『三国志演義』から正史『三国志』まで、『三国志』に関連する用語を簡単に解説する用語事典の「と」で始まる用語をまとめています。

スポンサーリンク

銅印黒綬(どういんこくじゅ)

銅印は官職を表す銅製の印章、黒綬こくじゅは黒色のじゅ(官印を身につけるためにもちいた組みひも)のこと。墨綬ぼくじゅとも言います。

官秩かんちつ秩石ちっせき)が千石せんせき六百石ろっぴゃくせきの任官者に与えられました。例外として四百石よんひゃくせき三百石さんびゃくせき県令けんれい県長けんちょうに与えられます。

関連用語

銅印墨綬(どういんぼくじゅ)


東観(とうかん)

宮中にあった建物。

洛陽城らくようじょう雒陽城らくようじょう)の東側に位置し、書物を保管・管理していた場所。


東観漢記(とうかんかんき)

後漢ごかんの歴史をしるした歴史書。

後漢ごかんの2代皇帝・明帝めいてい班固はんこに命じてつくらせた、光武帝こうぶてい本紀ほんぎとその功臣たちの列伝を始まりとして、その事業は安帝あんてい桓帝かんてい霊帝れいていの時代にも引き継がれ、劉珍りゅうちん辺韶へんしょう蔡邕さいようらが編纂へんさんを続けました。

全143巻と言われていますが、現在では散佚さんいつし、24巻が残存するのみとなってます。

もとは漢記かんきと題されていましたが、宮中の東観とうかんで編纂されていたことにちなんで東観漢記とうかんかんきまたは東観書とうかんしょと呼ばれるようになりました。

関連用語

東観書(とうかんしょ)


東羌(とうきょう)

安定郡あんていぐん北地郡ほくちぐん朧西郡ろうせいぐん以東に移住した羌族きょうぞくのこと。

関連用語

東闕(とうけつ)


党錮の禁(とうこのきん)

後漢ごかん末期、宦官かんがんによって党人とうじん儒家じゅか官僚や太学生たいがくせい)が迫害・弾圧された事件。

166年と169年の2度に渡って行われ、それぞれ「第一次党錮とうこの禁」「第二次党錮とうこの禁」と言います。

関連用語
関連記事

【002】権力を握った宦官と第一次党錮の禁

【003】霊帝の即位と第二次党錮の禁


銅虎符(どうこふ)


東周(とうしゅう)


党人(とうじん)

清廉せいれんであることをむねとする儒家じゅか官僚や太学生たいがくせいのこと。

元は「こころざしを同じくする仲間」という意味ですが、宦官かんがんたちは自分たちに反抗する彼らのことを党人とうじんと呼びました。

関連用語

東明門(とうめいもん)


湯沐(とうもく)

公主こうしゅ天子てんしの娘)が天子てんしからあてがわれた封地(領土)のこと。湯沐邑とうもくゆうとも言います。


東門(とうもん)

1.

後漢ごかん洛陽城らくようじょう雒陽城らくようじょう)にある南宮なんきゅうの外周に設置された門(宮掖門きゅうえきもん)のこと。蒼龍門そうりゅうもん蒼龍闕門そうりゅうけつもん東闕とうけつとも言います。


2.

後漢ごかん洛陽城らくようじょう雒陽城らくようじょう)にある北宮ほくきゅうの外周に設置された門(宮掖門きゅうえきもん)のこと。東明門とうめいもんとも言います。

関連用語

宮掖門きゅうえきもんの配置図はこちら


特進(とくしん)

加官。功績が高く徳行のある人物に与えられる爵位。二十等爵の最高位である列侯れっこうの亜種。

特進とくしんには封土ほうどはありませんが、官職を退しりぞいた者であっても「三公さんこうに次ぐ席次で朝政や行事に参加することができる」資格が与えられます。

関連用語

督郵(とくゆう)

ぐんの属吏。

東部・南部・西部・北部・中部の5部に分かれ、それぞれ管轄する諸県を視察して監督します。

関連記事

【後漢・三国時代の官職25】太守・国相(王国相)・属国都尉 > 五部督郵


都試(とし)

毎年立秋りっしゅうを終えた後に郡国で行われた軍事訓練のこと。

太守たいしゅ郡都尉ぐんとい県令けんれい県長けんちょう県丞けんじょう県尉けんいが列席し、郡国の官吏の武術を試験したり、勤務評定を行いました。


都督(ととく)

主に将軍しょうぐんの任官者が兼ね、州の軍事を取り仕切ります。

後漢ごかん末期から魏晋南北朝ぎしんなんぼくちょう時代に盛んに設置されるようになりました。



スポンサーリンク


【三国志用語事典】総索引

【三国志用語事典】総索引