『三国志演義』から正史『三国志』まで、『三国志』に関連する用語を簡単に解説する用語事典の「せ」で始まる用語をまとめています。

スポンサーリンク

西王母(せいおうぼ)

すべての仙女を支配する古代中国の神話上の女神。西の仙境・崑崙山こんろんさんの主人で玉皇大帝ぎょくこうたいていの妻。姓名は楊回ようかい

九霊太妙亀山金母きゅうれいたいみょうきさんきんぼ太霊九光亀台金母たいれいきゅうこうきだいきんぼ瑶池金母ようちきんぼ金母元君きんぼげんくん西霊聖母せいれいせいぼ金母きんぼ王母おうぼ西姥せいぼなど多くの呼称があり、王母娘娘ワンムーニャンニャンとも呼ばれます。

もとは「顔は人間でぼさぼさの頭に玉のかんざしを飾り、ひょうの尾と虎の牙を持つ」半人半獣の姿で、天災と5つの刑罰をつかさどる存在でしたが、時代がくだるにつれ、崑崙山こんろんさんで「食べると不老不死となる蟠桃ばんとうの園」を管理する美しい女神へと変化していきました。

関連用語

盛化門(せいかもん)

洛陽らくよう雒陽らくよう)城内の門の1つ。

蔡邕さいようは、この門においてみことのりを拝受していました。


斉冠(せいかん)


西羌(せいきょう)

金城郡きんじょうぐん朧西郡ろうせいぐん以西(現在の青海省せいかいしょう)を本拠とする羌族きょうぞく(チベット系遊牧民族)のこと。

関連用語

青瑣門(せいさもん)

洛陽城らくようじょう雒陽城らくようじょう)・南宮なんきゅう嘉徳殿かとくでんの門の名称。


正史『三国志』(せいしさんごくし)

蜀漢しょくかん西晋せいしんに仕えた陳寿ちんじゅ(233年〜297年)が編纂へんさんした三国時代の歴史書。魏書ぎしょ30巻、蜀書しょくしょ15巻、呉書ごしょ20巻で構成されています。

また日本では、歴史書の三国志さんごくしみん代に成立した歴史小説の三国志演義さんごくしえんぎとの混同を避けるため、正史『三国志さんごくしと呼ばれています。

関連用語
関連記事

参考文献一覧


西周(せいしゅう)


制書(せいしょ)

かん代において天子てんしが下す文書の書式の1つで、恩赦おんしゃ贖罪しょくざいの命令を下す場合などにもちいられました。


西晋(せいしん)

晋王しんおう司馬炎しばえんのち西晋せいしん武帝ぶてい)が曹魏そうぎ元帝げんてい曹奐そうかん)から禅譲ぜんじょうを受けて建国した中華の古代王朝の1つ。首都は洛陽らくよう

その後、孫呉そんごを滅ぼして天下を統一したしんは、官制の改革、泰始律令たいしりつりょうの制定、占田・課田制の実施などを行いましたが、「八王の乱」による混乱で大きく衰退し、匈奴きょうど劉淵りゅうえんによる前趙ぜんちょうかん)の建国を招きました。


その後、劉淵りゅうえんの子・劉聡りゅうそう洛陽らくようを攻めて懐帝かいてい司馬熾しばし)を拉致らち永嘉えいかの乱)。これに抵抗して長安ちょうあんで即位した愍帝びんてい司馬鄴しばぎょう)も降伏し、西晋せいしんは滅亡しました。

関連用語

世祖廟令(せいそびょうれい)

 定員:1名・ちつ六百石(-)

後漢ごかん=○・=×・しょく=×・=×]

太常たいじょうに属し、後漢ごかん世祖せいそ光武帝こうぶてい)のびょう(お墓)を守衛し、巡察と清掃を担当する官職。

関連用語
関連記事

【後漢・三国時代の官職08】太常>世祖廟令


青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)

三国志演義さんごくしえんぎ関羽かんうが使っていたことで有名な、青龍の装飾がほどこされた偃月刀えんげつとう

偃月刀えんげつとう長柄ながえに幅が広い片刃の刀身を取り付けた大刀だいとうの代名詞とも言える長兵器で、大刀だいとうの中でも最重量ではなやかな装飾がほどこされており、実戦よりも主に演舞や訓練でもちいられました。

大刀だいとうの起源は前漢ぜんかんまでさかのぼりますが、青龍偃月刀せいりゅうえんげつとうが出現するのはそう代(960年〜1279年)に入ってからで、当然、正史『三国志さんごくしには関羽かんう青龍偃月刀せいりゅうえんげつとうを使っていたという記録はありません。

ちなみに、北宋ほくそう武経総要ぶけいそうようには大刀だいとうのバリエーションとして、

  • 屈刀くっとう
  • 掩月刀えんげつとう偃月刀えんげつとう
  • 眉尖刀びせんとう薙刀なぎなた
  • 鳳嘴刀ほうしとう
  • 筆刀ひっとう

の5つが紹介されています。


石渠(せききょ)

前漢ぜんかん長安ちょうあん城内の未央宮びおうきゅうの北側にもうけられた建物のこと。石渠閣せききょかく

蕭何しょうかによって建造され、しんの滅亡時に獲得した典籍が収蔵されました。また、前漢ぜんかん第11代皇帝・成帝せいてい期には秘蔵書を収蔵しています。


石渠閣会議(せききょかくかいぎ)

前漢ぜんかん第9代皇帝・宣帝せんてい期に開かれた、儒者じゅしゃを集めて五経ごけいの異同について議論させた会議のこと。

この会議では特に春秋穀梁伝しゅんじゅうこくりょうでん顕彰けんしょう(功績などを一般に知らせ表彰すること)され、議論の結果は戴聖たいせい石渠礼論せききょれいろんにまとめられました。


赤幘(せきさく)

武吏ぶり(武官)が身につけた赤い頭巾。

武威ぶいを示すもので、しん代に武将が赤い鉢巻はちまきを身につけていたことに由来します。


鮮(せん)


鮮卑(せんぴ)

東胡とうこ後裔こうえいと言われる北アジアの遊牧民族。

後漢ごかん建国当初は匈奴きょうどひきいられ、後漢ごかんの支配地域を度々たびたび侵略しましたが、匈奴きょうど衰退すいたいすると後漢ごかんに帰服し、その後は漢人かんじんとの交易を許可された代償として後漢ごかんに侵入を試みる北匈奴きたきょうど烏桓うがんと戦いました。


単于(ぜんう)

匈奴きょうどの複数の部族をまとめる最高権力者の称号。その地位は中核部族である攣鞮氏れんていしによって独占されました。

関連用語

前漢(ぜんかん)

中華の古代王朝の1つ。

漢王かんおう劉邦りゅうほうしん末期の楚漢戦争そかんせんそう項羽こううを破ってかんを建国しました。首都は長安ちょうあん

呉楚七国ごそしちこくの乱をて支配体制を強化し、匈奴きょうど南越国なんえつこくの征伐などにより版図はんとを拡大させるが、第7代皇帝・武帝ぶていが崩御すると外戚がいせき宦官かんがんの専横をまねき、王莽おうもうに帝位を簒奪さんだつされました。

この王莽おうもうに帝位を簒奪さんだつされるまでのかんを、現在では前漢ぜんかんと言い分けています。

関連用語

戦車(せんしゃ)


禅譲(ぜんじょう)

易姓革命えきせいかくめいの思想にもとづいて、天子てんしみずか世襲せしゅうを放棄し、自分より徳が高い人物に位をゆずること。

関連用語


スポンサーリンク


【三国志用語事典】総索引

【三国志用語事典】総索引