黄巾の乱の際には名前も見えず、霊帝れいていが崩御すると颯爽さっそうと現れて「反董卓とうたく連合」の盟主になってしまった袁紹えんしょうの青年期は、どのようなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

幼少期

出自

袁紹えんしょうあざな本初ほんしょと言い、豫州よしゅう汝南郡じょなんぐん汝陽県じょようけんの人で、高祖父こうそふ(祖父の祖父)・袁安えんあん以下、4代続いて三公さんこう輩出はいしゅつした名門・汝南じょなん袁氏えんし御曹司おんぞうし
です。生年は不明。

汝南袁氏家系図

汝南袁氏の家系図


汝南じょなん袁氏えんしの家系図

三公さんこうを経験した袁氏えんしの人物

袁安

袁紹えんしょう袁術えんじゅつ高祖父こうそふ

袁安えんあんは、第3代皇帝・章帝しょうていの時代に司空しくう司徒しとを務めました。

袁敞

袁安えんあんには、袁賞えんしょう袁京えんきょう袁敞えんしょうの3人の子がおり、第3子・袁敞えんしょうは第6代皇帝・安帝あんていの時代に司空しくうを務めました。

袁湯

袁紹えんしょう袁術えんじゅつの祖父。

袁安えんあんの次子・袁京えんきょうの子・袁湯えんとうは、第11代皇帝・桓帝かんていの時代に司空しくう司徒しと太尉たいいを歴任し、安国亭侯あんこくていこうに封ぜられて食邑しょくゆう500戸を与えられました。

袁逢、袁隗

袁湯えんとうには、袁平えんへい袁成えんせい袁逢えんほう袁隗えんかいの4人の子がいましたが、長子・袁平えんへいと次子・袁成えんせいは早くに亡くなってしまいました。これにより、袁湯えんとうの爵位は第3子の袁逢えんほうが継ぐことになります。

その袁逢えんほうは第11代皇帝・霊帝れいていの時代に司空しくうを務め、第4子の袁隗えんかいは同じく霊帝れいていの時代に2度に渡って司徒しとを務め、献帝けんていが即位すると太傅たいふに任命されました。


汝南じょなん袁氏えんしは、章帝しょうていの時代から献帝けんていの時代まで4代続いて三公さんこう輩出はいしゅつした名門であり、袁紹えんしょうが生まれた頃には、汝南じょなん袁氏えんしは天下の人々に大きな影響力を持っていました。

袁紹と袁術の関係は?

袁紹えんしょうの出自については、袁成えんせいの実子であるという記録と、袁逢えんほう庶子しょし(側室の子)で袁成えんせいの家に養子に出されたという記録の両方があり、どちらが正しいのかはさだかではありません。

袁紹えんしょう袁術えんじゅつの関係は、袁紹えんしょう袁成えんせいの実子なら従兄弟いとこ袁逢えんほう庶子しょしなら異母兄弟ということになります。


スポンサーリンク


青年期

濮陽県の県長となる

袁紹えんしょうは早くからろうに取り立てられ、20歳の時に兗州えんしゅう東郡とうぐん濮陽県ぼくようけん県長けんちょうに任命されました。

当時、袁紹えんしょう県長けんちょうとしての執政は「心が清らかで私欲がない」との評判を得ていましたが、母が亡くなると、に服すために県長けんちょうの職を辞任しました。

6年間喪に服す

袁紹えんしょうは母のが明けると、さかのぼって父のに服し、合わせて6年間を故郷の墓のそばの小屋で過ごしました。

魏書ぎしょ袁紹伝えんしょうでん裴松之はいしょうし注によると、礼典にはさかのぼって親のに服すという決まりはなく、袁紹えんしょうは何らかの理由で官職にくことをけるために、父のに服すことを口実にしたのだと思われます。

「奔走の友」と交わる

袁紹えんしょうが明けると洛陽らくように隠れ住み、むやみに賓客ひんきゃくと交わらず、天下に名の知れた人物としか会おうとしませんでした。

また、堂々として威厳のある風貌をしていた袁紹えんしょうは、男伊達おとこだてを気取って仲間数人と「奔走ほんそうの友(心を許しあい危難に駆けつける仲間)」の交わりを結びます。

この「奔走ほんそうの友」には、


  • 張孟卓ちょうもうたく張邈ちょうばく
  • 何伯求かはくきゅう何顒かぎょう
  • 呉子卿ごしきょういみな不明)
  • 許子遠きょしえん許攸きょゆう
  • 伍徳瑜ごとくゆ伍瓊ごけい

の5人の名前がげられています。

袁紹えんしょうは「奔走ほんそうの友」と何をしていたのか

魏書ぎしょ袁紹伝えんしょうでんの注に引かれている英雄記えいゆうきには、袁紹えんしょうが「奔走ほんそうの友」と交わりを結んだことしか記されていません。では、袁紹えんしょうは官職にもかずに彼らと何をしていたのでしょうか?

その答えは、魏書ぎしょ荀攸伝じゅんゆうでんに記載があります。

166年、陳蕃ちんはん李膺りようが宦官たちとの争いに敗れて失脚すると、彼らと親しくしていた何顒かぎょうは、自分にも害が及ぶことを恐れて逃亡生活を送るようになりました。袁紹えんしょう何顒かぎょうたちと「奔走ほんそうの友」の交わりを結んだのはこの頃です。

その後「第一次党錮とうこの禁」が起こると、袁紹えんしょう何顒かぎょうたちと共に党錮とうこの難にった士人たちの救済に奔走ほんそうしていました。

関連記事

【三国志年表詳細】166年の主な出来事と群雄勢力図

袁紹えんしょう曹操そうそうの関係は?

20歳で濮陽県ぼくようけん県長けんちょうになり、その後6年間に服していたことから逆算すると、何顒かぎょうらと「奔走ほんそうの友」の交わりを結んだ時、袁紹えんしょうは26歳以上であり、袁紹えんしょうは140年以前の生まれになります。

魏書ぎしょ武帝紀ぶていぎには「曹操そうそうは若い頃袁紹えんしょうと交際があった」と記されていますが、155年生まれの曹操そうそう袁紹えんしょうは実に15歳以上も年齢が離れていることになります。

袁紹えんしょうにとって曹操そうそうは、同僚や友人といった対等な間柄ではなく、自分の所に集まってくる若者の1人くらいにしか認識していなかったのかもしれません。

何進の命を受け出仕する

中常侍ちゅうじょうじ趙忠ちょうちゅうらが袁紹えんしょうの行動に警戒心をいだきだすと、袁紹えんしょう叔父おじ袁隗えんかいは「お前は今に我が一族を滅ぼすぞっ!」と忠告しました。

これにより袁紹えんしょうはやっと重い腰を上げ、大将軍だいしょうぐん何進かしんの属官から推薦を受けて侍御史じぎょしとなり、霊帝れいてい西園八校尉さいえんはつこういの創設に合わせて中軍校尉ちゅうぐんこういに、霊帝れいていが崩御すると司隷校尉しれいこういに昇進しました。

関連記事

霊帝は本当に無能だったのか?売官と西園八校尉の真意とは

なぜ袁紹の宦官一掃は成功したのか?何進の死と袁紹による宦官の一掃

勃海郡に逃亡する

霊帝れいていが崩御すると、袁紹えんしょう何進かしんに宦官の一掃を献策しますが、何皇后かこうごうはこれを許可しませんでした。すると袁紹えんしょうはさらに一計を案じ、何皇后かこうごうに圧力をかけて宦官一掃を認めさせようと、各地の豪族を洛陽らくように呼び寄せるように何進かしんに働きかけます。

その後、この計画を知った宦官の策略により何進かしんが殺害されると、袁紹えんしょうは宮中に軍勢を突入させて、宦官2,000人余りを殺害しました。

しばらくして何進かしんの召集を受けた董卓とうたく洛陽らくように到着すると、董卓とうたくまたたく間に権力を掌握。袁紹えんしょう洛陽らくようから冀州きしゅう勃海郡ぼっかいぐんに逃亡しました。

関連記事

なぜ何進は董卓を洛陽に呼び寄せたのか?霊帝の崩御と朝廷の混乱

なぜ袁紹の宦官一掃は成功したのか?何進の死と袁紹による宦官の一掃

諸豪族の入洛。董卓はどのようにして権力を手中に収めたのか

暴君になったのは○○のせい!?朝廷で権力を握った董卓の思惑とは


袁紹えんしょうの列伝である後漢書ごかんじょ袁紹伝えんしょうでん魏書ぎしょ袁紹伝えんしょうでんには、「身分にこだわらず多くの士人と丁寧に接した」→「天下に名の知れた人物としか会おうとしなかった」、「袁隗えんかいの忠告に従わず行いを改めなかった」→「袁隗えんかいの忠告を受けて出仕した」など、相反する記述があります。



スポンサーリンク


袁紹データベース

袁紹関連地図

袁紹の関連地図

袁紹えんしょうの関連地図

① 汝陽じょよう

豫州よしゅう汝南郡じょなんぐん汝陽県じょようけん袁紹えんしょうの本籍地。

袁紹えんしょうは故郷の汝陽県じょようけんで、6年間に服しました。

② 濮陽ぼくよう

兗州えんしゅう東郡とうぐん濮陽県ぼくようけん

袁紹えんしょう県長けんちょうとして赴任した場所。

洛陽らくよう

司隷しれい河南尹かなんいん洛陽県らくようけん。後漢の首都。

袁紹えんしょうの父親が袁成えんせいであれ袁逢えんほうであれ、袁紹えんしょうは父親の任地である洛陽らくようで生まれたと考える方が自然でしょう。

また、両親のが明けた後の袁紹えんしょうはここ洛陽らくように隠れ住み、「奔走ほんそうの友」と共に党錮とうこの難にった士人たちの救済に奔走ほんそうしました。

その後袁紹えんしょうは朝廷に出仕し、侍御史じぎょし中軍校尉ちゅうぐんこうい司隷校尉しれいこういと昇進を重ねていきます。

④ 勃海郡ぼっかいぐん

冀州きしゅう勃海郡ぼっかいぐん

朝廷の実権を握った董卓とうたくから袁紹えんしょうが逃亡した場所。その後、袁紹えんしょう董卓とうたくから勃海太守ぼっかいたいしゅに任命されました。

袁紹関連年表

西暦 出来事
不明

袁紹えんしょう司隷しれい河南尹かなんいん洛陽県らくようけんで生まれる。(推測)

ろうに取り立てられる。

・20歳で兗州えんしゅう東郡とうぐん濮陽県ぼくようけん県長けんちょうに任命される。

・母のに服す。

・父のに服す。

洛陽らくように隠れ住む。

166年

何顒かぎょうらと「奔走ほんそうの友」の交わりを結ぶ。

不明

党錮とうこの難にった士人たちの救済に奔走ほんそうする。

侍御史じぎょしに任命される。(184年以降)

188年

中軍校尉ちゅうぐんこういに任命される。

189年

司隷校尉しれいこういに任命される。

・2,000人に及ぶ宦官を誅殺ちゅうさつする。

董卓とうたくが朝廷の実権を握る。

洛陽らくようから冀州きしゅう勃海郡ぼっかいぐんに逃亡する。

勃海太守ぼっかいたいしゅに任命される。