袁紹えんしょう冀州きしゅうゆずったことで知られる冀州牧きしゅうぼく韓馥かんふくとは、どんな人物だったのでしょうか。

スポンサーリンク

出自

韓馥(かんふく)

出身地

韓馥かんふくあざな文節ぶんせつと言い、豫州よしゅう潁川郡えいせんぐんの出身です。

生没年は、不明〜191年7月以降。列伝は立てられていません。


豫州(よしゅう)・潁川郡(えいせんぐん)

豫州よしゅう潁川郡えいせんぐん

家族

袁紹えんしょう冀州牧きしゅうぼく印綬いんじゅを届ける際に息子を使者に立てていることから、韓馥かんふくには息子がいたことが分かりますが、その名前は伝わっていません。


スポンサーリンク


反董卓連合への参加

冀州牧に任命される

189年8月、朝廷の実権をにぎった董卓とうたくは、能力がなかったり不正を働いている人物を罷免ひめんして、これまで冷遇されてきた清流派の名士を積極的に採用しました。

この流れにより、御史中丞ぎょしちゅうじょう後漢書ごかんじょ董卓伝とうたくでんでは尚書しょうしょ)を務めていた韓馥かんふくは、侍中じちゅう周毖しゅうひ城門校尉じょうもんこうい伍瓊ごけいらの推薦によって冀州牧きしゅうぼくに任命されます。


またこの時、冀州きしゅうには董卓とうたくに反発して洛陽らくよう出奔しゅっぽんした勃海太守ぼっかいたいしゅ袁紹えんしょうがいたため、冀州牧きしゅうぼくとなった韓馥かんふくには、袁紹えんしょう董卓とうたくに対して反乱を起こさないように監視する役目もありました。

関連記事

暴君になったのは○○のせい!?朝廷で権力を握った董卓の思惑とは

反董卓連合に参加する

そんな中、韓馥かんふくの元に東郡太守とうぐんたいしゅ橋瑁きょうぼうが偽造した「董卓とうたく弾劾だんがいし、義兵の決起を願う」三公さんこうの公文書が届きます。

この公文書を読んだ韓馥かんふくが「袁氏えんしを助けるべきか、董卓とうたくに従うべきか」とたずねると、治中従事史ちちゅうじゅうじし劉子恵りゅうしけいが言いました。


「今は袁氏えんし董卓とうたくかで迷っている時ではありません。ただ国難のために挙兵するべきです。

ですが、いくさの口火を切ってはいけません。冀州きしゅう肥沃ひよくで人口も多く兵糧のたくわえも十分です。こうをあせらず他州の動きを見てから動いても遅くはないでしょう」


すると韓馥かんふくは悩んでいたことを恥じ入り、袁紹えんしょうに使者を送って董卓とうたく討伐の兵をげることを許可しました。

こうして袁紹えんしょうを盟主とする反董卓とうたく連合が結成されると、韓馥かんふく劉子恵りゅうしけいの進言を受け入れて、冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんで諸将の後方支援にあたることにしました。

関連記事

正史『三国志』における反董卓連合の結成

豆知識

董卓とうたくが朝廷の実権を握ると、兗州えんしゅう任城国にんじょうこく亢父県こうほけん県令けんれいを務めていた荀彧じゅんいくは官職を捨てて故郷(豫州よしゅう潁川郡えいせんぐん潁陰県えいいんけん)に帰り、村の長老たちに言いました。


潁川郡えいせんぐんは四方から攻撃を受ける要衝ようしょうの地であり、天下に変事が起これば大変な戦禍せんかに見舞われるでしょう。今のうちに避難するべきです」


ちょうどその頃、同じく潁川郡えいせんぐん出身の韓馥かんふくが騎兵を派遣して村人たちを迎えにやってきます。

ですがみな故郷に執着して土地を離れようとせず、ただ荀彧じゅんいくだけが一族を引き連れて冀州きしゅうに向かいました。

その後潁川郡えいせんぐんは、董卓とうたく配下の李傕りかく郭汜かくし張済ちょうせいらの略奪を受け、多くの村人が犠牲になりました。


スポンサーリンク


劉虞を天子に推戴する

反董卓連合の崩壊

190年1月に結成された反董卓とうたく連合は、実のところ董卓とうたくによって廃位された少帝しょうていを支持していた諸将の集まりであり、その目的は董卓とうたく誅殺ちゅうさつを成し遂げた後、董卓とうたくに廃位された弘農王こうのうおう(降格された少帝しょうてい)を再び即位させる」ことでした。

ですが反董卓とうたく連合の決起後すぐに董卓とうたく弘農王こうのうおうを殺害してしまったため、反董卓とうたく連合は挙兵の大義を失ってしまったのです。


また、汴水べんすい曹操そうそうが敗れ、河陽津かようしん王匡おうきょうが敗れるなど反董卓とうたく連合の敗北が続くと、諸将たちの士気はみるみる低下して、兵糧不足を理由に次々に撤退を始めました。

関連記事

汴水べんすいの戦い

汴水(べんすい)の戦い。曹操の敗北と酸棗(さんそう)諸侯の解散


河陽津かようしんの戦い

董卓軍を退けた孫堅の胆力と河内太守・王匡が敗北した河陽津の戦い

劉虞を天子に推戴する

191年1月、韓馥かんふく袁紹えんしょうと相談して、董卓とうたくが即位させた献帝けんていを認めず、皇族の中でも評判が高い幽州牧ゆうしゅうぼく劉虞りゅうぐを天子(皇帝)に推戴すいたいすることを提案します。


ですが、当の劉虞りゅうぐは「天子になるなど恐れ多いこと」とがんとして承知しません。

そこで韓馥かんふく袁紹えんしょうは「せめて尚書しょうしょとして事務を取り仕切り、官爵かんしゃくの任命を行っていただきたい」と頼みました。

ですが、劉虞りゅうぐは「それならば匈奴きょうどに逃亡する」とまで言い出したので、2人もついにあきらめました。


また、諸将に同意を求めた際には曹操そうそう袁術えんじゅつ献帝けんていを支持する態度を示しており、韓馥かんふく袁紹えんしょうによる「劉虞りゅうぐを天子に推戴すいたいする」計画は失敗に終わっただけでなく、反董卓とうたく連合の諸将の間にわだかまりを生じさせてしまいました。

関連記事

反董卓連合が劉虞を天子に推戴する。袁紹と袁術の間に生まれた亀裂



袁紹に冀州をゆずる

袁紹との軋轢(あつれき)

その後、袁紹えんしょうの下に人材が集まっていることをうとましく思った韓馥かんふくは、袁紹えんしょうに供給する兵糧を減らしてしまいました。

これでは物資の供給を韓馥かんふくに頼りきっていた袁紹えんしょうは軍勢を維持することができません。

袁紹えんしょう韓馥かんふく謀反むほんを起こした麴義きくぎと手を結ぶと、配下の逢紀ほうきの進言に従って冀州きしゅうを奪う計画を実行に移します。

公孫瓚の冀州侵攻

まず袁紹えんしょう公孫瓚こうそんさんに使者を送り、冀州きしゅうを攻めるように働きかけました。公孫瓚こうそんさんはこれを受け、「董卓とうたく討伐」をかかげて冀州きしゅうに侵攻を開始します。

韓馥かんふく冀州きしゅう安平国あんぺいこく安平県あんぺいけんに迎撃に出ますが、公孫瓚こうそんさんに敗北して多くの郡県が公孫瓚こうそんさんに味方してしまいました。


すると袁紹えんしょう公孫瓚こうそんさんの動きに呼応するように、軍勢を兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐん延津えんしんに移して冀州きしゅううかがう素振りを見せます。

南からも袁紹えんしょうに狙われていると感じた韓馥かんふくは、さらに不安をつのらせていきました。

袁紹に冀州をゆずる

韓馥かんふくに圧力を加える一方で袁紹えんしょうは、韓馥かんふくの元に高幹こうかん辛評しんぴょう荀諶じゅんしん郭図かくとらを送り込み、袁紹えんしょう冀州きしゅうを任せるように説得させます。

荀諶じゅんしんは言いました。


「もし公孫瓚こうそんさん袁氏えんしが力を合わせれば、冀州きしゅうはひとたまりもありません。さいわいなことに将軍と袁氏えんしは昔なじみの上、同盟を結んだ間柄です。

将軍のために考えますに、もし冀州きしゅう袁氏えんしゆずり渡されたならば、公孫瓚こうそんさんも手を出すことができず、袁氏えんしも必ず将軍を厚くぐうするでしょう。

将軍は優れた人物に国をゆずった名声を得て、生涯安泰を保つことができるでしょう」


これに長史ちょうし耿武こうぶ別駕従事べつがじゅうじ閔純びんじゅん治中従事ちちゅうじゅうじ李歴りれきが反対しますが、


「もともと私は袁氏えんし故吏こり*1であり、その才能も本初ほんしょ*2どのにはおよばない。おのれの力量を知り賢人に地位をゆずることは賢明なことだ」


と言って、ついに韓馥かんふくは息子に冀州牧きしゅうぼく印綬いんじゅを持たせて袁紹えんしょうに届けさせました。

脚注

*1 辟召(へきしょう)によって取り立てられた者のこと。関連記事参照。

*2 袁紹(えんしょう)の字(あざな)。

関連記事

袁紹はなぜ盟主になれたのか?名門袁氏の影響力と反董卓連合の正体

韓馥の最期

袁紹えんしょう冀州きしゅうを手に入れると韓馥かんふく奮威将軍ふんいしょうぐんに任命しましたが、従う将兵もおらず、ただ肩書きだけが与えられただけでした。

ある時、都官従事とかんじゅうじ朱漢しゅかんが独断で韓馥かんふくを襲撃する事件が起こります。

袁紹えんしょうはすぐに朱漢しゅかんを処刑しましたが、韓馥かんふく陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばくを頼って冀州きしゅうから逃亡します。

その後、袁紹えんしょうからの使者が張邈ちょうばくに耳打ちするのを見た韓馥かんふくは、袁紹えんしょうが自分を殺そうとしているのだと思い込み、しばらくして席を立つと、かわや(トイレ)の中で自害してしまいました。

関連記事

韓馥が袁紹に冀州をゆずる。公孫瓚と袁紹に怯え続けた韓馥の末路


周毖しゅうひ伍瓊ごけいの推薦によって冀州牧きしゅうぼくとなった韓馥かんふくですが、決断力にとぼしく、重大な決断をする際にはいつも配下の意見に振り回されていました。

非常に臆病で野心のない性格のため、袁紹えんしょうも命まで取るつもりはなかったと思われますが、被害妄想に取りかれた韓馥かんふくはついに自害してしまいます。

恩を受けた袁氏えんしを立て、優れた人物に国をゆずった名声を得るつもりが、袁紹えんしょう冀州きしゅうをだまし取られた無能な男として名を残すことになってしまいました。



韓馥データベース

韓馥関連年表

西暦 出来事
不明

韓馥かんふく豫州よしゅう潁川郡えいせんぐんで生まれる。

御史中丞ぎょしちゅうじょうに任命される。

189年

冀州牧きしゅうぼくに任命される。

190年

・1月、反董卓とうたく連合に参加する。

191年

・1月、袁紹えんしょうと共に幽州牧ゆうしゅうぼく劉虞りゅうぐを天子に推戴すいたいする。

袁紹えんしょうへの兵糧の供給を減らす。

麴義きくぎが反乱を起こす。

冀州きしゅうに侵攻した公孫瓚こうそんさんに敗れる。

・4月、袁紹えんしょう延津えんしんに移る。

・7月、韓馥かんふく袁紹えんしょう冀州牧きしゅうぼく印綬いんじゅゆずる。

不明

都官従事とかんじゅうじ朱漢しゅかんの襲撃を受ける。

陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばくを頼る。

・暗殺を恐れて自害する。

配下

正史

閔純びんじゅん劉子恵りゅうしけい李歴りれき耿武こうぶ趙浮ちょうふ程奐ていかん沮授そじゅ審配しんぱい田豊でんほう麴義きくぎ朱漢しゅかん張郃ちょうこう

『三国志演義』のみ

潘鳳はんほう辛評しんぴょう