正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「お」から始まる人物の一覧㉟、「おう」から始まる人物の一覧㉞王芬おうふん王模おうぼ王方おうほう王方平おうほうへい王遠おうえん)・王訪おうほう王鳳おうほう王褒おうほう王髦おうぼう王謀おうぼうです。

スポンサーリンク

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。


スポンサーリンク


お㉟(王㉞)

王(おう)

王芬おうふん

生没年不詳。霊帝れいてい期の冀州刺史きしゅうしし

中平ちゅうへい5年(188年)、冀州刺史きしゅうしし王芬おうふんが主催した会合で、青州せいしゅう平原国へいげんこく出身の方術士ほうじゅつし襄楷じょうかいが、

「天文現象は宦官かんがんに不利です。黄門こうもん常侍じょうじといった高官一族は滅亡するでしょう」

と言うと、これを聞いた陳蕃ちんはんの子・陳逸ちんいつは喜び、王芬おうふんは「そういうことならば、王芬わたしが除き去ろう」と言い、

  • 荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん出身の許攸きょゆう
  • 豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく出身の周旌しゅうせい

ら実力者たちと連合して、霊帝れいていの廃位と合肥侯がっぴこういみな不明)の擁立ようりつを計画した。

王芬おうふんはこれを曹操そうそう華歆かきん陶丘洪とうきゅうこうらに打ち明けたが、曹操そうそうは「いにしえの成功例である伊尹いいん霍光かくこうの時と比べて困難であること」を理由に参加を拒否し、華歆かきんは「王芬おうふんは大ざっぱな性格で武勇がない。きっと失敗に終わり、一族にまで災難が降りかかるだろう」と言って、参加しようとする陶丘洪とうきゅうこうを引き止めた。


この時霊帝れいていは、北方の冀州きしゅう河間国かかんこくにある旧宅に巡行する予定であったので、王芬おうふんらはこの機会に乱を起こそうと計画し、「黒山賊こくざんぞくが郡県を攻撃し圧迫している」と上奏して軍隊を出動する許可を求めた。

ところがちょうどその時、北方に赤気が立ちめて東西に渡って空にたなびいたので、太史たいし天文係てんもんがかり)が「陰謀があるに違いありません。北方への巡行は不適当です」と進言した。

そこで霊帝れいていは、巡行と軍隊の出動を中止して王芬おうふんし出すと、王芬おうふん恐懼きょうく(非常に恐れかしこまること)のあまり自殺した。


王芬おうふん」の関連記事

王平おうへい子均しきん

【三国志人物伝】お⑰巴郡王氏(王平・王訓)


王模おうぼ

生没年不詳。青州せいしゅう楽安国らくあんこくの人。

建安けんあん3年(198年)に曹操そうそう呂布りょふを滅ぼした後のこと。青州せいしゅう楽安国らくあんこく出身の王模おうぼ徐州じょしゅう下邳国かひこく出身の周逵しゅうきを推薦する者がいて、曹操そうそうは彼らをし出した。

すると陳羣ちんぐん封緘ふうかん(封を閉じること)して命令書を返上し、「王模おうぼ周逵しゅうきは道徳をけがす人物であるから、最後は必ず失敗するであろう」と主張したが、曹操そうそうは聞き入れなかった。

後に王模おうぼ周逵しゅうきはいずれも悪事を行ったかどで処刑されたため、曹操そうそう陳羣ちんぐんに謝罪した。


王模おうぼ」の関連記事

王方おうほう

生没年不詳。元董卓とうたく配下の将。

初平しょへい3年(192年)、董卓とうたく王允おういん呂布りょふらに殺害されると、落ち着く場所を失った元董卓とうたく配下の李傕りかくらは、その軍勢をひきいて西(長安ちょうあん)に向かい、行く先々で兵士をかり集め、長安ちょうあんに到着する頃には10万以上の軍勢になっていた。

李傕りかくらは、元董卓とうたくの配下であった樊稠はんちゅう李蒙りもう王方おうほうらと合流して長安城ちょうあんじょうを包囲し、10日で城は陥落かんらくした。


王方おうほう」の関連記事

王方平おうほうへい王遠おうえん

生没年不詳。神仙しんせん

建安けんあん元年(196年)、孫策そんさく揚州ようしゅう会稽郡かいけいぐんに軍を進めると、会稽郡かいけいぐん功曹こうそう虞翻ぐはん会稽太守かいけいたいしゅ王朗おうろうを送って徐州じょしゅう広陵郡こうりょうぐんに行くつもりであったが、王朗おうろう王方平おうほうへい王遠おうえん)の予言書に「急ぎ来たりて我を迎えよ。南岳なんがくさがすべし」とあるのにまどわされて南に向かった。

揚州ようしゅう会稽郡かいけいぐん候官県こうかんけんまでやって来ると、王朗おうろうはさらに交州こうしゅうに身を寄せようとしたが、虞翻ぐはん王朗おうろういさめて、

「それはでたらめな書物にすぎません。交州こうしゅうには南岳なんがくもありませんのに、どこに身を寄せようとされるのですか」

と言うと、王朗おうろうは思いとどまった。


王方平おうほうへい王遠おうえん)は、三国さんごく両晋りょうしん時期の神仙しんせん・道教信仰において重要な位置を占めた。


王訪おうほう

生没年不詳。兗州えんしゅう山陽郡さんようぐんの人。

劉表りゅうひょうと同郡出身の、

  • 張隠ちょういん
  • 薛郁せついく
  • 王訪おうほう
  • 宣靖せんせい
  • 公緒恭こうしょきょう
  • 劉祗りゅうし
  • 田林でんりん

は「八交はっこう」、あるいは「八顧はっこ」と呼ばれた。


王鳳おうほう

生没年不詳。かん大将軍だいしょうぐんにして外戚がいせき

建安けんあん5年(200年)春正月、袁譚えんたんを斬り冀州きしゅうを平定した曹操そうそうが、その年の9月に出した布告に名前ががっている。

阿諛迎合あゆげいごうして徒党を組むことは、過去の聖人が憎んだことである。聞くに冀州きしゅうの風俗は、父と子が党派をことにし、互いに批判し合い称誉しょうよし合うとか。

昔、

  • 直不疑ちょくふぎかんの臣)は兄もいないのに、世間の人にあによめと密通したと言われ、
  • 第五伯魚だいごはくぎょ第五倫だいごりん後漢ごかんの臣)は3度親のない娘をめとったが、嫁の父親を鞭打ったと言われ、
  • 王鳳おうほうかん大将軍だいしょうぐんにして外戚がいせき)が権力を我が物にしているのに、谷永こくえいは彼を申伯しんぱくしゅう宣王せんおうの臣にして外戚がいせき)になぞらえ、
  • 王商おうしょうかんの臣)が忠誠な議論をべているのに、張匡ちょうきょうはそれを邪道だと言った。

これらはすべて白を黒とし、天をあざむき君をないがしろにする者である。

わしは風俗をきっちりと整えたいが、上の4つのことが除去されないことを恥と考える」


王褒おうほう子淵しえん

生年不詳〜神爵しんしゃく元年(紀元前61年)没。益州えきしゅう犍為郡けんいぐん資中県しちゅうけんの人。前漢ぜんかんの文人。

前漢ぜんかん宣帝せんてい期に諫大夫かんたいふとなった。

九懐きゅうかい』『洞簫賦とうしょうふなどの辞賦じふあらわわした。諧謔かいぎゃく(面白い気のきいた冗談)的な筆致で奴隷の境遇を描写した僮約どうやくは当時の社会生活を知る資料としての価値がある。


蜀漢しょくかんの降伏文書を書いた郤正げきせい著作ちょさくを読んでいたとして蜀書しょくしょ郤正伝げきせいでんに名前が登場する。


王髦おうぼう

生没年不詳。刀匠とうしょう

その昔、「王髦おうぼうの剣」を手に入れた楊脩ようしゅう楊修ようしゅう)が太子たいし曹丕そうひ)に献上した。

そして、楊脩ようしゅう楊修ようしゅう)が処刑され、曹操そうそうも亡くなった後のこと。

魏王ぎおうとなった曹丕そうひは常にそれを帯用たいようし、天子てんしの位について洛陽らくように住んだが、宮殿からのんびりとお出ましになった時、楊脩ようしゅう楊修ようしゅう)の自分に対するあまりにも冷淡だった態度を思い出し「王髦おうぼうの剣」をでさすりながら、車を止めてそばづかえの者を振り返って、

「これは楊徳祖ようとくそ楊脩ようしゅう)が昔、話をしていた王髦おうぼうの剣だが、王髦おうぼうは今どこにおる?」

たずね、彼をし出して目通りさせた文帝ぶんてい曹丕そうひ)は、王髦おうぼうに穀物ときぬした。


王謀おうぼう

生没年不詳。しょく少府しょうふ

建安けんあん25年(220年)、文帝ぶんてい曹丕そうひ)が皇帝の称号を名乗り、年号を黄初こうしょと改めると、しょくでは「かんの皇帝(献帝けんてい)が殺害された」と伝達する者があった。

そこで少府しょうふ王謀おうぼうは、

  • 太傅たいふ許靖きょせい
  • 安漢将軍あんかんしょうぐん糜竺びじく
  • 軍師将軍ぐんししょうぐん諸葛亮しょかつりょう
  • 太常たいじょう頼恭らいきょう
  • 光禄勲こうろくくん黄柱こうちゅう

らと、劉備りゅうびに皇帝に即位することを勧める上奏文をたてまつった。


王謀おうぼう」の関連記事


スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引