『三国志演義』から正史『三国志』まで、『三国志』に関連する用語を簡単に解説する用語事典の「ら行」で始まる用語をまとめています。

スポンサーリンク

ら行

冷艶鋸(れいえんきょ)

三国志演義さんごくしえんぎ関羽かんうが使っていた、重さ82斤(約49kg)もある青龍偃月刀せいりゅうえんげつとうの名称。

劉備りゅうび双剣そうけん雌雄一対しゆういっついの剣)、張飛ちょうひ蛇矛だぼう点鋼矛てんこうぼう)と共に、挙兵の際に張世平ちょうせいへい蘇双そそうの援助を受けてつくられました。

関連用語

霊台丞(れいだいじょう)

 定員:1名・ちつ二百石(八品)

後漢ごかん=○・=太史霊台丞たいしれいだいじょうしょく=?・=?]

霊台れいだいを守衛します。太史丞たいしじょうに属します。

関連用語
関連記事

【後漢・三国時代の官職08】太常 > 霊台丞


郎(ろう)・郎官(ろうかん)

宮殿の門戸宿衛を職務とする官職の総称。

ろう」には宮中の廊下の意味があり、郎官ろうかんは宮中の廊下にひかえて天子てんしそば近くに仕えます。

ろう郎官ろうかん)には、

の各官があります。


郎中(ろうちゅう)

郎官ろうかんの1つ。

地方の各郡から孝廉こうれんとして中央に推挙された人材などが任命され、将来の官僚候補を蓄えておくことを目的として設置されました。

関連用語

録尚書事(ろくしょうしょじ)

加官。主に太傅たいふ太尉たいいに加えられ、実質的な権力機構である尚書台しょうしょだいを統括する権限が与えられました。

関連用語

スポンサーリンク


わ行

スポンサーリンク


【三国志用語事典】総索引

三国志用語事典