孫策そんさく江東こうとうを追われた揚州牧ようしゅうぼくとして知られる劉繇りゅうようとは、一体どんな人物だったのでしょうか。

スポンサーリンク

出自

劉繇(りゅうよう)

出身地 / 生没年

あざな

正礼せいれい

出身地

青州せいしゅう東萊郡とうらいぐん牟平県ぼうへいけん


青州・東萊郡・牟平県

青州せいしゅう東萊郡とうらいぐん牟平県ぼうへいけん

生没年

  • 永寿えいじゅ3年(157年)〜 建安けんあん3年(198年)。
  • 呉書ごしょに列伝があります。

先祖

せい孝王こうおう

前漢ぜんかん孝王こうおうの末息子が牟平侯ぼうへいこうに封ぜられ、子孫代々そこに家をいとなむようになりました。

家族・親族

祖父:劉本りゅうほん劉丕りゅうひ

学者から正式に経書けいしょの解釈を習い、広く様々な書物を学んで、「通儒つうじゅ(広い学識を持つ学者)」と称されました。

賢良けんりょう方正ほうせいに推挙され、青州せいしゅう平原郡へいげんぐん般県はんけん県長けんちょうに任命されましたが、在任中に亡くなりました。

伯父おじ劉寵りゅうちょう

かん太尉たいいをつとめました。

劉寵の詳細
タップ(クリック)すると開きます。

あざな祖栄そえいと言い、父[劉本りゅうほん劉丕りゅうひ)]の学問を受け継ぎ、経典けいてんに明るく行いも正しいということで孝廉こうれんに推挙され、光禄勲こうろくくんによって「四行しこう*1を備える」と認められて、青州せいしゅう済南郡せいなんぐん東平陵県とうへいりょうけん県令けんれいに任命されました。

赴任して数年がった頃、母親の病気が重くなったので、辞任して故郷に帰ろうとしたところ、一般民衆や士人たちが彼の乗り物に取りついて車輪を押しとどめ、道一杯に広がって辞任を阻止しようとしたため、車を前に進めることができませんでした。

そこでていとどまると、質素な服装に着替えてこっそり逃げ帰り、母親に孝養を尽くしました。


後に大将軍だいしょうぐんの幕下に辟召まねかれ、しばらくして会稽太守かいけいたいしゅに任命されると、劉寵りゅうちょうみずからの身をおさめ正して下にある者の模範となったので、郡全体が大いに治まりました。

中央に徴召されて将作大匠しょうさくたいしょうに任命されることになった時、山陰県さんいんけんの民で郡の役所から数十里も離れた若邪山じゃくじゃさんの山奥に住む、70〜80歳くらいの老人5、6人が、劉寵りゅうちょうが転任すると聞いて連れ立って見送りにやって来て、おのおの百銭ずつを餞別せんべつに差し出します。

劉寵りゅうちょうは彼らに会うと、わざわざやって来てくれたことをねぎらってたずねました。


「ご老人がたは、なぜわざわざこんなに遠くまでやって来てくださったのでしょうか」


すると老人たちは口々に、次のように答えました。


「わしたちは山奥に住むの世間知らずの年寄りでして、生まれてこの方、郡や県の役所に参ったことはございませんでした。

以前にはお役人たちが人々を賦役ふえきに駆り立て税を取り立てるため村々にとどまられ、部落では夜通し犬がえ、一晩中、人々の心が安らぐことはありませんでした。

太守たいしゅ劉寵りゅうちょう)さまのご着任以来、夜に犬がえることもなく、お役人たちが村に参ることもまれでございます。

歳を取ってから立派なご教化に巡り会うことができたのでございますが、今聞けば、我々を置いて行かれようとしておられるとのこと。それゆえ共々お見送りにやって参ったのでございます」


劉寵りゅうちょうは大変ありがたく思い、彼らの気持ちをんで、差し出された銭の中から大銭1枚だけを受け取りました。このことがあってから、会稽郡かいけいぐんでは劉寵りゅうちょうのことを「1銭取りの太守たいしゅ」と呼ぶようになりました。


劉寵りゅうちょうはその生涯を通じて2度 郡の太守たいしゅとなり、8度九卿きゅうけいの位にき、4度三公さんこうの位に昇りました。

ですが、彼の家には資産のたくわえがなく、珍貴な器物もなくて、いつも粗末な食物を食べ、質素な着物を着、がたがたの車をせ馬に引かせていたので、そのみすぼらしさは評判となっていました。


3度まで宰相さいしょうの位から退しりぞけられましたが、いつもそのまま故郷に帰ってしまいました。

また、京師けいし洛陽らくよう雒陽らくよう)]にき来する時には、いつも道の片隅を驂馬そえうまもつけずに行くため、誰も彼だと気が付く者はいませんでした。

ある時、劉寵りゅうちょうていに泊まろうとすると、そのみすぼらしさを見たていの役人は、


「宿舎を整えて劉公りゅうこう劉寵りゅうちょう)をお待ちしているので、泊まらせるわけにはいかない」


と言って拒否したので、劉寵りゅうちょうはそのまま行き過ぎました。彼の清廉せいれんおごらない様子は常にこのような感じでした。

劉寵りゅうちょうは、歳を取って病気のため家で亡くなりました。

脚注

*1 人物を評価する際の4つの規範。

  • 敦厚とんこう:誠実で人情に厚いこと
  • 質樸しつぼく:飾りけがなく純真・素直なこと
  • 遜譲そんじょう:へりくだりゆずること
  • 節倹せっけん:出費をひかえて質素にすること

叔父おじ劉韙りゅうい

賊徒ぞくとに捕らえられて人質となりましたが、劉繇りゅうように助け出されました。

父:劉輿りゅうよ劉方りゅうほう

山陽太守さんようたいしゅをつとめました。

兄:劉岱りゅうたい

あざな公山こうざんと言い、侍中じちゅう兗州刺史えんしゅうししを歴任しました。

父母に孝行を尽くし、兄弟の仲が良く、他人に対しても思いやり深く、自分をむなしくして人の意見をよく聴き入れました。

劉基

あざな敬輿けいよ

劉基りゅうきは多くの苦難に見舞われ、苦労をめ尽くしましたが、ひっそりと世に処して道を楽しみ、そうした境遇を悲しんだりしませんでした。

弟たちと一緒に暮らし、弟たちは彼を畏敬いけいし、父親に対するように彼に仕えました。

いつもおそく寝て早く起き、妻妾たちも彼の顔を見ることはまれで、みだりに交遊を広めたりはせず、その門をつまらぬ客が訪れることはありませんでした。

劉基の詳細
タップ(クリック)すると開きます。

劉繇りゅうようが亡くなった時、劉基りゅうきは14歳でしたが、父(劉繇りゅうよう)のに服して少しも礼に外れるところがなく、元の部下たちからのお見舞いの食糧を1つも受け取りませんでした。

劉基りゅうき容姿端麗ようしたんれいで、孫権そんけんは彼を愛して丁重に待遇し、孫権そんけん驃騎将軍ひょうきしょうぐんとなると、東曹掾とうそうえんとして劉基りゅうきをその将軍府に辟召まねき、輔義校尉ほぎこうい建忠中郎将けんちゅうちゅうろうしょうの官をさずけ、孫権そんけん呉王ごおうとなると、大農だいのう大司農だいしのう)の官に昇進させました。


孫権そんけんが酒宴を開いた際、騎都尉きとい虞翻ぐほんが酒に酔って孫権そんけん逆鱗げきりんに触れたことがありました。

孫権そんけんは「虞翻ぐほんを殺せ」と言い、その怒りは手もつけられない程でしたが、劉基りゅうきが強くいさめたので虞翻ぐほんは死をまぬかれることができました。


また、とても暑い季節のこと。孫権そんけんが船上で酒宴を開いたことがありました。

船の上にもうけられたたかどのの上にいる時に雷雨にいましたが、孫権そんけんは自分の上にかさをさしかけさせ、劉基りゅうきにもかさをさしかけるように命じました。他の者たちはかさの下に入ることはできなかったのです。孫権そんけん劉基りゅうきへの手厚い礼遇の仕方はこんな風でした。


その後劉基りゅうき郎中令ろうちゅうれいにうつり、孫権そんけんが帝位につくと改めて光禄勲こうろくくんに任ぜられ、分平尚書事ふんへいしょうしょじ録尚書事ろくしょうしょじ)の任にあたり、49歳で亡くなりました。


それより後、孫権そんけんが息子の孫覇そんは劉基りゅうきむすめめとらせると、みやこに1区画分の広さの屋敷をたまわり、季節ごとの特別のたまわりものは、全琮ぜんそう張昭ちょうしょうと同等でした。

劉鑠・劉尚

劉基りゅうきの2人の弟・劉鑠りゅうしゃく劉尚りゅうしょうは、共に孫権そんけんの下で騎都尉きといとなりました。

孫:女

孫権そんけんの息子・孫覇そんはの妻。


スポンサーリンク


揚州刺史となるまで

叔父の劉韙を救う

劉繇りゅうようが19歳の時、叔父おじ劉韙りゅうい賊徒ぞくとに捕らえられて人質となりましたが、劉繇りゅうようはそれを奪い返して来ました。

このことから、劉繇りゅうようの名前が人々に知られるようになります。

下邑長に任命される

劉繇りゅうよう孝廉こうれんに推挙されて郎中ろうちゅうとなり、豫州よしゅう予州よしゅう)・梁国りょうこく下邑県かゆうけん県長けんちょうに任命されました。

ですが当時の郡守ぐんしゅ太守たいしゅ)が、劉繇りゅうよう貴顕きけん(身分が高く名声が高い人)の親戚であることを利用しようとしたので、さっさと職をてて去ってしまいます。

中常侍の息子を罷免する

その後劉繇りゅうようは、青州せいしゅうの役所に辟召まねかれて、済南国せいなんこくの行政監察にあたることになりました。

この時、済南相せいなんしょう済南国せいなんこく太守たいしゅ)は中常侍ちゅうじょうじの息子がつとめていましたが、賄賂わいろむさぼって法をないがしろにしていたので、劉繇りゅうようは上奏してこれを罷免ひめんしました。

戦乱を避ける

青州せいしゅう平原国へいげんこく出身の陶丘洪とうきゅうこうが、「劉繇りゅうよう茂才もさいに推挙してほしい」と青州刺史せいしゅうししに推挙しました。

すると刺史ししは、


「前年には公山こうざん劉岱りゅうたい)どのを推挙され、今また正礼せいれい劉繇りゅうよう)どのを推挙されるのはどうしたことか」


たずねます。すると陶丘洪とうきゅうこうはこう答えました。


「もし刺史ししさまがさき公山こうざん劉岱りゅうたい)どのを登用された上、またここで正礼せいれい劉繇りゅうよう)どのを抜擢なさいますならば、まさしく2匹の龍をぎょしてはるかに行き、騏驥きき(駿馬)をけさせて千里の道にのぼられると申すもの。素晴らしいことではございませんか」


ちょうどこの頃、司空しくうえん(属官)として辟召まねかれ、侍御史じぎょしの任につくようにという話がありましたが、劉繇りゅうようはそれに応じず、戦乱を避けて淮水わいすい流域に避難しました。


スポンサーリンク


揚州刺史として

曲阿県に入る

初平しょへい4年(193年)秋〜興平こうへい元年(194年)頃、劉繇りゅうよう揚州刺史ようしゅうししに任命されました。

ですが当時、袁術えんじゅつ揚州刺史ようしゅうししの治所である寿春県じゅしゅんけんにいたことから、劉繇りゅうよう袁術えんじゅつを避けて寿春県じゅしゅんけんには向かわず、呉景ごけい孫賁そんふんの手引きを受けて揚州ようしゅう呉郡ごぐん曲阿県きょくあけんに落ち着きました。

袁術との衝突

その後袁術えんじゅつかん王朝を乗っ取ろうとくわだて、郡県を攻撃して支配下に収めていきました。

これに劉繇りゅうようは、樊能はんのう張英ちょうえい長江ちょうこうの岸辺に派遣して袁術えんじゅつの進出を食い止めさせます。またこの時劉繇りゅうようは、袁術えんじゅつから官位を受けて働いていた呉景ごけい孫賁そんふんも、強制的に追い出しました。

すると袁術えんじゅつは、故吏こり 恵衢けいくを勝手に揚州刺史ようしゅうししに、呉景ごけい督軍中郎将とくぐんちゅうろうしょうに任命して、孫賁そんふんと共に兵をひきいて張英ちょうえいらを攻撃させますが、これを撃ち破ることができず、両軍は長江ちょうこうはさんで対峙したまま膠着こうちゃく状態となります。


またこの時朝廷は、劉繇りゅうよう揚州牧ようしゅうぼく振武将軍しんぶしょうぐんの官を加え、配下の軍勢は数万人になりました。


揚州の勢力図

揚州ようしゅうの勢力図

関連記事

袁術の誤算。孫策に命じた陸康攻撃と揚州刺史・劉繇との衝突

孫策との戦い

膠着こうちゃく状態となって1年余りが過ぎた頃、袁術えんじゅつの許可を得た孫策そんさく長江ちょうこうを東に渡り、張英ちょうえい樊能はんのうらを撃ち破ります。

許子将きょししょう許劭きょしょう)の助言

孫策そんさく軍が曲阿県きょくあけんせまると、劉繇りゅうよう会稽郡かいけいぐんに逃亡しようとしますが、この時、許子将きょししょう許劭きょしょう)が劉繇りゅうように言いました。


会稽郡かいけいぐんは豊かな土地なので孫策そんさくが欲しがっております。それに、海がせまった逃げ場のない土地ですから、行かれてはなりません。

それに対し豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)は、北は豫州よしゅう予州よしゅう)につながり、西は荊州けいしゅうに接しておりますから、そちらへ行かれる方がよろしいでしょう。

もし豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)にあって役人や民衆たちを1つにまとめ、使者をおくって朝貢をし、曹兗州そうえんしゅう曹操そうそう)どのと連絡をつけられれば、袁公路えんこうろ袁術えんじゅつ)が間をへだててはいても、彼の人となりは豺狼さいろうやまいぬおおかみ。転じて残酷で欲深い人)であるから、長く勢力を保つことはできません。

あなたさまは、かんの王朝からめいを受けておられますから、孟徳もうとく曹操そうそうあざな)さまや景升けいしょう劉表りゅうひょうあざな)さまからも、必ずや援助がありましょう」


劉繇りゅうようはこの許子将きょししょう許劭きょしょう)の意見に従い、長江ちょうこうさかのぼって豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)に向かうことにしました。

豆知識

孫策そんさく太史慈たいしじが一騎打ちを行ったのはこの時です。

この後太史慈たいしじ劉繇りゅうようの下を離れ、揚州ようしゅう丹楊郡たんようぐん丹陽郡たんようぐん)・蕪湖県ぶこけんで姿をくらませて山中に入ると、勝手に丹楊太守たんようたいしゅを名乗ります。

笮融さくゆう謀叛むほん

この時、豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)は劉表りゅうひょう(または袁術えんじゅつ)が任命した豫章太守よしょうたいしゅ諸葛玄しょかつげん諸葛亮しょかつりょう従父おじ)が治めており、朝廷が豫章太守よしょうたいしゅに任命した朱皓しゅこうと争っていました。

豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)に入り彭澤県ほうたくけんに軍営を置いた劉繇りゅうようは、笮融さくゆう朱皓しゅこうに加勢するように命じて諸葛玄しょかつげんを討伐させようとします。

この時、許子将きょししょう許劭きょしょう)が劉繇りゅうように言いました。


笮融さくゆうが軍をひきいて行きましたが、彼は大義名分などに目もくれぬ男です。

朱文明しゅぶんめい朱皓しゅこう)どのは、誠実で人を疑ったりせぬお方ですので、ひそかに笮融さくゆうには気をつけるように知らせたほうがよろしゅうございます」


その後、諸葛玄しょかつげんは撤退して西城せいじょうに駐屯し、朱皓しゅこうが郡治所である南昌県なんしょうけんに入りましたが、許子将きょししょう許劭きょしょう)の言う通り、笮融さくゆう朱皓しゅこうを謀殺して自分が豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)の支配権を握りました。


劉繇の逃亡経路2

劉繇りゅうようの逃亡経路

劉繇の死

劉繇りゅうようは軍を進めて笮融さくゆうを討とうとしましたが、逆に笮融さくゆうに撃ち破られ、もう一度配下の県から兵士を集めて笮融さくゆうを撃ち破りました。敗れた笮融さくゆうは山中に逃げ込みますが、付近の住民のために殺されてしまいます。


そして建安けんあん2年(198年)、劉繇りゅうようは病気で亡くなりました。享年42歳でした。

豆知識

蜀書しょくしょ諸葛亮伝しょかつりょうでんの注に引かれている献帝春秋けんていしゅんじゅうには、


建安けんあん2年(197年)正月、西城せいじょうの民衆が反乱して諸葛玄しょかつげんを殺害し、その首を劉繇りゅうように送り届けた」


とあります。

関連記事

孫策の江東進出。袁術の下を離れた孫策が劉繇を破って呉郡に入る

豆知識

劉繇の柩

後に孫策そんさくが西へ軍を進めて荊州けいしゅう江夏郡こうかぐんを征伐した時のこと。

孫策そんさくはその帰途に豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)に立ち寄って、劉繇りゅうようひつぎを引き取って遺族の元に返してやると共に、その家族の者たちを手厚く処遇しました。

王朗の手紙

王朗おうろう孫策そんさくに手紙を送りました。

手紙の内容は、劉繇りゅうよう孫策そんさくと戦うことになったのは本意ではなかったことと、孫策そんさく劉繇りゅうようの家族を手厚く処遇したことを賞賛する内容です。

王朗の手紙全文
タップ(クリック)すると開きます。

劉正礼りゅうせいれい劉繇りゅうよう)どのがかつて揚州刺史ようしゅうししとなられた際には、袁術えんじゅつの妨害があってその任地におもむかれることができませんでしたが、あなた(孫策そんさく)のご一族のお力添ちからぞえを頼り、長江ちょうこうを渡ってその行政機構を定め、しっかりした身の落ちつけ所を得ることができたのであります。

州におもむくに際してたまわった厚いご援助は、心に感じきもめいじて片時も忘れることはございませんでした。


のちには袁術えんじゅつのやり方に不満を持ったことから、貴家(孫策そんさく)との間にも行き違いが重なり、同盟の関係にあったものが、返って仇敵きゅうてきとなってしまいましたが、本心では望むところではありませんでした。

情勢が安定して以降、つねづね和睦わぼくを再び実現し、昔のよしみを回復したいと願っておったのでございますが、一度別れ別れとなりますと、まことの心を明らかにお伝えすることもできぬまま、突然に死去することとなって、残念至極のことでございました。


聞き及べば、心のこもったご処置で薄情な者たちを励まし、徳によってうらみに報いるべくひつぎを引き取り、孤児たちをはぐくまれ、死者を哀悼あいとうされると共に、遺族にはあわれみのこころをかけられ、これまでの行き違いを忘れて孤児たちの後ろ楯となってやっておられますとのこと。

まことに深いご恩愛と厚いご配慮で、立派なご評判に確かな内実が沿ったものでございます。


昔、国の人々はせいに対してうらみをいだいてはおりましたが、せいの国君の逝去せいきょに際しては弔礼ちょうれいおこたることはございませんでした。

春秋しゅんじゅうは、のこうした態度をしとし、礼にかなったものと評価いたしております。

あなたのご行為も、これと同様であってまことに立派な史官しかんが1つの模範として書きつけておくべきところであり、むらむらの学校でも賞賛し、言い伝えておるところでございます。

劉正礼りゅうせいれい劉繇りゅうよう)どののご長子(劉基りゅうき)は、志と節操とを立派にその身にそなえられ、思いますに、必ずや優れた人物となりましょう。

孫策そんさくの)ご威声は盛んに、刑罰は順守されておりますが、それに恩愛あるご処置を加えられますならば、まことに素晴らしいことでございます。


劉繇りゅうようは若い頃から清廉せいれんで知られ、兄・劉岱りゅうたいと共に高く評価されていました。

揚州刺史ようしゅうししに任命された劉繇りゅうようは、(揚州刺史ようしゅうししの治所である)寿春県じゅしゅんけんを占拠する袁術えんじゅつとの争いを避け、呉景ごけい孫賁そんふんの手引きを受けて揚州ようしゅう呉郡ごぐん曲阿県きょくあけんに落ち着きます。

ですが、袁術えんじゅつかん王朝を乗っ取ろうとくわだて、勝手に郡県を攻撃して支配下に収めていくと、劉繇りゅうようはこれに反発。袁術えんじゅつから官位を受けていた呉景ごけい孫賁そんふんを追い出し、樊能はんのう張英ちょうえいを派遣して袁術えんじゅつの侵攻をはばませました。

その後、江東こうとうの地に地盤を築こうとする孫策そんさくの標的となって敗北を重ねた劉繇りゅうようは、豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)に拠点を移し、曹操そうそう劉表りゅうひょうと手を組んで孫策そんさくに対抗しようとしますが、間もなく病死してしまいます。

劉繇りゅうようの死後、残された家族は孫策そんさく孫権そんけんによって手厚く処遇されました。


劉繇りゅうようは立派な行いをなすことにつとめ、物事の善悪を正しく判断することに気を配っていましたが、混乱の時代に遠く万里の土地にあって自立するようなことは、得意ではありませんでした。



劉繇データベース

劉繇関連年表

西暦 出来事
157年

永寿えいじゅ3年

  • 青州せいしゅう東萊郡とうらいぐん牟平県ぼうへいけんに生まれる。
175年

熹平きへい4年【19歳】

  • 賊徒ぞくとに捕らえられた叔父おじ劉韙りゅういを奪い返して名をげる。
不明
  • 孝廉こうれんに推挙されて郎中ろうちゅうとなる。
  • 下邑長かゆうちょうに任命される。
  • 青州せいしゅうの役所に辟召まねかれて済南国せいなんこくの行政監察にあたる。
  • 上奏して済南相せいなんしょう中常侍ちゅうじょうじの息子)を罷免ひめんする。
  • 戦乱を避けて淮水わいすい流域に避難する。
不明

初平しょへい4年(193年)秋〜興平こうへい元年(194年)【37歳〜38歳】

  • 揚州刺史ようしゅうししに任命される。
194年

興平こうへい元年【38歳】

  • 呉景ごけい孫賁そんふんの手引きを受けて揚州ようしゅう呉郡ごぐん曲阿県きょくあけんに入る。
  • 袁術えんじゅつが周辺の郡県を攻撃する。
  • 丹楊郡たんようぐん丹陽郡たんようぐん)から呉景ごけい孫賁そんふんを追い出す。
  • 長江ちょうこうの岸辺に樊能はんのう張英ちょうえいを派遣して袁術えんじゅつの侵攻をはばむ。
  • 揚州牧ようしゅうぼく振武将軍しんぶしょうぐんに任命される。
195年

興平こうへい2年【39歳】

  • 孫策そんさく丹楊郡たんようぐん丹陽郡たんようぐん)に侵攻する。
  • 豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)に逃亡する。
  • 太史慈たいしじ丹楊郡たんようぐん丹陽郡たんようぐん)で独立する。
  • 豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)で笮融さくゆう謀叛むほんを起こす。
  • 笮融さくゆうを討伐する。
197年

建安けんあん2年【41歳】

  • 諸葛玄しょかつげんの首を受け取る。
198年

建安けんあん2年【42歳】

  • 病気のために亡くなる。

配下

樊能はんのう于麋うび張英ちょうえい薛礼せつれい笮融さくゆう于茲うじ許子将きょししょう許劭きょしょう)、太史慈たいしじ是儀しぎ孫邵そんしょう

関連記事

三国志人物伝【一覧】