董卓とうたくが破壊した洛陽らくようで、孫堅そんけんによって発見された伝国璽でんこくじ(伝国の玉璽ぎょくじ)。伝国璽でんこくじを手に入れることにはどのような意味があったのでしょうか。

スポンサーリンク

伝国璽(でんこくじ)とは

伝国璽(伝国の玉璽)

画像引用元:『三国志 Three Kingdoms』第6話

伝国璽とは

伝国璽でんこくじとは、しん始皇帝しこうていが「霊鳥の巣から見つかった宝玉ほうぎょく」でつくらせたとされる印章のことで、始皇帝しこうていはこれを皇帝の権威の象徴とします。

その後、秦王しんおう子嬰しえいが降伏する際に高祖こうそ劉邦りゅうほう)の手に渡り、以降代々の皇帝に受け継がれたことから「伝国璽でんこくじ」と呼ばれるようになりました。

形状と大きさ

伝国璽でんこくじは、一辺が4寸(約9cm)の四角形で、上部が丸くなった形状をしており、上部のひもをかけるところには5匹の龍が彫られていて、そのうちの1匹の龍はつのが欠けていました。

龍のつのが欠けている理由

王莽おうもう前漢ぜんかんの帝位を簒奪さんだつした際、従兄弟いとこ王舜おうしゅんを使者に立て、伝国璽でんこくじを保管していた伯母おば王政君おうせいくん孝元太皇太后こうげんたいこうたいごう)に使者を送って伝国璽でんこくじを引き渡すように要求します。

これに激怒した王政君おうせいくんは、王莽おうもうを「恩知らずっ!」とののしると王舜おうしゅん伝国璽でんこくじを投げつけました。龍のつのはこの時の衝撃で欠けてしまったと言われています。

その後、欠けた部分にはきんで補修がほどこされ、この補修の跡こそが本物の伝国璽でんこくじあかしであるとされました。

伝国璽の印文

伝国璽でんこくじ印文いんもんには次の2つの説がありますが、どちらが正しいのかは分かっていません。

韋昭いしょう呉書ごしょ

受命于天 既壽永昌

(命を天より受け、寿としながくしてまた永昌ならん)

応劭おうしょう漢官儀かんかんぎ

受命于天 既壽且康

(命を天より受け、寿としながくしてつはやすからん)


伝国璽でんこくじには、この2つの印文いんもんのうちのどちらかが、篆書てんしょで刻印されていたと伝えられています。

天子の六璽

『三国志演義』を読んでいると、伝国璽でんこくじは天子(皇帝)の唯一ゆいいつの印章であり、伝国璽でんこくじを持つ者は、詔書しょうしょを自由に発給できるような印象を受けます。

ですが、天子が普段使用していたのは、伝国璽でんこくじとは別の「天子の六璽ろくじ」と呼ばれる印章でした。

天子の六璽ろくじには、


  • 皇帝之璽
  • 皇帝行璽
  • 皇帝信璽
  • 天子之璽
  • 天子行璽
  • 天子信璽

と刻印された6つの(皇帝の印章)があり、封をする命令書の種類に応じて使い分けられていました。

『三国志演義』における伝国璽

『三国志演義』では、伝国璽でんこくじを手に入れた孫堅そんけんに、配下の程普ていふが次のように説明しています。

伝国璽でんこくじをの成り立ち

その昔(春秋時代)、卞和べんか鳳凰ほうおうが巣にしていた石を持ち帰り、文王ぶんおうに献上しました。そして、文王ぶんおうがこれを打ち割らせてみると素晴らしい宝玉が現れます。

しんの26年(紀元前221年:始皇帝しこうていが天下を統一した年)、始皇帝しこうていはこの宝玉をみがきあげて玉璽ぎょくじをつくらせると、篆書てんしょの名家として知られる宰相さいしょう李斯りしに「受命于天 既壽永昌」と彫りつけさせました。

伝国璽でんこくじが嵐を鎮める

しんの26年、始皇帝しこうていが各地を巡幸していた時のこと、洞庭湖どうていこいたるとにわかに波風が吹き起こり、船が転覆てんぷくしそうになります。

そこで、伝国璽でんこくじを湖の中に投げ込んだところ、たちまち波風が静まって事なきを得ました。

伝国璽でんこくじしんに戻る

しんの36年、始皇帝しこうていの巡幸の一行が司隷しれい弘農郡こうのうぐん華陰県かいんけんに差しかかったとき、一行の道をふさぐ者がおり、従者に伝国璽でんこくじを渡して「これを祖竜そりゅう始皇帝しこうてい)に返せ」と言って立ち去りました。


その後、伝国璽でんこくじしんから前漢ぜんかんしん後漢ごかんに受け継がれ、紛失するまでの経緯は、後にしるす「伝国璽でんこくじのゆくえ」の章の内容と同じです。

豆知識

卞和べんかが献上した宝玉は「和氏かしへき」と呼ばれ、その後ちょう恵文王けいぶんおうの手に渡りました。

このことを聞きつけたしん昭王しょうおうは、15の城(町)と「和氏かしへき」を交換しようと持ちかけますが、「和氏かしへき」を受け取っても一向に15の城を渡す気配がありません。

大国のしんは約束を反故ほごにして「和氏かしへき」を手に入れるつもりでしたが、ちょうの使者としておもむいていた藺相如りんしょうじょは、機転を利かせて傷一つつけることなく見事に「和氏かしへき」を取り返してちょうに戻りました。


このエピソードは「完璧帰趙かんぺききちょう」と呼ばれ「完璧かんぺき」という言葉の語源となっています。


スポンサーリンク


伝国璽を手に入れる意味

神器としての伝国璽

禹王うおうがつくらせたと言われている九鼎きゅうてい*1は、祭器としていんしゅうの歴代の王に受け継がれ、九鼎きゅうていを持つ者が天子であるという最大権力者の象徴となっていました。

しんしゅうを滅ぼした時、始皇帝しこうてい九鼎きゅうていを得ようとしたのですが、混乱の中で泗水しすいの底に沈んで失われてしまいます。

そのため始皇帝しこうていは、失われた九鼎きゅうていの代わりに伝国璽でんこくじをつくり、皇帝権力の「新しい象徴」としたのでした。


伝国璽でんこくじは、日本の天皇家に伝わる「三種の神器」のような秘蔵の宝物であり、実際に詔書しょうしょなどに押印することはありませんでした。

つまり、伝国璽でんこくじを手に入れたからといって、詔書しょうしょを自由に発給できるわけではなかったのです。

脚注

*1 夏(か)の禹王(うおう)が9つの州から貢上させた金で鋳造した、足がついた釜。

天命思想

古代中国には、天命によって徳のある者が天子に選ばれて天下を支配し、天子が徳を失えば、新たな天子が天命によって選ばれるという考え方がありました。

そのため、天下に野心を持つ者は「自分が天に選ばれた人間であること」を証明する必要があり、天子のあかしである伝国璽でんこくじを手に入れることは「自分が天に選ばれた」という1つの根拠になり得ます。


少なくとも、失われた伝国璽でんこくじを見つけたときに、天子に返却せずに私物化したとすれば、反逆の意志ありと見なされることは間違いありません。

『三国志演義』では、伝国璽でんこくじを得たことが「袁術えんじゅつの天子僭称せんしょう」の直接的な動機となっています。


魏書ぎしょ袁術伝えんじゅつでんが注に引く典略てんりゃくには、「袁氏えんし後漢ごかんの火徳を受け継ぐ土徳であること」また、「自分の即位が予言書にしるされている(と解釈できる)」ことを根拠として、袁術えんじゅつが即位したことがしるされています。

また、呉書ごしょ孫堅伝そんけんでんが注に引く山陽公載記さんようこうさいきには、袁術えんじゅつ伝国璽でんこくじを得たことはしるされていますが、伝国璽でんこくじを得たことを即位の理由にしたとは書かれていません。

関連記事

黄巾賊が掲げたスローガンと五行思想(五行説)の謎


スポンサーリンク


伝国璽のゆくえ

秦 → 漢(後漢)

しんかん前漢ぜんかん

しん始皇帝しこうてい李斯りしにつくらせた伝国璽でんこくじは、しんかん前漢ぜんかん)に滅ぼされた際、高祖こうそ劉邦りゅうほう)の手に渡ります。

かん前漢ぜんかん)→ しん

伝国璽でんこくじかん前漢ぜんかん)の歴代皇帝に受け継がれましたが、王莽おうもうが帝位を簒奪さんだつした際に王莽おうもうの手に渡りました。

しんかん後漢ごかん

王莽おうもうが建国したしんの政策は民衆の反感を買い、各地で反乱が勃発。王莽おうもうは殺害されました。

その後伝国璽でんこくじは、更始帝こうしてい劉玄りゅうげん)、劉盆子りゅうぼんして、かん後漢ごかん)を建国した光武帝こうぶてい劉秀りゅうしゅう)の手に渡ることになります。

漢(後漢)→ 魏

伝国璽でんこくじを紛失する

光武帝こうぶてい以降、伝国璽でんこくじかん後漢ごかん)の歴代皇帝に受け継がれることになります。

189年、第12代皇帝・霊帝れいていの崩御後に後継者争いが勃発。袁紹えんしょうらの攻撃を受けた宦官・張讓ちょうじょうは、新たに即位した少帝しょうていとその弟・陳留王ちんりゅうおうを連れて洛陽らくようを脱出しました。

この時、大切な「天子の六璽ろくじ」と「伝国璽でんこくじ」はゆくえ知れずとなってしまいます。

その後董卓とうたくによって少帝しょうていは廃され、陳留王ちんりゅうおう献帝けんてい)が即位しますが、「天子の六璽ろくじ」は見つかったものの、伝国璽でんこくじは依然としてゆくえ不明のままでした。

関連記事

なぜ袁紹の宦官一掃は成功したのか?何進の死と袁紹による宦官の一掃

諸豪族の入洛。董卓はどのようにして権力を手中に収めたのか

孫堅の手に渡る

190年、朝廷で権力を握った董卓とうたくに反発する諸侯が反董卓とうたく連合を結成すると、董卓とうたく洛陽らくようを略奪・破壊して長安ちょうあん遷都せんとしました。

その後、反董卓とうたく連合の1人・孫堅そんけん洛陽らくように入ると、洛陽らくようの南部の井戸から伝国璽でんこくじを発見します。

本来であれば献帝けんていに返還するべきですが、孫堅そんけん伝国璽でんこくじを見つけたことを口外しませんでした。


当時献帝けんてい董卓とうたくの手中にあるため、献帝けんてい伝国璽でんこくじを返還することはできません。

孫堅そんけん伝国璽でんこくじを得たことを口外しなかったのは、孫堅そんけんに天下を狙う野心があったのか、反董卓とうたく連合の諸侯に知らせて混乱が起きることをけたのか、その理由は分かりません。

関連記事

董卓軍の敗因は呂布の裏切りだった!?陽人の戦いと孫堅の洛陽入り

袁術の手に渡る

その後、荊州刺史けいしゅうしし劉表りゅうひょうを攻撃した孫堅そんけんが敗死すると、伝国璽でんこくじは子の孫策そんさくが受け継ぎ、その孫策そんさく袁術えんじゅつを頼ることになります。

天子を僭称せんしょうしようと考えていた袁術えんじゅつは、孫策そんさく伝国璽でんこくじを持っていることを知ると、孫堅そんけんの妻を人質にして伝国璽でんこくじを奪い取りました。

献帝けんていの元に戻る

天子を僭称せんしょうした袁術えんじゅつに対し、孫策そんさくは離反。袁術えんじゅつは、袁術えんじゅつの即位を認めない諸侯との戦いに敗北を重ねました。

そして、ついに領土を失った袁術えんじゅつは、袁紹えんしょうを頼って青州せいしゅうに向かう途中、発病して亡くなってしまいます。

袁術えんじゅつに無理矢理とどめられていた徐璆じょきゅうは、袁術えんじゅつの持ち物の中に伝国璽でんこくじを見つけると、曹操そうそうに保護されて豫州よしゅう潁川郡えいせんぐん許県きょけんにいた献帝けんていに返上しました。

曹丕そうひ禅譲ぜんじょうを受ける

220年、曹操そうそうの跡を継いだ曹丕そうひは、献帝けんてい禅譲ぜんじょうせまって文帝ぶんていとして即位。同時に献帝けんていから伝国璽でんこくじを受け継ぎました。

後漢書ごかんじょ獻穆曹皇后紀けんぼくそうこうごうきには、この時、曹丕そうひが「伝国璽でんこくじを渡すように」と、献帝けんてい皇后こうごうとなっていた妹の曹節そうせつ献穆曹皇后けんぼくそうこうごう)に使者を送ると、曹節そうせつが使者に伝国璽でんこくじを投げつけたという、前漢ぜんかん王政君おうせいくんと同じようなエピソードがしるされています。

後漢末期の所有者

霊帝れいてい少帝しょうてい孫堅そんけん孫策そんさく袁術えんじゅつ献帝けんてい曹丕そうひ

その後(魏〜清)

後晋こうしん

その後の伝国璽でんこくじは、から西晋せいしん前趙ぜんちょう後趙こうちょう冉魏ぜんぎ東晋とうしんそうせいりょうかん侯景こうけい)、ずいとうへと受け継がれました。

そして、五代十国時代の946年、後晋こうしん出帝しゅつていりょう太宗たいそうに捕らえられた時に紛失し、これ以降の伝国璽でんこくじは模造品であるという説が一般的です。

南宋なんそう → げん

モンゴル民族のげん南宋なんそうを征服すると、南宋なんそうげん伝国璽でんこくじを献上しました。

また、元史げんし楊桓伝ようかんでんには、一時期紛失していた伝国璽でんこくじが見つかり、そこには「受天之命 既寿永昌」と彫られていたことがしるされています。


1368年、朱元璋しゅげんしょう江南こうなんみんを建国して北伐を始めると、げん順帝じゅんていみんに追われて首都・大都だいと薊県けいけん / 現:北京ペキン)から内蒙古うちもうこ応昌おうしょうに移りました。(北元ほくげん

その後、朱元璋しゅげんしょう伝国璽でんこくじを得るために連年北元ほくげんに遠征を行いますが、結局目的を達することができず、そのことを恥じていたと言います。

しばらくして、北元ほくげんは何度かみん伝国璽でんこくじを返還しようとしますが、みんは「もはや伝国璽でんこくじに意味はない」として受け取ろうとしませんでした。

しん

ある時、1頭の山羊やぎが3日も牧草を食べずに地面をり続けていました。これを不審ふしんに思った羊飼いが掘り返してみると、そこから玉璽ぎょくじが見つかります。

その印文いんもんには「制誥之寶」とあり、しん始皇帝しこうていがつくらせた伝国璽でんこくじとはまったくの別物で、「大元伝国璽だいげんでんこくじ」というものでした。


その後、この「大元伝国璽だいげんでんこくじ」を手に入れた後金こうきんの第2代ハンホンタイジは、げんを受け継いでモンゴルを支配すると宣言し、1636年には国号を後金こうきんから「しん」とあらため、皇帝を称するようになりました。

関連記事

中国の歴代王朝と中国の歴史作品の時代背景


本物の伝国璽でんこくじが失われた時機には諸説ありますが、少なくともげんの時代までは、(模造品であったとしても)特別な神器として伝わっていたようです。

その後、みん伝国璽でんこくじの価値を否定し、女真族じょしんぞく満州族まんしゅうぞく)のしんは、モンゴルの権威である「大元伝国璽だいげんでんこくじ」に価値を見いだしました。

残念ながら、しん始皇帝しこうていがつくらせた伝国璽でんこくじは失われ、現在わたしたちが見ることはできません。

参考文献

森川哲雄「大元の記憶」