正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「お」から始まる人物の一覧㉜、「おう」から始まる人物の一覧㉛王駘おうたい王度おうたく王旦おうたん王稚おうち王沖おうちゅう王忠おうちゅう司隷しれい右扶風ゆうふふうの人)・王直おうちょく王蠋おうちょく王定おうてい兗州えんしゅう済陰郡せいいんぐんの人)です。

スポンサーリンク

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。


スポンサーリンク


お㉜(王㉛)

王(おう)

王駘おうたい

生没年不詳。春秋しゅんじゅう時代の国の兀者ごつしゃ(刑罰で足の筋を切られた者)。荘子そうじ徳充符篇とくじゅうふへんに次のような話があり「明鏡止水めいきょうしすい」の語源となった。

当時、王駘おうたいには孔子こうしに匹敵するほどの門弟がいたが、彼は特別なことは何もしていないのに、おとずれた者はみな何かを得て帰っていった。

これを不思議に思った常季じょうき孔子こうしたずねると、孔子こうし王駘おうたいがいかに立派な人物 であるかをき聞かせ、

「あの方には何物にも動かされることのない心の静かさがある。自分の姿を水にうつして見ようとする場合には、流れる水ではなく静かに止まっている水を鏡とするであろう。それと同じように、何事にも動じない心を保つ者だけが、他人に心の安らぎを与え、その求めるものを与えることができるのだ」

と言ったという。


魏王ぎおう曹丕そうひかん献帝けんていから天下をゆず詔勅しょうちょくを下されると、これを辞退した曹丕そうひに多くの者がこれを受けるように上書した。それらに対する曹丕そうひの布令の中の一節に、

「激情の士は名声に身を投げだし、正義の士は清潔さを高しとし、粗末な食物を瓢簞ひょうたんから水を飲みながらもその生活を楽しんだ。それだからこそ仲尼ちゅうじ孔子こうし)は王駘おうたいを師とし、てい国の子産しさん申徒しんと申徒嘉しんとか)をたたえたのである」

と名前が登場する。(魏書ぎしょ文帝紀ぶんていぎ


王度おうたく

生没年不詳。兗州えんしゅう東郡とうぐん東阿県とうあけん県丞けんじょう

光和こうわ7年(184年)、黄巾こうきんの乱が起こると、王度おうたくは朝廷にそむいて彼らに呼応し、倉庫を焼き払った。

県令けんれいは城壁を乗り越えて逃げ、官吏・県民は老人や幼児を背負って東方の渠丘山きょきゅうざんはしったが、王度おうたくはがら空きの城を得たものの守ることができず、城を出て西方へ5〜6里(約2.15km〜2.58km)行ったところに駐屯した。

ところがこの時非難した県民の中にいた程昱ていいくは、県民を煽動せんどうして城に引き返し、県令けんれいを探し出して城を守備した。

王度おうたくらは城を攻撃したが、おとすことができず立ち去ろうとしたところへ、官民を引き連れて城から撃って出た程昱ていいくの攻撃を受けて敗走した。


王旦おうたん

生没年不詳。占師うらないし

文帝ぶんてい曹丕そうひ)の母・卞皇后べんこうごうは、かん延熹えんき3年(160年)12月、青州せいしゅう斉郡せいぐん斉国せいこく)の白亭はくていで生まれたが、この時何日も部屋中に黄気が充満した。

父の敬侯けいこうがこれを不審に思って、占師うらないし王旦おうたんたずねると、王旦おうたんは「これはめでたい しるし ですぞ」と言った。


王稚おうち

生没年不詳。新附督しんふとくからに寝返った者たちで構成された部隊の隊長)。

永安えいあん7年(264年)夏4月、王稚おうちが海から揚州ようしゅう会稽郡かいけいぐん句章県こうしょうけんに侵入してその地の長官を捕虜にし、財貨や男女2百余人を略奪したが、これを迎え撃った将軍しょうぐん孫越そんえつに船一せき拿捕だほされ、30人が捕虜となった。


王稚おうち」の関連記事

王沖おうちゅう

生没年不詳。益州えきしゅう広漢郡こうかんぐんの人。

牙門将がもんしょうとなって江州こうしゅうとく李厳りげんの指揮下にあったが、李厳りげんに憎まれ、罰せられることを恐れてに降伏し、によって楽陵太守らくりょうたいしゅに任命された。

に降伏した後のこと。同じくに降伏していた孟達もうたつに、

「[以前の孟達もうたつ去就きょしゅう関羽かんうを救援しなかったこと)について]諸葛亮しょかつりょうは歯ぎしりして怒り、あなた(孟達もうたつ)の妻子を処刑するおつもりだったが、幸いに劉備りゅうびがお許しにならなかったのだ」

と話したが、孟達もうたつは「諸葛亮しょかつりょうの判断は筋道だっている。絶対にそのようなことはない」と言って、王沖おうちゅうの言葉をまったく信用しなかった。


王忠おうちゅう司隷しれい右扶風ゆうふふうの人)

生没年不詳。司隷しれい右扶風ゆうふふうの人。

若い頃に亭長ていちょうとなり、三輔さんぽが動乱におちいった時、王忠おうちゅうえに苦しんで人を食べたことがあった。

その後、仲間を連れて南方の武関ぶかんに向かった時のこと。ちょうど婁子伯ろうしはく婁圭ろうけい)が荊州けいしゅうを治めており、北方から来る者を配下に加えようと王忠おうちゅうらを出迎えたが、王忠おうちゅうは彼の下につきたくなかったので、仲間たちを引き連れて婁子伯ろうしはく婁圭ろうけい)を迎え撃ち、その兵器を奪って千余人の軍兵を集め、曹操そうそうに帰順する。

建安けんあん4年(199年)夏4月、劉備りゅうびそむき、車冑しゃちゅうを殺害して徐州じょしゅうを乗っ取ったことを知った曹操そうそうは、

  • 司空しくう長史ちょうし劉岱りゅうたい
  • 中郎将ちゅうろうしょう王忠おうちゅう

を派遣して劉備りゅうびを攻撃させたが、彼らでは劉備りゅうびに勝つことができず、劉備りゅうび劉岱りゅうたい王忠おうちゅうに向かって、

「お前たちが百人来たとしてもわしをどうすることもできぬ。曹公そうこう曹操そうそう)が自身で来るなら、どうなるか分からぬがなっ!」

と言い放った。

また、当時五官中郎将ごかんちゅうろうしょうであった曹丕そうひは、以前王忠おうちゅうが「人を食べたことがある」ことを知っていたので、曹操そうそうのお供をして外に出た時、芸人に命じて墓場に転がっている髑髏どくろを取って来させ、王忠おうちゅうの馬のくらに結びつけて笑いの種にしたという。

曹操そうそう魏公ぎこう就任を勧める30名の連名の中に「揚武将軍ようぶしょうぐん都亭侯とていこう王忠おうちゅう」の名前がある。


王忠おうちゅう」の関連記事

王忠おうちゅう王脩おうしゅうの子)

【三国志人物伝】お⑭北海王氏[王脩(王修)・王儀・王忠・王襃]


王暢おうちょう叔茂しゅくぼう

生没年不詳。

【三国志人物伝】お⑦山陽王氏(王龔・王暢・王謙・王凱・王粲・王業・王宏・王弼)


王暢おうちょう王濬おうしゅんの子)

【三国志人物伝】お㉑弘農王氏(王濬・王彝・王矩・王暢・王粹)


王直おうちょく

生没年不詳。の部将。

戯口ぎこうの守備にあたっていたの部将の晋宗しんそうが、同じ部将の王直おうちょくを殺し、部下を引き連れてに寝返った。

時期不明。黄武こうぶ2年(223年)6月に孫権そんけん配下の賀斉がせいひきいる糜芳びほう劉邵りゅうしょうらの攻撃を受けて、晋宗しんそう劉邵りゅうしょうらに生け捕りにされているので、それ以前のことである。


王蠋おうちょく

生年不詳〜せい湣王びんおう17年(紀元前284年)没。戦国せんごく時代、斉国せいこく臨淄りんし画邑かくゆうの人。

せい湣王びんおう17年(紀元前284年)、えん上将軍じょうしょうぐん楽毅がくきは、斉国せいこくの都城・臨淄りんしを攻撃してせい湣王びんおうきょに逃走させた。

この時、王蠋おうちょく敬慕けいぼしていた楽毅がくきは、軍中に「画邑かくゆうの周囲30里(約12km)以内には立ち入ってはならない」との命令を出し、王蠋おうちょくに使者を送って「せい人の多くはあなたの義を高く評価している。私はあなたを将軍しょうぐんに取り立てて、1万戸の徹侯てっこうに封じましょう」と言い、王蠋おうちょくがこれを固辞すると、今度は「あなたが聞き入れないのであれば、私は三軍をひきいて画邑かくゆうほふるでしょう」と言った。

すると王蠋おうちょくは、

「『忠臣は二君に仕えず。貞女ていじょは二夫にまみえず』と言います。斉王せいおう湣王びんおう)が私の諫言かんげんを聞き入れてくださらなかったので、私は今、に下りたがやしているのです。

私の力及ばず、国はすでに破れ滅んでしまいましたが、脅されてあなたの将軍しょうぐんになることは、桀王けつおうを助けて暴虐を行うようなものです。生きて義を行えないのならば、私は煮殺されることを選びましょう」

と言い、その首を樹の枝にくくって自害した。

逃亡していたせい大夫たいふたちは「王蠋おうちょくの死」を聞いて、「王蠋おうちょくは無位無官の民である。その彼ですら義を重んじてえんに仕えなかったのだ。まして官位を持ちろくんでいる者なら、なおさら仕えるべきではない」と言い、互いに集まってきょおもむき、斉王せいおう湣王びんおう)の太子たいし奉戴ほうたいしてせい襄王じょうおうとした。


正史せいし三国志さんごくしには、忠義者の例としてたびたび名前が登場する。


王定おうてい

生没年不詳。兗州えんしゅう済陰郡せいいんぐんの人。

魏書ぎしょ公孫瓚伝こうそんさんでんが注に引く呉書ごしょに名前が登場する。

初平しょへい2年(191年)春正月、冀州牧きしゅうぼく韓馥かんふく袁術えんじゅつに書簡を送って「献帝けんていの正当性を否定し、劉虞りゅうぐ天子てんし擁立ようりつする」べきことをいたが、その中に、

済陰郡せいいんぐん王定おうていという男が玉印を見つけたところ、その文に『天子てんしとなる』と書かれてあった」

とある。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引