正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「お」から始まる人物の一覧⑯。南陽郡こうかんぐん王氏おうし王連おうれん王山おうさん][王夫人おうふじん孫権そんけん夫人ふじん敬懐皇后けいかいこうごう)・王文雍おうぶんよう]です。

スポンサーリンク

系図

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。


この記事では、

南陽郡なんようぐん王氏おうし①の人物、

南陽郡なんようぐん王氏おうし②の人物、

についてまとめています。


スポンサーリンク


お⑯(南陽王氏①)

南陽王氏①系図

南陽郡王氏①系図

南陽郡なんようぐん王氏おうし①系図

第1世代(王連)

王連おうれん文儀ぶんぎ

生没年不詳。荊州けいしゅう南陽郡なんようぐんの人。子は王山おうさん

劉璋りゅうしょうの時代にしょくに入って益州えきしゅう広漢郡こうかんぐん梓潼県しとうけん県令けんれいとなった。

劉備りゅうび広漢郡こうかんぐん葭萌県かぼうけん葭萌関かぼうかん)で兵をげて南方へと進撃した際、王連おうれんは城門を閉ざして降伏しなかったが、劉備りゅうびはその義心に感じ、無理に圧力をかけようとしなかった。

成都せいとが平定された後、劉備りゅうび王連おうれん広漢郡こうかんぐん什邡県じゅうほうけん県令けんれいとし、蜀郡しょくぐん広都県こうとけんに転任させたが、それぞれの任地で業績を上げた。

司塩校尉しえんこういに昇進して、王連おうれんが塩・鉄の利益を全面的に管理するようになると、国庫の収入が非常に増えた。後に大官に昇る呂乂りょがい杜祺とき劉幹りゅうかんなどの人物は、この時王連おうれんが有能な者を選抜して属官に任用した者たちである。蜀郡太守しょくぐんたいしゅ興業将軍こうぎょうしょうぐんに昇進したが、以前の通り塩府えんふの仕事を担当した。

建興けんこう元年(223年)、屯騎校尉とんきこういに任命され、丞相じょうしょう長史ちょうしを兼務し平陽亭侯へいようていこうに封ぜられた。

当時、南方の諸郡が服従していなかったので、諸葛亮しょかつりょうみずから征伐におもむこうとしたが、王連おうれん諫言かんげんして「あそこは不毛の荒れ地であり、風土病の多い土地です。一国の期待をになかたが危険をおかして出掛けるのはよろしくありません」と主張した。

諸葛亮しょかつりょうは諸将の才能が自分に及ばないのを考慮して、どうしても自分で行く決意であったが、王連おうれんが言葉を発するたびに懇願こんがんしたので、結局王連おうれんが亡くなるまで長い間みやことどまっていた。


楊儀ようぎあらわした季漢輔臣賛きかんほしんさんにおいて「旧主(劉璋りゅうしょう)をとうとんで節操固く心変わりしなかった。劉璋りゅうしょうが降伏して任命を受けた後は、の規範となるよう心を尽くし、軍需担当として頼みにされ、よく任務を遂行し補給した」とたたえられている。


王連おうれん」の関連記事

第2世代(王山)

王山おうさん

生没年不詳。荊州けいしゅう南陽郡なんようぐんの人。父は王連おうれん

父・王連おうれんが亡くなると子の王山おうさんが後を継ぎ、官位は江陽太守こうようたいしゅまで昇った。


王山おうさん」の関連記事


スポンサーリンク


お⑯(南陽王氏②)

南陽王氏②系図

南陽郡王氏②系図

南陽郡なんようぐん王氏おうし②系図

第1世代(王夫人)

王夫人おうふじん孫権そんけん夫人ふじん敬懐皇后けいかいこうごう

生没年不詳。荊州けいしゅう南陽郡なんようぐんの人。同母弟に王文雍おうぶんよう孫権そんけん夫人ふじん孫休そんきゅうの母。

選ばれて後宮に入り、嘉禾かか年間(232年〜238年)に孫権そんけんの愛を受けて孫休そんきゅうを生んだ。

孫和そんか孫和そんわ)が太子たいしとなり、孫和そんかの母親(琅邪郡ろうやぐん出身の王夫人おうふじん)が重んぜられるようになると、孫権そんけん妻妾さいしょうとして寵愛ちょうあいを受けたことのある女性たちは、みな都から出されて地方に住まわされることになった。

王夫人おうふじん公安こうあんに行かされ、そこで亡くなりその地にほうむられたが、孫休そんきゅうが即位すると、使者が立てられ、追尊して敬懐皇后けいかいこうごうの号がさずけられて敬陵けいりょうに改葬された。


第2世代(王文雍)

王文雍おうぶんよう

生没年不詳。荊州けいしゅう南陽郡なんようぐんの人。同母姉に王夫人おうふじん孫休そんきゅう叔父おじ

王氏おうしには後継ぎがなく、王夫人おうふじんの同母弟である王文雍おうぶんよう亭侯ていこうに封ぜられた。



【三国志人物伝】総索引