三国志演義さんごくしえんぎでは「汜水関しすいかん攻めの際に抜け駆けをして華雄かゆうに敗北をきっした無能な将」として描かれている鮑信ほうしんとは、一体どんな人物だったのでしょうか。

スポンサーリンク

出自

鮑信(ほうしん)

出身地 / 生没年

あざな

不明。

三国志演義さんごくしえんぎでは允誠いんせい

出身地

兗州えんしゅう泰山郡たいざんぐん

鮑信ほうしんの子・鮑勛ほうくんの列伝である魏書ぎしょ鮑勛伝ほうくんでんには、鮑勛ほうくんは「兗州えんしゅう泰山郡たいざんぐん平陽県へいようけんの人」とありますが、鮑信ほうしんが生まれた当時、平陽県へいようけんはまだ設置されていません。

生没年

元嘉げんか2年(152年)〜初平しょへい3年(192年)。


魏書ぎしょ鮑勛伝ほうくんでんにまとまった記述があります。


兗州・泰山郡

兗州えんしゅう泰山郡たいざんぐん

家族・親族

祖先

鮑信ほうしんは、前漢ぜんかんの第12代皇帝・哀帝あいていの時代に司隷校尉しれいこういを務めた鮑宣ほうせん仍孫じょうそん[8世(7代後)の末裔まつえい]になります。

鮑宣ほうせんの子孫で幷州へいしゅう并州へいしゅう)・上党郡じょうとうぐんから兗州えんしゅう泰山郡たいざんぐんに転居した者がおり、以降その子孫は泰山郡たいざんぐんに家を構えるようになりました。

鮑丹(ほうたん)

代々儒学の教養によって有名であり、少府侍中しょうふじちゅうまで官位が登りました。

鮑韜(ほうとう)

鮑信ほうしんと共に挙兵して反董卓とうたく連合に参加しますが、「汴水べんすいの戦い」で敗死しました。

鮑邵(ほうしょう)

建安けんあん17年(212年)、父・鮑信ほうしんの功績により曹操そうそうによって新都亭侯しんとていこうに封ぜられました。

父・鮑信ほうしんの風格を受け継いでいたと言われています。

鮑勛(ほうくん)

清廉せいれんにして節操が高いことで世間に名を知られ、建安けんあん17年(212年)、父・鮑信ほうしんの功績により曹操そうそうに召し出されて丞相掾じょうしょうえんに任命されました。

魏書ぎしょに列伝があります。

鮑融(ほうゆう)

鮑邵ほうしょうの子。


スポンサーリンク


挙兵するまで

黄巾の乱

光和こうわ7年(184年)、黄巾の乱が起こると、鮑信ほうしんは兵を呼び集めました。

魏書ぎしょ干禁伝うきんでんには、この時の鮑信ほうしんの募兵に応じて、干禁うきんが従ったことがしるされています。

泰山郡で募兵する

光熹こうき元年(189年)4月、霊帝れいていが崩御すると、大将軍だいしょうぐん何進かしん袁紹えんしょうと共に宦官かんがん誅滅ちゅうめつを計画しますが、異母妹の何太后かたいごうが反対したため実行することができませんでした。

すると何進かしんは、何太后かたいごうを軍事力で脅して強引に宦官かんがん誅滅ちゅうめつを認めさせようと、董卓とうたくらを洛陽らくように呼び寄せると共に、鮑信ほうしんを召し寄せて騎都尉きといに任命し、故郷の兗州えんしゅう泰山郡たいざんぐんで募兵をするように命じます。

兵・千人余りを手に入れて洛陽らくように戻る途中、司隷しれい河南尹かなんいん成皋県せいこうけんまで来たところで、鮑信ほうしん何進かしんが殺害されたことを知りました。


洛陽・成皋県・泰山郡

募兵の時期について

今回の募兵については、出発した時期が明示されていません。

中平ちゅうへい5年(188年)、霊帝れいてい西園軍せいえんぐん創設にあたって、何進かしんが各地で兵の徴発を行っています。

鮑信ほうしん騎都尉きといに任命され、兗州えんしゅう泰山郡たいざんぐんで募兵を行ったのはこの時で、帰って来たのが光熹こうき元年(189年)であった可能性もあります。

関連記事

なぜ袁紹の宦官一掃は成功したのか?何進の死と袁紹による宦官の一掃

董卓襲撃を進言する

鮑信ほうしんが募兵から戻った時、洛陽らくようにはすでに董卓とうたくが到着し、呂布りょふ執金吾しつきんご丁原ていげんを殺害させて洛陽らくようの軍権を掌握した後でした。

そこで鮑信ほうしんは、袁紹えんしょうにこう進言します。


董卓とうたくは強力な軍隊をようして異心を抱いています。今すぐに手を打たなければ、将来きっと奴に制圧されるでしょう。

到着したばかりで疲弊しているうちに襲撃したならば、生け捕りにできましょう」


ですが袁紹えんしょう董卓とうたくを恐れて行動を起こさなかったので、鮑信ほうしんはそのまま郷里に帰りました。

関連記事

諸豪族の入洛。董卓はどのようにして権力を手中に収めたのか


スポンサーリンク


曹操と行動を共にする

曹操と共に挙兵する

郷里に帰った鮑信ほうしんは改めて兵をつのり、歩兵2万・騎兵7百・輜重しちょう(軍需物資)5千余台を集めます。

ちょうどその頃、曹操そうそう兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐん己吾県きごけんで旗揚げをしたので、鮑信ほうしん曹操そうそうの旗揚げに呼応して、弟の鮑韜ほうとうと共に兵をげました。中平ちゅうへい6年(189年)12月のことです。


初平しょへい元年(190年)1月、反董卓とうたく連合が決起すると、曹操そうそう袁紹えんしょうと共に鮑信ほうしん行破虜将軍こうはりょしょうぐんに、弟の鮑韜ほうとう裨将軍ひしょうぐんに任命するように上奏します。

この時、多くの豪傑たちは勢力が大きい袁紹えんしょうの下に集まりましたが、鮑信ほうしんだけは、


「そもそも世にまれな知略を抱き、よく英雄を統率して乱を治め、あるべき姿に返すことができるのは君(曹操そうそう)だけです。

いやしくもそれに値する人物でなければ、強力であっても必ず滅びるもの。君こそは天に導かれたお人でありましょう」


と言って、自分から曹操そうそうと深く交わりを結び、曹操そうそうも親しく接して鮑信ほうしんを高く評価しました。

関連記事

正史『三国志』における反董卓連合の結成

汴水の戦い

曹操そうそうの軍に加わる

初平しょへい元年(190年)2月、董卓とうたくは反董卓とうたく連合の攻撃をけるため、洛陽らくようを焼き払って長安ちょうあん遷都せんとを強行します。

これを好機とみた曹操そうそうが追撃を主張すると、陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばくはこれを許可して配下の衛茲えいじ*1に兵を与えて曹操そうそう寄騎よりきとしました。

この時、鮑信ほうしんは弟の鮑韜ほうとうと共にみずか曹操そうそうの軍に加わります。

脚注

*1 衛茲(えいじ)曹操(そうそう)が挙兵する際に援助をした人物です。

弟・鮑信ほうしんの死

曹操そうそうはまず、司隷しれい河南尹かなんいん成皋県せいこうけんの要害の占拠を目標にして進軍を始めますが、滎陽県けいようけん汴水べんすいを渡ったところで董卓とうたく配下の徐栄じょえいの軍と遭遇そうぐうします。


汴水(べんすい)の戦い

汴水べんすいの戦い


緒戦しょせん徐栄じょえい軍に敗れた曹操そうそう軍は多数の死傷者を出し、鮑信ほうしん自身も傷を受け、鮑信ほうしんの弟・鮑韜ほうとう陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばくの配下・衛茲えいじは討ち死にしてしまいました。

関連記事

汴水(べんすい)の戦い。曹操の敗北と酸棗(さんそう)諸侯の解散

曹操に独立を勧める

初平しょへい2年(191年)7月、袁紹えんしょうは反董卓とうたく連合の一員であった韓馥かんふくだまし、冀州牧きしゅうぼくの位を奪って冀州きしゅうを地盤とします。

この時鮑信ほうしんは、


姦臣かんしん董卓とうたく)が間隙かんげきにつけ込んで王室をくつがえしましたが、英雄たちが忠節を尽くさんと奮い立ち、天下の人々が呼応しておりますのは、それが正義であるからです。

今、袁紹えんしょうは盟主となりながら権力を利用して利益を独占し、今にも動乱を引き起こそうとしています。もはやこれは、もう1人の董卓とうたくと言えるでしょう。

もし彼(袁紹えんしょう)をおさえようとしても、我々の力では制御することはできませんので、ただ災難を引き起こすだけとなりましょう。

まずは大河(黄河こうが)の南を手に入れ、彼の身に変事が起こるのを待つのがよろしいでしょう」


と言い、曹操そうそう鮑信ほうしんの意見に賛成しました。

関連記事

韓馥が袁紹に冀州をゆずる。公孫瓚と袁紹に怯え続けた韓馥の末路

済北相となる

ちょうどその頃、黒山賊こくざんぞく10余万人が冀州きしゅう魏郡ぎぐんを攻略し、兗州えんしゅう東郡とうぐんに侵攻してきますが、東郡太守とうぐんたいしゅ王肱おうこうはこれを防ぐことができませんでした。

これを見た曹操そうそうは、駐屯していた司隷しれい河内郡かだいぐんから兵をひきいて東郡とうぐんに入り、黒山賊こくざんぞくを撃ち破ります。この功により曹操そうそうは、袁紹えんしょうによって東郡太守とうぐんたいしゅに任命されました。

この時曹操そうそうは、鮑信ほうしん済北相せいほくしょう兗州えんしゅう済北国せいほくこく太守たいしゅ)に任命するように上奏します。


東郡と済北国

東郡とうぐん済北国せいほくこく


この時鮑信ほうしん済北相せいほくしょうに任命されたことは、魏書ぎしょ鮑勛伝ほうくんでんの注に引かれている魏略きりゃくによります。

魏書ぎしょ武帝紀ぶていぎでは、初平しょへい元年(190年)1月に反董卓とうたく連合が決起した段階で、すでに済北相せいほくしょうとなっています。

関連記事

曹操が黒山賊を討って東郡太守となる。黒山賊と於夫羅の反乱

青州黄巾の侵攻

兗州刺史えんしゅうしし劉岱りゅうたいの出陣をいさめる

初平しょへい3年(192年)4月、青州せいしゅう黄巾賊こうきんぞく・百万が兗州えんしゅうに侵攻し、任城相にんじょうしょう兗州えんしゅう任城国にんじょうこく太守たいしゅ)・鄭遂ていすいを殺害して東平国とうへいこくに方向を転じます。


任城国と東平国

任城国にんじょうこく東平国とうへいこく


兗州刺史えんしゅうしし劉岱りゅうたいがこれを討伐しようとすると、鮑信ほうしんいさめて言いました。


「今、ぞくの軍勢は百万、人民は皆恐れおののき、士卒の士気も下がっており、まともに戦えません。

見たところぞくは秩序もなく雑然と連なり、武器・兵糧などの補給物資もなく、略奪によってこれらを調達しています。

まずは守りを固めるべきです。そして、敵の士気が下がったころを見計らい、要害を拠点に精鋭をもってこれを撃てば、必ず破ることができるでしょう」


ですが劉岱りゅうたいは、この鮑信ほうしんの意見に従わずに出陣し、青州せいしゅう黄巾こうきんに敗れて殺されてしまいました。

鮑信ほうしんの死

兗州刺史えんしゅうしし劉岱りゅうたいが討たれると、陳宮ちんきゅう奔走ほんそうによって曹操そうそう兗州牧えんしゅうぼくに迎えられます。


そして、兗州えんしゅう東平国とうへいこく寿張県じゅちょうけんの東に兵を進めた曹操そうそうが、鮑信ほうしんと共に戦場を視察した時のこと。まだ後続の歩兵隊が到着しないうちに、不意に賊軍と遭遇してしまいます。


兗州・東平国・寿張県

兗州えんしゅう東平国とうへいこく寿張県じゅちょうけん


鮑信ほうしんは必死に戦って曹操そうそうを救い、激戦の末曹操そうそう軍は勝利をおさめましたが、鮑信ほうしん自身はこの戦いで命を落としてしまいました。

享年きょうねん・41歳でした。


その後曹操そうそうは、賞金を約束して鮑信ほうしんの遺体を探させましたが見つけることができず、鮑信ほうしんの木像を造ってまつり、哭礼こくれい(死者をいたんで大声をあげて泣く儀式)をり行いました。

関連記事

青州黄巾の兗州侵攻。兗州牧となった曹操と青州兵


動乱にあって旗揚げしたとはいえ、鮑信ほうしんの家は代々儒学を修めた家柄で、若くして節義を重んじ、寛容でよく人を愛し、沈着ちんちゃく豪毅ごうき(落ち着いて物事に動じない)にして知謀がありました。

また、我が身の生活は節制・倹約に努めながら、将兵には手厚い待遇をしていたため、鮑信ほうしんが亡くなった時には彼の住居に財産は残っておらず、そのため兵士たちは鮑信ほうしんによくなついていたと言われています。



鮑信関連年表

西暦 出来事
152年

元嘉げんか2年

  • 鮑信ほうしん兗州えんしゅう泰山郡たいざんぐんで生まれる。
184年

光和こうわ7年【33歳】

  • 黄巾の乱が起こる。
  • 兗州えんしゅう泰山郡たいざんぐんで兵を集める。
188年

中平ちゅうへい5年【37歳】

  • 騎都尉きといに任命される)
  • 兗州えんしゅう泰山郡たいざんぐんで募兵をする)
189年

中平ちゅうへい6年【38歳】

  • 霊帝れいていが崩御する。
  • 騎都尉きといに任命される。
  • 兗州えんしゅう泰山郡たいざんぐんで募兵をする。
  • 袁紹えんしょう董卓とうたく襲撃を進言する。
  • 郷里に帰る。
  • 兗州えんしゅう泰山郡たいざんぐんで募兵をする。
  • 曹操そうそうに呼応して旗揚げする。
190年

初平しょへい元年【39歳】

  • 董卓とうたく連合が決起する。
  • 袁紹えんしょう曹操そうそうの上奏により行破虜将軍こうはりょしょうぐんに任命される。
  • 弟の鮑韜ほうとう裨将軍ひしょうぐんに任命される。
  • 司隷しれい河南尹かなんいん滎陽県けいようけん汴水べんすい徐栄じょえいに敗れる。
  • 弟の鮑韜ほうとうが戦死する。
191年

初平しょへい2年【40歳】

  • 曹操そうそうの上奏により済北相せいほくしょうに任命される。
192年

初平しょへい3年【41歳】

  • 青州せいしゅう黄巾こうきん兗州えんしゅうに侵攻する。
  • 兗州刺史えんしゅうしし劉岱りゅうたいの出陣をいさめる。
  • 青州せいしゅう黄巾こうきんとの戦いで戦死する。