正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「か」から始まる人物の一覧⑦(何儀かぎ何顒かぎょう何氏かし何祗かし何定かてい何禎かてい何典かてん)です。

スポンサーリンク

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。


スポンサーリンク


か⑦

何(か)

何儀かぎ

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん潁川郡えいせんぐん黄巾こうきん

建安けんあん元年(196年)春正月、汝南郡じょなんぐん潁川郡えいせんぐん黄巾こうきん

  • 何儀かぎ
  • 劉辟りゅうへき
  • 黄邵こうしょう
  • 何曼かまん

らがそれぞれ数万の軍勢をようし、最初は袁術えんじゅつに味方していたが、今度は孫堅そんけんに近づいていた。

2月、曹操そうそうは軍を進めて彼らを撃破。劉辟りゅうへき黄邵こうしょうらを斬り、何儀かぎとその軍兵はすべて降伏した。


何儀かぎ」の関連記事

何顒かぎょう伯求はくきゅう

生年不詳〜初平しょへい元年(190年)没。荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん襄郷県じょうきょうけんの人。

若い時、郭泰かくたい賈彪かひょうらと洛陽らくように遊学し、郭泰かくたいらは彼と同じ気質・好みを持っていた。

何顒かぎょう太学たいがくで名をげたため、朝廷の名臣たち、太傅たいふ陳蕃ちんはん司隷校尉しれいこうい李膺りようらはみな彼と深くつき合った。

友人の虞偉高ぐいこうが父の仇討かたきうちを果たせぬまま重い病気で臨終りんじゅうを迎えようとしていたので、何顒かぎょう虞偉高ぐいこうのために仇討かたきうちを果たし、その首を彼の墓にささげて酒をそそいでまつった。

陳蕃ちんはん李膺りよう宦官かんがんに敗れ、党錮とうこの禁*1が起こると、何顒かぎょうもまたその対象とされた。そこで何顒かぎょうは姓名を変え、豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐんの辺りに逃亡して身をひそめ、行く先々でその地の豪傑たちと交際し、荊州けいしゅう豫州よしゅう予州よしゅう)の地域で名声を得た。

曹操そうそうが若い頃、世間に彼を評価する者はまったくいなかったが、ただ梁国りょうこく橋玄きょうげん何顒かぎょうだけが彼に注目し、また何顒かぎょうは若い頃の荀彧じゅんいくを特別に評価して、「王者を補佐する才能を持っている」と言った。


袁紹えんしょう何顒かぎょうの人となりを愛したので、その気持ちにこたえて「奔走ほんそうの友*2」としてまじわりを結んだ。

この当時、天下の士大夫したいふの多くが(第2次)党錮とうこの禁*1っていたので、何顒かぎょうは毎年2、3度洛陽らくように潜入して袁紹えんしょうの元で計画をり、多くの追いめられた士人しじんたちを苦難から救い出してやった。

一方、袁術えんじゅつもまた豪侠ごうきょうの士として袁紹えんしょうと名声を競っていたが、何顒かぎょう袁術えんじゅつの元に常時出入りしなかったので、袁術えんじゅつに深くうらまれた。


その後、(第2次)党錮とうこの禁*1が解除されると、何顒かぎょう司空府しくうふ辟召まねかれた。三府(三公さんこうの府)の属官たちの会議がもたれる度に、何顒かぎょう滾々こんこんき出る計策に、論者たちはみな到底及びもつかないと考えた。

北軍中候ほくぐんちゅうこうに栄転したところ、董卓とうたくは彼を長吏ちょうり議郎ぎろう)に任じた*3。この時何顒かぎょうは、侍中じちゅう周毖しゅうひ城門校尉じょうもんこうい伍瓊ごけいらと共に、冀州きしゅうに逃亡した袁紹えんしょうかばって勃海太守ぼっかいたいしゅに任命するように進言した。

董卓とうたく長安ちょうあん遷都せんとすると、

  • 黄門侍郎こうもんじろう荀攸じゅんゆう
  • 議郎ぎろう鄭泰ていたい
  • 侍中じちゅう种輯ちゅうしゅう
  • 越騎校尉えっきこうい伍瓊ごけい

らと「董卓とうたく暗殺」の謀議ぼうぎをこらしたが、計画実行の直前になって事が露見ろけんし、何顒かぎょう荀攸じゅんゆうは逮捕・投獄され、何顒かぎょうは心配と恐怖のあまり自殺した*4


後年、荀彧じゅんいく尚書令しょうしょれいとなると、人をって叔父おじ司空しくう荀爽じゅんそうの遺体を引き取り、同時に何顒かぎょうの遺体も安置して、荀爽じゅんそうの墓のそば埋葬まいそうした。

脚注

*1後漢ごかん末期、宦官かんがんの専横に反対した名臣たちが官吏資格を剥奪はくだつされた事件。

*2心を許し合い危難に駆けつける仲間。何顒かぎょうの他に、張孟卓ちょうもうたく張邈ちょうばく)・呉子卿ごしけいいみな不明)・許子遠きょしえん許攸きょゆう)・伍徳瑜ごとくゆ伍瓊ごけい)がいる。

*3後漢書ごかんじょ党錮伝とうこでん何顒伝かぎょうでんでは「やまいと称して就任しなかった」とある。

*4後漢書ごかんじょ党錮伝とうこでん何顒伝かぎょうでんでは「司空しくう荀爽じゅんそう司徒しと王允おういんたちと共に董卓とうたくの暗殺をはかった。たまたま荀爽じゅんそうが亡くなり、何顒かぎょうは別件で董卓とうたくによりごくつながれ、うれいといきどおりを発して亡くなった」とある。


何顒かぎょう」の関連記事

何氏かし張当ちょうとうが選んだ才人さいじん

生没年不詳。

張当ちょうとうはこっそりと自分が選んだ才人さいじん(女官)の張氏ちょうし何氏かしらを曹爽そうそうおくったことがあったが、朝廷では何か不正があるのではないかと疑い、張当ちょうとうを逮捕して罪状を取り調べた。

すると張当ちょうとうは「曹爽そうそう何晏かあんらと反逆の陰謀をこらし、以前そろって兵士を訓練し、3月になるのを待ってクーデターを起こそうとしていた」と陳述した。

その結果、何晏かあんらは逮捕・投獄された。


何氏かし李密りみつの母)

生没年不詳。

楊戯ようぎの同県(益州えきしゅう犍為郡けんいぐん武陽県ぶようけん)の後輩に李密りみつあざな令伯れいはくという者がいた。

李密りみつの祖父・李光りこう朱提太守しゅしたいしゅとなった。父は若死し、母の何氏かしが再婚したため、李密りみつは祖母に養育された。


何祗かし君粛くんしゅく

生没年不詳。益州えきしゅう蜀郡しょくぐんの人。

若い頃は貧乏であったが、寛容かんようで情に厚くさばけた人柄で、体格は大変立派であった。また、よく飲んで音楽と女色を好み、節度を保つことがなかった。そのため、当時の人で彼を尊重する者は少なかった。

かつて井戸の中にくわが生えている夢を見たので、夢占いの趙直ちょうちょくたずねると、

くわは井戸の中のものではありませんから、必ず植ええなければなりません。しかもくわの字(桒)は四十の下に八を書きます。あなたのよわいは多分それ以上にはならないでしょう」

と言った。すると何祗かしは、笑って「それだけあれば充分だ」と言った。


初め郡に仕官し、後に督軍従事とくぐんじゅうじ*5となった。当時、諸葛亮しょかつりょう峻厳しゅんげんに法を執行していたので、秘かに何祗かしが「遊蕩三昧ゆうとうざんまいふけっていて職務にはげまない」と聞くと、ある時、不意を襲って牢獄を調査することにした。人々はみな何祗かしのために心配した。

何祗かしはそのことを秘かに聞くと、夜、燈火とうかともして囚人を見終わると、彼らの罪状書を読んだ。

諸葛亮しょかつりょうが早朝におもむくと、何祗かしはすでにすべてを暗記していて、その応答・説明は流れるようだったので、諸葛亮しょかつりょうは彼を大変評価した。


外に出て成都せいと県令けんれいに任じられたが、当時、郫県ひけん県令けんれいが欠員になっていたので、何祗かしが2県の県令けんれいを兼任した。

2県の人口はむやみに多く、都に近接しており悪事を働く者が多かった。人を取り調べる時はいつも居眠りし、心にさとるところがあるとすぐに誤魔化ごまかしを見つけ出した。人々はみな何祗かし摘発てきはつを恐れ、ある者はじゅつでも使うのかと考え、誤魔化ごまかそうとする者はいなくなった。

人に算盤そろばんを持たせておいて、何祗かしはその読み上げる声を聞きながら暗算し、少しも狂わなかった。彼の精密さはこれ程のものであった。


汶山びんざん蛮人ばんじん不穏ふおんな動きを示した際、何祗かし汶山太守びんざんたいしゅに任命すると、漢民かんみん蛮民ばんみんも服従・信頼した。

広漢太守こうかんたいしゅに転任した後、汶山びんざん蛮人ばんじんは反乱を起こし「前の何府君かちじ何祗かし)に来ていただければ、我らを落ち着かせられる」と言い訳した。

当時、再び何祗かしを辺地に行かせるのも難しかったので、何祗かしの一族の者を抜擢ばってきして汶山太守びんざんたいしゅに任じたところ、汶山びんざんは再び落ち着きを取り戻した。

犍為太守けんいたいしゅに転任し48歳で亡くなった。趙直ちょうちょくの言葉通りとなった。

逸話

初め楊洪ようこう李厳りげん功曹こうそうであったが、李厳りげんがまだ犍為太守けんいたいしゅの任にある間に、楊洪ようこうはすでに蜀郡太守しょくぐんたいしゅとなった。

楊洪ようこう門下書佐もんかしょさ何祗かしを迎え、才知と能力があったので郡吏ぐんりに推挙したところ、数年後に広漢太守こうかんたいしゅとなった。その時楊洪ようこうもまた依然として蜀郡太守しょくぐんたいしゅであった。

そのため、西方の人々はみな、当代の人物の能力を充分に引き出したと、諸葛亮しょかつりょうの人材起用に感服した。


張嶷ちょうぎょくが重病にかかった時、彼の家は平素より貧乏でどうにもならず、広漢太守こうかんたいしゅ何祗かしが博愛の人との評判だったので、張嶷ちょうぎょくは長年疎遠そえんにしていたものの、やまいを押して車に乗り何祗かしの元におもむいて、病気を治してくれるように頼み込んだ。

何祗かしが財産を傾けて医療に当たってくれたお陰で、数年の内にすっかり良くなった。

脚注

*5益州牧えきしゅうぼくの属官。ごくつかさどる?


何定かてい何布かふ

生年不詳〜鳳凰ほうおう元年(272年)没。豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐんの人。

元々孫権そんけん側仕そばづかえの者であったが、後に宮中の仕事をやめて小役人に当てられた。

何定かていはおべんちゃらを使って上の者に取り入ることにたくみで、自分は先帝(孫権そんけん)のもとで使われていた者だと上表し、宮中の側仕そばづかえの役に戻りたいと希望した。

孫晧そんこう孫皓そんこう)は何定かてい楼下都尉ろうかといに任じ、酒や穀物の買い入れのことをつかさどらせた。

何定かていは権力をかさに着て欲しいままに他人をそこなったり、過分に目をかけたりしたが、孫晧そんこう孫皓そんこう)は彼を信任し、多くの事柄をその裁量に任せた。


甘露かんろ元年(265年)当時、殿上でんじょうはべ何定かていが言葉たくみに主君に取り入り、寵愛ちょうあいを受けて政治を任されていたことから、陸凱りくがいは面と向かって何定かていを非難した。何定かてい陸凱りくがいをひどくうらみ、彼を中傷しようとくわだてたが、陸凱りくがいはそうしたことを少しも意にかいしなかった。


何定かていが「息子のために少府しょうふ李勗りきょく李勖りきょく)のむすめを嫁に迎えたい」との話を持ち出したところ、李勗りきょく李勖りきょく)は承諾しなかった。

何定かていはそのことを遺恨いこんに思い、李勗りきょく李勖りきょく)のことを孫晧そんこう孫皓そんこう)に讒言ざんげんした。孫晧そんこう孫皓そんこう)は李勗りきょく李勖りきょく)の一家を幼い子供まで含めて皆殺しにし、その死体を焼き捨てた。

建衡けんこう2年(270年)4月、殿中列将でんちゅうれっしょう何定かていが「少府しょうふ李勗りきょく李勖りきょく)はみだりに馮斐ふうひを殺し、勝手に軍をひきいて帰還した」と上言し、李勗りきょく李勖りきょく)と徐存じょそんの一家眷属けんぞくはすべて誅殺ちゅうさつされた]


孫晧そんこう孫皓そんこう)は、孫泰そんたいの息子の孫秀そんしゅうが地方にあって兵権をにぎっていることに不安を禁じ得なかった。

この年、孫晧そんこう孫皓そんこう)は何定かていを派遣して、兵5千人をひきいて長江ちょうこうさかのぼり、夏口かこう巻狩まきがりを行わせた。以前から人々の間で「孫秀そんしゅうわなはまるであろう」と広くささやかれており、何定かていがこんな遠方まで来たことから、孫秀そんしゅうは不安に駆られ、妻子や子飼いの兵士たち数百人を連れてしんに亡命した。


この当時、何定かていが権力を欲しいままにし、宦官かんがんたちが政治に口出しをしていたので、陸抗りくこうは「一国を開き一家の血統を子孫に伝えようとするならば、小人しょうじん(つまらぬ連中)を任用してはならない」と上疏じょうそした。


建衡けんこう3年(271年)、何定かていが「聖谿せいけいに運河を掘って長江ちょうこう淮水わいすい(一説に泰淮水たいわいすい)への水運が通じるようにしてはどうか」と建議をし、孫晧そんこう孫皓そんこう)は薛瑩せつえいに命じ、1万人の人夫をつけて現地で監督に当たらせたが、大きな岩が多くて工事が進まず、結局中止して引き上げたので、薛瑩せつえいは地方に出されて武昌ぶしょう左部督さぶとくとなった。


何定かていはまた部将たちに命じ、それぞれに立派な犬を献上させた。みな千里の遠方から犬を買い求めて、1匹の犬の値がきぬ数千匹にあたるまでになった。犬につけるつなぎひもは1万銭の値段になり、1匹の犬に1人の兵士が配され、犬に食べさせるためにうさぎを捕らえて宮中の台所で調理されて、うさぎがほとんどりつくされてしまった。

国の人々はこぞって「こうしたことはみな何定かていのためだ」とうらんだが、孫晧そんこう孫皓そんこう)は忠勤にはげむ者として彼に列侯れっこうの爵位をたまわった。


ある時賀斉がせいの孫・賀邵がしょうは、暴虐ぼうぎゃくを振るいおごり高ぶって政事まつりごと破綻はたんきたした孫晧そんこう孫皓そんこう)をいさめると、孫晧そんこう孫皓そんこう)はひどく不愉快ふゆかいに思った。賀邵がしょうおおやけのために尽くし、正しい道を曲げようとしなかったため、何定かていをはじめとする孫晧そんこう孫皓そんこう)の取り巻きたちは彼を煙たがっていたので、これを機に共謀して「賀邵がしょう楼玄ろうげんと共に国家を誹謗ひぼうしている」と讒言ざんげんした。


鳳凰ほうおう元年(272年)、言葉たくみに主君に取り入り権力を欲しいままにした何定かていも、ついに悪事が発覚して誅殺ちゅうさつされた。孫晧そんこう孫皓そんこう)は、その悪事は張布ちょうふの場合と似ているということで、死後、何定かていの名前を何布かふと改めさせた。


何定かてい誅殺ちゅうさつされると、孫晧そんこう孫皓そんこう)は「薛瑩せつえい聖谿せいけいでの失敗」を再び取り上げ、彼を裁判にかけ広州こうしゅうへ流罪としたが、右国史ゆうこくし華覈かかく上疏じょうそにより左国史さこくしに復帰した。


何典かてん

生没年不詳。天紀てんき3年(279年)に広州こうしゅうで反乱を起こした郭馬かくばの部将(部隊長)。

郭馬かくばは元々合浦太守がっぽたいしゅ脩允しゅういん配下の私兵の隊長であったが、脩允しゅういんの死後、兵士たちが分割されて別々の所に配属させられることになり、そのことを不満に思っていた。

郭馬かくば孫皓そんこう広州こうしゅうの戸籍を調べ直していることを利用して、部将の何典かてん王族おうぞく呉述ごじゅつ殷興いんこうらと共謀し、兵士や民衆たちの不安をあおって動揺させると、人数を集めて広州督こうしゅうとく虞授ぐじゅを攻め殺した。この時何典かてんは、蒼梧郡そうごぐんに兵を進めた。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引