『三国志演義』から正史『三国志』まで、『三国志』に関連する用語を簡単に解説する用語事典の「れ」で始まる用語をまとめています。

スポンサーリンク

冷艶鋸(れいえんきょ)

三国志演義さんごくしえんぎ関羽かんうが使っていた、重さ82斤(約49kg)もある青龍偃月刀せいりゅうえんげつとうの名称。

劉備りゅうび双剣そうけん雌雄一対しゆういっついの剣)、張飛ちょうひ蛇矛だぼう点鋼矛てんこうぼう)と共に、挙兵の際に張世平ちょうせいへい蘇双そそうの援助を受けてつくられました。

関連用語

霊台(れいだい)

天がくだ譴責けんせき(いましめ)としての天変地異に備えるために、天文と気象を観測する物見台。三擁さんようの1つ。

後漢ごかんでは洛陽城らくようじょう雒陽城らくようじょう)の南、開陽門かいようもんの外に建設されました。


霊台丞(れいだいじょう)

 定員:1名・ちつ二百石(八品)

後漢ごかん=○・=太史霊台丞たいしれいだいじょうしょく=?・=?]

霊台れいだいを守衛します。太史丞たいしじょうに属します。

関連用語
関連記事

【後漢・三国時代の官職08】太常 > 霊台丞



スポンサーリンク


【三国志用語事典】総索引

【三国志用語事典】総索引