孫策そんさく孫権そんけんの父親として知られる孫堅そんけん『三国志演義』では敗戦続きであっけなく戦死してしまう孫堅そんけんですが、実は反董卓とうたく連合の中で一番活躍していました。

スポンサーリンク

出自

孫堅(そんけん)

出身地

孫堅そんけんあざな文台ぶんだいと言い、揚州ようしゅう呉郡ごぐん富春県ふしゅんけんの人で、呉書ごしょ孫堅伝そんけんでんでは、く(孫子そんしの著者とされている)孫武そんぶの子孫であろうとされています。

廟号びょうごう始祖しそ。後に孫権そんけんによって武烈皇帝ぶれつこうていおくりな追尊ついそんされました。


生没年は、155年(または156年)〜191年(または192年)。

呉書ごしょ正史『三国志』)に列伝があります。

孫堅そんけんの没年には諸説有り、生年も享年きょうねんから逆算しているためブレがあります。(当サイト「もっと知りたい!三国志」では、155年〜191年を採用しています)


揚州・呉郡・富春県

揚州ようしゅう呉郡ごぐん富春県ふしゅんけん

家族

孫堅そんけんの父は明らかになっていませんが、孫鍾そんしょうという人物であるとする説があります。孫家は代々呉郡ごぐんに仕官していた家柄でした。

兄弟

孫堅そんけんには、兄の孫羌そんきょうと弟の孫静そんせい、妹の孫氏そんし徐琨じょこんの母)がいます。

孫堅そんけんには正室・呉夫人ごふじんとの間に生まれた孫策そんさく孫権そんけん孫翊そんよく孫匡そんきょうと、側室との間に生まれた孫朗そんろうの5人の男子がいました。

また孫堅そんけんには3人の娘がおり、孫権そんけんの妹にあたる孫夫人そんふじんのち劉備りゅうびとつぐことになります。

また、3人の娘のうち、1人は呉夫人ごふじんが生んだ娘であることが分かっていますが、それが誰なのかは分かりません。


スポンサーリンク


青年期

海賊退治で名をあげる

孫堅そんけんが17歳の時、父と一緒に揚州ようしゅう呉郡ごぐん銭唐県せんとうけんに行った時のこと。2人が乗る船は、海賊たちが略奪品を分け与えているところに出くわしました。


揚州・呉郡・銭唐県

揚州ようしゅう呉郡ごぐん銭唐県せんとうけん


孫堅そんけんは父が止めるのも聞かずに岸に上がると、遠くに合図するかのように大きく腕を振って見せます。

これを近くにいる官兵への合図だと勘違いした海賊たちは、略奪品もそのままに逃げ出しました。

このことが噂になって広まると、孫堅そんけんは召し出されて県尉けんいの代理に任命されました。

呉氏(呉夫人)を嫁に迎える

孫堅そんけん銭唐県せんとうけん呉景ごけいの姉(呉氏ごし)が才色兼備だというのを聞きつけると、妻にめとりたいと申し出ます。

呉景ごけい姉弟の両親はすでに亡くなっていましたが、呉氏ごしの親戚たちは孫堅そんけんの「軽薄で抜け目ない人となり」を嫌って、この申し出を断ろうとしました。

当然、婚姻の申し出を断れば、孫堅そんけんの恨みを買うことになります。

呉氏ごしは、


「1人のむすめしんでわざわいをまねく必要はありません。私が嫁入り先で不幸になったとしても、運命として受け入れます」


と言って、孫堅そんけん輿入こしいれしました。


スポンサーリンク


武功を重ねて昇進する

許昌の乱

172年11月、揚州ようしゅう会稽郡かいけいぐん句章県こうしょうけんで妖賊・許昌きょしょう陽明皇帝ようめいこうていを自称して、子の許韶きょしょうとともに反乱を起こします。許昌きょしょうは周辺諸県の民を扇動し、賊軍は数万にのぼりました。


揚州・会稽郡・句章県

揚州ようしゅう会稽郡かいけいぐん句章県こうしょうけん


これに揚州刺史ようしゅうしし臧旻ぞうびん丹陽太守たんようたいしゅ陳夤ちんいんが鎮圧に当たりますが、会稽太守かいけいたいしゅが賊軍に敗北してしまいます。

174年11月、郡司馬ぐんしばに任命された孫堅そんけん臧旻ぞうびん陳夤ちんいんと共に賊軍を打ち破り、徐州じょしゅう広陵郡こうりょうぐん塩瀆県えんとくけんじょうに任命されました。


孫堅そんけんはその後、徐州じょしゅう下邳国かひこく盱眙県くいけんじょう徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけんじょうを歴任しますが、屋敷に集まってくる若者と子弟のように接したため、役人・民衆を問わずしたわれました。

黄巾の乱

184年3月、太平道の教祖・張角ちょうかくが、信者を扇動して大規模な反乱を起こしました。「黄巾の乱」です。これに霊帝れいていは、盧植ろしょく皇甫嵩こうほすう朱儁しゅしゅんの3名を中郎将ちゅうろうしょうに任命して討伐に向かわせます。


この時孫堅そんけん朱儁しゅしゅんの推薦によって左軍司馬さぐんしばに任命され、朱儁しゅしゅん麾下きかで討伐軍に参加しました。

孫堅そんけんはこの「黄巾の乱」の討伐戦で活躍し、別部司馬べつぶしばに任命されます。

関連記事

正史における黄巾の乱を時系列で確認。劉備はどこで何してた?

辺章・韓遂の乱

185年3月、涼州りょうしゅう辺章へんしょう韓遂かんすいが、「宦官誅殺」を大義に掲げて三輔さんぽ地方(右扶風ゆうふふう左馮翊さひょうよく京兆尹けいちょういんの3郡)に侵攻を開始。朝廷は左車騎将軍さしゃきしょうぐん皇甫嵩こうほすう董卓とうたくを討伐に向かわせますが、戦果をあげることができませんでした。

そして、新たに辺章へんしょう韓遂かんすいの討伐を命じられた車騎将軍しゃきしょうぐん張温ちょうおんは、孫堅そんけん陶謙とうけんらを召集します。

董卓とうたくとの対立

長安ちょうあんに駐屯した張温ちょうおんは、戦況を確認するために董卓とうたくを呼び寄せますが、董卓とうたくは遅れて来たばかりか一向に悪びれず、不遜ふそんな態度を取っていました。

これを見た孫堅そんけん董卓とうたくの罪をげ、張温ちょうおん董卓とうたくを斬るように進言します。

ですが張温ちょうおんは、涼州りょうしゅうでの董卓とうたくの影響力を考慮して董卓とうたくめることはしませんでした。


その後辺章へんしょう韓遂かんすい涼州りょうしゅう金城郡きんじょうぐん楡中県ゆちゅうけんに撤退し、孫堅そんけんはこの戦いの後、議郎ぎろうに任命されました。


「辺章・韓遂の乱」関連地図

辺章へんしょう韓遂かんすいの乱」関連地図

関連記事

黄巾の乱の影に隠れて目立たない涼州の反乱「辺章・韓遂の乱」とは

区星の乱

187年、荊州けいしゅう長沙郡ちょうさぐんの賊・区星おうせいが1万余りの兵を集め、将軍を名乗って反乱を起こします。そこで朝廷は、孫堅そんけん長沙太守ちょうさたいしゅに任命して、区星おうせいの討伐を命じました。

孫堅そんけんみずから兵をひきいて区星おうせいを打ち破ると、区星おうせいに呼応して零陵郡れいりょうぐん桂陽郡けいようぐんで蜂起していた周朝しゅうちょう郭石かくせきらも討伐し、わずか1ヶ月で長沙郡ちょうさぐん零陵郡れいりょうぐん桂陽郡けいようぐんの反乱を鎮圧します。

この功によって、孫堅そんけん烏程侯うていこうに封じられました。

関連記事

孫堅そんけん長沙太守ちょうさたいしゅに任命されるまでは、こちらに詳しくまとめています。

やっぱり無鉄砲!?戦いに明け暮れた孫堅の青年期


反董卓連合に加わる

反董卓連合の結成

189年4月、霊帝れいてい崩御の混乱に乗じて洛陽らくように入った董卓とうたくが朝廷の実権を握ると、袁紹えんしょうを盟主として山東さんとうの諸将が兵をげました。190年1月のことです。

孫堅そんけんはこれに合流するため、任地の長沙郡ちょうさぐんから洛陽らくように向けて北上を開始します。また、荊州けいしゅうからは荊州刺史けいしゅうしし王叡おうえい董卓とうたく討伐を表明していました。

関連記事

正史『三国志』における反董卓連合の結成

袁術と合流する

董卓とうたく討伐を表明していたはずの荊州刺史けいしゅうしし王叡おうえいですが、なぜかその矛先を仲が悪かった武陵太守ぶりょうたいしゅ曹寅そういんに向けます。これに曹寅そういんは、檄文げきぶんを偽造して孫堅そんけん王叡おうえいの討伐を命じました。

王叡おうえいは以前から孫堅そんけんに対して侮辱的な態度を取っていたことから、檄文げきぶんを受け取った孫堅そんけんは、董卓とうたく討伐と言う同じ目的を持つ王叡おうえいを攻め、自害に追い込みました。


そして南陽郡なんようぐんにたどり着いた孫堅そんけんは、兵糧の供出をこばんだ南陽太守なんようたいしゅ張咨ちょうしも殺害し、魯陽県ろようけんに駐屯している袁術えんじゅつと合流します。

袁術えんじゅつ南陽郡なんようぐんの支配権をゆずった孫堅そんけんは、袁術えんじゅつによってに破虜将軍はりょしょうぐん豫州刺史よしゅうししに任命されました。


孫堅の進軍経路

孫堅そんけんの進軍経路

関連記事

董卓討伐に起ち上がった孫堅の『三国志演義』では隠されていた黒歴史

陽人の戦い

董卓とうたく軍を撃退する

190年冬、董卓とうたく洛陽らくようと目と鼻の先にまで迫った孫堅そんけんを迎え撃つため、歩兵・騎兵合わせて数万の兵を派遣します。


南陽郡魯陽県

荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん魯陽県ろようけん


董卓とうたく軍の偵察隊が魯陽県ろようけんに現れた時、孫堅そんけんは出陣のための兵糧を督促とくそくする使者を送り出すために、城の外で宴会を開いていました。

この時、偵察隊に気づいた孫堅そんけんは少しもあわてることなく宴会を続けると、しばらくして整然と魯陽県ろようけんの城内に引きげました。


孫堅そんけんの軍勢に少しの乱れもないのを見た董卓とうたく軍は、「魯陽県ろようけんを攻め落とすのは簡単ではない」と判断して兵を引きました。

関連記事

董卓軍を退けた孫堅の胆力と河内太守・王匡が敗北した河陽津の戦い

徐栄じょえいに敗れる

191年2月、ついに孫堅そんけん司隷しれい河南尹かなんいんに進軍して梁県りょうけんの東部に軍営を築いたところ、迎撃に出た董卓とうたく配下の徐栄じょえいの大軍に包囲されてしまいます。

包囲を突破した孫堅そんけんは、自分のトレードマークである赤いさく(頭巾)を配下の祖茂そもかぶらせ、敵兵の目をあざむいて追っ手を逃れました。

陽人ようじんの戦い

徐栄じょえい軍の追撃を逃れた孫堅そんけんは本拠地にしていた魯陽県ろようけんには戻らず、梁県りょうけん陽人聚ようじんじゅに移って再び兵を集め、迎撃に来た董卓とうたく配下の胡軫こしんを破って都尉とい華雄かゆうを討ち取りました。


陽人の戦い

陽人ようじんの戦い


劉備りゅうびの義弟・関羽かんう董卓とうたく配下の豪傑・華雄かゆうを斬る「温酒斬華雄かゆう」のくだりは、『三国志演義』の名場面の1つとなっています。

ですが、正史『三国志』では華雄かゆうを討ったのは孫堅そんけんであり、華雄かゆうが豪傑であったという記録もありません。孫堅そんけんに討たれた華雄かゆうは、ただ関羽かんうの勇猛さを引き立てるためだけに豪傑に仕立て上げられたのです。

関連記事

【020】温酒斬華雄:関羽が猛将・華雄を斬り、十八路諸侯の危機を救う

「華雄伝」関羽のお陰で豪傑に生まれ変わった悲劇の武将

袁術えんじゅつが兵糧の供給を止める

陽人聚ようじんじゅでの勝利を知った袁術えんじゅつは、このまま孫堅そんけんの勢いが増大し、自分の命令を聞かなくなることを警戒して孫堅そんけんへの兵糧の供給を中止します。

孫堅そんけんみずか魯陽県ろようけんに馬を飛ばして袁術えんじゅつ叱責しっせきすると、孫堅そんけんの剣幕に驚いた袁術えんじゅつは返す言葉もなく、すぐに兵糧を手配させました。

董卓とうたく孫堅そんけんに使者を送る

董卓とうたくは「辺章へんしょう韓遂かんすいの乱」での孫堅そんけんの戦い振りを見た時から、その武勇を認めていました。

そこで董卓とうたくは、将軍しょうぐん李傕りかくを派遣して孫堅そんけん和睦わぼくを申し入れます。

ですが孫堅そんけん李傕りかくを一喝して追い返してしまいました。

洛陽への侵攻

董卓とうたくの誘いを断った孫堅そんけん洛陽らくようの南の玄関口である大谷関たいこくかんに軍を進めると、ついに董卓とうたくみずから軍をひきいて迎え撃ちます。

ですが、この戦いに敗北した董卓とうたくは、献帝けんていがいる長安ちょうあんに撤退しました。


そして、さらに軍を進めた孫堅そんけん洛陽らくようを守る呂布りょふを敗走させ、ついに洛陽らくように入城を果たします。

ですが、洛陽らくよう董卓とうたくによって破壊し尽くされ、廃墟と化していました。そのため孫堅そんけんは、破壊された皇室の宗廟そうびょうを掃除し、太牢たいろう生贄いけにえ)をささげて祭祀さいしを行うと、魯陽県ろようけんに戻りました。

またこの時、孫堅そんけん洛陽城らくようじょうの南の井戸から伝国璽でんこくじを手に入れたと言われています。


董卓と孫堅の行軍経路

董卓とうたく孫堅そんけんの行軍経路

関連記事

董卓軍の敗因は呂布の裏切りだった!?陽人の戦いと孫堅の洛陽入り

伝国璽(伝国の玉璽)の役割と伝国璽のゆくえ

豫州をめぐる争い

191年冬、袁紹えんしょう周昂しゅうこう豫州刺史よしゅうししに任命し、孫堅そんけんの留守中を狙って豫州よしゅう潁川郡えいせんぐん陽城県ようじょうけんを占領させました。

孫堅そんけんはすぐさま軍勢をひきいて陽城県ようじょうけんに向かうと、袁術えんじゅつと共に周昂しゅうこうを撃ち破り陽城県ようじょうけんを奪還しました。

これ以降反董卓とうたく連合は崩壊し、公孫瓚こうそんさんと結んだ袁術えんじゅつと、劉表りゅうひょうと結んだ袁紹えんしょうによる汝南じょなん袁氏えんし同士の争いが始まります。


袁紹陣営と袁術陣営

凡例

袁紹えんしょう陣営と袁術えんじゅつ陣営

関連記事

反董卓連合の崩壊。袁紹が孫堅を攻め、公孫瓚は河北に覇を唱える

襄陽の戦い

劉表りゅうひょう袁紹えんしょうと手を結んだことによって、袁術えんじゅつ孫堅そんけんに背後をおびやかす劉表りゅうひょうが治める荊州けいしゅう南郡なんぐん襄陽県じょうようけんの攻略を命じました。

孫堅そんけんは全軍で荊州けいしゅうに侵攻すると、樊城はんじょう鄧城とうじょうあたりまで迎撃に出た劉表りゅうひょうの部将・黄祖こうそを敗走させて襄陽県じょうようけんを包囲します。

ですが、徴兵をするために城を出た黄祖こうそを追う途中、しげみに隠れていた黄祖こうその兵が放った矢を受け、孫堅そんけんは討ち死にしてしまいました。


襄陽の戦い

襄陽じょうようの戦い

関連記事

江東の虎・孫堅墜つ。孫堅が劉表に敗れた「襄陽の戦い」と朱儁の挙兵


何の後ろ盾もない境遇から武功を重ねることによって世に出た孫堅そんけんは、当時最強の軍勢をひきいていたと言っても過言ではないでしょう。

また一方で軽率な行動が目立ち、1人突出して危機におちいることも多く、最期はそのために命を落としてしまいました。

孫堅そんけんが育てた勇猛な配下と軍勢は息子の孫策そんさくに受け継がれ、孫権そんけんによる建国のいしずえとなりました。



孫堅データベース

孫堅関連年表

西暦 出来事
155年

孫堅そんけん揚州ようしゅう呉郡ごぐん富春県ふしゅんけんで生まれる。(孫堅そんけんの生年には諸説ありますが、ここでは155年と仮定します)

171年

揚州ようしゅう呉郡ごぐん銭唐県せんとうけんで海賊を退治し、名声を得る。

県尉けんいの代理に任命される。(任地不明)

孫堅そんけん呉夫人ごふじんを嫁に迎える。

・17歳。

172年

・11月、揚州ようしゅう会稽郡かいけいぐん句章県こうしょうけんで「許昌きょしょうの乱」が勃発する。

・18歳。

174年

孫堅そんけんが「許昌きょしょうの乱」の討伐軍に加わり反乱を鎮圧する。

孫堅そんけん徐州じょしゅう広陵郡こうりょうぐん塩瀆県えんとくけんじょうに任命される。

・20歳。

不明

孫堅そんけん徐州じょしゅう下邳国かひこく盱眙県くいけんじょうに転任される。

孫堅そんけん徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけんじょうに転任される。

184年

朱儁しゅしゅんに抜擢されて左軍司馬さぐんしばとして黄巾の乱討伐に参加する。

涼州りょうしゅう羌族きょうぞくの反乱が起こる。

・30歳。

185年

辺章へんしょう韓遂かんすい三輔さんぽ地方に侵攻する。(辺章へんしょう韓遂かんすいの乱)

・31歳。

186年

孫堅そんけん張温ちょうおん抜擢ばってきされて「辺章へんしょう韓遂かんすい」の乱の討伐軍に参加する。

孫堅そんけん議郎ぎろうに任命される。

・32歳。

187年

荊州けいしゅう長沙郡ちょうさぐんの賊・区星おうせいが反乱を起こす。

孫堅そんけん区星おうせいの反乱鎮圧を命じられ、長沙太守ちょうさたいしゅに任命される。

孫堅そんけん烏程侯うていこうに封じられる。

・33歳。

189年

・4月、霊帝れいていが崩御する。

・9月、董卓とうたく少帝しょうていを廃位して献帝けんてい擁立ようりつする。

・35歳。

190年

・1月、反董卓とうたく連合が決起する。

・2月、董卓とうたく洛陽らくようを破壊して長安ちょうあん遷都せんとする。

・3月、孫堅そんけん荊州刺史けいしゅうしし王叡おうえい南陽太守なんようたいしゅ張咨ちょうしを殺害する。

・3月、孫堅そんけん荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん魯陽県ろようけん袁術えんじゅつと合流する。

・3月、孫堅そんけん豫州刺史よしゅうししに任命される。

・3月、劉表りゅうひょう荊州刺史けいしゅうししに任命される。

・冬、孫堅そんけん魯陽県ろようけん董卓とうたく軍を撃退する。

・36歳。

191年

・2月、孫堅そんけん司隷しれい河南尹かなんいん梁県りょうけん董卓とうたく配下の徐栄じょえいに敗れる。

・2月、孫堅そんけん梁県りょうけん陽人聚ようじんじゅ董卓とうたく配下の胡軫こしんに勝利する。

・2月、袁術えんじゅつ孫堅そんけんへの兵糧の供給を止める。

・2月、董卓とうたく孫堅そんけん和睦わぼくの使者を送る。

・2月、孫堅そんけん大谷関たいこくかんに進軍し、董卓とうたく澠池県べんちけんに退く。

・2月、孫堅そんけん洛陽らくように入り、皇室の宗廟そうびょうを修復して魯陽県ろようけんに戻る。

孫堅そんけん豫州よしゅう潁川郡えいせんぐん陽城県ようじょうけんを占領した周昂しゅうこうを撃ち破る。

・冬、孫堅そんけん荊州刺史けいしゅうしし劉表りゅうひょうを攻撃する。

・冬、孫堅そんけんが戦死する。

・37歳。

配下

親族

孫賁そんふん(兄の子)、孫静そんせい(弟)孫香そんこうおい)、孫河そんかおい)、呉景ごけい(妻の弟)、徐琨じょこん(妹の子)

その他

程普ていふ韓当かんとう黄蓋こうがい朱治しゅち祖茂そも桓階かんかい