正史せいし三国志さんごくし三国志演義さんごくしえんぎに登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内する【三国志人物伝】の「え」から始まる人物の一覧⑪、陳国ちんこく陳郡ちんぐん袁氏えんし袁滂えんぼう袁渙えんかん袁覇えんは袁徽えんき袁敏えんびん袁侃えんかん袁偘えんかん)・袁㝢えんう袁奥えんおう袁準えんじゅん袁亮えんりょう袁粲えんさん]です。

スポンサーリンク

系図

凡例

後漢ごかん〜三国時代にかけての人物は深緑の枠、それ以外の時代の人物で正史せいし三国志さんごくしに名前が登場する人物はオレンジの枠、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物は水色の枠で表しています。

陳国(陳郡)袁氏系図

陳国(陳郡)袁氏系図


この記事では陳国ちんこく陳郡ちんぐん袁氏えんしの人物、


についてまとめています。


スポンサーリンク


え⑪[陳国(陳郡)袁氏]

第1世代

袁滂えんぼう公煕こうき

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく扶楽県ふらくけんの人。子に袁渙えんかん

純粋じゅんすい素朴そぼくで欲が少なく、決して他人の欠点を語らなかった。霊帝れいてい熹平きへい7年(178年)に司徒しととなったが、権勢けんせい恩寵おんちょうの頂点にありながら、袁滂えんぼうだけは朝廷で中立の立場をとったため、派閥争いのために災難をまねくことがなかった。


袁滂えんぼう」の関連記事

第2世代

袁渙えんかん曜卿ようけい

生年不詳〜永元えいげん4年(92年)没。豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく扶楽県ふらくけんの人。父は袁滂えんぼう。子に袁侃えんかん袁偘えんかん)、袁㝢えんう袁奥えんおう袁準えんじゅん

清潔で落ち着きがあり、必ず礼に従って行動した。郡が袁渙えんかん功曹こうそうに任命すると、不正を行っていた官吏たちはみな自分から辞職してしまった。

豫州刺史よしゅうししとなった劉備りゅうび茂才もさいに推挙されるも、戦乱の中で袁術えんじゅつ呂布りょふ曹操そうそうと主君を変えざるを得なかったが、劉備りゅうびを侮辱する書簡を書かせようとする呂布りょふの命令を断り、呂布りょふ曹操そうそうに敗れた際も、袁渙えんかんだけは対等の挨拶あいさつをして敗者の礼をとらなかった。

また、劉備りゅうびが死んだという誤報が流れた時、他の臣下はみな喜び祝ったが、袁渙えんかんは祝賀を表さなかったという。

豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく南部なんぶ都尉とい、同・梁国りょうこくしょう諫議大夫かんぎたいふ丞相じょうしょう軍祭酒ぐんさいしゅ郎中令ろうちゅうれい御史大夫ぎょしたいふの事務取扱を歴任し、袁渙えんかんが亡くなると曹操そうそうは涙を流して穀物こくもつ2千石を賜与しよした。


袁渙えんかん」の関連記事

袁覇えんは公恪こうかく

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく扶楽県ふらくけんの人。袁渙えんかんの従弟。

公正こうせい謹厳きんげん(公平、真面目でしっかりしていること)な人柄で事務能力があった。

建安けんあん18年(213年)、魏公ぎこうに任命された曹操そうそうが3度に渡って辞退した際、受諾じゅだくを勧める荀攸じゅんゆう鍾繇しょうようら30名の連名の中に「長史ちょうし袁覇えんは」の名前がある。

建国の当初、大司農だいしのうとなったが、何夔かきと共に当時評判が高かった。


袁徽えんき

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく扶楽県ふらくけんの人。兄は袁覇えんは。従兄に袁渙えんかん儒学じゅがくしゃとして高く評価された。

天下に動乱のきざしがあった時、袁渙えんかんは高ぶった様子で歎息たんそく(非常になげくこと)して言った。

かんの王室は衰微すいびしつつあり、動乱は目前にある。仮に天下に騒動が起これば、一体どこに逃亡すれば良いのか。もし天にまだ道徳を存続させる意志があるならば、民衆は道義に頼って生きていける。ひたすら強固に意志をたもち、礼を失いさえしなければ、身をかばうことができるだろうか」

袁徽えんきは言った。

「古人はこう申しております。『変化のきざしを察知することこそ、かみわざである』と。変化のきざしを察知して行動するからこそ、くんは大吉を受けられるのです。天の道にはせいすいがあります。かんはもう滅亡するでしょう。そもそも大きな功績が打ち立てられるためには必ず大きな事件があるものです。これもまたくんが充分承知していることであり、その混乱を避けるため一歩退しりぞいて自分の行動を天道の微妙な動きの中にひそませるのです。それに、戦争が起こった後は、外から災難がたくさん加えられるに違いありません。私ははるか山や海のある場所へ逃れて、我が身の安全を求めたいと思います」

かくして動乱が起こると、各人、自分の意志によって行動し、袁徽えんき交州こうしゅうに避難して司徒しとされても応じなかった。また袁徽えんきは、交州こうしゅうから尚書令しょうしょれい荀彧じゅんいくに手紙を送り、同じく交州こうしゅうに逃れてきた許靖きょせい交阯太守こうしたいしゅ士燮ししょうたたえている。


袁敏えんびん

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく扶楽県ふらくけんの人。袁渙えんかんの従弟。兄に袁覇えんは袁徽えんき

呂布りょふが敗北した際に袁渙えんかんと共に曹操そうそうくだる。武芸にひいで、治水工事が得意で、官位は河隄謁者かていえっしゃまで昇った。

のち袁敏えんびんについて学んだ文帝ぶんてい曹丕そうひ)は「彼の1つの武器で両手の武器を攻撃する方法は、いつも神のごとき技だと思った」と語った。


袁敏えんびん」の関連記事

第3世代

袁侃えんかん公然こうぜん袁偘えんかん

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく扶楽県ふらくけんの人。袁渙えんかんの長男。弟に袁㝢えんう袁奥えんおう袁準えんじゅんの臣。

清潔純粋、閑静質素な人で、父・袁渙えんかんの面影があった。議論は清新せいしん妥当だとう、柔和だが威厳があり、他人と仲良く交際できた。王朝交代の時期に当たって、保身のために媚びることがなかったので、当時の人々に称揚しょうようされた。

袁侃えんかんと会った司馬懿しばいは「曜卿えんけい袁渙えんかんあざな)の息子だけのことはあった」と言い、また職務上の罪を犯して許允きょいんと共に投獄された際、許允きょいんは「君は功臣の子なので、死刑の心配はないだろう」と言われ、許允きょいんの言わんとすることをみ取った袁侃えんかんは、みずから主犯を引き受けて許允きょいんを救った。

郡守ぐんしゅ太守たいしゅ)、こうもんせんろうろう尚書しょうしょに昇進したが、早くに亡くなった。


袁侃えんかん」の関連記事

袁㝢えんう宣厚せんこう

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく扶楽県ふらくけんの人。袁渙えんかんの次男。兄に袁侃えんかん袁偘えんかん)。弟に袁奥えんおう袁準えんじゅん。祖父は袁滂えんぼう

袁㝢えんうの弁論は機智にんでいて筋道があり、道家どうかの言葉を好んだ。若くして病気にかかり、官職につかないうちに亡くなった。


袁奥えんおう公栄こうえい

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく扶楽県ふらくけんの人。袁渙えんかんの3男。兄に袁侃えんかん袁偘えんかん)、袁㝢えんう。弟に袁準えんじゅん。祖父は袁滂えんぼう

袁奥えんおうの行動は世俗をふるい立たせるに充分なものがあり、言葉は簡略ながら妥当な論理を持っていた。光禄勲こうろくくんの官で亡くなった。


袁準えんじゅん孝尼こうじ袁子えんし

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく扶楽県ふらくけんの人。袁渙えんかんの4男。兄に袁侃えんかん袁㝢えんう袁奥えんおう泰始たいし年間[265年〜274年(しん武帝ぶていの年号)]に給事中きゅうじちゅうとなった。

誠実公正な人で下級の者に質問することを恥とせず、世事多難な時代であったことから常に営利を争わず、世に出ることを求めようとしなかった。

書物十余万字をあらわして政治の任務についてろんじ、

  • えき
  • 周官しゅうかん周礼しゅうれい
  • 詩経しきょうの伝(注釈)

を書き、五経ごきょう易経えききょう書経しょきょう詩経しきょう礼記らいき春秋しゅんじゅう)の意義の通じない部分、聖人(経典の作者)の微妙な言葉について論じ世間に伝えた。

嵆康別伝けいこうべつでんには、「竹林ちくりん七賢しちけん」の1人である嵆康けいこうは臨終に際して「袁孝尼えんこうじ袁準えんじゅん)は前にわしから広陵散こうりょうさん(楽曲の名前)を学ばんとしたが、わしはいつもかたくなにこばんで教えなかった。広陵散こうりょうさんは今ここでえるのだ」と言ったとある。


袁亮えんりょう

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく扶楽県ふらくけんの人。父は袁覇えんは。子に袁粲えんさん伯父おじ袁渙えんかん。官位は河南尹かなんいん尚書しょうしょにまで昇った。

何夔かきの子・何曾かそうとは仲の良い友人で、共に伯父おじ袁渙えんかんと並ぶ名声があった。心正しんせい堅固けんごすこやか)で学問・品行にすぐれていたが、何晏かあん鄧颺とうようらの人柄を憎悪し、論説を書いて彼らを激しく批判した。

嘉平かへい6年(254年)の司馬師しばしのクーデターに賛同する者たちの上奏文の中に「長合郷侯ちょうごうきょうこう袁亮えんりょう」の名前がある。曹髦そうぼう天子てんし(皇帝)に迎える法駕ほうが(行列)に随行した。

また、甘露かんろ元年(256年)2月、太極殿たいきょくでん東御殿とうぎょでんで行われた宴会で礼法制度について議論し、帝王の優劣について言及した。


第4世代

袁粲えんさん儀祖ぎそ

生没年不詳。豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく扶楽県ふらくけんの人。父は袁亮えんりょう。祖父は袁渙えんかんの従弟・袁覇えんは

学識があり博学だった。じゅがくの官を累進して尚書しょうしょまで昇った。



スポンサーリンク


【三国志人物伝】総索引