正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「お」から始まる人物の一覧㊲、「おう」から始まる人物の一覧㊱王離おうり王立おうりつ王良おうりょう王陵おうりょう王累おうるい王黎おうれい王霊おうれい王郎おうろう王朗おうろうの将)・王和平おうかへいです。

スポンサーリンク

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。


スポンサーリンク


お㊲(王㊱)

王(おう)

王離おうり伯元はくげん

生没年不詳。益州えきしゅう広漢郡こうかんぐんの人。蜀書しょくしょ楊洪伝ようこうでんが注に引く益部耆旧伝えきぶききゅうでんに記載がある。

実務の才をもって出世した。督軍従事とくぐんじゅうじとなったが、法律を公平に執行し、次第に昇進して何祗かしに代わって犍為太守けんいたいしゅとなり、すぐれた治績ちせきをあげた。

聡明さは何祗かしに及ばなかったが、文章表現においては彼以上であった。


王立おうりつ

生没年不詳。侍中じちゅう太史令たいしれい

興平こうへい2年(195年)、献帝けんてい司隷しれい弘農郡こうのうぐん弘農県こうのうけん曹陽澗そうようかん渓谷けいこく)で敗れた時、船に乗り黄河こうがを東に下ろうと考えた。

この時、侍中じちゅう太史令たいしれい王立おうりつは言った。

「過ぎし春より、太白たいはく(金星)が牛斗ぎゅうと牽牛星けんぎゅうせい北斗星ほくとせい)の辺りで鎮星ちんせい(土星)を犯し、天津てんしん(天の川に横たわる九つの星)を通過しました。熒惑けいわく(火星)はまた逆行して北河ほくが(双子座の三つの星)にじっととどまっておりまして、犯すことはできません」

その結果献帝けんていは、結局黄河こうがを北方に渡らず、軹関しかんから東に出ようとした。


王立おうりつはまた宗正そうせい劉艾りゅうがいに向かって言った。

「先に太白たいはく(金星)が天関てんかん(星座の名前)でじっと動かず、熒惑けいわく(火星)と出会いました。金と火が交わり出会うのは、天命の改まる象です。かんの命運は尽きましょう。しんに興隆する者があるに違いありません」


王立おうりつは後にたびたびみかどに進言した。

「天命には去就きょしゅうがあり、五行ごぎょうは常に栄えるわけではありません。火に代わる者は土、かんを継承する者は、天下を安定できるのはそう姓です。ひとえに曹氏そうしにごい委任ください」

曹操そうそうはそれを聞くと、人をやって王立おうりつに言った。

きみが朝廷に忠義なことは存じているが、しかし天道は深遠である。どうか多言しないでくれ」


王良おうりょう

生没年不詳。馬相ばそう(軍用馬としての適正を判定するための特徴)を観る名人。名御者。

蜀書しょくしょ郤正伝げきせいでんが注に引く王褒おうほう前漢ぜんかんの文人)の聖主得賢臣頌せいしゅとくけんしんしょう文選もんぜん』巻47)に名前が登場する。

齧膝げつしつ(名馬の名前)に車を引かせ、乗旦じょうたん(名馬の名前)をとし、王良おうりょう手綱たづなを握り、韓哀かんあいが同乗するとなると、思いのままにめぐっては、あっという間に日の影が消え去るようであり、みやこを過ぎ国を越えていくのは、を蹴散らすように速い。

走る稲妻を追い、疾風を追い、八方をあまねくめぐり、万里の彼方かなたひとやすみする。なんとそのはるかなことよ。

これも人と馬の呼吸がぴったり合ったからである」


また、魏書ぎしょ杜畿伝ときでんにある「杜恕とじょの上奏文」にも名前が登場している。


王陵おうりょう

生年不詳〜前漢ぜんかん文帝ぶんてい3年(紀元前177年)。泗水郡しすいぐん沛県はいけんの人。しん末〜前漢ぜんかんの将。

泗水郡しすいぐん沛県はいけんの豪族で、若き日の髙祖こうそ劉邦りゅうほう)は王陵おうりょうに兄事していた。

沛県はいけんで挙兵した劉邦りゅうほう咸陽かんように入った当時、数千の兵を集めて南陽郡なんようぐんにいた王陵おうりょう劉邦りゅうほうに従ってはいなかったが、その後劉邦りゅうほう項羽こううと戦うようになると、王陵おうりょうは兵を引き連れて劉邦りゅうほうに属した。

すると項羽こううは、王陵おうりょうの母を人質にして王陵おうりょうを従わせようとし、王陵おうりょうは母に使者を派遣した。

ところが王陵おうりょうの母は、使者に向かって涙を流しながら「りょう王陵おうりょう)に伝えておくれ、よく漢王かんおう劉邦りゅうほう)に仕えるように。きっと漢王かんおう劉邦りゅうほう)は天下を手に入れるでしょう。この老母のために二心ふたごころを持つことのないように。私は死をもって使者を送り出します」と言うと、剣を手にとって自害した。

これに激怒項羽こうう王陵おうりょうの母の遺体をはずかしめた。

結果、王陵おうりょう劉邦りゅうほうに従い続け、劉邦りゅうほうによって天下が平定されたが、王陵おうりょう劉邦りゅうほうが憎んだ雍歯ようしと仲が良く、また従属したのが遅かったことから、髙祖こうそ6年(紀元前201年)になってやっと安国侯あんこくこうに封ぜられた。


王陵おうりょうは義侠心が強く、直言を好み、前漢ぜんかんの第2代皇帝こうてい恵帝けいてい期に右丞相ゆうじょうしょうとなった。

恵帝けいていが崩御すると、高后こうこう呂太后りょたいこう恵帝けいていの母)は「呂氏りょし一族をおうに封じたい」と思い、朝議にはかった。そこで王陵おうりょうは、

髙祖こうそ劉邦りゅうほう)は白馬を生贄いけにえに捧げて『劉氏りゅうしにあらざる者がおうとなったなら、天下の者は協力してこれを撃つべし』とちかいを立てられました。今、呂氏りょしおうとするのはこのちかいにそむくものです」

とこれに反対したが、左丞相さじょうしょう陳平ちんぺい絳侯こうこう周勃しゅうぼつは、

髙祖こうそ劉邦りゅうほう)は天下を統一すると自分の子弟をおうとしました。今、太后たいこう呂太后りょたいこう)は称制しょうせい(皇帝の代行)を行っているのですから、呂氏りょしの子弟をおうとすることに、何の問題がありましょう」

と言ったので、呂太后りょたいこうは喜んだ。退出した王陵おうりょう陳平ちんぺいらに、

「君たちは『白馬はくばめい』の場にいなかったのか?今、髙祖こうそ劉邦りゅうほう)は崩御され、呂太后りょたいこうおんなあるじとなって呂氏りょしおうに封じようとしている。ちかいにそむき、どのつら下げて地下(あの世)で髙祖こうそ劉邦りゅうほう)にまみえるつもりだっ!」

と言ったが、陳平ちんぺいは、

「朝廷で面と向かって争うことではわたしは君にかなわないが、社稷しゃしょくまっとうし、劉氏りゅうしの後継者を定めることでは、君はわたしに及ばない」

と答え、王陵おうりょうは言い返せなかった。


以降、王陵おうりょううとんじるようになった呂太后りょたいこうは、呂后りょこう元年(紀元前187年)、形式上、王陵おうりょう太傅たいふに栄転させて宰相さいしょうの実権を奪ったので、王陵おうりょうは怒り、病気と称して朝議に出席せず、10年後に亡くなった。


魏書ぎしょ程昱伝ていいくでんが注に引く徐衆じょしゅう三国さんごくひょうに登場する。


王累おうるい

生年不詳〜建安けんあん16年(211年)没*1益州えきしゅう広漢郡こうかんぐんの人。益州えきしゅう従事じゅうじ

建安けんあん16年(211年)、益州牧えきしゅうぼく劉璋りゅうしょう別駕べつが張松ちょうしょうの進言に従い、法正ほうせいを派遣して、劉備りゅうび益州えきしゅうに来てくれるように頼ませた。

劉璋りゅうしょう主簿しゅぼ黄権こうけんはその利害をべ立て、従事じゅうじ王累おうるいみずから州門に身体を逆さ吊りにし、死をもっていさめた*1が、劉璋りゅうしょうは聞き入れようとせず、通り道に当たる所に命令を出して劉備りゅうびをもてなしたので、劉備りゅうびはまるで自分の国元へ帰還するように国境を越えた。

脚注

*1華陽国志かようこくしによる。蜀書しょくしょ劉璋伝りゅうしょうでんには「みずから州門に身体を逆さ吊りにしていさめた」とあるのみで、その後の生死については触れられていない。


王黎おうれい

生没年不詳。冀州きしゅう常山国じょうざんこく高邑県こうゆうけんの人。

正始せいし年間(240年〜249年)、黄門侍郎こうもんじろうの官が続けざまに欠員となった。

吏部尚書りぶしょうしょ*2何晏かあんは、賈充かじゅう裴秀はいしゅう朱整しゅせいを起用し、さらに彼が高く評価していた王弼おうひつの起用について審議したが、何晏かあんと人事担当の官吏として勢力争いを演じていた丁謐ていひつが、曹爽そうそう王黎おうれいを推薦し、曹爽そうそう王黎おうれいを起用した。

当時、曹爽そうそうが朝政を一手に握り、その一党が互いに引き立て合って起用され出世していたが、王弼おうひつは道理をわきまえた人間として、名声を売るような態度を取らなかったので無視された。

ほどなくして王黎おうれいが病気にかかって亡くなると、曹爽そうそう王黎おうれいの代わりに王沈おうしんを起用し、王弼おうひつは結局、黄門侍郎こうもんじろうの官にくことができなかった。

何晏かあんは彼のために残念がったが、王弼おうひつ尚書郎しょうしょろうの官にいてから日が浅い上に、元々事務が得意ではなかったので、まったく意にかいさなかった。

脚注

*2文官の任免・評定・異動などの人事を担当する官職。


王黎おうれい」の関連記事

王霊おうれい

生没年不詳。涼州りょうしゅう武都郡ぶとぐんの人。

建安けんあん17年(212年)に馬超ばちょう涼州りょうしゅう漢陽郡かんようぐん冀県きけんを攻撃すると、涼州刺史りょうしゅうしし韋康いこうは正月から8月まで抵抗したが、官吏が傷つき死ぬのをあわれみ、参軍事さんぐんじ楊阜ようふ従事じゅうじ趙昂ちょうこうが止めるのもきかずに降伏。馬超ばちょうは入城すると、張魯ちょうろの部将・楊昂ようこう韋康いこう太守たいしゅを殺させたので、州民は悲しみいたみ、いきどおりを感じない者はいなかった。

その後、楊阜ようふ馬超ばちょうに復讐する機会をうかがい、歴城れきじょうに駐屯していた外兄がいけい*3姜叙きょうじょと計画をった。計画が決まると、

外部の郷人きょうじんである、

  • 姜隠きょういん
  • 趙昂ちょうこう
  • 尹奉いんほう
  • 姚瓊ようけい
  • 孔信こうしん

涼州りょうしゅう武都郡ぶとぐんの人、

  • 李俊りしゅん
  • 王霊おうれい

らと謀議ぼうぎらし、馬超ばちょう討伐の約束を取り決めた。

そして建安けんあん17年(212年)9月、楊阜ようふ姜叙きょうじょ鹵城ろじょうで兵をげ、馬超ばちょうを南方の張魯ちょうろもとに逃走させた。

脚注

*3父の姉妹の子、または母の兄弟の子。


王霊おうれい」の関連記事

王郎おうろう王昌おうしょう

生年不詳〜かん更始こうし2年(24年)。冀州きしゅう趙国ちょうこく邯鄲県かんたんけんの人。

王昌おうしょうは一名をろうと言い、元は易者えきしゃ占卜せんぼく生業なりわいとする者)で、天文やこよみに明るく、河北かほくに「天子てんしの気」があると考えていたので、当時「ちょう界隈かいわいで多くの豪傑たちとまじわり、任侠にんきょうとして名が通っていたちょう繆王ぼくおうの子・劉林りゅうりん」と親しくつき合っていた。


王莽おうもうが帝位を簒奪さんだつした当初、長安ちょうあん前漢ぜんかんの第11代皇帝・成帝せいていの子・劉子輿りゅうしよを自称する者がいたが、王莽おうもうに殺害された。すると王郎おうろうは「我こそが真の劉子輿りゅうしよである」と詐称さしょうし、彼を信じた劉林りゅうりん趙国ちょうこくの大豪族・李育りいく張参ちょうさんらは王郎おうろう天子てんしに立てようと画策する。

ちょうどこの時、「赤眉せきび*4黄河こうがを渡って北侵して来る」とのうわさがあったので、劉林りゅうりんは「劉子輿りゅうしよ王郎おうろう)をリーダーに立てて赤眉せきび*4を防ぐこと」を宣言し、多くの民衆がこれを信じた。


更始こうし元年(23年)12月、劉林りゅうりんらは車騎数百をひきいて邯鄲城かんたんじょうに入ると、そこを王宮として遂に王郎おうろう天子てんしに即位させ、

  • 劉林りゅうりん丞相じょうしょう
  • 李育りいく大司馬だいしば
  • 張参ちょうさん大将軍だいしょうぐん

となり、将帥しょうすいを派遣して幽州ゆうしゅう冀州きしゅうを帰順させた。さらに王郎おうろうは、州郡に檄文げきぶんを発っして「民衆のかんしたう気持ち」をあおったので、趙国ちょうこく以北と遼東郡りょうとうぐん以西はみな王郎おうろうに従った。


翌年の更始こうし2年(24年)、王郎おうろうの勢力下である薊県けいけん王郎おうろう檄文げきぶんを手に入れた劉秀りゅうしゅう光武帝こうぶてい)は南の信都郡しんとぐんに逃走し、王郎おうろうに従わない県の兵を徴発して王郎おうろうがた趙国ちょうこく柏人県はくじんけんを攻撃した。

劉秀りゅうしゅう柏人県はくじんけんを落とすことができず、また王郎おうろうがた太守たいしゅ王饒おうじょうが守る東北の鉅鹿県きょろくけんを包囲したが、数十日間、連日攻撃しても落とすことができなかった。

そこで劉秀りゅうしゅう配下の耿純こうじゅんが、

王饒おうじょうの守りは固く士衆は疲弊ひへいしており、精鋭の大軍には及びません。もし、邯鄲県かんたんけんに侵攻して王郎おうろう誅殺ちゅうさつすれば、王饒おうじょうは戦わずして降伏するでしょう」

と進言すると、これを「良し」とした劉秀りゅうしゅうは、鉅鹿県きょろくけん将軍しょうぐん鄧満とうまんを残して邯鄲県かんたんけんに進軍し、郭北門かくほくもんに到着した。

王郎おうろうは数度城を出て戦ったが、戦況は不利となり、諫議大夫かんぎたいふ杜威といせつを持たせて劉秀りゅうしゅうに降伏をうた。

すると劉秀りゅうしゅうは、

「もし成帝せいていの生まれ変わりだとしても、天下を得ることはできまい。まして劉子輿りゅうしよの名をかた偽者にせものなら、なおさらであるっ!」

と言い、また降伏と同時に「王郎おうろう万戸侯ばんここうに封じること」を求める杜威といに対し、

「五体満足でいられるだけでありがたいと思え」

と言った。すると杜威といは、

邯鄲県かんたんけんは小城だが守りは固く、君臣一丸となって包囲に耐えるでしょう」

と言い、交渉は決裂した。

その後劉秀りゅうしゅうは20日にわたって城を強襲し、一方で王郎おうろう少傅しょうふ李立りりつ離間りかんの計を仕掛けた。すると李立りりつは、城門を開いてかん劉秀りゅうしゅう)の兵をまねき入れたので、ついに邯鄲県かんたんけんは陥落。王郎おうろうは夜陰にまぎれて逃亡したが、これを追撃した劉秀りゅうしゅう配下の王覇おうはに斬られた。

王覇おうは王郎おうろう璽綬じじゅを手に入れて、王郷侯おうきょうこうに封ぜられた。

脚注

*4農民反乱軍。みなまゆを赤く染めていた。


王朗おうろうの将)

生没年不詳。将軍しょうぐん

曹操そうそう兗州牧えんしゅうぼくとなった初平しょへい3年(192年)頃のこと。当時都伯とはく(隊長)であった楽進がくしん王朗おうろうに所属した。

王朗おうろうは彼を評価し、「于禁うきんの才能は大将軍だいしょうぐんを任せられる」と推薦した。


王朗おうろう」の関連記事

王和平おうわへい

生没年不詳。青州せいしゅう北海国ほっかいこくの人。

光和こうわ年間(178年〜183年)、王和平おうわへい道術どうじゅつを好み「自分は仙人になるのだ」と称した。

青州せいしゅう済南国せいなんこく出身の孫邕そんようが若い時から彼に仕え、師と共に京師みやこにやって来た。たまたま王和平おうわへいが病気で死んでしまうと、孫邕そんようはそのまま東陶とうとうの地に遺骸いがいほうむり、書物が百余巻、薬が数袋あったのも、みな一緒にひつぎに収めてめた。

後に弟子の夏栄かえいが「王和平おうわへい尸解しかい*5した」のだとべた。

孫邕そんようは、今に至るまで貴重な書物と仙薬を自分のものにしなかったことをやんでいる。

脚注

*5仙人になるに際し、竹杖ちくじょうなどを身替みがわりにして、外見的には死んだと見せかけて仙去せんきょすること。
白日昇天はくじつしょうてんなどの方法で仙人になるよりもおとるとされる。抱朴子ほうぼくし論仙篇ろんせんへんに言う。「上士じょうしは形をげてそらに昇る。これを天仙てんせんう。中士ちゅうしは名山に遊ぶ。これを地仙ちせんう。下士かしは先に死し、後にぜいす(屍体したいを残して去る)。これを尸解仙しかいせんう」と。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引