董卓とうたくの波瀾万丈の生涯を、時系列に沿って年表形式で簡潔にまとめています。最終章の関連リンクから、詳細を確認することもできます。

スポンサーリンク

はじめに

董卓(とうたく)

参考文献

この「董卓とうたく関連年表」は、主に次の史料を元に作成しています。

  • 後漢書ごかんじょ董卓伝とうたくでん
  • 魏書ぎしょ董卓伝とうたくでん
  • 後漢書ごかんじょ袁紹伝えんしょうでん
  • 魏書ぎしょ袁紹伝えんしょうでん
  • 資治通鑑しじつがん
関連記事

参考文献一覧

ルール

先頭についているマーク

  • 「・」:董卓とうたくが主体となって行った出来事。(主語を省略しています)
  • 「●」:董卓とうたくと関係が深い出来事。
  • 「★」:時期は明記されていないが、推測で時期を特定した出来事。

時系列の表記

たとえば、史料に2月の出来事としていくつかの記述があり、次に4月の記述が続く場合、2月の記述の中に3月の出来事が含まれている可能性がありますが、すべて2月の出来事に含めます。

また、明確な時期が記述されていない場合でも、前後の出来事から時期が推測できる場合は、「★」マークをつけて推測で時期を当てはめています。

その他明確な時期が不明の場合は、その年の最期にまとめて記述します。

史料によって時期が異なる場合

史料によって出来事の時期が異なる場合は、より合理性が高いと思われる時系列に記述し、出典をつけます。

例:【魏書ぎしょ董卓伝とうたくでん霊帝紀れいていき】(後漢書ごかんじょ董卓伝とうたくでんでは189年2月)


※ スマートフォンでご覧の方は、スマートフォンを横向きにしていただくと、改行が減って見やすくなります。


スポンサーリンク


董卓関連年表

西暦 出来事
不明

董卓とうたく豫州よしゅう潁川郡えいせんぐん綸氏県りんしけんで生まれる。(本籍は涼州りょうしゅう隴西郡ろうせいぐん臨洮県りんとうけん

きょう族の顔役たちと親交を結ぶ。

隴西郡ろうせいぐんで農耕生活を送る。

・耕牛を殺してきょう族の顔役たちをもてなす。

きょう族の顔役たちから1,000頭あまりの家畜を送られる。

・郡に召し出されて役人となり、盗賊を取り締まる。

涼州刺史りょうしゅうしし成就せいしゅう従事じゅうじとして従軍し、を討伐する。

幷州刺史へいしゅうしし段熲だんけいの推薦を受け、司徒しとえん(属官)に取り立てられる。

166年

羽林郎うりんろうに選ばれる。

使匈奴中郎将しきょうどちゅうろうしょう張奐ちょうかん幷州へいしゅう討伐に軍司馬ぐんしばとして従軍し、手柄を立てる。

郎中ろうちゅうに任命される。

・褒美の絹9,000匹を部下に分け与える。

不明

幷州へいしゅう雁門郡がんもんぐん広武県こうぶけん県令けんれいに任命される。

蜀郡北部都尉しょくぐんほくぶといに任命される。

西域戊己校尉せいいきぼきこういに任命される。

・事にして罷免ひめんされる。

幷州刺史へいしゅうししに任命される。

河東太守かとうたいしゅに任命される。

184年

3月

太平道が蜂起する。(黄巾の乱)

宦官かんがん弾劾だんがいする上奏文をたてまつる。

6月

東中郎将とうちゅうろうしょうに任命され、盧植ろしょくの後任として下曲陽かきょくよう張角ちょうかくと戦う。

張角ちょうかくに敗れた罪を問われて罷免ひめんされる。

11月

● 黄巾の乱が鎮圧される。

涼州りょうしゅう先零羌せんれいきょう湟中義従胡こうちゅうぎじゅうこが反乱を起こす。

185年

3月

辺章へんしょう韓遂かんすいが「宦官かんがん誅殺ちゅうさつ」を掲げて三輔さんぽ地方に侵攻する。(辺章へんしょう韓遂かんすいの乱)

中郎将ちゅうろうしょうに任命され、左車騎将軍さしゃきしょうぐん皇甫嵩こうほすうの副将として討伐にあたる。

7月

張譲ちょうじょう趙忠ちょうちゅうらの讒言ざんげんによって皇甫嵩こうほすう罷免ひめんされる。

8月

司空しくう張温ちょうおん車騎将軍しゃきしょうぐんに任命され、執金吾しつきんご袁滂えんぼうを副将として討伐にあたる。

破虜将軍はりょしょうぐんに任命され、盪寇将軍とうこうしょうぐん周慎しゅうしんと共に張温ちょうおんの指揮下に入る。

張温ちょうおんの前で無礼な態度を取り、孫堅そんけん張温ちょうおん董卓とうたくの処刑を耳打ちする。

張温ちょうおんは10万の兵を司隷しれい右扶風ゆうふふう美陽県びようけんに駐屯させて戦うも戦況は不利となる。

11月

● 火のような流星を不吉と考えた辺章へんしょう韓遂かんすいらが涼州りょうしゅう金城郡きんじょうぐん金城県きんじょうけんに撤退する。

右扶風ゆうふふう鮑鴻ほうこうらと共に敵を追撃して勝利を得る。

辺章へんしょう韓遂かんすいらが涼州りょうしゅう金城郡きんじょうぐん楡中県ゆちゅうけんに逃亡する。

辺章へんしょう韓遂かんすいらがもる楡中県ゆちゅうけんを攻撃した周慎しゅうしんが、孫堅そんけんの進言に従わず敗れる。

張温ちょうおんの命令により3万の兵で先零羌せんれいきょうを攻めるが、涼州りょうしゅう漢陽郡かんようぐん望垣県ぼうえんけん望恒県ぼうこうけん)の北で敵軍に包囲される。

・機略によって損害を出さずに右扶風ゆうふふうに撤退し、斄郷侯たいきょうこうに封ぜられる。

186年

張温ちょうおん太尉たいいに任命される。

張温ちょうおん洛陽らくように呼び戻される。

188年

11月

王国おうこく合衆將軍がっしゅうしょうぐんを自称して、辺章へんしょう韓遂かんすい馬騰ばとうらと司隷しれい右扶風ゆうふふう陳倉県ちんそうけんを包囲する。

前将軍ぜんしょうぐんに任命され、左将軍さしょうぐん皇甫嵩こうほすうと共に陳倉県ちんそうけんの救援に向かう。

皇甫嵩こうほすうと意見が対立する。

少府しょうふに任命され、軍官と兵士を皇甫嵩こうほすうに預けて洛陽らくように出頭するように命令を受けるが、これを断る。
魏書ぎしょ董卓伝とうたくでん霊帝紀れいていき】(後漢書ごかんじょ董卓伝とうたくでんでは189年2月)

189年

2月

・またも皇甫嵩こうほすうと意見が対立し、皇甫嵩こうほすうが単独で敵を撃破する。皇甫嵩こうほすううらむ。

霊帝れいていやまいせる。

幷州牧へいしゅうぼくに任命され、再度皇甫嵩こうほすうに兵を預けて任官するように命令を受けるが、軍勢をひきいたまま河東郡かとうぐんに駐屯し、事態を見守る。

4月

霊帝れいていが崩御する。

5月

少帝しょうていが即位する。

大将軍だいしょうぐん何進かしんから召集を受ける。

8月

何進かしんが殺害され、司隸校尉しれいこうい袁紹えんしょう虎賁中郎将こほんちゅうろうしょう袁術えんじゅつらが宮中に突入し、宦官かんがん誅殺ちゅうさつする。

何苗かびょうが殺害される。

中常侍ちゅうじょうじ段珪だんけいらが、少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうを連れて小平津しょうへいしんに逃亡する。

北芒山ほくぼうさん少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうを保護し、洛陽らくように入る。

何進かしん何苗かびょうの兵を取り込む。

呂布りょふを調略し、丁原ていげんを殺害させてその兵を取り込む。

呂布りょふと父子のちぎりを結ぶ。

司空しくう劉弘りゅうこう罷免ひめんして、みずか司空しくうに就任する。

蔡邕さいようを無理矢理招聘しょうへいして信任する。

9月

袁紹えんしょうに天子の廃立を相談する。

洛陽らくようから逃亡した袁紹えんしょう勃海太守ぼっかいたいしゅに任命する。

・百官を集めて天子を廃立することを提案する。

・天子の廃立に反対した盧植ろしょく罷免ひめんする。

少帝しょうていを廃位して弘農王こうのうおうに封じ、陳留王ちんりゅうおう献帝けんてい)を天子に即位させる。

何太后かたいごう鴆毒ちんどくを勧めて殺害する。

曹操そうそう驍騎校尉ぎょうきこういに任命する。

曹操そうそう洛陽らくようから逃亡する。

太尉たいいに就任し、兵権の証しである鈇鉞ふえつ斧鉞ふえつ)と虎賁兵こほんへいを得る。

・元太傅たいふ陳蕃ちんはん、元大将軍竇武とうぶらをまつる。

・互いに張り合って財物をめ込んでいた洛陽らくようの貴族の邸宅を襲い、財宝や婦女を略奪・姦淫かんいんさせる。

★ 名士として名高い尚書しょうしょ周毖しゅうひ城門校尉じょうもんこうい伍瓊ごけい議郎ぎろう何顒かぎょう尚書しょうしょ鄭泰ていたいらを信任し、彼らがすすめる韓馥かんふく劉岱りゅうたい孔伷こうちゅう張邈ちょうばく張咨ちょうしを地方官に任命する。
董卓とうたくが親愛する者は高位にけず将校しょうこうとどめられた)

★ 能力がなかったり不正を働いている人物を糾弾きゅうだんする。

★「党錮とうこの禁」を受けた荀爽じゅんそう陳紀ちんき韓融かんゆう申屠蟠しんとばんらを招聘しょうへいする。
申屠蟠しんとばん招聘しょうへいに応じなかった)

楊彪ようひょう司空しくうに、黄琬こうえん司徒しとに任命する。

10

何太后かたいごうの葬儀を行う。

何苗かびょうひつぎをあばいて亡骸なきがらを解体し、道ばたに投げてる。

何苗かびょうの母・舞陽君ぶようくんを殺害し、死体を御苑の生垣の中に投げてる。
魏書ぎしょ董卓伝とうたくでん英雄記えいゆうき】(後漢書ごかんじょ霊思何皇后伝れいしかこうごうでんでは袁紹えんしょうらの宦官かんがん誅殺ちゅうさつ時に乱兵に殺害される)

白波賊はくはぞく河東郡かとうぐんに侵攻したため、牛輔ぎゅうほを派遣して鎮圧する。

11

みずか相国しょうこくに就任して郿侯びこうに封ぜられる。

剣履上殿けんりじょうでん入朝不趨にゅうちょうふすう謁讚不名えっさんふめいの特権を許される。

・母を池陽君ちようくんに封じる。

12

黄琬こうえん太尉たいいに、楊彪ようひょう司徒しとに、荀爽じゅんそう司空しくうに任命する。

扶風都尉ふふうといを廃止して、漢安都護かんあんとごを設置する。

光熹こうき昭寧しょうねい永漢えいかんの年号を廃止・統一して、この年を中平ちゅうへい6年とする。

曹操そうそう兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐん己吾県きごけんで旗揚げする。

■ 不明

賓客ひんきゃくに対し、「わしの人相はこの上なく尊貴なものだ」と言う。

董卓とうたくの前で剣をびたままだった侍御史じぎょし擾龍宗かりゅうそうを撲殺する。

伍孚ごふ董卓とうたくの暗殺に失敗する。
魏書ぎしょ董卓伝とうたくでん】(後漢書ごかんじょ董卓伝とうたくでんでは191年冬)

袁術えんじゅつ洛陽らくようを脱出する。

190年

1

山東さんとうの州郡が袁紹えんしょうを盟主として反董卓とうたく連合を結成し、董卓とうたく討伐の兵を起こす。

弘農王こうのうおう少帝しょうてい)を殺害する。

2

・春祭りに参加していた豫州よしゅう潁川郡えいせんぐん陽城県ようじょうけんの領民を襲い、賊をったと宣伝する。

・百官を集めて長安ちょうあん遷都せんとすることを提案する。

城門校尉じょうもんこうい伍瓊ごけい督軍校尉とくぐんこうい周毖しゅうひを殺害する。

趙謙ちょうけん太尉たいいに、王允おういん司徒しとに任命する。

洛陽らくようの宮殿、祖廟そびょう、民家をことごとく焼き払う。

呂布りょふに命じて歴代皇帝の陵墓をあばいて宝物を奪う。

長安ちょうあん遷都せんとする。

みずからは洛陽らくよう郊外の畢圭苑ひつけいえんに駐屯する。

3

太傅たいふ袁隗えんかい太僕たいぼく袁基えんきを殺害し、その一族を処刑する。
後漢書ごかんじょ献帝紀けんていき 】(魏書ぎしょ袁紹伝えんしょうでんでは191年7月以降、反董卓とうたく連合との和睦に失敗した後)

皇甫嵩こうほすう洛陽らくように呼び寄せて殺害しようとするが、命乞いのちごいを受けて中止する。

徐栄じょえいを派遣して汴水べんすいに侵攻した曹操そうそうを撃ち破る。

6

董卓とうたくが反董卓とうたく連合の諸侯への和睦の使者を派遣する。
資治通鑑しじつがん】(後漢書ごかんじょ袁紹伝えんしょうでんでは190年1月。魏書ぎしょ袁紹伝えんしょうでんでは191年7月以降)

五銖銭ごしゅせんをつぶし、洛陽らくよう長安ちょうあんの銅像類をかして粗悪な貨幣かへい鋳造ちゅうぞうする。
後漢書ごかんじょ献帝紀けんていき 】(後漢書ごかんじょ董卓伝とうたくでんでは189年、魏書ぎしょ董卓伝とうたくでんでは191年10月頃)

・偵察隊が荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん魯陽県ろようけんの東で宴会を開いていた孫堅そんけんと遭遇するが、戦わずに兵を引く。

河陽津かようしんに駐屯した河内太守かだいたいしゅ王匡おうきょうを陽動作戦によって撃ち破る。
資治通鑑しじつがん】(魏書ぎしょ董卓伝とうたくでんでは長安ちょうあん遷都せんとの前)

191年

2

みずか太師たいしに就任する。

徐栄じょえいを派遣して司隷しれい河南尹かなんいん梁県りょうけんに侵攻した孫堅そんけんを破る。

・生け捕りにした李旻りびん張安ちょうあんかなえで煮殺す。

梁県りょうけん陽人聚ようじんしゅうに逃走した孫堅そんけん胡軫こしんを派遣する。

呂布りょふの偽報により胡軫こしんが敗北し、華雄かゆうたれる。

李傕りかくを使者として孫堅そんけんに和睦を申し入れるが、断られる。

みずから軍をひきいて大谷関たいこくかんに侵攻した孫堅そんけんと戦い敗れる。

洛陽らくようを守る呂布りょふ孫堅そんけんに敗れる。

4

長安ちょうあんに入る。

みずか尚父しょうほを号し、天子が乗る馬車で移動するが、蔡邕さいようの進言によって改める。

・弟・董旻とうびん、兄の子・董璜とうこうをはじめ、一族の男子はみな封侯し、女子はみな邑君ゆうくんに封じる。

皇甫嵩こうほすうと和解する。

司隷しれい右扶風ゆうふふう郿県びけん郿塢びう)の城壁を高くし、30年分の穀物こくもつと没収した金、銀、布帛ふはくを山のように備蓄する。

・宴会の席で北地郡ほくちぐんの謀反人数百人に拷問を加え処刑する。

10

張温ちょうおんむちで打ち殺す。

司隸校尉しれいこうい劉囂りゅうごうに官吏・民衆を調査させ、違反した者を処刑し、財産を没収する。

● 愛憎による刑罰が氾濫はんらんし、冤罪えんざいで死ぬ者が千人を数える。

朱儁しゅしゅんが(董卓とうたくが任命した)河内尹かなんいん楊懿よういを攻め、司隷しれい河内尹かなんいん中牟県ちゅうぼうけんで挙兵して「董卓とうたく討伐」を呼びかける。

192年

1

牛輔ぎゅうほ李傕りかく郭汜かくし張済ちょうせいを派遣して朱儁しゅしゅんを撃ち破る。

李傕りかくらが兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐん豫州よしゅう潁川郡えいせんぐんの諸県に侵出して略奪暴行を行う。

■ 

司徒しと王允おういん僕射ぼくや士孫瑞しそんずい尚書しょうしょ楊瓚ようさんと「董卓とうたく誅殺」の密談をする。

王允おういん呂布りょふを仲間に引き入れる。

4

未央殿びおうでん献帝けんていの病気平癒へいゆを祝う宴会が開かれる。

・宴会に参加した董卓とうたく呂布りょふに殺害される。


スポンサーリンク


董卓関連記事一覧

太っ腹!親分肌の董卓が洛陽に入るまで。董卓の評判と心境の変化

正史における黄巾の乱を時系列で確認。劉備はどこで何してた?

黄巾の乱の影に隠れて目立たない涼州の反乱「辺章・韓遂の乱」とは

なぜ何進は董卓を洛陽に呼び寄せたのか?霊帝の崩御と朝廷の混乱

諸豪族の入洛。董卓はどのようにして権力を手中に収めたのか

暴君になったのは○○のせい!?朝廷で権力を握った董卓の思惑とは

正史『三国志』における反董卓連合の結成

失敗した反董卓連合との和睦。董卓はなぜ袁隗・袁基を殺害したのか?

弘農王の殺害と長安遷都。反董卓連合の決起に対する董卓の反応

汴水(べんすい)の戦い。曹操の敗北と酸棗(さんそう)諸侯の解散

董卓による五銖銭改鋳の真意とは?後漢の通貨と粗悪な董卓五銖の影響

董卓軍を退けた孫堅の胆力と河内太守・王匡が敗北した河陽津の戦い

董卓軍の敗因は呂布の裏切りだった!?陽人の戦いと孫堅の洛陽入り

長安に入った董卓が栄耀栄華を極め、暴虐非道の暴君と化す

貂蝉のモデルは董卓の侍女だった!?正史『三国志』での董卓の最期