蜀漢しょくかん劉備りゅうび劉禅りゅうぜん)に仕えた人物の仕官した年を、年表にまとめています。【三国志人物伝】の進捗に合わせて随時追記します。

スポンサーリンク

凡例

凡例

  • 名前の後の( )は没年。
  • 名前の後の( )が緑字の場合は、没年不詳で最後に登場した年。
  • 名前の後の( )が赤字の場合は離脱した年。
  • 名前が[ ]で囲われている場合は、仕官年不明で初出の年。
  • 「○○年間」など、年代に幅がある場合は一番早い年とし、名前の後に★をつける。
  • 記録にはないが、前後から推測した人物には、名前の後にをつける。
  • 同一年内の記載順は、必ずしも仕官順とは限らない。

三国志配下仕官年表【目次】


スポンサーリンク


劉備(昭烈帝)配下仕官年表

仕官年 人物
184年*1
  • 関羽かんう(219年):劉備りゅうび涿県たくけんで徒党を集めた時に護衛官となる。
  • 張飛ちょうひ(221年):劉備りゅうび涿県たくけんで徒党を集めた時に仕える。
185年  
186年  
187年  
188年  
189年  
190年  
191年
  • 趙雲ちょううん???年):公孫瓚こうそんさんの別将として従う。兄のに服すため離脱。
192年  
193年  
194年
  • 袁渙えんかん196年★):劉備りゅうび茂才もさいに推挙される。長江ちょうこう淮南わいなんに避難し、袁術えんじゅつの任用を受ける。
195年  
196年  
197年  
198年  
199年  
200年
  • 趙雲ちょううん(229年):袁紹えんしょうを頼った劉備りゅうび鄴県ぎょうけんで再開して仕える。
201年
  • 尹黙いんもく(234年以降):劉璋りゅうしょうに仕えた記録がないことから、荊州けいしゅう遊学時に劉備りゅうびに仕えたものと思われる。
202年  
203年  
204年  
205年  
206年  
207年  
208年
  • 伊籍いせき221年):劉表りゅうひょう死亡時。
209年  
210年
  • 殷観いんかん210年)]:荊州主簿けいしゅうしゅぼ。「協力してしょく益州えきしゅう)を取ろう」というの誘い対する意見を採用された。
211年
  • 王士おうし(225年)]:劉備りゅうびに従ってしょくに入る。
212年  
213年  
214年
  • 王甫おうほ(222年):劉備りゅうびしょくを平定した後に緜竹県令めんちくけんれいとなる。
215年
  • 袁龍えんりょう(215年)]:中郎将ちゅうろうしょう長沙郡ちょうさぐん醴陵県れいりょうけん孫権そんけんに反乱を起こすが、呂岱りょたいに敗れて斬られた。
  • 呉碭ごとう215年)]:安成県長あんせいけんちょう長沙郡ちょうさぐん攸県ゆうけん孫権そんけんに反乱を起こすが、魯粛ろしゅくの攻撃を受け逃亡した。
216年  
217年  
218年  
219年
  • 陰化いんか223年)]:武陽県令ぶようけんれい犍為太守けんいたいしゅ李厳りげんらと「黄龍甘露碑こうりゅうかんろひ」を立てる。
220年
  • 殷純いんじゅん220年)]:大司馬だいしばぞく。12名の連名で劉備りゅうびに帝位を勧める上奏文を奉じた。
221年  
222年
  • 閻芝えんし228年以前)]:巴西太守はせいたいしゅ夷陵いりょうの戦いの敗戦後に5千の兵を徴発ちょうはつして馬忠ばちゅうに預けた。
223年  
脚注

*1ここでは劉備りゅうびの挙兵を、光和こうわ7年(184年)の「黄巾こうきんの乱」の時としますが、中平ちゅうへい4年(187年)の「張純ちょうじゅんの乱」の時の可能性もあります。184年に仕官した人物は、挙兵時とご理解ください。


スポンサーリンク


懐帝(劉禅)臣下仕官年表

仕官年 人物
223年
  • 王伉おうこう225年)]:呂凱りょがいと共に反乱を起こした雍闓ようがいの侵入を防ぐ。
224年  
225年
  • 王山おうさん225年)]:父・王連おうれんの後を継ぐ。
226年  
227年  
228年
  • 尹賞いんしょう(263年以前):諸葛亮しょかつりょうに降る。
229年  
230年  
231年
  • 袁綝えんりん231年)]:李平りへい李厳りげん)を解任する決議をした23人の中に名前がある。
  • 閻晏えんあん231年)]:李平りへい李厳りげん)を解任する決議をした23人の中に名前がある。
232年  
233年  
234年  
235年  
236年  
237年  
238年
  • 王嗣おうし★(238年):孝廉こうれんに推挙される。
239年  
240年  
241年  
242年  
243年  
244年  
245年  
246年  
247年  
248年
  • 王訓おうくん248年):父・王平おうへいの跡を継いだ。
249年
  • 閻宇えんう263年)]:馬忠ばちゅうの後任を務める。
250年  
251年  
252年  
253年  
254年  
255年  
256年  
257年  
258年  
259年  
260年  
261年  
262年  
263年
  • 衛継えいけい(264年)]:奉車都尉ほうしゃとい大尚書だいしょうしょをつとめたが、「鍾会しょうかいの乱」に巻き込まれて成都県せいとけんで殺害される。
  • 王含おうがん263年)]:しょく監軍かんぐん鍾会しょうかいが指揮する前将軍ぜんしょうぐん李輔りほに包囲された。