうの諸馬をつかさどる。
  • 後漢ごかん=無。
  • しょく=不明。
七品
属官 重黄廐丞じゅうこうきゅうじょう
1
  • 重黄廐令じゅうこうきゅうれいの次官。
  • 後漢ごかん=無。
  • しょく=不明。
九品
驊騮廐令かりゅうきゅうれい
(各1)
六百石
  • 宮廷の馬を飼育する。
  • 後漢ごかん=無。
  • しょく=不明。
七品
属官 驊騮廐丞かりゅうきゅうれい
1
  • 驊騮廐令かりゅうきゅうれいの次官。
  • 後漢ごかん=無。
  • しょく=不明。
九品
他の官職についてはこちら

【後漢・三国時代の官職】目次