『三国志演義』から正史『三国志』まで、『三国志』に関連する用語を簡単に解説する用語事典の「あ行」で始まる用語をまとめています。

スポンサーリンク

あ行

字(あざな)

古代中国で、男子は20歳、女子は15歳になると名乗ることができた名前のこと。目上の人につけてもらったり、自分でつけることもありました。

諸葛亮しょかつりょうの場合、諸葛しょかつが姓、りょうが名(いみな)、孔明こうめいあざなになります。

当時、目上の人物の実名(いみな)を直接口にしたり書いたりすることは大変失礼なこととされていたため、日常的に失礼にならずに呼び合う名前としてあざなができました。また、相手をあざなで呼ぶことには、尊敬や親しみの気持ちが含まれます。

関連用語
関連記事

字(あざな)って何!?知らないとちょっと恥ずかしい名前の呼び方


安西将軍(あんせいしょうぐん)

 定員:1名・ちつ不明(不明)

四安将軍しあんしょうぐんの1つ。都督ととくびて方面軍指令官になることができます。

関連用語

安東将軍(あんとうしょうぐん)

 定員:1名・ちつ不明(不明)

四安将軍しあんしょうぐんの1つ。都督ととくびて方面軍指令官になることができます。

関連用語

安南将軍(あんなんしょうぐん)

 定員:1名・ちつ不明(不明)

四安将軍しあんしょうぐんの1つ。都督ととくびて方面軍指令官になることができます。

関連用語

安北将軍(あんほくしょうぐん)

 定員:1名・ちつ不明(不明)

四安将軍しあんしょうぐんの1つ。都督ととくびて方面軍指令官になることができます。

関連用語

尉(い)


諱(いみな)

実名、本名のこと。

諸葛亮しょかつりょうの場合、諸葛しょかつが姓、りょうが名(いみな)、孔明こうめいあざなになります。

関連用語
関連記事

字(あざな)って何!?知らないとちょっと恥ずかしい名前の呼び方


威虜将軍(いりょしょうぐん)

雑号将軍の1つ。後漢ごかん末期には臧覇ぞうはが任命されました。


羽林中郎将(うりんちゅうろうしょう)

 定員:1名・ちつ比二千石(五品)

後漢ごかん=○・=○・しょく=羽林左右都督うりんさゆうととく(各1)・=羽林督うりんとく

属官:司馬しば1名・七品。

光禄勲こうろくくんに属し、羽林郎うりんろうを管理する官職。

しょくでは羽林左都督うりんさととく羽林右都督うりんゆうととく(各1名)、では羽林督うりんとく(1名)が置かれました。

関連用語
関連記事

【後漢・三国時代の官職09】光禄勲(こうろくくん)> 羽林中郎将


羽林郎(うりんろう)

 定員:不定・ちつ比三百石(八品)

羽林中郎将うりんちゅうろうしょうに属し、宿衛・侍従の任に当たる官職。

涼州りょうしゅう漢陽郡かんようぐん隴西郡ろうせいぐん安定郡あんていぐん北地郡ほくちぐん幷州へいしゅう上郡じょうぐん西河郡せいかぐんの6郡の、商人・工人・芸人などの職業を除いた良家の子弟から選んで任命されました。

関連用語
関連記事

【後漢・三国時代の官職09】光禄勲(こうろくくん)> 羽林中郎将


衛尉(えいい)

 けい。定員:1名・ちつ中二千石(三品)

後漢ごかん=○・=○・しょく=○・=○]

宮中および宮門の警護を取り仕切る官職。

関連用語
関連記事

【後漢・三国時代の官職10】衛尉(えいい)


永巷令(えいこうれい

 定員:1名・ちつ六百石

後漢ごかん=○・=×・しょく=×・=×]

少府しょうふに属し、宮中の召使いの管理を担当する官職。宦官かんがんが任じられました。

関連用語
関連記事

【後漢・三国時代の官職16-2】少府の属官2(侍中・中常侍 他)> 永巷令


易姓革命(えきせいかくめい)

天子てんしとは「天命によって地位を与えられ、天下を治める者」であり、天子てんしが徳を失った時、より徳の高い別の人物に天命が下り、新たな王朝が誕生するという思想。

関連用語

掖庭(えきてい)


謁讚不名(えっさんふめい)

天子てんしから特別な臣下に与えられる特権(特別待遇)の1つ。

天子てんしからいみな(実名)で呼ばれずに、あざなで呼んでもらえるという特権。

前漢ぜんかん相国しょうこく蕭何しょうかに許されたのをはじめに、後漢ごかんでは梁冀りょうき董卓とうたく曹操そうそうがこの特権を許されました。

関連用語

掾属(えんぞく)

 定員:不定・ちつ比四百石〜比二百石

えんぞくのこと。三公府さんこうふ将軍府しょうぐんふの属僚。三公さんこう将軍しょうぐん辟召へきしょうによって自由に選任することができました。

関連用語

王(おう)


王国相(おうこくしょう)

 定員:1名・ちつ二千石(五品)

諸侯王しょこうおうほうぜられた者の代わりに派遣される郡の行政官。職務は太守たいしゅと同じです。

関連記事

スポンサーリンク


【三国志用語事典】総索引

三国志用語事典