『三国志演義』では悪女のように描かれている、後漢第12代皇帝・霊帝れいてい皇后こうごう何氏かしとはどんな人だったのでしょうか。卑賤ひせんの身でありながら皇后こうごう皇太后こうたいごうにまで昇りつめた彼女の人生を見てみましょう。

スポンサーリンク

出自

出身地

何氏かし何皇后かこうごう)は、荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん宛県えんけんの出身で、屠殺業とさつぎょうを営む家庭に生まれました。残念ながら、何氏かしの生年は明らかになっていません。


荊州南陽郡宛県

何氏かしの出生地

家族構成

何氏かしは父・何真かしんと母・舞陽君ぶようくんとの間に生まれ、何進かしん何苗かびょうの2人の兄と、妹が1人いました。

のち何進かしん大将軍だいしょうぐん何苗かびょう車騎将軍しゃきしょうぐんにまで昇り、妹は中常侍ちゅうじょうじ張譲ちょうじょうの子(養子)の妻になっています。


また、何氏かしの家族は少し複雑で、何氏かしの母・舞陽君ぶようくんは父・何真かしんの後妻になりますので、何進かしんは異母兄、何苗かびょうは異父兄になります。



何氏の家族構成



何氏かしの家族構成



スポンサーリンク


後宮に入る

役人に賄賂を贈る

何氏かしは身長7尺1寸(約163cm)の長身美人であったと言われています。

後漢では毎年8月に住民を調査し、その際、良家の子女の中に容姿端麗な者がいれば、掖庭えきてい(後宮)に推薦していました。

何真かしんはこの時、宮女の選定をする役人に黄金や絹織物を贈って、何氏かしが後宮に上がる資格を得ます。つまり、何氏かしみずからすすんで後宮に入ったのです。

皇子・劉辯を生む

後宮に入った何氏かしは皇子・劉辯りゅうべんを生みます。

霊帝れいていはこれまでに何度か子供を亡くしていたため、劉辯りゅうべんが生まれたことをえて公表せず、道人の史子眇ししびょうの家で養育させて、劉辯りゅうべんを「史侯しこう」と呼んでいました。

その後、霊帝れいてい寵愛ちょうあいを受けた何氏かし貴人きじんとなりましたが、嫉妬深い性格のため、他の妃嬪ひひんたちの中に彼女を恐れない者はいませんでした。



スポンサーリンク


皇后時代

宋皇后の廃位とその経緯

霊帝れいていにはすでに皇后こうごう宋皇后そうこうごう)がいましたが、宋皇后そうこうごう霊帝れいてい寵愛ちょうあいを得られませんでした。

ここで少しさかのぼって、宋皇后そうこうごうが廃位されることになった経緯について確認してみましょう。

勃海王ぼっかいおう劉悝りゅうかい中常侍ちゅうじょうじ王甫おうほの確執

165年、桓帝かんていの弟である勃海王ぼっかいおう劉悝りゅうかいが謀反を計画していたことが発覚します。

この罪によって王位を剥奪されそうになった劉悝りゅうかいですが、桓帝かんていの温情によって癭陶王えいとうおうに降格することで許されました。

一方、それでも満足できない劉悝りゅうかいは、中常侍ちゅうじょうじ王甫おうほ勃海王ぼっかいおうに復帰させてもらえるように働きかけ、五千万銭の謝礼金を約束します。


その後、予期せぬ出来事が起こりました。病床についていた桓帝かんていが崩御し、その遺詔ゆいしょうによって劉悝りゅうかい勃海王ぼっかいおうに復帰することになったのです。

勃海王ぼっかいおうに復帰したのですから、王甫おうほは謝礼金が欲しい。ですが劉悝りゅうかいは、王甫おうほの働きかけによる結果ではないことを理由に謝礼金を払わなかったため、これに腹を立てた王甫おうほ劉悝りゅうかいを恨むようになりました。

桓帝かんていの後継者選び

桓帝かんていには実子がいなかったため、皇室から後継者を選ぶ必要があります。

その結果、桓帝かんていの弟である劉悝りゅうかいは後継者の有力候補と言えましたが、解犢亭侯かいとくていこう劉宏りゅうこう霊帝れいてい)が天子に即位することになりました。


劉宏と劉悝の関係

霊帝れいてい劉悝りゅうかいの関係


このことに目をつけた王甫おうほは、劉悝りゅうかいと親しい中常侍ちゅうじょうじ鄭颯ていりつ中黄門ちゅうこうもん董騰とうとうを捕らえると、「鄭颯ていりつらは劉悝りゅうかいを天子に立てようとしている」として劉悝りゅうかいを捕らえてしまいます。

これによって劉悝りゅうかいは自害し、劉悝りゅうかいの一族は捕らえられ、獄中でことごとく殺されてしまいました。172年のことです。


そして、この時殺された劉悝りゅうかいきさきが、霊帝れいてい皇后こうごう宋氏そうしの「おば」に当たる女性であったことが、さらなる悲劇を招くことになりました。

宋皇后そうこうごうの廃位

178年、王甫おうほ劉悝りゅうかいの一件から宋皇后そうこうごうが自分のことを恨んでいるのではないかと疑って、太中大夫たいちゅうたいふ程阿ていあと共に「宋皇后そうこうごうはまじないをして呪いをかけている」と霊帝れいてい讒言ざんげんします。

これを信じた霊帝れいていは、宋皇后そうこうごうを廃位して暴室ぼうしつ皇后こうごう貴人きじん専用の牢獄)に送ってしまいました。悲しんだ宋皇后そうこうごうは、そのまま暴室ぼうしつで亡くなってしまいます。

皇后こうごうに立てられる

そして180年、何氏かし皇后こうごうに立てられることになります。

何氏かしは本来皇后こうごうになることができる家柄ではなかったのですが、同郷の郭勝かくしょうをはじめとする宦官たちの後押しによって皇后こうごうになることができたのです。

また、翌年には父・何真かしん車騎将軍しゃきしょうぐん舞陽宣徳侯ぶようせんとくこうに、母は舞陽君ぶようくんに封ぜられました。


宋皇后そうこうごうの罪は、父である執金吾しつきんご宋酆そうほうをはじめとする宋氏そうしの一族にまで及びました。

そしてこの時、頓丘とんきゅう県令けんれいをしていた曹操そうそうも、従妹いとこの夫が宋氏そうしの一族であったことを理由に県令けんれい罷免ひめんされてしまいました。

関連記事

正義感に燃える曹操の葛藤と挫折に悩む青年期

王美人を毒殺する

何氏かし皇后こうごうに立てられた丁度その頃、霊帝れいてい妃嬪ひひんの1人である王美人おうびじんが懐妊し、劉協りゅうきょうを生みました。またこの時、王美人おうびじん何皇后かこうごうの嫉妬によって災いを招くことを恐れ、薬を飲んで堕胎しようとしたと言われています。

そして、第2皇子を生んだ王美人おうびじんに嫉妬した何皇后かこうごうは、ついに王美人おうびじんを毒殺してしまいます。

そのことを知った霊帝れいていは激怒して何皇后かこうごうを廃位しようとしますが、宦官たちの嘆願たんがんによってなんとか廃位をまぬかれることができました。


霊帝れいていは幼くして母親を亡くした劉協りゅうきょう不憫ふびんに思い、王美人おうびじんを想う詩をつくってその死をいたみました。

また、劉協りゅうきょう霊帝れいていの母の董太后とうたいごうに養われることになったため、董侯とうこうと呼ばれました。

何進が大将軍になる

何氏かしが後宮に入ると、両親だけでなく、異母兄の何進かしんと異父兄の何苗かびょうも官職につき、外戚として栄達を重ねるようになります。

184年、黄巾の乱が勃発すると、何進かしん大将軍だいしょうぐんに任命されて洛陽らくよう周辺の守備にあたりました。



皇太后時代

霊帝の崩御と少帝の即位

189年、霊帝れいていが崩御すると、その後継者を巡って中常侍ちゅうじょうじ蹇碩けんせき何進かしんが対立します。

そして、蹇碩けんせき何進かしんの暗殺を謀って失敗に終わると、何進かしんは強引に劉辯りゅうべん少帝しょうてい)を天子に即位させ、少帝しょうていが成人するまでの間、何氏かし皇太后こうたいごうとして最高権力の座にくことになりました。


蹇碩けんせきたくらみを知った何進かしんは、袁紹えんしょうの進言を採用して「朝廷の腐敗の元凶である宦官を皆殺しにする」計画に取りかかります。

一方、蹇碩けんせきはまたも何進かしんを殺す計画を立てますが、中常侍ちゅうじょうじ郭勝かくしょうの密告によって捕らえられ、殺されてしまいました。

董太后との対立

劉辯りゅうべんが即位し、何太后かたいごう何進かしんの権勢が強まることに不満を持つ人物がもう1人いました。劉協りゅうきょうを養育していた霊帝れいていの母・董太后とうたいごうです。

董太后とうたいごうは兄の子である驃騎将軍ひょうきしょうぐん董重とうちょうの軍事力を頼りとして、何太后かたいごうと対立を深めました。そこで、何太后かたいごうが先手を打ちます。

何太后かたいごうの意を受けた何苗かびょう董太后とうたいごうの不正蓄財をあばいて上奏すると、董太后とうたいごうは失脚して故郷の河間国かかんこくに送られることになりました。

さらに何進かしんは軍を動かして董重とうちょうを包囲すると、観念した董重とうちょうは自害、董太后とうたいごうも間もなく亡くなってしまいました。


母親を殺された不憫ふびん劉協りゅうきょうを養育し、後宮の権力争いに敗れて死を迎えた董太后とうたいごうは、一見、何太后かたいごうおとしいれられた悲劇の女性のように見えます。

ですが後漢書ごかんじょ孝仁董皇后紀こうじんとうこうごうきには、霊帝れいていに売官をさせてみずからの部屋に金銭を貯め込んでいたことが、しっかり記載されています。

宦官一掃計画を退ける

政敵である董太后とうたいごう一派を追い落とすことに成功した何進かしんは、いよいよ何太后かたいごうに宦官を皆殺しにする許可を求めます。

ですが何太后かたいごうは、宦官が伝統的な制度であるとして、これを認めませんでした。

何太后かたいごうは常にそばにいる宦官たちによって洗脳された状態であり、宦官たちの悪事に気づくことはできませんでした。つまり、なぜ何進かしんがそこまで宦官たちを憎むのか理解できないのです。

また、宦官たちから多額の賄賂を受け取っていた舞陽君ぶようくん何苗かびょうも強硬に反対したため、逆に何進かしんが権力を独占しようとしているとの疑いを持つようになりました。

関連記事

後漢の宦官がなぜ権力を得ることができたのか。宦官の正体とは


天子や皇后こうごうにとって、宦官とは自分たちの身の回りの世話をする大切な存在です。彼らは宦官がいなければ着替えることもままならず、大変な不便をいられます。

また、何氏かしは宦官たちの後押しのお陰で皇后こうごうになることができ、廃位されそうになった時にかばってくれたのも宦官たちでした。そのため何太后かたいごうは、彼らに深い恩義も感じていたのです。

諸豪族の圧力を受ける

宦官一掃の許可を得られなかった何進かしんは、地方豪族を洛陽らくように召集し、彼らの軍勢によって何太后かたいごうおどして宦官一掃を認めさせる作戦に出ます。

これに従って、董卓とうたくが宦官たちを弾劾だんがいする上奏文をたてまつり、丁原ていげん洛陽らくようのすぐ近くにある孟津もうしんを焼き討ちすると、不安になった何太后かたいごうは、宦官たちを助けるために中常侍ちゅうじょうじ小黄門しょうこうもんら官職に就く宦官たちをすべて罷免ひめんして、郷里に帰るように命じました。

ですが、追いつめられた宦官たちはにせみことのり何進かしんを呼び出すと、何進かしんの罪を読み上げて斬り殺してしまいました。


何進かしんの死を知った袁紹えんしょう袁術えんじゅつらは兵を率いて宮中に突入し、宦官2,000人を皆殺しにします。

この時中常侍ちゅうじょうじ張讓ちょうじょう段珪だんけいは、何太后かたいごう少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおう劉協りゅうきょう)を連れてのがれようとしますが、尚書しょうしょ盧植ろしょくが立ちはだかったため、何太后かたいごうは1人宮中に残されました。


また、何太后かたいごうの異父兄・何苗かびょうは、何進かしんと対立していたことから敵と見なされて殺され、何太后かたいごうの母・舞陽君ぶようくんも、この混乱の中で殺されてしまいました。


何太后かたいごうの母・舞陽君ぶようくんの最期については2つの異なる記録があります。

後漢書ごかんじょ霊思何皇后紀れいしかこうごうきでは、袁紹えんしょうによる宦官一掃の時に乱兵によって殺されたとあり、魏書ぎしょ董卓伝とうたくでんの注に引く英雄記えいゆうきでは、朝廷の実権を握った董卓とうたくによって殺されたとあります。

董卓による朝廷支配

洛陽らくようを脱出した少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうを保護して洛陽らくように入城した董卓とうたくは、所属不明となっていた何進かしん何苗かびょうの兵を取り込むと、敵対する執金吾しつきんご丁原ていげんを殺して軍権を掌握します。

こうして朝廷の実権を握った董卓とうたくは、少帝しょうていを廃位して弘農王こうのうおうとし、劉協りゅうきょうを天子に即位させました。後漢最後の天子・献帝けんていです。


董卓とうたくはまた、何太后かたいごう董太后とうたいごうと対立して死に追いやったことを「嫁としゅうとの礼」に反するとして何太后かたいごう永安宮えいあんきゅうに幽閉し、遂には酖毒ちんどくを勧めて自害させました。在位10年、189年9月のことでした。

何太后かたいごうは、その死に際しに服する期間はもうけられず、霊帝れいてい文昭陵ぶんしょうりょう合葬がっそうされました。

関連記事

霊帝れいていの崩御から董卓とうたくが朝廷を支配するまでの詳細は、こちらをご覧ください。


なぜ何進は董卓を洛陽に呼び寄せたのか?霊帝の崩御と朝廷の混乱

諸豪族の入洛。董卓はどのようにして権力を手中に収めたのか


卑賤ひせんの身から後宮に入って皇太后こうたいごうの座まで昇りつめた何氏かしですが、最期は董卓とうたくに幽閉された上に自害を強要されてしまいました。

さかのぼれば、先帝である桓帝かんてい皇后こうごう竇妙とうみょうも、桓帝かんてい崩御後の宦官と外戚の争いの末に悲しい最期を迎えています。

宦官が権力を握っている限り、後漢皇帝の皇后こうごうは安らかな最期を迎えることはできないのかもしれません。