劉備りゅうびに降伏して益州えきしゅうを明け渡した益州牧えきしゅうぼく劉璋りゅうしょうの父として知られる劉焉りゅうえんとは、どんな人物だったのでしょうか?

スポンサーリンク

出自

劉焉

出身地 / 生没年

あざな

君郎くんろう

出身地

荊州けいしゅう江夏郡こうかぐん竟陵国きょうりょうこく


荊州・江夏郡・竟陵国

荊州けいしゅう江夏郡こうかぐん竟陵国きょうりょうこく

生没年

  • 不明 〜 興平こうへい元年(194年)。
  • 後漢書ごかんじょ蜀書しょくしょに列伝があります。

家族・親族

祖先

前漢ぜんかん恭王きょうおう劉余りゅうよ前漢ぜんかんの第6代皇帝・景帝けいていの第4子)。

宮殿を建築することが好きで、孔子こうしの旧宅を壊して宮殿を広げた時、壁の中から古書(古文体の経書)を発見したことで有名です。


後漢ごかんの第3代皇帝・景帝けいてい元和げんわ年間に荊州けいしゅう江夏郡こうかぐん竟陵国きょうりょうこくに国替えされ、分家がここに居を定めました。

劉範(りゅうはん)

左中郎将さちゅうろうしょうとして長安ちょうあん献帝けんていに仕えていましたが、馬騰ばとうと共に李傕りかくらに反乱を起こして敗死しました。

劉誕(りゅうたん)

治書御史ちしょぎょしとして長安ちょうあん献帝けんていに仕えていましたが、李傕りかくらに反乱を起こした劉範りゅうはんに連座して処刑されました。

劉瑁(りゅうぼう)

4兄弟のうち、劉瑁りゅうぼうだけは別部司馬べつぶしばとして劉焉りゅうえんそばに従っていました。

のち曹操そうそうから平寇将軍へいこうしょうぐんの名称を与えられましたが、精神病をわずらって亡くなってしまいます。

また、呉懿ごい呉壱ごいつ)の妹が「高貴な身分になる」人相だと聞いた劉焉りゅうえんが、彼女を劉瑁りゅうぼうの妻としましたが、劉瑁りゅうぼうの死後、入蜀にゅうしょくした劉備りゅうびが自分の後妻にしました。

劉璋(りゅうしょう)

奉車都尉ほうしゃといとして長安ちょうあん献帝けんていに仕えていました。

献帝けんていが増長した劉焉りゅうえんをたしなめようと劉璋りゅうしょうを派遣した際、劉焉りゅうえん劉璋りゅうしょうを手元にとどめたまま都(長安ちょうあん)に帰しませんでした。

その後、劉焉りゅうえんの跡を継いで益州牧えきしゅうぼくとなります。


スポンサーリンク


王族として出世を重ねる

祝公の喪に服す

若くして州や郡の役所につとめ、王族であることから中郎ちゅうろうに任命されましたが、のちに先生の祝公しゅくこう司徒しと祝恬しゅくてん)が亡くなったため、そのに服するという理由で官を去りました。

出世を重ねる

その後は荊州けいしゅう江夏郡こうかぐん陽城山ようじょうさんに住んで学を積み、人々に教え、賢良方正に推挙されて司徒府しとふの幕客となり、

  • 洛陽令らくようれい
  • 冀州刺史きしゅうしし
  • 南陽太守なんようたいしゅ
  • 宗正そうせい
  • 太常たいじょう

を歴任しました。


陽城山

陽城山ようじょうさん

州牧の設置を提案する

中平ちゅうへい5年(188年)3月、霊帝れいていの政治がおとろえ乱れ、王室が多難であるのをみた劉焉りゅうえんは、


刺史しし太守たいしゅ賄賂わいろで官職について民をしいたげた結果、朝廷への離反をまねいております。

清廉せいれんで評判の高い重臣を選んで牧伯ぼくはく(地方の長官)とし、国内を鎮定すべきと存じます」


と意見を具申します。

そしてこれは、劉焉りゅうえんが世の混乱に巻き込まれることを避けたいと願い、長安ちょうあんから遠く離れた交趾こうし交阯こうし)のぼくに任命されることを希望して提案したものでした。

益州牧に任命される

益州牧えきしゅうぼくを希望する

劉焉りゅうえんの提案はなかなか実施されずにいましたが、朝廷の判断を待っている間に、益州えきしゅう広漢郡こうかんぐん出身の侍中じちゅう董扶とうふ劉焉りゅうえんに言いました。


「都は今まさに乱れんとしており、益州えきしゅうに相当する星宿には天子てんしの気がございます」


するとこれを聞いた劉焉りゅうえんは、交趾こうし交阯こうし)ではなく、益州えきしゅうぼくを希望するようになりました。


後漢の13州

後漢ごかんの13州

益州牧えきしゅうぼくに任命される

ちょうどその頃、益州刺史えきしゅうしし郤倹げきけんの課する租税がデタラメだったため、その悪いうわさが遠方まで聞こえ渡り、また幷州へいしゅう并州へいしゅう)では刺史しし張壱ちょういつが、涼州りょうしゅうでは刺史しし耿鄙こうひが殺害されたため、ついに劉焉りゅうえんの提案が実施されることになります。


そして劉焉りゅうえんは、希望通り地方に出て監軍使者かんぐんししゃとなり、益州牧えきしゅうぼくを兼務して陽城侯ようじょうこうに封ぜられました。


スポンサーリンク


益州牧時代

郤倹の逮捕を命じられる

霊帝れいてい劉焉りゅうえんを引見して賞賜しょうしを与え、次のように詔勅しょうちょくを下します。


「前刺史しし劉雋りゅうしゅん郤倹げきけんはいずれも貪婪どんらん(欲深いこと)・放埒ほうらつ(気ままでだらしないこと)、賄賂わいろを受け取りデタラメを極めていた。民は頼りにするものもなく、怨嗟えんさの声が野に満ち満ちている。

劉焉りゅうえんよ、益州えきしゅうに到着したならば、ただちに彼らを逮捕して法を施行し、万民に示せ。

この事を人にらすな。腫瘍しゅようがつぶれれば、国にとって災難をもたらすことになる」


劉焉りゅうえんめいを受けて益州えきしゅうおもむきましたが、戦乱で道路がふさがれていたため、荊州けいしゅうとの州境にとどまりました。


またこの時、劉焉りゅうえんに助言した侍中じちゅう董扶とうふ益州えきしゅう蜀郡しょくぐん西部の属国都尉ぞっこくといとなることを希望し、益州えきしゅう巴西郡はせいぐん出身の趙韙ちょういも官をてて劉焉りゅうえんに付き従いました。

馬相の乱

光和こうわ7年(184年)、益州えきしゅうの逆賊・馬相ばしょう趙祗ちょうしらがみずから黄巾と号し、役務に疲れきった民衆・数千人を寄せ集めて、1〜2日のうちにその数は数千人になりました。

まず手始めに益州えきしゅう広漢郡こうかんぐん綿竹県めんちくけん緜竹県めんちくけん)の県令けんれい李升りしょうを殺害し、官民を糾合きゅうごうして1万人余りにふくれ上がった馬相ばしょうらは、さらに広漢郡こうかんぐん雒県らくけんを撃ち破り、益州郡えきしゅうぐんを攻撃して刺史しし郤倹げきけんを殺害します。

そして、さらに進軍して蜀郡しょくぐん広漢郡こうかんぐん犍為郡けんいぐんの3郡を破壊した頃には、その軍勢は数万人に達し、馬相ばしょう天子てんしを称しました。


劉焉りゅうえん益州えきしゅうに向かったのはこの頃だと思われ、この「馬相ばしょうの乱」のために道路がふさがれていたため、劉焉りゅうえん益州えきしゅうに入ることができなかったのです。


「馬相の乱」関連地図

馬相ばしょうの乱」関連地図


この時、益州えきしゅう従事じゅうじ賈龍かりょうは、数百の私兵をひきいて犍為郡けんいぐんの東にいましたが、さらに兵をつのって千余りとし、馬相ばしょうらに戦いをいどんで数日で敗走させます。

これにより州内は平穏へいおんになったので、賈龍かりょうは吏卒を選んで劉焉りゅうえんを出迎えました。


益州えきしゅうに入った劉焉りゅうえんは、益州えきしゅう広漢郡こうかんぐん綿竹県めんちくけん緜竹県めんちくけん)に役所を移し、離反した者たちを手懐てなずけて受け入れ、寛容さと恩恵をむねとした政治を行いながら、ひそかに独立の計画を進め始めます。

関連記事

益州の反乱「馬相の乱」、入蜀した劉焉の野望と五斗米道

独立の動き

張魯ちょうろの母と五斗米道ごとべいどう

張魯ちょうろの母は巫術ふじゅつを使う上に若々しい姿をしており、いつも劉焉りゅうえんの家に出入りしていました。

そこで劉焉りゅうえんは、張魯ちょうろ督義司馬とくぎしばに任命して益州えきしゅう漢中郡かんちゅうぐんに派遣して長安ちょうあんに通じるけ橋を断ち切らせ、朝廷からの使者を殺害させておきながら、朝廷に対しては、


米賊べいぞく五斗米道ごとべいどうの信者)が道路を遮断したため、もはや都(長安ちょうあん)と連絡できなくなりました」


と上書して、朝廷からの連絡を拒絶します。


益州(えきしゅう)の領郡

益州えきしゅうの領郡

豆知識

蜀書しょくしょ劉焉伝りゅうえんでんが注に引く英雄記えいゆうきには、


劉焉りゅうえん益州牧えきしゅうぼくとして、董卓とうたくから人夫や軍需品を差し出すように命ぜられたが、何も出さなかった。

そこで董卓とうたくは、劉範りゅうはんの兄弟3人(劉範りゅうはん劉誕りゅうたん劉璋りゅうしょう)を捕らえて郿塢びうで鎖につなぎ、秘密の牢屋をつくって押し込めた」


とあります。

益州の平定

東州兵とうしゅうへいの創設

劉焉りゅうえんが、益州牧えきしゅうぼくに着任した翌年[中平ちゅうへい6年(189年)]、霊帝れいていが亡くなると、皇位継承の混乱に乗じて洛陽らくように入った董卓とうたくによって、朝廷は混乱を極めるようになります。

そしてこの混乱は、南陽郡なんようぐん三輔さんぽ地方(右扶風ゆうふふう左馮翊さひょうよく京兆尹けいちょういんの3郡)の民数万戸が、戦乱を避けるために益州えきしゅうに流入する結果となりました。

劉焉りゅうえんは彼らを積極的に迎え入れると、軍に編成して「東州兵とうしゅうへい」と名づけ、自軍の中核をになわせます。

益州えきしゅうを平定する

また劉焉りゅうえんは、言いがかりをつけて益州えきしゅうの豪族・王咸おうかん李権りけんら10人余りを殺害し、自己の権力を示しました。

すると犍為太守けんいたいしゅ任岐じんきは、将軍しょうぐんを自称して従事じゅうじ陳超ちんちょうと共に兵をげ、劉焉りゅうえんを攻撃しましたが、劉焉りゅうえんに撃破されてしまいます。


ちょうどこの時、董卓とうたく司徒しと趙謙ちょうけん*1に軍隊を統率させて益州えきしゅうに向かわせました。

益州えきしゅうでは、校尉こうい賈龍かりょうが防備に向かいますが、趙謙ちょうけん賈龍かりょうを説得して、逆に劉焉りゅうえんを攻撃させます。

すると劉焉りゅうえんは、勇猛な青羌せいきょうの部隊を出陣させて彼らと戦わせ、賈龍かりょうを撃ち破って殺害しました。


その後劉焉りゅうえんは次第におごり高ぶって、千乗以上の乗輿おめしぐるまと車具をつくるようになります。

そのことを知った荊州牧けいしゅうぼく劉表りゅうひょうは、


劉焉りゅうえんには『(孔子こうしの弟子の)子夏しかが、孔子こうしの死後、幷州へいしゅう并州へいしゅう)・西河郡せいかぐんで、聖人の論を真似た』のに似たところがある」


と上奏しました。

脚注

*1 趙謙司徒になったのは王允董卓を殺害し、李傕らによって処刑された後なので、この部分は官名もしくは人名に誤りがあると思われます。

劉璋りゅうしょうを呼び戻す

劉焉りゅうえんの4人の子の内、劉範りゅうはん劉誕りゅうたん劉璋りゅうしょうはみな長安ちょうあん献帝けんていに仕えていましたが、三男の劉瑁りゅうぼうだけは劉焉りゅうえんそばに従っていました。

献帝けんていは増長した劉焉りゅうえんをたしなめようと劉璋りゅうしょうを派遣しますが、劉焉りゅうえん劉璋りゅうしょうを手元にとどめたまま都(長安ちょうあん)に帰しませんでした。

豆知識

蜀書しょくしょ劉焉伝りゅうえんでんが注に引く典略てんりゃくには、


劉焉りゅうえんが病気にかこつけて劉璋りゅうしょうを呼んだところ、劉璋りゅうしょうみずから上表して劉焉りゅうえんを見舞った。劉焉りゅうえんはかくて劉璋りゅうしょうを留めおき、都に帰さなかった」


とあります。

馬騰の挙兵に加担する

興平こうへい元年(194年)3月、司隷しれい右扶風ゆうふふう郿県びけんに駐屯していた征西将軍せいせいしょうぐん馬騰ばとうが朝廷に反逆しました。

この時劉焉りゅうえん劉範りゅうはんは、馬騰ばとうと手を結んで 兵をひきいて長安ちょうあんを襲撃しますが、計略が外にれたため、馬騰ばとうは敗北して涼州りょうしゅうに逃げ帰り、劉範りゅうはん司隷しれい右扶風ゆうふふう槐里県かいりけんに逃亡しましたが、劉範りゅうはんただちに殺害され、劉誕りゅうたんも捕らえられて処刑されてしまいます。


そのため、司隷しれい河南尹かなんいんの人で議郎ぎろう龐羲ほうぎは、劉焉りゅうえんとは先祖以来の交際があったので、劉焉りゅうえんの孫たちに呼びかけ、彼らを引き連れてしょく益州えきしゅう)に入りました。


司隷(しれい)

長平観(ちょうへいかん)と槐里県(かいりけん)

司隷しれい右扶風ゆうふふう槐里県かいりけん

この馬騰ばとうの挙兵(長平観ちょうへいかんの戦い)については、史料によって異なる記述があります。

(関連記事参照)

関連記事

馬騰と韓遂が李傕と郭汜に背いた長平観の戦い

劉焉の死

落雷が本拠地を焼く

この頃、劉焉りゅうえんが本拠地としていた益州えきしゅう広漢郡こうかんぐん綿竹県めんちくけん緜竹県めんちくけん)に落雷がありました。

そして、この落雷による火災のため城郭は焼失。車具の類をすっかり灰とし、延焼によって民家にまで被害を及ぼしたので、劉焉りゅうえん益州えきしゅう蜀郡しょくぐん成都県せいとけんに本拠地を移します。


綿竹県(緜竹県)と成都県

綿竹県めんちくけん緜竹県めんちくけん)と成都県せいとけん


そして興平こうへい元年(194年)、死んだ子供たちへの悲しみと災異(落雷)に気をんだ劉焉りゅうえんは、背中に悪性の腫瘍しゅようができて亡くなってしまいました。


霊帝れいていの末期、劉焉りゅうえんは中央の混乱を避けるため州牧しゅうぼくの設置を提案し、みずから希望して益州牧えきしゅうぼくとなりました。

そして益州牧えきしゅうぼくとなった劉焉りゅうえんは、朝廷との連絡を遮断し、益州えきしゅうの豪族を粛清して、朝廷支配からの独立を画策します。劉焉りゅうえんこそは、後漢ごかん末期における初の群雄(独立勢力)と言えるでしょう。

ですが陳寿ちんじゅは、

劉焉りゅうえん董扶とうふの言葉を聞くと益州えきしゅうの地に心を向け、占い師の言葉を聞くと呉氏ごしとの婚姻を求め、急いで天子てんし御車みくるま冠服かんふくを造り、神器(天下)を盗もうとはかった。その判断力のなさには、はなはだしいものがある」

と酷評しています。

関連記事

益州牧・劉焉の死と劉璋への益州牧の継承



劉焉データベース

劉焉関連年表

西暦 出来事
不明
  • 荊州けいしゅう江夏郡こうかぐん竟陵国きょうりょうこくに生まれる。
  • 中郎ちゅうろうに任命される。
  • 官を去り、祝公しゅくこう司徒しと祝恬しゅくてん)のに服す。
  • 荊州けいしゅう江夏郡こうかぐん陽城山ようじょうさんに住み、人々に学問を教える。
  • 賢良方正に推挙されて、司徒府しとふの幕客となる。
  • 洛陽令らくようれいに任命される。
  • 冀州刺史きしゅうししに任命される。
  • 南陽太守なんようたいしゅに任命される。
  • 宗正そうせいに任命される。
  • 太常たいじょうに任命される。
184年

光和こうわ7年

  • 馬相ばしょうの乱」が起こる。
188年

中平ちゅうへい5年

3月

  • 州牧しゅうぼくの設置を提案する。

不明

  • 益州牧えきしゅうぼくに任命される。
  • 益州えきしゅう従事じゅうじ賈龍かりょうが「馬相ばしょうの乱」を鎮圧する。
  • 益州えきしゅうに入る。
  • 益州えきしゅう広漢郡こうかんぐん綿竹県めんちくけん緜竹県めんちくけん)に役所を移す。
189年

中平ちゅうへい6年

  • 戦乱を避けるため、荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん三輔さんぽ地方から流入した民を受け入れ、「東州兵とうしゅうへい」を編成する。
191年

初平しょへい2年

  • 張魯ちょうろ督義司馬とくぎしばに任命し、益州えきしゅう漢中郡かんちゅうぐんに派遣する。
  • 張魯ちょうろ長安ちょうあんに通じるけ橋を断ち切らせ、朝廷からの使者を殺害させる。
不明
  • 益州えきしゅうの豪族・王咸おうかん李権りけんら10人余りを殺害する。
  • 犍為太守けんいたいしゅ任岐じんき従事じゅうじ陳超ちんちょうが兵をげるが、劉焉りゅうえんに敗れる。
  • 司徒しと趙謙ちょうけん*1益州えきしゅうに侵攻し、防備に出た賈龍かりょうを説得する。
  • 賈龍かりょう劉焉りゅうえんを攻めるが、劉焉りゅうえん青羌せいきょう部隊を出陣させて撃ち破る。
  • 劉焉りゅうえんが千乗以上の乗輿おめしぐるまと車具をつくる。
  • 荊州牧けいしゅうぼく劉表りゅうひょうが、劉焉りゅうえんの増長振りを朝廷に上奏する。
  • 献帝けんていが増長した劉焉りゅうえんをたしなめようと劉璋りゅうしょうを派遣する。
  • 劉璋りゅうしょうを手元にとどめる。
194年

興平こうへい元年

3月

  • 征西将軍せいせいしょうぐん馬騰ばとうが朝廷に反逆する。

不明

  • 劉範りゅうはん馬騰ばとうに味方する。
  • 計略がれ、敗北した馬騰ばとう涼州りょうしゅうに逃げ帰る。
  • 劉範りゅうはん劉誕りゅうたんが処刑される。
  • 益州えきしゅう広漢郡こうかんぐん綿竹県めんちくけん緜竹県めんちくけん)に落雷があった。
  • 益州えきしゅう蜀郡しょくぐん成都県せいとけんに本拠地を移す。
  • 背中にできた悪性の腫瘍しゅようが原因で亡くなる。

配下

劉瑁りゅうぼう劉璋りゅうしょう董扶とうふ趙韙ちょうい賈龍かりょう張魯ちょうろ龐羲ほうぎ呉懿ごい呉壱ごいつ

関連記事

三国志人物伝【一覧】